This Category : ビザのこと

--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

21.10.2008, Tue

今思えば・・・ ビザ、大変だった☂

毎日、うちの庭にくる猫。
Neko4.jpg
朝から夕方まで、ぼーっとしています ♡ かわいい。


私はオーストラリアのビザ(subclass 309 Spouse Visa)をとって入国してきました。

結婚相手がいる場合にはフィアンセビザをとるか、オーストラリア国外で結婚し配偶者としてビザをとるかの選択があり、最初はフィアンセビザととるとか考えてましたが、最終的にはハワイで婚姻し、そのまま配偶者としてビザを申請しました。

オーストラリアのビザはとれやすい、とたくさんの人から聞いていましたし、私自身もそういう認識がなぜかありました。 たしかに、申請してからあっという間にビザがおりましたが、でも、その申請の書類は、アメリカ以上のものがあったと思います。

13年ほど前、アメリカで1度目の結婚をし、永住権(グリーンカード)の申請をしました。 そのときは自分で全部書類をそろえて申請しました。 申請自体の料金は225ドル(ほかにもいろいろ指紋とったりする費用とかもありましたけど)。 今じゃ、めちゃくちゃ値上がりしてるみたいですけど・・・・ あんまり覚えてないですけど、Criminal Recordなんてとった覚えもないし、健康診断だってありませんでした。 TBテストをやったようなやらなかったような・・・・ でもあれは、学生ビザをとるときだったと記憶しているので、グリーンカード申請時ではなかったかと思います。

戸籍謄本(プラス訳。 でも自分で訳してOK)、前夫のBirth Certificate、前夫の銀行残高証明、あとWitness二人からの、私たちが付き合っていることの証明(自分でタイプをうってその紙を友人にわたし、サインしてもらった)、あと、なんだろう。 申請用紙が何枚かあって、至って簡単だったんだよね。

で、離婚の申請も、自分でやりました。 これは大変だった・・・・ なにがって、もう書類の数がハンパない。 うちはジョイントの銀行口座や不動産がなかったからまだ簡単なほうだったのですけど、それでもいちいち自分はなにをもっててそれは誰がキープするとか事細かにかかなきゃいけなかったし、フォームが10種類ぐらいある上にそれぞれに5部コピーつくれとか。 で、子供がいる場合には離婚が及ぼす子供への影響を学ぶクラスへ参加しなくちゃいけないし(これいかないと離婚できない)、めっちゃ時間はかかったけど、よかった点といえば費用的には安かった、ということ。 $250かなんかでした。

で、オーストラリアのビザは・・・・ 最初は自分でやろうと思っていましたが、結局、ビザエージェントに頼んで申請しました。 費用は申請料が訳1500ドル、 でエージェントへは3000ドルぐらいだったかと思います。

オーストラリアのビザの申請は、ほんっと、大変だった・・・・・ やろうと準備を始めたのが2007年9月、結局すべてそろって大使館に提出したのが2008年5月の終わりだもん。

Criminal Recordはハワイ州、アメリカ合衆国両方とれとかいうし(それぞれにいちいち時間がかかる)、最悪だったのは健康診断。 一緒に来ないきなこの分も提出しなければならず、二人で結局800ドルぐらいかかったのだった。 それもキャッシュ! 友達は「金がなければビザも申請できない、っていうことなんだね」とびっくりしてた。  きなこは健康診断の視力検査でひっかかり、めがねをかわなければならなかったのだけど、ちょうど夏だったもんで島唯一の、健康診断ができる医師が来週から2週間のバケーションにはいる、っていう時。 即効めがねつくってすぐに医師のところに再検査にいかなければならかったため、結局めがね代が高くつき400ドルほどかかったのよ・・・ ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

あ、あとほんとに時間がかかったのは、自分自身のHistoryを二人の出会い、二人の関係と絡めて書くやつ。 最終的にはエージェントが書き直してくれるものだけど、エージェントにどういう人生をおくってどういう風に私たちがであってどうやって結婚まで発展していったかのエピソードを書いて提出しなければならず、タイプしたその枚数12ページに及びました。 これは集中してやる必要があって、そのタイミングもみはからうためにものすごい時間がかかりました。

だから、オーストラリアのビザ申請=お金がかかる、すごい手間。 ƒhƒNƒ

という思い出しかありません。

インターネットで「Living Room♪」というとってもすばらしいオーストラリアビザ申請の情報サイトがあったのだけど、アメリカのオーストラリア大使館でビザを申請した人がいず、結局のところ手探りのままの申請でした。

5月21日に大使館が申請書を受理し、最終的にビザがおりがのが8月1日。 そのメールがエージェントにとどいたのが次の週で、こちらにエージェントから連絡がきたのは8月10日でした。

最初の段階で、大使館からエージェントのところに申請書を受理した旨のメールがとどかず、6月の終わりになって「5月21日にだしてますよ」ということがわかったので、1ヶ月のロスタイムあり。 これがすんなりとどいていれば健康診断がもっと早くできたかと思います。

そのうえ、きなこのパスポートが6月初旬にきれちゃって、健康診断の際の身分証明はパスポート以外受け付けない、ということがわかり(IDとしかかいてなかったじゃねーか! !)、それを急ぎ申請しさらに健康診断のアポをとるのも大変だった(大使館指定の医師はオアフ島で一人しかいない!)ので健康診断ができたのが7月の終わり。 その段階ではすでに「早く健康診断の結果、おくってくださいね☆」のメールが大使館から届き、健康診断の結果があちらの手元にとどいたのが7月29日なので、届いてすぐにビザをおろしてくれた、っていう感じでした。

だから、メールが届かなかった1ヶ月、それからきなこのパスポート待ち期間がなければ、もっと早くビザが下りていたと思うけど・・・。

10日にビザがでたことがわかり、翌9日にはハワイをでてきたので、ほんと、最後は怒涛のような日々でしたよ・・・・・ µL©`

ま、それも終わって、よかった、よかった。 

アメリカには15年もいて、日本には絶対に住むことはないと思いながらも、Citizenshipはとりませんでした。 取る機会はあったし考えたこともあったけど、なんかちがうなーという感じだった。

でもオーストラリアではCitizenshipを取る、とすでに決めています。 この国でずっと生活するかどうかはわからない。 でもHunnyと同じステイタスで、いたいので ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。