This Category : アデレード生活

--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

05.09.2013, Thu

☆ The Long and Winding Road ☆

    DSC04703.jpg
    
お引越しやさんが来るのは明日。

Hunnyちゃんがブリスベンにいってからちょうど4週間になりますが

いつも一夜漬けの私が珍しくこの4週間毎日ちょこちょこと荷作りをやっていたので

あんまりあせることなく終盤を迎えています。

あとは私が使ってるこのPCを箱にいれてしまえば終わり。

ベッドも昨日解体したので、昨晩からはお母さんがくれたウレタンみたいなマットレスをカーペットの部屋にひいて寝ています。

なんだかでもほんとに普段使ってるようなコマコマしているものを片付けるのが、一番めんどくさかった。

それと、車で行くときに一緒に持っていくものといかないものを分けるとか。

荷物は金曜日にここを出発し、ブリスベンの引越し先に到着するのは水曜日午後か木曜日の朝。

だからとりあえず必要なものが、結構多いです(汗)

荷物がくるまで、そしてきてもインターネットはしばらくないだろうし、不自由だろう生活を考えるとちょっとめんどくさいですが、

ま、なるようにしか、ならないわけですしねー。

野宿するわけでもないし、ましてや命をとられるわけでなし。

明日の夜には1ヶ月ぶりにHunnyちゃんにも会えるんだし、これからはみんな一緒に暖かいところで生活できるのだし。

スタバもあるし(←ほんとしつこい)

そのスタバと、あとダイソーもはいってるすんごい大きいショッピングセンターまで家から車で6分とグーグルマップにあったので、

月曜日にお休みをとってくれているHunnyちゃんとそこにいく約束をしているのですんごくすんごく楽しみです。

さくらとゆずにはまだ少しはいろいろ大変な思いをさせちゃいますから、

あちらについたらお散歩をたくさんして、遊んであげようと思います。

そんなわけでPCからブログをアップするのは今日で最後。

明日からしばらくはスマホからアップすることになると思います~~。

    DSC06469.jpg

前にも書きましたが、アデレードから出たいというのは私がオーストラリアにきてからずっと希望していたことでした。

その理由は2つあり、ひとつは日本とハワイから遠いこと。

オーストラリア自体がいろいろなところから遠くはありますけれど、飛行機を乗り継いでいかなければいけないという長旅は、ほんと大変ですよね。。。

乗り換えの待ち時間もあるし、いやいや老体にはほんと、堪えます。

その上今住んでいるこの家が空港から1時間という場所なので、

パスポートなんか家にわすれてこようものならもうお終い、という感じで、

乗り換えのためにシドニーにいたりすると家を出た時間がすごい前のように感じて「遠くへきたもんだな~」とかさえ思ってしまう(笑)

ま、一番は私というより日本にいる私の母のため、というのがあります。

母はゴールドコーストに到着することになりますが、うちからゴールドコーストまでは車で1時間ぐらいかかっちゃいますけれど

でも乗り換えがないというのは、70を越した母には大きな大きな違いです。

実は次に家を買うときはひそかにゴールドコースト方面に買いたいなどと一人で思っているのですが

Hunちゃんの職場から遠くなっちゃうのでそれはどうかなーとか、思ったりもしています。

ま、これも追々、考えていくことにして!

とりあえず引っ越さないことにはね(笑)

   IMG_1353.jpg

私がアデレードを離れたかったもうひとつの理由は、

簡単にいってしまうとここでの生活がちょっときつかった、というところにあります。

ここがきらいだったわけでは決してないんだけど、

慣れても、どれだけ私だけの空間というものをつくろうとも、

いろんな場所にいくといろんな思いがよみがえってきちゃって、どうにもこうにもそれがぬぐえなかったのです。

生活は楽しかったし、思い出もたくさんあるけれど

同時にこの5年という間、

きっと誰でもがそうだとおもいますから同情を買うつもりは一切ないですけれど、

人知れず苦しんできたこともたくさんあって、

そういう抱えてきた気持ちというものを、ある道を通るたび、ある場所に行くたび、思い出してしまうからです。

ほんと、パブロフの法則じゃないんだけど

その場にいくだけで考えてもないのに自然にその「気持ち」になってしまう。

「え? なんで? なんでこんな気持ちになってるの? こんな気持ちになるようなこと今あった?」っていう感じでしょうか(笑)

