This Archive- 2009年06月

--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

30.06.2009, Tue

☆ Gorge Wildlife Park ☆

     gwlp1.jpg

ああ、40GBを使いきり、昨日からインターネットのスピードが落ちております・・・ 7月2日からはもとのスピードにもどりますのであと今日を含めて2日の我慢です・・・ はぁ。 ダイヤルアップほどではないですが、でも写真のアップが大変におそいです・・・・  Annoying。

ところで土曜日にワイルドライフパークへ行ってきました。  以前に別のワイルドパーク(そのときの記事はこちら→)にいったのですが、今回はGorge Wildlife Parkへ行ってきました。

  gwlp2.jpg

ここではコアラを抱っこすることができるのですよーーーーーーっ!!!

11:30、1:30、3:30の1日3回、2匹のコアラのお出ましがあり、抱っこをして写真を撮ることができます。

ずっと前「州によってコアラを抱っこできる、できないの法律がちがう」ときいたことがあって、抱っこがOKなのはゴールドコーストのある州ともうひとつどこか(すっかりわすれちゃった)ときいたように思うので(←この記憶も怪しいものですけど)アデレードではコアラホールディングはできないのかと思っていました。

コアラちゃんはちょっと重く、でもやわらかくてあったかくてほんとかわいかったです☆ ちょうど人間の赤ちゃんのよう。 そのままつれて帰りたいぐらいでした。

ワイルドライフパークの良いところは動物にえさをあげたりすることができるところ。

     gwlp5.jpg

入り口で入園料を払うときに一緒にこのピーナッツを購入。 これを手に歩き回ると・・・

     gwlp4.jpg

ワラビーやカンガルーがよってきて、時にはアタックされます。 でもどの子達も性格がよくとってもかわいいです。

そしてアタックされるだけでなく

     gwlp6.jpg

ストーカーにもであっちゃいます。 

この2羽の孔雀、微妙速度と距離でずっとついてきてました。 こわっ!

   gwlp7.jpg

どのワイルドライフパークにいっても同じような動物がいて、同じようなセットアップなのですけど、何度いっても楽しいです。  私はウォンバットが一番好きです☆ 

   gwlp8.jpg

手のひらサイズのモンキーちゃん。 一見リスのようなのですけど顔がサル。 最初ちょっとおどろきますがかわいいです(申年なので親近感が妙に・・・)

あまりかわいいのでピーナッツをあげていたら去るときに

  特別な食事をあたえているので、食べ物をあげないでくださいね

というサインが・・・   ごめんなさい・・・・

   gwlp9.jpg

ビクターハーバーへ行く途中でペットとして売っている場所を見つけて以来Hunnyがほしがっているアルパカ(右下) 裏庭で飼いたいそうですが、お散歩とかどうするんでしょうねぇ・・・ でもちょっとかわいらしい気もします。 

 
今度の週末はどこへ行こうかな~~♪ もしかしたらHunnyの会社が金曜日お休みになるかもしれないということで、休みになってくれることを祈るばかりです☆

週末に遠出をするのが楽しみですが、週末が来るたびにきなこがアデレードにいられる時間も少なくなっていくのですよね・・・・・(泪)

どこにもでかけない日もとっても楽しくて、なんだかきなこがかえっちゃったらほんとにほんとにさみしくなりますよ・・・・・



スポンサーサイト
COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

29.06.2009, Mon

☆ Transformers 2 ☆

    transformers-2-poster.jpg

金曜日、Transformers 2を見てきました☆

Transformersはもともとはコミックだったものがアニメになり、そのご実写の映画となりました。 スーパーマンとかスパイダーマンと同じような感じです。

うちのHunnyも子供の頃Transformersのおもちゃ(車から形が変わっていくやつ)をたくさんもっていたとかで、もう大ファンなのです。 そういえばTransformersの第一作目もHunnyときなこの3人でみたのでした。 あの時はハワイにちょうどHunnyがきていたのでハワイでみたのですけれど、あまりこの手の映画に興味がなく二人が見たいというから一緒にいったのですが、1はまぁまぁという感じでした。

でも2は1よりもずっと面白かったです♪  最初からとっても飛ばした映画でした。 ちょっとGCに目が慣れるまでに時間がかかりましたが(苦笑 年のせいですか・・・)いやーすごいすごい。 6時20分の回の映画をみて外にでたときには9時をすぎでいたので長い映画のようでしたがあっという間でした。

帰りに大きなトラックをみるたびあれは本当はTransformするトラックなんじゃないかと思ったりした、単純に影響されやすい私です。


なんか最近映画といえば家で見ることがほとんどだったので映画館に行ったのは久しぶりな気が。 

昨晩は家でHaunting In Conneticutを見ました。 Hunnyは怖い映画が大好きで見たくて仕方がなく、きなこはハワイですでに見ていて怖くて怖くて仕方なかったのに「もう怖さを克服したからまたみられる」といい、見たくなかった私は「Chicken」と呼ばれ(←むかつく)、そんなこんなで見たのですが、お話自体はとってもいいお話でしたよ~~~。 

じ~んと来るところが結構あって泣いちゃいました、見ていて。 気持ち悪い場面とかびっくりしちゃう場面とかたくさんあるのですが、最後に「見てよかった~」って思えるこの手の映画ってあまりないかと思いました。

本当にあったお話がベースになっているのですが、これにでてくる「家」で昔になされていた出来事がなかなか興味深いです(← 見てみてね)

                ¯       ¯       ¯

ところで「さくら」は元気です。

     sk.jpg

きなこが相手をしてくれるのですっかりあまやかされています。 朝はきなこが起きるまできなこの部屋のドアの前でクンクンないています。  きなこがテレビを見ているときはその上にのってでうたた寝です(目がこわっ)

   sakura4.jpg

たくさん食べるのですぐに重くなりました。 裏庭へのドアの横にドギードアをつけたので出入りが自由になったこともあり、外にいっては穴をほってきて毎日とてもきたないです。 ものすごい勢いでもどってくるときは口になにかをくわえているとき。 木のきれっぱしや石ころをもってきては怒られています・・・ 
ほんとにいたずらが絶えません・・・・



 

COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

26.06.2009, Fri

☆ アイススケート ☆

   is1.jpg

今日は金曜日。 いつもだと夕方から1週間の食品の買い物にでかけるのですが今日の夜は映画をみにいくことになっているので昼間にきなこと二人でどっと買出しにいくことになっています。  毎回買い物はHunnyと二人で出かけるのですが、スーパーが混んでいることもあり、リストをつくってそれだけをどわーーっと回って買って出てくる、という感じなのでスーパーには20分もいないかと思います。

