This Category : 家族★アデレード

--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

16.08.2013, Fri

☆ 宇宙な人 ☆

    IMG_1264.jpg

私の夫、Hunnyちゃん。

みなさんそれぞれにご自分のパートナーさんや大切に思う人について「気持ち」というものがあると思いますが、

私のHunnyちゃんに対しての気持ちはほんとうに「大好き」としか

他にあらわしようがありません。

おのろけのように聞こえるかもしれませんが 

でもなんていうか、もうそういうふうにしかいいようがないのです。 

7つ年下だからというわけではないですが、やることなすことすべてがかわいくて、

いつもかわいいねー、かわいいねーと頭をなでるのでいやがられます。


Hunnyちゃんがブリスベンにいっちゃってから1週間。

なにがさみしいって触る人がいないってことでしょうか(笑)

んーと、そういういやらしい意味じゃなくって(そんなこと思ってないか 笑)

なんていうか、先にかいたみたいに頭をなでたりとか

食べるときにほっぺたがふくらんでいるのでそういうのを指で押したりとか

かがんでいるときにでっぱってるお尻たたいたりとか

よく頭が痛くなるので首とかマッサージしてあげたりとか

指のささくれの皮をぴっととってあげるとか

できた青あざを押してあげるとか

蚊に刺されたところを爪でバッテンにしてあげるとか

・・・あれ?

えっと、あとは

夜中犬をトイレに連れてったあととかものすごい寒くなっちゃうから

つめたーい足とか手をHunnyちゃんの40度ぐらいあるのではないかと思われるあっつーい背中にくっつけたりとか

なんかほんとに小さいこと。

今はさわるといえばさくらとゆずしかいないんですが、

さくらはあんまり私がしつこいと邪魔がってあっちのほうへいっちゃうし、

ゆずは甘えん坊だけど8kg近くあるので抱っこしてるとおもくなるし、

それにHunnyちゃんとはやっぱり触ったときの反応が違いますから、

嫌がるおもしろさにとかわいさに笑うこともできないし、

やっぱり誰にも代わりはつとまりません。

    DSC05204.jpg

Hunnyちゃんが私にとってどういう人か一言で表すなら

それは宇宙みたいな人、です。

宇宙人、じゃぁないよ(笑)


人間的に大きいとか、愛情がたくさんある人とか、

そうなんだけどそいういうふうな表現はぴったりこなくて

なんかとても、無限大∞な人。

それはめちゃめちゃ能力があるとかそういうのともちがって

今までにみたことのない、不思議なぐらい自然で幸福なひと。



その前では心をすべて開き、信じ、すべてが大丈夫と思える。

そこからすべてが限りなく流れ込んでくると思える。


宇宙は私にとってはそういうもので

Hunnyちゃんはそういう人。




でも正直、最初っからこのように100%思えていたわけではありません。

おそらく、Hunnyちゃん自身はまったくなにも変ってないけど、

私がHunnyちゃんとの生活の中で変っていたのだとおもいます。


Hunnyちゃんは普通に言ってしまうととてもOptimisticで

最初のころは本当にどうしてすべてが都合よく物事が運んで行くと考えていかれるのだろう??ってすごいおどろくことがたっくさんありました。

私は逆にいつも最悪のことをまず考えて、そこからいろいろと物事を進めていくタイプだったので、

いっつもなにも疑わないHunnyちゃんの態度に驚くと同時にちょっとイラっとくることもあったりしました。

お金のことも全くきにしないHunnyちゃんと、1セントも数える私。

最初のうちは、結局はこの人は苦労知らずのおぼっちゃんなんだ、と思っていました。



でもそのうち、だんだんとわかってきたことがありました。

それはなぜか、彼が俗に言う「Lucky」な人だということ。

なにかにつけてHunnyちゃんは驚くほどついていました。

ゲームの中のイベントでさえ、いつも一番いいものをゲットするHunnyちゃん(笑)

まぁそれは冗談ですが、

彼が「こうする」と言ったことはすべて実現してきましたし、

「やる」といったことは完璧なタイミングでやり遂げてきましたし、

「大丈夫」といったことはすべて大丈夫でした。

出て行ったお金が必ず元に戻ってくるようなことが何度もあって、

いつも「この人はなににこんなにも強く守られているのだろう?」って思ってきました。



そして彼はそういうことを、全くの理屈なしにいつも行ってきました。

彼は自己顕示欲とかとは無縁な人で

ほとんど彼の口から「オレはこうなんだ」「こう思うんだ」「こうだからこうしたんだ」っていうようなことを、聞いたことがありません。

いつも後にも先にも何も言わず、でも寡黙ということでもなく、

空気のようにあるいは水なのか

ささーーっとあっという間に、いろいろなことを終えていきます。

大丈夫が大丈夫でなくなったときでもHunnyちゃんはしゃらっと動いて結局解決し、

いつも心配ばかりしていた私に決まって言うのでした。

ね~? ぜんぜん心配する必要、なかったでしょう?