苦しい気持ちを抱えてみつづけてきたその景色をみるたび、自然にそういう気持ちがよみがえってきてしまう。

なんか人間て不思議ですよね。

でもほんとに、それが自分の中で許せなかったんです。

どんなにいろんなことを試みても、

そういう感情が癖のように私の中に染み付いてしまっていて、ぜんぜん手放せなかったことが。


   Many times I've been alone
   And many times I've cried,
   Anyway you'll never know
   The many ways I've tried.


私がこの5年間のここでの生活を思うとき、思い出すのはこれです。

もしかしたらここにこれから10年20年といれば、いろんな記憶や思い出は薄らいで、塗り替えられていったのかもしれません。

でもここにいたらきっとずっと私に付きまとっていただろうと想像できる事柄も中にはあって

私にはこの土地を出るしか方法がない、という結論が私の中にいつもありました。


おそらく私と同じような気持ちを抱え、それでも同じ土地に住んでいかなければならない方もたくさんいるでしょうし、

私はそう考えてみればとてもラッキーだったのだとおもいます。

心からうれしい。

今は本当にそう思っています。


住む土地を変えることが本当に解決になるのか、今の時点ではわかりませんけれど

やってみなければ始まりません。

それに

きっとうまくいくだろうという気持ちもたくさんあって

それも信じていきたいと思ったりもしています。


でもきっと人生なんて、こんなものなのかもしれません。

人知れず泣いて、人知れずいろんなことを試みて

そしてただどこかに向かって歩いていくのでしょう。


でも決して、歩くことをやめてはいけない。


いつか絶対に、行きたいところに到着できる。


気がついたらずいぶん遠くまで、きてたけどね(笑)


そして、私はこれからもずっと、同じ私です。







ではまた☆






スポンサーサイト
[EDIT] [TOP]

31.08.2013, Sat

☆ 1 More Week Left ☆

   DSC02579.jpg

ぬん。

今日はすんごいいい天気。

おまけに気温も高くて起きたときにはすでに18度!

朝っぱらからショーツとタンクトップで、ゴトゴト動き回っています。

なにしろ来週の今ごろにはもうここにいないしっ! 

本当にあと1週間を残すのみになりました。

こんな日がくるなんて・・・とちょっとしみじみしております。

今ふと気になって天気予報みたらお引越しやさんの来る金曜日は15度だって(汗)

どうして寒くなるかなー、そういうときに。

つーことはちょっともこもこなコートとかものこしとかないといけないし、ちょっとめんどくさい。

まーなんとかなるね!
   20130831_133933.jpg

今日はクローゼットや引き出しの中に残ってた衣類を片付けています。

残っているもののほとんどは毎日使うものなので、もうそういうものはスーツケースの中に入れてしまいました。

そのほかコートとかジャケットとか、人の結婚式にでたときにきたドレスとか、そういうものもありますが、とにかく箱につめるのみです。

Hunnyちゃんが買ってくれた私の大切な大切なドレスちゃんたちは、上の写真の、掃除機で空気をすって真空パックにする袋に入れました。

この袋、ほんといいですよねー。

箱を買いに行ったときに一緒に売ってたので買ってきたのですが、使ってみたらとっても便利なのでまた買い足しました。

Hunnyちゃんがブリスベンにいくときにブランケットをもって行ったのですが、

それもこの袋にいれて空気ぬいたらペッたんこになって、スーツケースにすっぽりと収まりました。


そして、ドレスと一緒に、アオザイ発見。。。

あぁ。。。 やばす。

10月の終わりにHunnyちゃんの弟の結婚式があって、昼間のティーセレモニーのときにアオザイを着なさいとお母さんから言われているんです。

妹が子供をうんで「太ってた」時に作って、もう「ぶかぶか」でいらないというアオザイを着てみたらぴったりあったので(・・・)