なので他にどんなものがあるのかとか、ゆっくり見ている暇がないので・・・・ 今日はきなこと二人だけだし、ちょっと時間をとってみてみようと思い、なんか楽しみです。


先日、アデレードCity付近にあるアイススケートリンクへ行ってきました。

お誕生日パーティーなどができるのでとっても混んでいました。 夏場は外が暑いだけにスケートリンクはものすごく混むそうです。

ハワイにもアイススケートリンクがあり、よくきなことその友達を連れて行ってました。 私はスケートができないので見ているだけでしたが、たまに子供たちから滑れといわれるので、初心者用のところでウォーカーにつかまりながらこの子達に教えてもらったりしていました(泣 子供とは時に残酷なので、とっても教え方がきびしかったです・・・)

    is2.jpg

デジカメを持っていくのを忘れたのでiPhoneのカメラでとったため画質が悪い上に動いている二人を取るのは至難の業。 結果ぶれぶれですけど、記念ということで・・・

スケートリンクにはうまい人用(?)の大きいリンクと、その横に初心者・子供用の小さいリンクがあります。 小さいリンクにはウォーカー(つかまって移動できるもの)があって、それをつかって練習ができます。

先にも書きましたが私はスケートができないので小さいリンクで練習してましたが、Hunnyときなこは大きいリンクと小さいリンクをいったりきたり。 二人のおかげで何時間か後にはウォーカーなしで氷の上を自力で移動(←すべるんじゃなくて)できるようになりました☆ 
ものすごくうれしかったりして♪♪

   is4.jpg

スケートリンクでは氷の上でのリンボーなどもたまーに行われます。 あとは暗くなってミラーボールが回ったり。  きなことHunnyの写真の、二人のうしろにうつっているのはビギナーのほうのリンクです。

スケート靴のせいで足がだいぶ痛くなっちゃったけど、とっても楽しかったです。


そろそろ帰ろうか、という時間になったときにふとHunnyが言いました。

   「見回してみて。 アジア人は俺達だけじゃない?」

笑。 ほんとだ。 なんかおもしろい。 誕生日パーティーにきていたアジアの子が1~2人いたのをみたのですけどね。

ハワイではいわゆる「白人さん」を見つけるほうが大変でしたが、アデレードにきてからはあまりアジアの人を見かけなくなった気がします(っていっても夫家族はみんなアジアンですけどねー) エリアによってはアジア人がたくさん住んでいるエリアもあるしチャイナタウンにいけばたっくさんのアジア人に会うことができますが、私が住んでいるエリアはほとんどといっていいほどみかけないので、たまにみるとお互い「あれ?」って感じなんですよ(笑)

でもなんの支障もないのですけどね。 オーストラリアの人たちはみんないい人達ばかりなので。 ほんとにこの人たち、大好きです☆

と、話がそれましたけど・・・・

スケートにいった晩ですが、腕が筋肉痛でしたよ・・・ こわくてウォーカーをものすごい力でにぎりしめていたのでしょう(苦笑)

次回は大きいリンクにデビューしたいです☆

   is3.jpg
COMMENT : 10  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

25.06.2009, Thu

☆ Botanic Garden of Adelaide ☆

     bg3.jpg

アデレードにはたくさんの公園があり、普段から町をドライブしていてもたくさんの緑がありとってもよいところです。

Cityにはとても大きなBotanic Gardenがあります。 この植物園、開かれてからもう140年という時が経っているということ。 アデレードの観光名所の1つでもあり、入場は無料です(真ん中にドームがあり、その中にある植物を見学するには入場料がいります。) 

植物の写真を撮るのが大好きなきなこのリクエストでこの植物園へ行ってみましたが、あちこちにちょっとした建物やガゼボがあったり、ものすごく綺麗なところでした。 敷地がとっても広く、だいぶ歩きまわったにもかかわらず地図をみてみたら実際半分しか歩いていなかったのですよ。 

なのでまた近くぜひ、訪れてみたいと思います。

  bg4.jpg

バラのコーナーには何種類ものバラが植えられています。 時期的になのか、咲いている花はすくなかったですが、それでもいろいろな種類をみることができました。

      bg5.jpg
 
ものすごく開放的でかつ、ちゃんとデザインされている植物園は風冷たいちょっと暖かめの日にはぴったりの場所です。  

   bg6.jpg

敷地内には売店やレストランもあります。 ベンチがいたるところにあるので休憩しながらゆっくり見て回れます。

   bg7.jpg

     bg2.jpg

えっと、なんかこのドームを持ち上げている写真をとりたかったみたいなのですけど・・・・ 汗 いつもラブリーなハズバンドなのです☆

   bg1.jpg

お父さんと瓜二つのきなこ、私とはぜんぜん似ていないのです。 

ここと動物園で200枚近い写真をとったきなこ。 カメラ小僧のようでした。 でも素敵な写真をたくさんとってまして、一番のお気に入りを紹介します。

       bg8.jpg

同じ木のトンネルをとるのも(上のほうにあったそれは私が撮ったもの)ぜんぜんちがいますね。 ごく普通のデジカメでこんなきれいに写真が撮れるなんて、びっくりしてしまいました。 

一眼レフのデジカメがほしいそうで・・・・ お母さんの節約生活は永遠につづきます・・・
  

COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

24.06.2009, Wed

☆ きなこの日々 in Aus ☆

   DSC01947.jpg

今は朝7時です。 気温7度。 霧がかかっています。 天気予報では9時ぐらいから日がのぞくみたいですけど、洗濯をするかどうかなやんじゃいます。

到着したばかりのころは時差のためか朝6時にはおきていたきなこですが、だんだん起きるのが遅くなって最近は8時ぐらいまでねています。 私は相変わらず5時おきですが、Hunnyがでかけてからきなこが起きるまでのこの時間、ちょうどさくらも昼寝(朝寝?)の時間帯になるので、ひとりの時間が持てます。 あ~、静かだ~~! さくらときなこがおきるとまた嵐が始まりますのでね。

アデレードに来る前からきなこが「ママと一緒になにか作りたい」といっていたのですが、そんなわけで先日二人でピザとデザートのクッキーを作りました。

しかしながら最近料理をするようになったばかりの母親にピザの生地を作るなどという作業はできるわけもなく、スーパーで売っているビザの生地を買ってきました。 ピザの生地、袋にはいってパンのセクションに普通にうっているんですよ。 ものすごく便利です。

    DSC01940.jpg

生地を麺棒で伸ばすわけですが・・・・・ 

穴があいたりいびつになったり厚さがまちまちだったりとか。 

途中、生地をまわしながら空中になげてみましたが、生地がひろがったりなどの変化はもちろんみられませんでしたよ・・・・

トマトソースぐらいは作ろう!と思って、ハワイのPapa Johnピザ(Pizza Hutとかそういう感じのピザ屋さんですがとってもおいしいのです)のレシピを入手したのですが・・・・

オーストラリアってトマトピュレー、ないの?