くんちゃんはいつもネガティブすぎるんだよw

私はこの言葉に、最初はどれだけイラついたかしれません(笑)

ネガティブなんじゃないの! 現実的なの! 建設的なの!

なんどそういったかわかりません(笑)




宇宙と私たちの関係。

不安、心配、疑い。 

そういったものは宇宙からの豊かな流れをさえぎるものであり

私たちは必要なものを宇宙から得られなくなる。

私たちがその宇宙から無限に送られる私たちに必要なものを手にいれるには

私たちがまずその存在を認め

それに感謝し、それを心から信じ、

不安を抱かずにそのとき一瞬一瞬を楽しく幸せに送ること。

私はその「宇宙」という言葉がでるときその意味合いがわからなかったし胡散臭いとさえも思っていましたが、

Hunnyちゃんをみてて、それはそこにあるのだと思えるようになりました。



私はHunnyちゃんをみていて思うのです。

この人はこの宇宙のなんちゃらをなんの苦労もなく、自然に行っている人だ、と。

Optimisticなのじゃない。

この人の真から疑わない心に、無限にいろんなことが流れ込んでる。

もちろん彼は宇宙からのどうの、っていうことは知らない。

知らないし、いっても笑って信じない。

でも否定もしない。

それが言葉であっても人の行いであっても空気であっても

彼は自然に流れ込むもののままを受け入れて

それによって自分の色を変え、形を変え

すんなりとその状況に収まっていく。


そういう人なのです。


繰り返し起こるいろんなことを彼のそばでみてきて

私はその「大丈夫」という言葉を信じていこうと思えるようになり

それを教えてくれた彼は私にとっての宇宙のような人となりました。





はい、私この5年近くの間に

ものすごくうまく飼いならされたのだとおもう(笑)

まぁそれでもいいよ。

今一瞬一瞬が幸せと思えるのなら、それで。






ではまた☆






スポンサーサイト
[EDIT] [TOP]

15.04.2011, Fri

☆ Hunny's 36th Birthday ☆

   DSC06266a.jpg

15日は夫、Hunnyのお誕生日でした  

36になったのですが、本人はなぜだか37になったとおもっていたようです 

であったころは31でしたから、あれから5年がたったのかぁ。 早いなぁ・・・

お誕生日は大体兄弟やいとこをよんでレストランで食事したりするのが常なので妹にしきりをたのむ予定でいたのですが、ご本人がめんどくさいというので二人で過ごしました。

たいしたことはしなかったけれど、せっかくだしお休みをとりました  

   DSC06539.jpg

お誕生日のギフトは・・・

いつもの、ゲーム内で使うお金 (いくら分かはとっても言えませんが・・・ >.< 本人の希望なのでね・・・ )

あと、靴とSkinny Jeans(←ちょっと普通すぎるお買い物)