それをもらって4年前のもう一人の弟の結婚式のときにきたことがあります。

で、もう上の弟が結婚するときにはオーダーしたいなーっておもってたんですが、オーストラリアでは作れる人がいない!ってお母さんがいうので

同じのを着るのもなんだしティーセレモニーのときには普通のドレスをきようと思い、明るい色のドレスをすでに買ってありました。

だけど同じのでいいから着ろ、っていうので・・・

「あのアオザイ、『まだ』きられるの?」というお母さんのいう言葉にちょっとイラッときながら

実は私もとっても心配だった・・・

今日、いい機会だから、着てみるか・・・・

   20130831.jpg

なんとかはいったーーーーーーー!

うれしくて、ちょっとセルフィー。

ええ、スッピンなんでちょっとBlurにしてます(苦笑)

でも着るのに超時間かかった(汗) 

脇ずっとと、胸の上から首までずっとたくさんのスナップのボタンといくつかのフックがあって、

ひとつひとつとめていくのが大変。

とくに体にぴったりしてるものだから、とめようとおもって肩と腕をうごかすと、一気に生地がひっぱられてボタンが余計とめづらくなるし。

前はこれ、一人できたんだろうか、私。


アオザイはチャイナドレスみたいなかんじだけど丈がすごくながくて、

スリットがすごく高い位置まで入っています。

下にズボンをはくんですが、スリットのところまでズボンのウエストがくるので、かなりーのハイウエスト。

まずそのウエストが問題だったんですが、ここは無事クリアしました。

けどねー、ちょっとおっぱいのあたりが・・・ きつい(涙)

いまさらおっぱいが成長するわけもなく、背中に肉がついた、ということで。

はぁ。

今日は下になにもきてなかったけど、

私の超強力プッシュアップブラをつけたら、マジ横とかしまんないと思う。
   DSC01482.jpg

これは2009年の4月。

いやー、あきらかに肩のあたりとか、余裕ある。。。ような?

いや、でもあのときも結構きついとこ、あったような気もする。

てかさ、色、変ってない?

4年の月日を経て風化したかな。。。


やっぱり新しいの、かいたいなー。

これらはテーラーメイドなので、どこかにいってサイズを測ってもらって生地やデザインを選んでつくってもらいます。

生地もいろいろあって、私はつくるならこの色でこんな生地!っていうのもすでに決まってるんですが、

いかんせんどこでつくってよいのやら。

お母さんとか他の人達はベトナムに帰ったときに何着も作ってくるのです。

今からベトナムにいくわけにもいかないしねぇ。

でももしかして、それも不可能じゃないと思うけど、一人でいくのはちょっと無謀(うちの通訳さんは絶対来ないというだろうし。)

Hunnyちゃんは「アデレードにはないけどブリスベンなら作れる人がいるかもしれない」というので、

一縷の望みをかけて。。。

Hunちゃんの「得意な」ベトナム語を駆使してもらうしかないなー。

なかったら、もうこのアオザイでいいけど

最悪はこのアオザイがきられない、っていうことになるけど、そのときはすでに買ったドレスでいけばいいか。。。


これでHunちゃんの家族の結婚式は最後。

あとはたくさんのいとこの結婚式がまってるけど、Hunちゃんだけいけばいいと思う(笑)