スーパーにいっても見つからず。 Hunnyにきくと「トマトペーストをつかうんだよ」と。 

なんかトマトペーストの売り場でみたようなみないような・・・ でも混んでいるスーパーでセクション移動はほんといやになるし、ホールトマトをピュレーにするか、とか頭の中でぐるぐる考えたんですけど、もうめんどくさい。 トマトソースはトマトペーストをそのまま使いました(でもおいしかったりして。)

   DSC01945.jpg

トッピングも全部きなこがカットしてのせました。 ピーマンは細く切る、という意味で「その半分に切って」といったのですが、たて半分でなく横半分にきったため、なんだか細かいトッピングとなってます(苦笑)

でも焼きたてのピザ、ほんとにおいしかった☆ 焼いている最中もものすごくいいにおい。  今回は9インチ用のピザが4等分されているピザドウをつかったのですけれど、次回は大きいものを1まいにして、具ももっと凝ろうということになりました。
 

ところで肉としてつかったKabanaソーセージ。 最近お気に入りのひとつです。

      DSC01789.jpg

焼かずにそのままでも食べられます。 日本のソーセージ(かウィンナー)風の味がしておいしくて大好きです☆ 

あ、そうだ、デザートのクッキーもありました。
  DSC01936.jpg
オーストラリアのバターってアメリカのバターと味がぜんぜんちがいます。 なんというか、ものすごい濃厚な味。 それからチョコレートチップの値段が高くて驚いてしまいました。 それにくらべるとシナモンなどはほんと、安いと思います。 

単価の高いこのクッキー、ほんとおいしくできてあっという間になくなりました☆


今日はエクササイズもかね、近くのショッピングセンターに歩いていっていってきます♪  では~




COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

23.06.2009, Tue

☆ Adelaide Zoo ☆

   KinaVac01.jpg
きなこがアデレードにきてもう1週間が経ちました。

毎日やる家のことに加え、きなこをどこかへ連れて行ったりして、毎日いそがしくでも楽しく時がすぎていっております。 私がいそがしいときには一人でゲームで遊んだり編み物をしたりハワイにいる友達とチャットしたり、また犬のさくらのトイレの面倒から遊びまで全部みてくれるので、本当に助かってしまいます。


彼女をどこかに連れて行くといっても去年の9月にアデレードに来て以来あまり私自身が観光らしい観光ってしたことがなかったので、はて、どこに連れて行ってよいものやら・・・・という感じなのですが、私にとってもいろいろ回れるちょうどよいチャンスですし、いろいろ調べたりしながら計画をたてています。 

場所をピックアップしたものの、いまだに方向指示器を出すのにワイパーを作動させてしまい、横から道へ入るときには車が来るのを確認するのに左をみてしまう私、Hunnyのいない平日はきなこをのせて遠出をするのは危ないと禁じられておりますので(泣)、二人だけの平日は私が運転していったことのある範囲内でとなっております・・・。 でもラッキーなことに、ネイルをしていただいたちーさんの家が遠かったこともあるので、その付近までいけるんですけどねー!

そんな毎日ですが、そのなかでハワイとの違いをいろいろ発見しているようで、その様子をみるのが私にとってもHunnyにとってもうれしく楽しいことのひとつです(ってなんか年老いた夫婦のような・・・。)


冒頭の、私の大のお気に入りの写真(なにげバンビちゃんが振り向いて微笑んでいるのがかわいすぎる☆)はアデレード動物園にいったときのものです。  

動物園はCityに位置しており、Cityには何度もいったことがあるのですが運転していったことがなかったので、3人でいくこととなりました。
   zooaa.jpg

日本からきた場合、あの日本の動物園の規模や施設の大きさに「こんなもんか」と思ってしまうだろう、アデレード動物園。

だけどハワイ生まれ・育ちのきなこにとってはこの動物園、ものすごくきれいで動物が一杯いて、なおかつ動物がちゃんと外にいて動いてる、とっても楽しい動物園です。(←笑 ホノルルズーは暑くて動物はみんな物陰で寝ているのです・・・・)
   zoob.jpg

今年の終わりにはパンダもくるんですよ♪  「いや~残念だったね~。 パンダがきたらオレはみにくるけど、きなこはこれないね。 ま、写真とっておくってあげるよ」ときなこに意地悪をいうHunnyでしたが、「パンダなんて何度もみたことあるし。 みたことないのは自分だけじゃん」と返されてました・・・ 
 
コアラやカンガルーなどオーストラリアのおなじみの動物のほかにライオンやキリンなど大きな動物もいますが、一番かわいかったのはこれでしょうか ↓

    zoo6.jpg

最初はいないのかと思っていましたが、去ろうとするとにゅっと水からでてきました。 赤ちゃんヒッポもいましたよ。

ところでここ、入園料が大人22ドル。 動物園にしては、ちと高い気がいたします・・・・ ‚“‚Ž 

最後に、きなこがどうしても書いてくれというのでつけたし。 一番の上の写真は動物園の中の動物に触れるエリアでとったもので、そこにはヤギとかひつじとか鹿とかがいるのですけれど、1匹、なんだかとーーーーっても妙なヤギがいました。 ちょうど写真のきなこの肩のよこあたりに写ってるんですが・・・

      zoo7.jpg

なにげなーくこっそりと、いつもくっついてくる黄色い目のストーカー君でした。

結構こわかった・・・

やぎにも、いろいろな性格があるのだと、実感しました。。。



COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

19.06.2009, Fri

☆ Beautiful Hawaii ☆

   BH1.jpg
娘きなこが夏休みを私達と一緒にすごすため、ハワイからアデレードにきています。

航空会社が15才にならないと一人での飛行機を利用することを受け付けないため、ハワイに迎えにいき日曜日にアデレードに戻ってきました。

行きはシドニーでの待ち時間が6時間以上あったためアデレードからハワイまで丸1日に近い時間がかかりました。 帰りは帰りで飛行は11時間近く、そしてすぐにシドニーからアデレードまでのフライトが待っていたので・・・ いや~、くたくたでしたよ(泣)

そんな大変な思い(?)をしてたったの2泊でしたがとっても楽しかったです☆ ワイキキのホテルに泊まっていたのできなこと二人、ツーリストになってきました♪

毎日暑くてしかたがない、とはきなこから聞いていましたが、いやー、ほんとに! 到着したのは朝8時前でしたが、飛行機を降りた瞬間にあの独特の明るい光と湿気を含むあつーい空気に包まれました。
   BH2.jpg
ド素人が普通のデジカメで撮影してもこんなに綺麗に撮影できてしまうところは、やっぱりハワイの美しさあってこそかなと思います。
   BH4.jpg
きなこと会うのもハワイにくるのも9ヶ月ぶりでしたけれど、一瞬のうちに9ヶ月前に戻っちゃいました。 前のように二人でお店を見て周り、おいしいものをたくさん食べました。 冬のオーストラリアでの生活がとっても遠いものに思えたりしました。
   BH6.jpg
ワイキキのホテルにはトロピカルなお花がいたるところにあって、とっても綺麗です。