靴はアウトレットのハーバータウンにその種類が結構あるので車を飛ばしていってきました。

   IMG_0805.jpg

なつかしい、コンバース。  高校のとき、はいてたわ・・・

ハーバータウン、もんのすごく久しぶりにいきましたが種類、増えてました。

でもハワイには、まけるなー。

値段も全然高いし、デザインも少ないし。

もっとかわいいの、一杯あるのに、どうしてこちらにないんだろう。

アメリカとオーストラリアの、好みの違いなのかな・・・

ま、でも好きなのをみつけられたのでよかったです☆

   IMG_0831.jpg

そのあと、グレネルグのレストランに食事にいきました。

本当はエンターテイメントブックでメニューをみていいな~~♪っておもってたレストランにいって、そのあと別のところでデザートを食べる計画を立てたんですが・・・

ご本人の希望で、ビュッフェに。。。

ま、いっか。 私、ビュッフェ、大好きなので。
   IMG_0808a.jpg

でもここのお食事、すんごくおいしかったです。

いろんな種類の食べ物があるので家族連れが多いですけれど、テーブルとテーブルの間隔も広いし、ちょっと暗めの照明なのでプライベート感もあるし。

小さい子供も一杯ですんごいこんでたんですが、全然気になりませんでした。   
   IMG_0810a.jpg

私がビュッフェで一番好きじゃないのは、そのレストランがあまり忙しくない場合。

どうしてかといえば、食べ物の回転が悪いからです。

でもここは混んでるので次から次へと新しく食事がでてきます。

このレストランはちょっと早めにいくのがお薦めかも。

私達は5時半に予約をしてその時間よりちょっと前についたんですけれど、そのころはまだまだ3~4組ぐらいしかきていなくてお食事を取るのがすんごく楽でした。

デザートを取るころにはお子ちゃまがたっくさんいて、アイスクリームとるのにずいぶん時間かかっちゃって(笑)

きなこも小さいころ、ビュッフェにつれていくと大きなお皿を手にもって背伸びしながら一人で食事を取るのがすきだったので、なんか思い出してかわいくなってしまいました。
   OMG_0822.jpg

ここはローストもあるし、ベジタリアンもあるし、チャイニーズもあります。 

とにかく種類がたっくさん!

私は今回はローストは食べませんでした・・・

野菜とシーフードばかり食べました(笑)
   IMG_0812.jpg

デザートも一杯ありますが・・・ あまり食べられませんでした。
   IMG_0821.jpg

いちごはすんごくおいしくて、1パック分ぐらい食べました(笑)
   IMG_0827.jpg

一人えっと、27ドルぐらいだったかな。

せっかくのお誕生日だったのに当初予定していたレストランに比べたらもんのすごく安上がりになってしまいました(苦笑)

でもとっても楽しくて、おいしいお食事でした☆

クリスマスビュッフェもあるらしいのですが、お値段120ドル @_@

その時は生牡蠣もあるしクリスマスローストもでるそうでいってみたいな~~っておもったりしています。
   IMG9830.jpg

絶対にきなこや日本の家族がきたら一緒にくるんだ!っておもいましたが、おそらくしばらくは誰もこないだろうとおもわれ。

きなちゃんがアデレードにやってくるよりも私達がハワイに行くほうが、おそらく早いのではないかとおもいます。

3連休の週末になったし、Hunnyちゃんの36回目のお誕生日は、ほんとに楽しくのんびりしたものになりました☆


ほんっとにHappy Birthday、Hunnyちゃん。

いつもいつも、本当にありがとう。

私にとって一番大切なものはなにかを、いつも考えてくれて。

私はこれまでの人生にありえなかったほどのたくさんの選択肢を得ることができました。

だけれど逆に選択する必要がなくなりました。

それはすべてを受け入れられるようになったからです。

自分の人生を信じて、流れに身をゆだねることが、できるようになったからです。

それはあなたが常に私に平和と自由を、用意してくれているからです。

あなたには「感謝」以上の言葉が見当たりません。


次のお誕生日までまた、安全に、健康で、いてください。

そしてどうぞオッサンには、なられませんように 






ではまた☆





[EDIT] [TOP]

10.04.2011, Sun

☆ お墓参り ☆

   IMG_0780.jpg

今日はおじいちゃんのお墓参りでした。

毎年この時期に親戚がみんなあつまって、お墓参りをします。

去年はちょうどイースターの連休の週末にお墓参りをしたのですが、とってもとっても天気がよくて暑いぐらいだったんですけれど、今日は朝から雨。

気温もとっても低かったので、寒かったです。

   IMG_0788.jpg

集合は10時半だったのですが、この時間になると雨は降ったりやんだり。

やんだ隙に食べ物を並べてお線香をあげて・・・

天気がいいとこのままポーククラックリンをここで切ってベトナミーズロールを作り、ここでみんなで食べるのですが、また雨が降り始めたのでおばあちゃんの住む叔父の家にそのまま向かいました。
   IMG_0794.jpg

Feast! Feast!!