3月にも1つメルボルンでいとこの結婚式があるけど、私はいかない。

結婚式1つでたくさんのお金をつかうし、

そのお金があるなら私はハワイか日本へいくよ。

Hunnyちゃんは私にとってはとても大切な人だから

そのHunnyちゃんが大切にしている家族も大切なんだけれど

私には私の家族もいますし。

今まで私は自分の家族を後回しにしていたところがあって

それが故にいろいろ私の中で家族に関する問題がたくさんありました。

だけどHunnyちゃんの家族を大切にするにはまず、

私の家族を大切にしなければいけないと心から思っています。

なのでこうしてHunnyちゃんの家族から離れるのをよい機会として

自分の中での優先順位を変えていくことに決めました。


それは、

人を大切にするならまず自分を大切にすること。

それと同じことなのだと思います。



ではまたお掃除+箱詰めにもどりますっ!








ではまた☆







[EDIT] [TOP]

29.08.2013, Thu

☆ 犬の引越し ☆

   20130829_122939.jpg

ソーセージ、玉子、チーズのクロワッサンサンドイッチ。

うますぎ~~~~ 

今日は朝からあまりお水がでないので、あまり洗い物がでないようにしようと思っていましたが、

ソーセージを解凍してしまって早くつかわないといけないので、クロワッサンでサンドイッチを作ってみました。

お水が出にくいのは今朝4時半に犬を外に連れて行ったときに気がついたんですけど起きたら直ってますようにと願ってまた寝て

9時に起きたときも同じ状態だったので SA Water に電話したら

「以下のエリアではお水の出が悪くなっております」というアナウンスの中に、うちの通りもはいってました。

あーよかったー。 うちのパイプが原因とかだったら超めんどくさいとおもったので。

お湯とPuratapがぜんぜんでないけどまぁ水はなんとか大丈夫だし、トイレも時間はかかるけどタンクに水がたまるので、なんとか過ごせますね。

今日明日中にはなんとかなるといいけど。

そんなわけで洗濯もできないですし(お天気があやしいのでどちらにしてもできませんでしたけれど)

コーヒーをのみながら毎週とーーーーっても楽しみにしているWomanをゆっくり見ました♪

いつも見ながら大泣きしちゃうので、さくらとゆずがとっても心配してきてくれるんです。

特にさくらは私の感情にとても敏感で、私がUpsetしているのがとてもきらいです。
   20130826_222444.jpg

ところでここ最近ずっと犬と一緒に寝ているのですが、犬もだんだんなれてきたのか私も自分のスペースが保てるようになりました。

ゆずちゃんは相変わらず私の体にそって寝るか、あるいはわき腹の辺りにまんまるくなって寝るかのどちらかなんですが、

さくらはあまりくっつくのがすきではないので、あんまり私にくっつく、っていうことはなくなったのですが・・・
   20130829_002314.jpg

彼女はHunnyちゃんが寝ていたところに、Hunnyちゃんの使ってた枕に沿うようにしてねるんですが、

でもなんでか私のほうによっているし、私も右側に寝ているゆずにスペースをあげるために真ん中よりにねているので、

この通り、私の顔の横にさくらのお尻があるという感じ。

私が左側を向くとほんとに目の前にお尻って感じで、彼女が伸びをすればけられるし、私がうつぶせになると彼女の尻尾が私の腕の下敷きになってたりします。

たまにさくらの顔がこちら側にきているときもあるんですが、

さくらは鼻息が荒いし、いびきもひどいし、寝言もうるさいので、どっちにしてもなんだかなーという感じです。

彼女が寝ている間に縦にしたり、向こう側にずらしたりするんですが、やっぱり元にもどっちゃう。

キルトの下にもどって頭だけ出してねてるときもあるんですが、それでもやっぱり横向きですごい横幅とってる。

なんかあるのですかね、彼女なりの横に寝る理由が。

Hunnyちゃんはブリスベンに引っ越してからも一緒にねていいよ、というのですが、

いやー絶対ないなー、それは。


                          