ハワイには日本のものが結構たくさんあるのですが、菜箸などのキッチン用品(かわいいのとかではなくふつーのもの)などは普通のスーパーに売っているんですよ。 前まではそれが当たり前でしたが今回は妙に感動で、おろし金とかご飯のへらとかお茶パックとかちっちゃい醤油いれとか、いろーいろかってしまいました。 食品関係は思っていたより種類が少なくなっていましたが、でもやっぱり醤油などは安くて持ってかえってこようかとおもったほどです。

Hunnyはアメリカのガムと日本の洗顔フォームがお気に入り(←洗った後つっぱらなくていいそうで。) 7月にきなこを送りにいくときにまたしいれてこようと思います。

食べ物もおいしかったし、日本のものも手にはいりやすいんですけど、でもね~、やっぱりオーストラリアがいいです☆  

ハワイはいいところですが、でもやっぱり生活していくにはちょっと大変な場所かなと改めて思いました。 ハワイ、というよりはアメリカ自体がそうなのかもしれません。

オーストラリアは世界でいう「強い」国ではないですが、もっともっと豊かだと思います。

娘きなちゃんもいつかオーストラリアへきてくれたらいいのですが・・・。

私のiPhoneがお気に入りな彼女にHunnyが「こっちに引越してくるんだったら新しいiPhoneを買ってあげる」といっているのですが、なかなかつられません(苦笑)

ま、でも先は長し。 とりあえずはきなこにとって初めてのアデレードですし彼女の滞在をおもいっきり楽しもうと思います!


ところでシドニーの空港でくたくたになりながらもかったこれ↓
   kk.jpg
1ダースはちょっと多かったかな、と思いましたが2日でなくなりましたよ・・・・

これもまた次回買ってくるものの一つです☆ 

ではでは~



COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

11.06.2009, Thu

シドニーにおります。

   kuroboo.jpg

ケージにはいったクロちゃん。 よく鼻を写真のように突き出します。 鼻の上を人差し指でコリコリしてもらうのがとっても好きなんですよ。

ところで、今シドニーにおります。

今朝8:45に飛行機でアデレードを発ち、ホノルルに向かっております。

シドニーについたのは11:00過ぎ。 ホノルルへの便は18:00発です・・・ 今は14時。 まだまだ時間はありますが、なんだかんだいってお昼を食べたりMSNできなことチャットをしたりなんだりして2時間がたってしまいました。

今まで乗り継いでどこかにいったことってほとんどなかったので、こんなに空港で待つ、ということをしたことがありません。 むかーしむかし、イギリスにホームステイをしていたことがあるのですが(1ヶ月だけですけどね)、そのときにアンカレッジ経由で成田からイギリスへ入ったと思いますが、そのときもこんなに待たなかったと思います。 

でもほんと、あのころから考えると便利な世の中になりましたよねぇ・・・ ラップトップにインターネット。 これさえあれば時間はあっという間にすぎてしまいます。

Wirelessネットワークを期待してスタバにいるのですが、だめでしたよー。 ないの? あるよね?
でもテーブルの下にちゃんとコンセントがついているのでさっすがです!


私、海外旅行がすきで、若いときは旅行にいくために働いている、といっても過言ではありませんでした。 日本で2~3年OLをしていたのですが、あのことはバブルがはじける前でボーナスもあったし円高でした。 エービーロードとか、格安の旅行がはやったのもこのころです(ふっるー!) 

ハワイにいってからは飛行機にのっていく場所は日本だけになっちゃいましたが、でもやっぱりあの空港のわくわく感がたまらず大好きでした。

今後はもう「飛行機に乗る=日本に帰る」という方程式はやめにして、はやはり旅好きなHunnyといろいろなところにいきたいと思っています。 といっても目下のHunnyの行きたいところは日本なので、お金がたまって一番最初にいくところはおそらく日本になると思うのですけれどね・・・・

今まで日本にいくときは実家に帰って、そのあたりにいるだけだったので、次回Hunnyと日本にいったときにはいろいろな地方をまわってみたいです。 香港によってから日本のはいり、日本にいる間にちょっと韓国へいくのが希望です。 

こうやって考えてるとわくわくしてきます☆ やっぱり旅っていいなー。

 
9ヶ月ぶりのハワイは、なんだか実際楽しみです。

今回はきなこを迎えに行くという目的なので2泊しかせず(送るときなんて1泊だけ!)、またきなこ中心の時間になりますので、ホノルルでお世話になった方々(とくにオーストラリアにきてからもお世話になった心の師、ミサ姐さん)にお時間をいただくお願いもできない形となってしまいました・・・・ いつもながら大変な失礼で申し訳ございません・・・・

きなこの日常使うものとか新学期の用意とかいろいろ見てあげたいですし、昔一緒によくたべていたけど今は食べる機会のないものを食べに連れて行ってあげたいですし(これは私がたべたいだけですけど 苦笑)2日では到底たりませんが、でも今から彼女もとっても楽しみにしてくれているようで、これからホノルルまでの10時間のフライトも、なんのそのですよ♪

ハワイでの買い物もとっても楽しみです。

絶対にかいたいのは歯間ブラシ(←っていうのでしょうか? 変換できなかったから・・・ 歯と歯の間のスペースを磨く、細いブラシのようなもの)。 オーストラリアにもあることはありますが、ハワイでうっているもののほうがぜんぜんいいっ! デンタルものはハワイもチョイスがなかったけどアデレードはもっとないです・・・・

あとは日本のもの。 ハワイが特別安いというわけではないんですが、アデレードよりぜんぜんものがあるので、オーストラリアに持ち込めるものをたくさんかってこようと思っております。


とまぁ、ハワイについてからのことを考えてまたしてもわくわくしているわけなのですが・・・

やっぱりふと、考えちゃいます。

あ、さくら、今どうしているかな・・・とか。 毎日私が1日中一緒だったので長時間のお留守番は今回が初めてです。 

Hunnyは一人でなんでもできる人ですが、一応パスタソースとチキンのマリネートしたものをつくっておいてきました。 仕事からもどってきたら、さくらのお粗相の掃除で大変だろうな・・・

ごめんね・・・ でもほんといつもありがと。


なんか家のこともちょっと考えるとさみしくなりますが・・・

とりあえず、おばかちゃまを迎えにいってきますっ!




COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

09.06.2009, Tue

☆ 週末のこころみ3 ☆ 

   1stramenXD.jpg

月曜日、オーストラリアはクイーンズバースデーという祭日だったため、3連休でした。

普段からうちのBabyちゃん、さくらの世話でいそがしいのですけれど、お休みの日はその上に3回の食事+スナックなどの支度があるのでちょっとめんどくさいですが(Hunnyはとってもよくたべるんです)、時間に押されることなくちょっと時間や手間がかかるものを作ってみられるときでもあります。

今週末はラーメンに挑戦してみました♪

意外に簡単にできるんじゃないか、って気がある日突然したのです。

実家の母の独身時代からずっと通っていて、父も大好きで私達子供達も小さいころから行っている、実家近くの「上海亭」というラーメン屋さんのラーメンをふと思い出して食べたいなーと思っていました。

いつだったか母から上海亭へいったとき「ラーメンはスープと醤油ダレの2種類でなりたってる」と聞きいたのですが、でも漠然と「ラーメンは家では作れないもの」という考えだったので作ろうともおもっていませんでした。

うちではだいたい2週間に1度、鶏がらをにて大量の鶏がらスープを作り冷凍保存してちょこちょこ使っているのですが、ふと「あ、醤油ダレさえあれば・・・・もしかしたらできるんじゃないか」と思ったのです。

早速検索してみると、簡単な醤油ダレの作り方がいっぱい!

これはやってみるしかないでしょー、と一番作りやすそうなものを選んで作ってみました。

まぁ、行列ができてしまうようなラーメン店には及びませんけれども、いつでも家で食べられるようなラーメンとしてなら、十分のできではないかと! スープだけのんだときには醤油っけが強いなー、という感じでしたが、麺をいれたらその麺の味がでて、とってもラーメン屋さんのスープの味になりましたよん☆ スープばっかり、味わっちゃいました。

この醤油ダレは基本的にはチャーシューの煮汁なんです(って普通そういうものなのでしょうか・・・? @_@) なので鶏がらスープさえいつもあれば、簡単にラーメンができちゃうのです♪ 
  1stramenXD2.jpg

チャーシューはPork Bellyで作ります。 アジアンストアのブッチャーで買うPork Bellyは一切れだいたいいつも250g。 これをタコ糸で縛り(キャタピラーみたいで気持ちわるいんですが)、フライパンで焼き目をつけ(油はひかない)、他の材料をいれた鍋でアルミ箔で落し蓋をして1時間ぐらい弱火でにるだけ。

1時間もすると醤油などの材料が煮詰まってとろとろした感じになります。  これを冷やしてガーリックやかたまった油を除いて醤油ダレとして使います。

お醤油は薄口・濃い口あわせて、あるいは1種類だけでもOKとあり、他のレシピをみると「ナンプラーなどを混ぜてもよい」とかいてあったので、私は150ccを醤油、のこりをアジアンストアで売っている醤油とFishソースを使い250ccにしました(ただ単にキッコーマン醤油が高いので、他ので補っただけなんですけど・・・) そうそう、キッコーマン醤油右横の黄色いラベルの醤油、ちょっと甘目です。 そのまま食べるのは好きじゃないですが、肉をマリネートするときにとってもいいんですよ。 

出来上がったチャーシューは回りがとっても醤油っからいです。 私は今回作ったチャーシューの半分をラーメンにのせたですが、回りを洗ってからスライスしました(苦笑) それでも回りだけやっぱり味が濃いですが、ラーメンのスープの中にいれてしまうとその味が目立たなくなります。

あ、そうだ、煮卵は醤油ダレを覚ましている間にゆで卵をその中にいれてたびたび転がしながら入れておきました。 

醤油ダレは・・・・ 最終的にどれくらいできるんだろう。。。 100ccぐらいかな? でもどんぶり1杯のラーメンスープに対しだいたい大さじ2~3ぐらいしかつかわないので、あまったタレは冷凍してあります(チャーシューも。)

本当はMeggiさんが作ってた手打ちのうどんを作ろうとおもっていたのですが、思ったより寒く、動きが鈍くなって作れませんでした・・・。

うどんはきなこがきてから、一緒に作ろうとおもいます♪



COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

07.06.2009, Sun

☆ なまくび ☆

  namakubi3.jpg

どの犬もみんなそろって、あごをどこかに乗せて寝るのがすきですよね☆

うちのさくらも同様で自分のベッドの出入り口(ちょっと低くなっている)の部分にあごを乗せて寝るのがすきなのですよ。 

でも寝ているうちにだんだん首がさがってきて、最後にはなまくびのようになってしまっております。

    namakubi2.jpg

なんか、みていて寝づらいようにもおもうんですけれどね・・・ 

のど、おぇっ、とかならないのでしょうか。 

だけどご本人はいったってこのスタイルがお気に入りのようです。 

写真をとるときにどうしても笑ってしまって、寝ているところを起こしてしまいました。  すみませんでしたね~。

いつも写真のようになにかをベッドの上にかけているわけではなく、たまたまこのハート柄のフリースが床にころがっていたので(ベッドからひっぱりだして遊ぶのです)、Hunnyが冗談半分で上に屋根みたいにかけてみたのですが、暗くあったかく気に入っているみたいです。 すぐに奥にはいって見えなくなり、暑くなると顔だけでてきます。


ところで私、リラックマがとってもすきなんですけど

  d6c45385.jpg

リラックマって「あるOLの家にすみついた着ぐるみのくまで、なかみはおじさん」っていう設定なの、ご存知ですか? (考えてみるとコワイな・・・・)

実は時々、さくらも着ぐるみで中にちっちゃいおじさんがはいってるんじゃないか、っておもうことがあるのですよ・・・

しぐさもおじさんを思わせることが多いのが理由なのですけど、なにより時々びっくりするぐらい顔が人間のようで、とくにあの目がめちゃくちゃ人間だっ!って思うことがあります。

あの目は知っているようで知らない・・・・

口の周りの白い毛とその形が、なんとなくカーネルサンダースのおじさんとかサンタクロースをを思い起こさせるからかな・・・


でもおじさんがはいってたら、とくにちっちゃいおじさんなんて、まじコワイです。



面白半分に背中のチャックを探すのはやめとこうと思います。


COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

05.06.2009, Fri

Identity ☆ Nationality

   troz.jpg

娘きなこの今年のYearbookがすでに手元に届いたみたいです(写真はその一部を撮ってくっつけたものです。)

オーストラリアはPrimary SchoolとHigh Schoolの2つみたいですが(ちがったらごめんなさい)、アメリカはElementary School、Middle School (Intermediate School)、High Schoolの3つになります。 ちょうど日本の小、中、高校という感じでしょうか。

アメリカのスクールイヤーは学校によっても異なるのですが、7、8月から新しい学年が始まり、6月の初めに終了します。

きなこは今現在Middle School2年目の7年生。 今週一杯で7年生が終わり、夏休みがあけた8月初旬から8年生です。 Middle Schoolは6~8年生までなので、その次はHigh School。 