食べ過ぎました・・・
   cats_20110410155955.jpg

本当はおばあちゃんの家には寄らず帰る予定だったのですが・・・

おなかもすごいすいていたし、食べ物もはこばないといけなかったし、結局おばあちゃんの家によりました。

そうそう、いつも撮ろう撮ろうと思ってわすれちゃう、おばあちゃんとの写真。

今日もわすれました(涙)

いつも誰かしらがまわりにいるので帰りの挨拶のときにでも、とか思ってるんですが、帰りはあれを持って帰れ、コレを持って帰れで、結局ばたばたして忘れちゃうのです。

おばあちゃん、いくつなんだろう、今。

Hunnyにきいても「知らない」というので(←自分の親の年もあまりよく知らないのですよ・・・)

私が初めてあったときから杖をついていましたけれど、あのころはまだ一人で歩けてたんですが、毎回会うごとに歩くのが困難になっている気がします。

2年ちょっと前は自分でたっていることもできて、私達が家にお線香をあげにいくとお祈りしている間ずっと立ってみてました。

今は車にのるのも、大変そうです。

孫は30人ぐらいいるけれど、ひ孫も何人いるだろう。

子供達や孫達にもとっても大事にされて、幸せだろうな、といつも思っています。

私には少しの英語と、あとはほとんどベトナム語で話しかけてきます。 

日本人じゃなくて、ベトナム人に見えるわよね、とってもラブリーよね(←ここだけ英語)、といつもほめてくれます。

いつも話すときには手をつないで一生懸命話しかけてくれるので、このときばかりはベトナム語が少しでも話せたらな・・・って思うのです。

   IMG_0783.jpg

出かけたとき赤信号になると車の中で写真とるんですが、同じアングルでような写真なんですけれど、洋服をみて季節のちがいがわかったり、後で見ると結構楽しいです。

ほとんどの場合、指がはじっこにはいっちゃっててね・・・(汗)

今日は寒かったので先日妹がくれたスカーフをしていったのですが、妹が見るなり「ね、ほかの結び方のほうがあったかいよ」とやり直してくれました。

端っこの部分を結んで輪みたいにして、それをかぶってまたもう一度かぶって、みたかったんですが・・・

けど食事中にスカーフをとり、帰りにまた同じようにやろうと思ったら、できませんでした(汗)

ま、そんなもんかな。。。

 
また明日は月曜日。

今週は金曜日がHunnyちゃんのお誕生日なので、お休みをとっているので4日勤務!

その次の週末はいよいよイースター・・・


また一週間、がんばります。



ではまた☆











[EDIT] [TOP]

13.03.2011, Sun

☆ Engagement Party ☆

   DSC06422.jpg

昨日はHunnyのいとこのエンゲージメントパーティーがありました。

1ヶ月ぐらい前にテキストで知らせがあって、Hunnyの実家に届いてた招待状をとりにいくと・・・

11時からは「セレモニー」があり、6時半からは「レセプション」。

まるで結婚式じゃないのー 

婚約のセレモニーっていったい?と、驚いていましたけど、そういえば日本にも「結納」っていうものが、ありますものね。

私達はセレモニーにはいきませんでしたけれど、結婚するときと同じようなことをするとHunnyが行っていました(男性が女性の家にいって神棚に挨拶、ティーセレモニー、そのあと二人で男性の家にいき同じことをする、という感じ。)

   IMG_0705.jpg

私たちは6時半からのレセプションにいったのですが・・・

7時につくようにいったんですが、道を間違えたりしてちょっと遅れました(汗)

アジアンレストランを貸しきってのパーティー。 

「身内と、ごくうちうちの友達だけだよ」と聞いてましたが、100人はいました(汗)

結婚式は1年後の今ぐらいだそうで、そのときは義弟のときと同じように、400人とかの披露宴になるのでしょう。。。
   
ま、とにかく、飲んで食べての、相変わらずのパーティー。

賑やかでした。
   IMG_0706.jpg
   IMG_0708.jpg

お食事の最初はフカひれのスープ。 

遅れていったため、食事が始まったときにかわるがわる人が席にきて一通り世間話をしなければならなかったので、このスープを食べるときには2品目がでてました。
   IMG_0710.jpg
   DSC06423.jpg