お引越しやさんが荷物をピックアップにくるのが来週の金曜日になりました。

なんか日にちがきまるとこう、ピシッといろんなことが片付きますねー。

いろいろな手配もちゃちゃーーーっと終わりました。

金曜日にHunnyちゃんがアデレードに帰ってきて、私たちは土曜日のすんごい朝早くにここを出ることになっています。

ブリスベンまで Road Trip です 

グーグルマップでみてみると、単純にどこも止まらずに運転したとして、

ここのうちからあっちのうちまで22時間かかります。

ちょうど真ん中にキャラバンパークがありそこのキャビンは犬も一緒にお部屋にはいって泊まれるのでそこで1泊して、

翌朝さらに残りの半分を運転して日曜日の夜に新しいおうちにつくというのが今現在の予定です。


最初は私と犬は飛行機でブリスベンにいき、車は義弟に渡して彼がブリスベンに送る手配をしてくれるっていう予定でいました。

でもHunnyちゃんを空港まで送っていったときに飛行機を待つゲートで飛行機に荷物が詰まれる様子をみていて、

あの子達は飛行機には乗せられない、って思えてきました。

最初は飛行時間は2時間で短いから大丈夫かな、とおもっていたのですが、でもそれだけじゃないですものね。

アデレードの空港はケージに入っていても動物は空港内にはいることができないので彼女たちはFreight用のターミナルからFreight用の飛行機にのることになり、

あくまでも私の想像だけれど(実際はどうかしりませんが)

ターミナルでチェックインして、そこからおそらくコンベイヤーでどこかに移動になって、

そのどこかから荷物をたくさんのせた荷台に載せられて飛行機の近くまで運ばれ、

そこからまた斜めになってるコンベイヤーにのって飛行機の中にはいって、

飛行機のどこかに置かれ、離陸をまって、ドアが閉まって、飛行機の爆音をきいて離陸時はケージの中で転がるぐらい斜めになって、

気圧の違いのなか2時間をすごし2時間後着陸したら逆だけど同じ工程をふんで、

Hunnyちゃんにピックアップされるまでどれだけの時間、わけのわからない状態ですごさなきゃいけないのだろう?と思ったら

急に心配になってきちゃって。

動かされるたびにケージの中でよろよろ転ぶ彼女たちのことが簡単に想像できて、なんだかそれだけで泣けてくる 

それ以外選択の余地がないのならほんとに仕方がないと思う。

でももし車でいけるならそのほうがいいのではと思ったのです。

12時間が2回の長旅はこれまた彼女たちにとってストレスになるとは思うんですが、

少なくとも私たちと一緒であるということは大きな違いになるのではないかなーと思ったりもしています。

母の中学のときのクラスメートがすでにリタイアしていますが元パイロットで、

犬は真っ暗な貨物室に入れられ離着陸のたびにケージが動き、とてもかわいそうなんだという話を彼からきいたことがあるといっていて

うん、やっぱり選択肢があるなら車でいこう!と思って決めました。

車でいけばあちらについたそのときから車が使えるわけだしねー。

次の日スタバにいけるし!

実のところRoad Tripっていうのもしてみたかったし、

Indoorな私たちには無縁の場所といっても過言でないキャラバンパークに泊まるというのも、こういう機会でもないとないかと思ったりして(苦笑)

だからTOMTOMをかったのです(笑)

この前車もサービスにだしてみてもらったし、いろんなもろもろのものも購入して、準備万端です。

もちろん私も半分運転しますー。

クルーズコントロールがあるから楽だよとHunnyちゃんはいうけど、居眠りしないことを祈って(笑 笑い事じゃないね。)


犬のためといえども、でもやっぱり犬が心配。  車にのるとほんとに興奮しちゃって大変なの。

んー、でも楽しみ。

車につんでいくスーツケースには半そでのものやショーツ、サンダルがはいってます 

もう、もこもこのコートはいらないのよーーーーーーーーーーーーー!