彼女自身のブログでも言っていますが、日が経つのは本当に早いものです・・・・ つい最近、Middle Schoolに入ったと思ったんですけどねぇ。

つい先日までFinalとProjectに追われていましたが、一昨日の午前0時が提出期限だったProjectを最後に、すべてが終了したといっていました。 そうそう、その前に提出したScienceのProjectはクラスの中でHighest Gradeでした(←はい、自慢していますよ~♪)

いつもながら、大変にすばらしい子供(大人?)だと、感心しております。


ところで、日本から海外に移住して子供をその国で生んで育てる場合、その子供のアイデンティティーがどうなるのか、というのはいろんな方々が思われていることかと思います。

確かに、ご両親共日本人の場合、お子さんも自動的に100%日本人になるわけですですが、しかしながら日本ではなく海外に100%ベースをおいて生活している場合にはどうなるんだろう?というのは普通にわいてくる疑問かと思います。 

うーん、難しいですよね・・・・ 血は100%日本人だとしても、育ってきた環境は違うし、感覚的には日本人とはちょっと違う、かもしれない。

そもそもIdentityとはいったいなんぞや?と思いますが、Identityとは:

   The set of behavioral or personal characteristics
   by which an individual is recognizable as a member of a group.
   国・民族・組織などある特定集団への帰属意識

だそうですが、また他には

   一言でいっちゃえば Individuality(個性・個人)

ともあります。

私的にはぴったり2番目のIndividualityがその意味ですけれど、多くの方がふと疑問に思うのは1番目の意味の「帰属意識」のところ、でしょうか。


うちの夫Hunnyの話で恐縮なのですが、彼は5歳のとき、ベトナムからオーストラリアへ移民してきました。 移民してしばらくしてからオーストラリアの国籍を取得しました。 両親は今でも生活が100%ベトナミーズ。 ベトナム語を話し、ベトナムのテレビ番組をみて、ベトナム人の友達と集い、ベトナム料理を食べます。 

子供達は小さいときにはベトナム語の学校に通い、両親にはベトナム語で話すけれど兄弟同士は英語という、日本の家庭でもよく見られる環境でした(そして彼のベトナム語はわからない私がきいてもうまくないだろー、というレベルのものです。)

そんな彼。 自分は「オーストラリア人だ」といいます。 感覚的にベトナム人には
Relateしない、ということなのです。

彼はNationalityはベトナミーズでも、Identityはオーストラリアン、ということになると思います。

しかし、うちの娘、きなこの場合。 彼女は「日本・韓国・中国・ハワイ」の4種類の血が混ざっている典型的なハワイの人なのですが、彼女にきいたところNationalityについてもIdentityについても答えは「Japanese/Korean/Chinese/Hawaiian」なのだそうです。 そしてAmericanじゃない、とのこと。 

ふーん・・・・ ますます、わからなくなってきましたねぇ。

IdentityとNationalityは異なると思います。 Nationalityははっきりとした、また変えることのできない宿命的なもの、だけどIdentityはもっと感覚的な、精神的なもので育てていったり変わっていったりすることのできるもの、かと思っています。

「自分はどの国に属する人なのか」というIdentityに対する答えは、きっと自分のなかにあるいろいろなもののなにを重要視してどこにそれを位置づけるか、ということになるのだと思います。 うちの夫Hunnyのように彼の中のオージー的な感覚の部分に重きをおくのであれば、彼のIdentityは彼の言うとおりオーストラリア人ということになるでしょうし、きなこのようにアジアンやハワイアンにもっと自分がぴったりくると思えば、それが彼女の答えなのでしょう。

もし、子供がいつかそのIdentityについて考えることになるかもしれなくても、私はそれはそれでいいと思います。 簡単な問題ではないかもしれないけれど、でも自分に正直に気持ちに向き合えることは、すばらしいことだと思うからです。

先も言ったようにIdentityとは育てていけたり、変わっていくことができるものだと思うので、子供を育てる段階でご両親がどういう子供のどの部分に重きをおくかをそれを定め、導いていけばよいのだと思います。 うちのHunnyのように、両親は「100%絶対にベトナミ~~~ズ☆」というほうが、逆に子供にとってはわかりやすいかもしれません(冗談でなく。) 両親のはっきりとした導きがあってこそ、彼は彼なりにそこに「違う」という答えをみつけたのだと思います。


ところで、きなこに、Identityっていったいなにかしらん?ときいてみました。

そうしたらこういう答えが返ってきました。
 
   Identity is the person that you are.

やっぱり、Identityとはその「個人」なんだと思います。 

私のIdentityは「私」、そしてあなたのIdentityは「あなた」。

きっとそれだけのことなのだろう、と思います。


私自身、彼女を育てるにあたっては彼女を日本人として育てたことはまったくありません。 ただし、アメリカ人として育てたこともありません(っていうかそのようには育てられないと思いますが 苦笑)

彼女はハワイアンの血を継ぐ「ハワイのロコガール」として育ってくれたらいい、とは願いましたが、ま、そうなってくれたらいいぐらいの気持ちでした。

こんな特に育て方に信念のないような私ですが、でも自分なりにだしたちゃんとした
Identityについての定義はもっていたのですよ。

もしきなこが「私のIdentityはなんだろう」と聞いてきたら、私は迷わず「きなこは、きなこ。 それがあなたのIdentity」と答えると思います。

どこにも属する必要はない。 あなたがあなたという人間としてあなた自身を大切に思って生きていくこと。 あなたが好きだと思うことをはっきり好きといい、あなたがよいと思うことをあなた自身が選択して、あなたの責任とリスクのもとで生きていく。

それがあなたのIdentity。


そしてなにも言わずとも、自分の中にいろいろにまざった血のなかで、彼女はちゃんとそれを受け継いでくれていると思っています。



COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

03.06.2009, Wed

☆ パン耳おやつ ☆

   panmimi.jpg

時々ふと食べたくなるこれ。 パンにマーガリンを塗ってちっちゃくきってそれをフライパンでかりっとするまで炒って塩をかけたもの。 本来はサンドイッチを作るときなどに切り落としたパンの耳で作ったりするものみたいですが、なんかわざわざ食パン1枚をつかって作っちゃいます。 トースターでやいたのとはまた違う味。 今日はパンが中途半端にあまっていたので、作って食べました。 うーん、美味、美味☆

うちの実家の母、67歳。 昔っから「貧乏くさい」ものが大嫌い。 別にうちは何の変哲もないふつーの家庭でお金持ちでもなんでもなかったんですけど、よく「貧乏くさくていや」というのを口にしておりました。 彼女独特の尺度があって、それがどんなものかはわかりませんけれど、彼女が貧乏くさいと思うものはとにかく彼女に嫌われておりました。

このパンの耳のスナックもそのひとつ。

私がこれを初めて食べたのは、幼稚園のとき。 近所に住む友人の家ででした。 外で遊んでいると友人のお母さんが何かをフライパンで炒っているのがキッチンの窓からみえて、その後でてきたのがこれ。 なぜか遠慮してマーガリンのあまりついてないところばかりを食べていて「もっとマーガリンのついているところを食べなさいよ」とお母さんに言われたりしてました。

遠慮しながらもあまりにおいしく感動してしまった私は家に帰るなり母にそのことを話しました。

母は最初「あー、しってるよ、それ」といい、私がつくってほしいというと一言、
「やだ、あんな貧乏くさいの。」 @_@  

というわけでうちでこれを見ることは一度もありませんでし、私自身もそれ以後はどこかの家で食べることももうありませんでした。

それからずっとして、ハワイにいってから入った会社。 日本の親会社から駐在できていた上司がいました。 最初のころは暇で暇でよく話しをして1日をすごしていましたが、「オレは貧乏な家庭で育った」と豪語する彼がその証拠としてあげたのが「おやつはいつもパンの耳をフライパンで炒ったものだった」こと。

ああ、それってばもしやっ!