2品目はうずらの揚げたもの。

食べるところがあんまりないので(苦笑)あまりすきじゃなく。

香辛料も結構きつかったので、私らしくなく一口しか食べなかった(汗)
   DSC06426.jpg
   DSC06427_20110313181839.jpg

未だに名前がわからない。 アジアン版のOyster Kilpatrickみたいなもの。

これ、去年の甥の誕生日パーティーで食べてから大ファンなんですが、あちらののレストランのほうがおいしかった気が・・・

だけど結局おいしかったから、3個たべた 
   DSC06429.jpg
   DSC06432.jpg

鴨のロースト。 

下はキャベツの千切りとミントとくらげ。 ニョクマムがかかってましたのでベトナム風。

さっぱりしてておいしかった。 ほんとに。
   DSC06434.jpg

ロブスターとクリスピーヌードル。

本日のWinner。 

クリスピーヌードルにあんかけのトッピング(?)に勝るものなし。
   DSC06441.jpg

後はスティームドフィッシュと炒飯。

私はあまりこの手のスティームドフィッシュが得意ではないので、食べませんでした・・・

なので写真なし(実はあるけど残骸の。)

コレ系のチャーハンはHunnyちゃんはすきではなく、絶対たべません。

なので私が2杯たべました(その必要ないけど、食べろっていうからさ。)
   
このあとフルーツの盛り合わせがでて・・・・

   DSC06444.jpg
デザートはケーキ。

このエンゲージメントパーティー、ケーキカットもあったんですよー。

ケーキはMurattiの。

たしか甥っ子のバースデーケーキもここのだった記憶が。   
   DSC06439.jpg

メインの二人と、私達二人。

この日きた洋服、FCUK(←びっくりした? ちがいますよ 苦笑 わざとこうかいてみたの)でHunnyがずっと前に買ってくれたもので、ミニのワンピースなんですが、すごい気に入っています。

   DSC06436.jpg

いとことHunny。

このいとこはHunnyが昔クラブに一緒に繰り出していた、一番中のよいいとこ。

いとこはボディービルディングをやってるので体つきが違うけど、目とか鼻とか、すんごい似てると思った。

   DSC06450.jpg

Hunnyの友達。 近所に住んでるらしいけど。

この前赤ちゃんをうんだ義弟の奥さんのいとこなので、義弟が結婚したときから遠い親戚になった彼。

ほんとに、このコミュニティーはどこかで誰かがつながっていて、いとこじゃなくても「いとこ」とよんでるから、もう誰がほんとうのなになのか、わかりません(笑)

   DSC06443.jpg

一番若い叔父(私と同い年)とHunny。

ボケボケ写真なんですが、これだけ「みるだけで大笑いできる」という写真はないかも。

叔父さん、いっつもこういう場では超酔っ払い。

Hunnyにお酒を勧めて、自分ものんで、典型的な酔っ払いの「何回も同じことをいう」を延々に繰り返し(笑)

Hunnyを自分の仕事場に誘ってるんですが、おかしくて仕方ありませんでした。

でもこの叔父とその奥さんが私、親戚の中で一番好きです。   
   DSC06438.jpg

いとこの友達達と。

でも楽しかったです。

もう少し長くいたかったんですが、Hunnyがお酒がまわって眠くなってきたので、みんなより一足先に帰りました。


パーティーが始まって身動きが自由に取れるようになると、たくさんの人がきて日本はどうか、家族は大丈夫かと心配して声をかけてくれました。

Facebook上の実際は知らない人たちからも、お見舞いのメッセージをもらいました。

普段英語はめったに話さないお父さんでさえ、一番に私のところに飛んできました。

あんなにお父さんと長く話しをしたのは、初めてかも(苦笑)


みんな心配して祈っていること、ここにお伝えします


さっき「どこかで誰かがつながっているコミュニティー」って書きましたけれど、それだけ結束が強くて、家族、親族を大事にしている人たちなのです。

だから私の家族も同じように大事に思ってくれています 


結婚って、まったく異なる二人が家族になり、その家族がまた家族になり、つながっていくよね。

「人類は皆兄弟」って言葉があったけど、ほんとその通りなんだな、と。

ハワイの人たちも「神様の下にいる私達はみんな家族」って信じている。

なのでまったく赤の他人であっても男の人は「ブラザー」、女の人は「シスター」、年上の人は「アンティー、アンクル」って呼ぶのが普通でした。


世の中、一人の力ではできることはほんとに小さい。

だけどその一人が身近な人を大切にして、その関わりを幸せに思うことが、きっと遠くにつながっていくのではないかと思います。


ところで今回のエンゲージメントパーティーで「結納」ってあったね、って思い出したんですが、もうひとつ、思い出したことが。

私遠い昔に、結納したけど止めた、っていうことがあったんです。。。

その人とは家族にならなかった、苦い思い出。

きっとお互いに、家族になるべき人たちが、ほかにいたのでしょう。


ま、その話はいつかまた。




ではまた☆





[EDIT] [TOP]