なんかちょっとハワイにいく気分です(笑)






ではまた☆





[EDIT] [TOP]

28.08.2013, Wed

☆ Sanctuary ☆

   20130828_104734.jpg

3日前ぐらいから妙に食べたかった上のパン。

これはオーストラリアのどのスーパーでも売っているだろうお惣菜的パンで

ベーコンとチーズがのっています。

先週の木曜日にBreadtopでかったロールケーキはとっくの昔になくなってたし、ケーキ類もかわなくちゃとおもってたので昨日行こうと思っていかなかったので

今朝は朝起きた瞬間から行く気満々で、犬のご飯とトイレが終わった後スッピンで車を飛ばして買いに行ってきました(笑)

今はすっかり食べ終えてコーヒーを飲んで、幸せモードにはいっています 
   
   20130828_114047.jpg

今日からデザートはこれ 

これもうまいよねー。

食べたときの砂糖のジャリジャリ感がたまらないですよね。

シナモンシュガーといえば急に思い出したけど私はシナモンロールがめちゃくちゃ好き。

やっぱシナボン、だよねーーーーー 

あれに勝るもの、あるのか?って感じがします 笑

お引越ししておちついたら、ちょっと前にかったブレッドメーカーを使ってシナモンロールを作るのが目下の夢。

あ、あとついでにクロワッサンも買ってきました。

ハムもかったのでサンドイッチ作ろう♪とか思ってたんですが、マヨネーズがもうないんだった。。。

うううっっ。

でもクロワッサンはそのままでコーヒーと一緒に食べてもおいしいですしね。

最近パン系のものをたべてなかったから、なんかすごいパンに飢え飢えって感じです。
   20130828_131557.jpg

今住んでいるおうちは、Conveyancerの支払いとかも終わってクーリングオフもすぎてセトルメントに向かっております。

このおうちに住むのもあと2週間かーとか思うと、しみじみ。 

今までほんとありがとうございました、おうち。

あなたはたくさんたくさん、いろんなものを私たちにくれました。


明日は私がこちらにいる間の最後のグリーンビンデー(木とか雑草などの植物系だけを捨てられるゴミ箱の回収日)なので、

今日は天気もものすごくいいし家の中にいると逆に寒いので、真昼間っから外にでて草むしりなんぞしてみました。

うちは築40年弱の家なんですが、古い家って区画がすんごく広いんですけどうちも同じで720㎡あります。

だからバックヤードがめちゃくちゃ広いので、ほんと大変なの。

なのでちっこいのはもうほうっておいて、大きいのだけ引っこ抜いて、でもビンが3分の1埋まりました。 はぁ。

今度家を買うときはお庭は小さめで、とか思うんですが、でもやっぱりお庭の広いお家っていいですよね。

今度住むブリスベンのおうちもお庭があるのでやっぱりうれしい。


ハワイにいるとき長い間海外ウエディングのお仕事にかかわってきて、いろんな場所でのウエディングをみてきたのですが、

たとえばパイプオルガンの音色が美しすぎる教会とか海の見えるチャペルとか、ガーデンとかはたまたビーチとか、

いろいろあってどれもとても素敵でした。

でも私の中でのUltimate Weddingというと

それは自宅のバックヤードでのウエディングです。

もうこれにつきる。

あ、もちろんうちみたいなバックヤードじゃだめですよ(笑) そりゃー、どんなバックヤードでもいいっていうわけじゃありません。

お家自体にも広さがあって、完璧でなくてもある程度ランドスケーピングされた広い敷地にガゼボなんかあったら、それだけでいいですよね。

そこで50人ぐらいで、カジュアルな感じで。

午後3時ごろから式をやって、夕焼けのころからパーティーが始まって。

みんな近い距離で、笑って、のんで、たべて、おどって。

なんかすごいいいなーって思う。

オーストラリアでは大きな土地に住んでいる人が多いので、わりとめずらしくはないみたいですよね。

なんどか自宅で結婚した人の話をきいたことがあります。


以前ハワイで海の目の前のお家を所有する人にそこをウエディングサイトとして使う使わないの交渉のためにあったことがあったのですが

その女性は別に自宅があって、彼女が結婚したときに自宅のバックヤードで式を挙げたのよ、といっていました。