母の「貧乏くさい」を思い出して大笑いしちゃいました。


それ以来でしょうか、なんとなくこれをつくって食べるようになったの。

実際これ、貧乏くさくもなんともないですよね!? 甘くすればちょっとしたラスクでしょうよ、と思います。 どの家庭でも作ってるものかと思うんですけどね。 だってパンの耳とかおいしいのに捨てるの忍びないとおもうんですけど。

はー、うちの母の「貧乏くさい」の尺度は、未だわかりませんです。

でもなぜか、これを子供につくってあげたりとかしたことはありません。 よくわからないんですけど、これは私だけのこっそりスナック。 誰もいないときに山盛りつくって一人で食べるのが、よいのです☆


小さいころ「これを飽きるまで食べたい!」とおもっていたものを、実際大人になってから誰にも邪魔されることなく食べてみても、なんか感動が薄かったりしませんか? 

いつも3cmぐらいの厚さにきって出されていたロールケーキ(もしくはカステラ)を一人で丸ごと食べてみたいっ!と思っていて、大きくなってからバイト代でそれを買って実際に一人で丸ごとたべてみても、思ってたほどの感動がなかった、とか(ええ、ほんとにやりましたですとも。)

そういうとき「大人になっちゃったんだな・・・・」とつめたい風がぴゅ~~っとふくような感じになりますが(え?ない?)、パン耳おやつは今も期待を裏切らずにいてくれる数少ないもののひとつなのです♪ 


COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

02.06.2009, Tue

ぶーちゃん☆ブーイング

   kurorin.jpg

BOO! クロちゃん、通称ぶーちゃんです。

ウサギって目が横についているので、前からみると変ですね Î 心なしか、ねずみにもにています。 おでぶちゃんなので大福のようですが、いずれにしてもとっても癒されます☆  

いやいや、かわいいものです。 ・・・って親ばかなのです。


ところで、私、ひとつ苦手なことがあります。 人のことはどうでもいいし、別になにをしようと気にならないのですけど、ひとつだけイラっとさせられることがあるので告白いたします。

私は奥さんとか彼女のことを人前でほめる(本人がいない時に)男の人が、とっても苦手です。

あ、いろいろあるんですけど、聞かれてもいないのになにかの話の流れでいう、っていう場合ですよ! くだけた席とか、しみじみした話のときとか、そういう場合はのぞいてくだされ。

いや、ずっとこれ書きたかったんですけど・・・ 勇気がなかったんです(苦笑) 人に関する嫌いとかいう話はデリケートな部分がありますし、苦手なのは微妙な場合だけだし、何しろ当方、文才がないもので書き方によっては誤解が思いっきり生じちゃうでしょう。 誰かのご主人とか彼氏さんにあてはまっちゃったらやだなーとかおもったり。

心配でちょっと怖いけど、言っちゃったので続けます。

よく外国の人は表現力が豊かとかいいますよね。 あと身内をいいようにいいます。 ワイフはBeautiful wifeになり子供はsmart kidsになるわけです(えっと、本心なのかもしれません。)

日本人は「謙遜」というものがあるから、「いやー、うちのバカ息子は」とか、本当はそう思ってなくてもいったりしますよね。 この謙遜はうつくしいと思いますし、誰もそういったからって「ははーん、あそこの息子はバカ息子なのか」なんて思ったりはしないです。 それを謙遜だと、知っているからです。 日本人同士だとこれがわかって、その雰囲気がとてもいいなーなんて思ったりもしちゃいます。

日本人も外国人の表現を見習うべき、とかいいますけど、でも外国人だってやたらめったらい言ってるわけじゃありません。 家族の話をする機会があったときなどにはそういう言い方をしたりするだけで、いつも聞かれもしないのに家族自慢をするって人は、やっぱり回りに引かれますさ。 

良いところを取り入れるのはいいことですし、あとは海外にいたりするといろいろ外国的な感覚が知らずにみについたりしちゃったりすることはありますけど・・・  だけどですね、日本人同士ならさ、日本人の感覚でずっといっていいとおもうんです! 「謙遜」大いに結構じゃないっすか!

あ、誤解のないようにいっておきますが、親ばかさんは大歓迎なので「うちの子かわいい」とかいうのはもう、大好きです。 あと、親や友達にたいし「うちの親(あるいは友達)はすごい」とかいうのもとっても美しいと思います。 あ、それからブログとかでこっそり言う場合ね。 それもあり(←自分がよくやっているので逃げ、逃げ。)

あくまでも夫婦間、あるいは彼氏彼女間のこれ。 そして男性が人前で言う場合です。

日本ではあまり知らないんですけど、ハワイ時代、ちょっと長く海外にいた人の中に時々このタイプの人がいて、はっきりいって日本かえって出直して来い!って思ってました。

海外長いのに日本的なこという人だねー、と思う方もいるでしょう。 そうですよ、私は生まれも育ちも日本ですから!(っていばってどうする。)

でもさ、普通に料理の会話とかしたとして「うちの奥さん、料理うまいんでぇ~」とか真顔で言われたら、はっきりいって気持ち悪くない?  「奥さん大好き☆キャラ」で通っている人でもない限り、これは変だと思うのは私だけでしょーか?

これは海外にいたとかそういうの関係なくその人の性格であって、その人にとっては普通なのかもしれないですけどねぇ。

でもそういうのを聞くと人によっては「よっぽど奥さんに気ぃつかってるんだなー」としか思えない時もあったりするし。

あるいはこういう風に思うのは、私が思いっきりおばちゃんになった証拠なんでしょうか(うーん十分ありえるねぇ。)

私と同年代なら「うちの愚妻がお世話になってます!」(←あ、これはそうでもないか?)とか言う人は「できてるなーーー」と思っちゃいます。 若いこなら「こいつホントバカなんスけど、面倒みてやってください」とかいうのをきくとこの若者、えらいっっ!とか思っちゃいます。 

だってさ、言われなくてもお互いのこと尊敬しているなー、好きあってるなーっていうのは、わかるものじゃない?  なんかやたら厚着の人に「今日はずいぶん厚着ですね」といったとして、その人が「うちのカミさんがいちいちうるさくてさー、みっともないんだけどきてきたよー」っていったところで「あら、もー奥さんに愛されちゃってるねー♥ ほんとに仲いいんだから☆」って思いませんか? それを「家の奥さんが心配してくれるんでー」とか言われたら、とっとと風邪ひいて寝込めよ、って思われてもしかたないと思うんですけど??