26.02.2011, Sat

☆ IT'S A GIRL ☆

    IMG_0685.jpg

先週の土曜日に義弟夫婦のところに赤ちゃんが生まれました☆

1週間たった今日、おうちに赤ちゃんを見に行ってきました。


まだ3キロなくて、ちいさくて、細くて、でもほんっとにかわいいの~~~☆

きなこは3.5キロぐらいあったと思うので、もう少し大きかったような覚えが・・・

っていっても14年前のことですから、なんか忘れちゃって 

でもなんで赤ちゃんてこんなにかわいいのでしょうか。

もう何時間でも見つめていられるって感じです。

     IMG_0681.jpg

早い時間に訪ねようと思ってたのですが、昨晩夜更かしした上に早起きしたので昼寝してしまって、弟の家についたのは4時半ぐらい。

ちょうとお風呂の時間にぶつかってしまいました。。。

とっても良い子で4~5時間ぐらい寝るそうなので夜もとっても楽とのことでしたが、お風呂に入れると大泣きしてしまいます。

でも泣いちゃってもかわいいね~~☆

ほんっとに「新生児」っていう感じの、泣き方でした。

     IMG_0673.jpg

女の子なので、お花屋さんでピンクを中心にした花束をつくってもらいました。

まだつぼみですがピンクのユリも入っています。

ちっちゃいバルーンも添えて。

     IMG_0682.jpg

赤ちゃんてなんていうか、抱っこするとずしっとくる適度な重さがあって、あったかくて、なんともいえない感触ですよね。

そして腕の中にすっぽりとおさまるの。

お風呂からでてからすぐ義弟が抱っこさせてくれたのですが、その時はまだ起きてて目でなにかを追ったりしていたのですが、徐々に目を閉じて眠りに落ちる様子がもうなんともいえず、かわいすぎる 

オムツのお尻をトントンとたたきながら、きなこの小さいときのことを思い出してました。

きなこもピンクのニットの帽子を病院でかぶせてもらってたな~。

私は病院に2泊しましたが、夜中看護婦さんがきなこを授乳のためにつれてきてくれました。

最初母乳の出が悪くて、だけどそんなことぜんぜんわからないでいて、おっぱいを離すと泣いてしまうきなこ(おなかがすいていたのです。)

どうしたんだろう?って不安になり、またいつまでも寝られなかったのでちょっとイラッとしてしまいました。

看護婦さんを呼んでナースリーにきなこをつれていってもらったあと。


自分のベッドのうえにきなこのかぶっていたピンクのニットがポツンと残っていました。


それをみたとき急にいろんな思いがわいてきて、たくさん泣いたのを覚えています。


そうだ、きなこがまだとっても小さいころ。

サンタクロースがテーブルにきて記念写真をとったのが残っているということは12月だったから、まだきなこは2ヶ月ぐらい。

その時に前の夫とレストランに食事にいったのですが、隣の席の人が私達に「きっと本当に幸せなのね」といったのを思い出しました。

それは私と前の夫がかわるがわるきなこを抱っこしては、二人して寝ているきなこがかわいくて見つめていたからです。


今まではなんか、きなこが赤ちゃんの時のことを思い出すとき、助けてくれる人もほとんどいず、一人で漠然とした中で必死にがんばらなきゃならなかった、っていうことしか思い出しませんでした。

そういうことしか思い出さなかったので、もしかしたらきなこをかわいいなんて思う余裕はなかったのではないか、って思ったりもしてました。


でもレストランのときみたいに、私もたくさんのお母さんと同じように、ゆっくりときなこの寝顔をかわいいな~☆って見つめていたのだな、と思いました。

私もたくさん、きなこが赤ちゃんのときその時期を楽しみ、幸せにおもってたなーと。


きなちゃんは今ではすっかり健康で美人さんに育ち、ますます幸せな母でございます。


義弟夫婦も赤ちゃんも、健康で楽しく幸せな日々をこれから送れることを、祈っています。




ではまた☆




COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。