ご主人は兄弟に政治家がいるような、ご本人自身も地位のある仕事をしている人だったので、さぞかし大きい挙式で大変だったんじゃない?という話をしていたら

いやいやぜんぜん。 母親が自宅のバックヤードでの式を望んだので、100人ぐらいしか招かず、Valetを雇ってケータリングをたのんで云々・・・という話をきいて

こういうのってそうそうできるものではないわけで

そんな意味でもUltimateだなー、って思いました。


でも、なんというかそれがUltimateである一番の理由は

家で生まれる、家で結婚する、家で死ぬ。

そういうのがなんかいいよなーって思うからです。

決してお花畑的な思考はもってないし、ロマンチストなのでもないけど

なにしろ前の夫からHermit Crabという異名をうけた(笑)にわかヒッキーな私にとって

お家っていうものはまさにSanctuaryなので

すごくそう思うだけなのです。



   In you and I there's a new land
   Angels in flights
   (I need more affection than you know)
   My Sanctuary, My Sanctuary
   Where fears and lies melt away
   Music inside
   (I need more affection than you know)
   What's left of me,
   What's left of me, now


相変わらずいい曲だな~。。。








ではまた☆







[EDIT] [TOP]

26.08.2013, Mon

☆ Manifestation ☆

   DSC04720_20130826130907592.jpg
  
昨日のブログに「なにかからメッセージを受け取る」というようなことを書きましたが、

どれぐらいの方が日々同じように考えて暮らしていらっしゃるのかなー、って思ったりもします。

こういう話しには引く人も多いと思うし、そういうことはばかばかしいし一切信じない、という人もいますものね。

私はここで、いかにして「その存在」からメッセージを受け取り希望をかなえていくか、ということを説いていくつもりはありません。

ただ、私自身がほんとにそういうことがあるんだ!ってびっくりする日々を最近は送っているので、

私が書いたことを「そういうこともあるんだねー」って読んでいただけたら幸いです。


ところで、今朝受け取ったメッセージは「Manifestation」でした。

「マニフェスト」ととするとなんかちょっと物々しい感じな印象がありますが、

この言葉には違う側面もあるんですよ。

Manifestationとは「思っていたことが現実となる」という意味もあります。


先週の土曜日からずっとanxiousだった件がありましたのでどうなるのかなーと思っていたのですが、

本日ちゃんとメッセージどおりに、現実化されましたのですよ。


ななななんと(←どもるほどのことでもないか)

ブリスベンでの引っ越し先がきまりました~~!!

おめでとーーー! ありがとーーー! パチパチパチ~(←拍手の音ね)

なんだか興奮冷めやらずで、今沈静のために本日2杯目のコーヒーをいれております(笑)

あー、よかった、よかった。

早速ボンドと2週間分のレントをデポジットとして支払ってきました。



私たちもオーストラリアにお住まいの方なら必ず使うだろうサイト
realestate.com.auで

Hunnyちゃんがブリスベンに行く前からいろいろ物件を見ていました。

Hunnyちゃんの友達や、仲良くなったブリスベン在住のブロガーさんにいろいろ伺って地域を絞り物件を選んで、

ブリスベンに先にいったHunnyちゃんが物件を見に行ってくれました。

サイトで希望のサバーブで検索すると、その近辺のサバーブもあわせて500以上の物件がでてきますが、

うちは2匹の犬ちゃんがいますので、ペットOKという条件でさらに検索すると、残るのは30。

そこから希望の価格と部屋数に合うところをふるいにかけると、チョイス20軒に。

んで、ざーっと写真などをみて「あ、これだったらいいかな」と思えるものは、最終的に2~3軒です(笑)