奥さんや彼女さんをほめてあげるのはとっても必要だと思います。

だけどね、それは必要でない場合は、プライベートな部分だけでなされてはいかがかと。

この私でさえ、人前では「うちのHunnyがぁ~~♥」とか言ってませんから(←これのほうがもっと気持ち悪いしね。)



それにしても、もしご主人、彼氏さんがこれに該当してましたら、心よりお詫び申し上げます・・・・(平謝り)

冒頭のかわいいクロちゃんに免じて、許してやってくださいまし。


COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

01.06.2009, Mon

凝縮される思い

   sakura3.jpg
私達の家は築40年ぐらいとかのふるさの上、敷地の広さ以外とくにこれといったとりえもない家なのでダクトのエアコンなんてもちろんついておりません。

なので部屋にヒーターをおいて毎日をすごしておりますが・・・ 床に近いさくらは私達よりもっと寒いでしょうと思います。 毎日ヒーターの前から離れません。 床を歩いたあとの彼女の肉球はとっても冷たくてかわいそうになっちゃいます。 かろうじて一部屋だけ、カーペットの部屋があるのですが、今ではそこが彼女の部屋と化しております。


ところでもう6月ですね。 私は来週ハワイに発ち、夏休みを私達と一緒にアデレードですごす娘きなこを迎えにいってきます。 彼女の学校は今週一杯。 ほんとにあと少しになりました☆ 今までHunnyと二人、しばらくは静かにくらしてたのに2週間前にさくらがきてあと2週間もしないうちにきなこがきます。 あーぁ、ますますうるさくなりそうです・・・・ でもやっぱり楽しみでなりません。

今回はハワイに2泊だけしかしないし、飛行機代を少しでも浮かすためにジェットスターのチェックイン荷物なしのチケットをかったのでとっても軽い旅となり、用意するものもありません(苦笑) 

ハワイまでの飛行10時間プラス国内線+シドニーでの待ち時間(7時間ぐらい?)が考えただけでも億劫ですが、それよりもいやなことがひとつ。


それは机の引き出しの奥にしまってある、お財布です。


ハワイを出る前に2年ぐらいつかっていた、コーチの黄緑色の横長のお財布。 アウトレットでかったので安かったですが、チェックブックとか、たくさんのカードとか、そういうものが入れられるのでとても便利でした。

今もお金もスーパーのメンバーズカードもはいったまま、放置してあります。

ていうか、怖くて見たくない、とおもって時間が過ぎてしまいました。

お化けとか、そんなんじゃないんですけど。 


オーストラリアに引越してくるとき、2007年の4月にシドニーに来た際換金して残っていたオーストラリアドルをそのまま「旅行用」のお財布にいれて持ってきました。 旅行用のお財布は19のときにフランスの本店までいって買った、とあるブランドのエピと呼ばれる種類の赤いお財布。 二つ折になっていて、お札とコインぐらいしか入らないので若いころはよかったですけど、その後いろいろなものをもつようになってからはすっかり不便でつかわなくなっていたので、その後旅行に出るときだけつかっていました。

そして今でも引き続き、その赤のエピを使っています。 

3ヶ月ほど前だったか、私自身もお金をもって買い物をするようになったし自分の口座もひらいて銀行のカードなどできたので、赤のエピでは不便になってきて、あ、そうだ、ハワイでつかってたコーチのお財布を使おう、と思いました。

引き出しにしまってあったことはわかっていたので何気なく取り出して、そのままになっていた中身を整理しようと中身を取り出してみました。

そしたら、レシートが出てきました。

日付は2008年9月8日。 私がハワイを立つ前日の夜に娘きなこと前夫を3人で食事にいったチーズケーキファクトリーのレシートでした。 そのほかには出発当日に買ったもののレシートなども出てきました。


なんていうか、「時間が凝縮されるような思い」ってこういうことをいうんだな、と今になって考えると思います。

そのレシートをみたときに、一気にそのときのことがぶわーーーーーーーっとよみがえってきてしまいました。 まるで急にその場に連れて行かれてぽんとおかれてしまったかのようにとてもリアルに思い出したのです。

そこにあった日付と時間、そして見慣れたレストランの名前などのせいだったのだと思いますが、なんだかハワイにおいてきたいろいろな思いが一気に戻ってきてつらくなってしまいました。

きっとあのお財布には私のハワイでの生活がぎっしりつまっているから、思いもいやっていうほどはいっているのでしょう。 

なので、またあれを見てつらくなるのがちょっといやなのです。


食べ物の嗜好が違うため食事となると必ずけんかになりお互いいやな思いを長い間してきた前夫と私。 そこにはさまれながらいつも一人黙々と食事をしていたきなこ。 

でもあの日は、もう最後だから、と気を使っていたのでしょうか。 前夫はメニューからなんとかたべらるだろうものをあーでもない、こーでもないと文句をいいながらも一生懸命選んでいました。 そんな彼をきなこはからかいながらも、食べられるだろうものを探してあげていました。

その光景をみてあれからずいぶんと長い時間がたったのだなー、とつくづく思いました。

ハワイではいろんなものを嫌ったり、うらんだりしたことがあったのですよ。

1度目の結婚がうまくいかなかったことや身を粉にして働かなければならない生活。 そんなのがかさなってハワイ自体がすきじゃなくなった日々。 夜、何度も一人で泣いては、そのたびに古典の授業でならった「涙でできた河に枕が流されていく」という下りをおもいだし、私の枕も毎夜流れていくことよ、と思っていたりしました(←泣いてるわりにはこういうことを考えているのがわけわからん。)

だけどあの食事のとき、なんかそういう生活のすべてを嫌いというわけではなかった、って思いました。 手を差し伸べてくれたやさしい人たちも、たくさんたくさんいたのです。 ただ、自分ひとりでがんばっちゃってただけでした。

いいところもたくさんあったし、楽しいこともたくさんあったものね。 あれはあれでよかったのよ。

・・・・うん、なんか自信がわいてきた。 お財布、今なら見られるかも。


そろそろお財布を交換する日がやってきます。 

もう、ハワイへ行くときは旅行用のお財布を、つかわないとね。

コーチのお財布にはいっている思い出たちは、もういいと思える時期がくるまでちゃんと取っておくことにしたいと思います。


COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。