予算は少ないので新しくて素敵なところは求めてないですが

犬がいるので広くなくても犬が遊べるお庭があることが必要だし

敷地はフェンスで囲われている必要もあるし(じゃないと犬がどっかいっちゃうので)

フェンスも金網みたいなものじゃなくて、ちゃんと隣の見えないものでないと、とか(じゃないと犬がお隣の人が見えるたびに吠えちゃうから)

その上に私たちのための条件があったりするので、

結果残るのがとってもすくなくなっちゃうのです。


17日に3軒、24日に2軒見ましたが、こんな少ない数の中でよく決まったな、と結構驚いています(笑)

でも前にもかいたんですけれど、何百という物件をみても、住むのはそのうちの1軒だけですから、

少ない中にも1軒普通にいいのがあればいいな、と思ってあまり心配はしていませんでした。


17日に見た3軒のうち2軒は実際みたら「ヤッキーで住みたくない」ということで
Hunnyちゃんの希望で却下。

1軒は外のペットなら考えます、という物件だったのでこれも却下。

24日みた2軒のうち、1軒はお店から近くて予算・条件にあうところだったので、その広告が掲載された水曜日からここがいいな、って思っていました。

実際Hunnyちゃんが見てみてよかったよ、と言っていたのでここに決まったらなぁ、と
anxiousだったわけなんですが、

結局ここに決まりました。

いや~~よかった~~!

今現在引越し屋さんの連絡まちなんですが、これから箱詰めのラストスパートです!

お引越しは来週になりそうです 


ふ~~、そんなこんなで今日はばたばたしちゃいました。


今回も思ったのですが、ひとつ、絶対にいえることがあります。

去年の9月からしばらくブログの更新をお休みし再開したときにも何度か書きましたが

口に出したこと、思ったことというのは絶対に現実になる、ということ。

これはよくスピリチュアルなサイトでもよく言われていますけれど、

ほんとにほんとだと思う。


すぐに実現するときとしないときはありますけれど、

ちゃんとベストのタイミングっていうのでそれが起こるのもほんとに不思議です。

他都市への引越しは私がこちらに引っ越してきてからずっと望んでたことですが

今だったんだなー、というそのベストのタイミングであったといえる理由がたくさんたくさんあります。


だけど、望んだことがベストのタイミングで起こるには絶対的な条件があります。

それは、やはり

絶対にそうなるのだ、と信じて疑わない、ということ。

絶対に、不安に思ったり心配はしないこと。

したいと思うことをしたいと思ったら、それを天にあずけてタイミングを待つこと。


いろんなサイトでは「夢をかなえるとはそれだけのこと! だから簡単」ってよく言ってますけど

実際なぜそれが難しいと人は思うかといえば、

上に書いた「絶対的な条件」をするのが、普通の生活の中では意外と大変だったりするから、だと思います。


だって生活していくのにはお金が要りますし、

お金のためには働くし、

仕事は自分が好きなことができるわけでもない。

いろんなことを考えていくと、人は計画してきちんとしていこうって思うのは当然のことです。

現実的なことを考えるとね、って思うのも当然です。


でもやっぱり

信じるという心の余裕と、我慢することなく楽しんだり幸せと思う気持ちと、執着しない心が

生活の中には必要なのだと思います。

とくに執着は「どうしてもこの希望をかなえたいのだ」という気持ちからも生まれますから

ほんとに手放すべきことと思います。


自分や人や状況のせいにするのではなく、

それはそういうことなのだ、とそのままを受け入れるということ。

なにかを選ぶとき、単純にすきかきらいかで選んでみたり。

なにかひとつでもいいので

小さいなにかからはじめてみると、結果に驚くと思います。


なんかうまくいえないんですけれど。

やってみる価値は、あると思います。








ではまた☆








[EDIT] [TOP]



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。