FC2ブログ

This Archive- 2009年11月01日

01.11.2009, Sun

☆ Hypertension ☆

   kuro02_20091101120413.jpg
   kuro-chan Photo by Kinako

はぁ・・・・ (溜息)

今さっき、チョコレート味のロールケーキの作成を試みておりました。

が、なにか間違えたのか、メレンゲとココアMixture(卵黄や粉などをまぜたもの)がうまくまざらず、超失敗におわりました・・・ ‚ª‚Á‚­‚è

一応生地はやいてみまして巻ける生地ではあったのですが、でもココアMixtureが結局ダマになり、まるでチョコレートチップのはいったスポンジになってしまいました・・・ ‚Ë‚±

あーやだやだ。 もー楽しみにしてたのにさっ “{

ちょっとブーっとなっていたらHunnyに「そんなふうにブーっとなるならもうお菓子はつくらせないよ! 道具全部捨てるからね!」と怒られましたので、なんとか普通を取りもっておりますが、一気につまらなくなりました(苦笑)

なんか改めて作る気も起きないし、あしたの休憩時間のおやつはピーナッツバターサンドイッチです・・・

           Žè‘‚«•—ƒVƒŠ[ƒY¯         Žè‘‚«•—ƒVƒŠ[ƒY¯         Žè‘‚«•—ƒVƒŠ[ƒY¯

さて、本日のタイトルの「Hypertension」ですが、私のテンションがすんごい高い☆ということではございません。

高いのは血圧でございます(苦笑)

3週間ほど前にGPにいったときに(このときは全然関係ないことでいきました)、血圧をはかったら血圧が高いということがわかりまして。

血圧が高い、といってもちょっと高いどころじゃありませんでした。

自分でもえええええ!!!っていう数字で、ドクターも降圧剤を今すぐはじめなければこの部屋からはださない!というような勢いでした。

でも、降圧剤って一生のみつづけないといけないのですよねぇ・・・

とドクターにいうと、most likely、と。


高血圧って、なんかこう、朝ごはんには立ち食いそば、お昼ご飯にはカツどん、仕事の後には飲み屋で一杯、みたいな、ちょっと太ったオジサンがなるものだと思っていました(←ごめんなさい・・・)

病気っていうものではないのかもしれませんが(でもとっても危ないもの)、ガラにもなくショックを受けたりして、車の中でないちゃったりしました。

ドクターは大きなサイドエフェクトは内といいますが、なんか一生薬を飲み続ければなんかあるだろう、という気持ちと、あと飲み続けて生きていく、というところに自分が「健康ではない」という気がして、Hunnyやきなこに本当に申し訳ない、という気持ちが一杯でてきました。


私が渋っていたこともあり、ドクターが1週間の猶予をくれ、その間に原因を調べるための検査をしたり、私もインターネットでこれについていろいろ調べてみました。

検査の結果なんですけど、全然どっこも悪いところがなかったんですよ。

一番最初に思ったのはコレステロールでしたけれど、これも普通。 血糖値も異常なし、内臓関係も正常。 

酒ものみません(のめません)し、タバコもすったことありません。 エクササイズはしてるうちにはいらないかもしれませんが、さくらのお散歩に30分歩くし、あと仕事が体を動かす仕事(かといってものすごく負担がかかるものではない)だから、すわりっぱなしってこともないし。

ストレス、ありませんねー、ぜんぜん。 

食事はたしかに、Fattyなものが好きですし、多く食しているかもしれません。 あと体重は自己ベストなどからみるとオーバーウエイトですけれど・・・ 

高血圧って実際、原因があまりわからないそうです。

多くの場合「遺伝」らしいです。

私の父がたしか、降圧剤をのんでいた覚えがあるので、ドクターはおそらくこれは父親からのものだろう、といっていました。


1週間の猶予後にドクターにあったときにはかなり体調もよかったのですが、血圧は少しだけひくかったものの、ドクター曰くは「デンジャラスゾーン」。

でもやっぱり薬を飲むのはいやだったので渋っていたところ、ドクターが一言。

  「このままにしてたら50才まで絶対にいきられません。」

50っていったらあとちょっとしかないやん ‚¤‚邤‚é

それでもやっぱりふっきれなかった私に、ドクターが改めて5日の猶予をくれました。

次回会うときには、降圧剤を開始します、と約束をさせられて。

でも結局、5日をまたずGPにもどって、降圧剤をのみはじめました。


最初に血圧が高いとわかったときから、一気にいろんなことが恐くなりはじめたのですよ。 それまでだって血圧は高く、キケンであったのだろうけれど(苦笑)

だって、こんな血圧じゃあ体に負担がかかりすぎて、ほんとにいつHeart attackやStrokeになるか、わからないからです。

毎日毎日、今日は無事に仕事を終えて家に帰れるかな、とか、寝る前には明日の朝、生きて目覚められるかな、とか考えました。

なにかあったときのために、入っている生命保険の書類とかきなこが受け取れるアメリカの私のソーシャルセキュリティー(国民年金みたいなもの)とか、そろえておいたり。

毎日それこそ意識が病人のように過ごしていました。

もう降圧剤を開始する!ときめたのは、同じことをぐちぐちと何日も考えるのが嫌いな性分なので、そういうことを毎日心配していく生活がいやだった、ということもありました。

けど、一番はHunnyのいった言葉でした。 

Hunnyは私が薬を飲まないことがどうしてかわからない、といいました。

体は時に助けを必要とする。

たとえば歩けなくなったとき車椅子を使うこともあるし、視力がおちたらコンタクトレンズを使用する。

助けが内側からのものか外側からのものかには違いはあるし、その助けを必要とする期間が一時的であったり一生であったりするかもしれない。

だけど体が必要とする助けを与え、生きていけるならそれでいいじゃないか。

それをするからって、くんちゃんという人はかわらない。

生きていなければ意味がないし、なにもはじまらない。



今は降圧剤を飲み始めて1週間がたちますが、それはそれは体調がいいです☆

あんなにひどかった肩こりや疲れ、肩こりからくる腕の痛みとかがなくなりました。 むくみもなくなりました。


高血圧はとくに、症状がないのでわかりにくいそうです。 「サイレントキラー」とも呼ばれ、症状がないばかりにそのまま毎日をすごし、ある日突然Strokeなどが起こるケースがあるそうです。

きなこは心配性なので言わないつもりでしたが、彼女もまた、私からの遺伝があるかもしれないので知る必要があると思い話したところ、彼女は父親にそれを話し、父親も早速血圧をはかりにいくことになったそうです。

それをきいて話してよかった、と思いました。 前夫はきなこのたった一人の父親。 彼にも健康で長生きしてもらいたいと思いますから。

なんかこれがうれしかったので、ブログに書くほどのことでもないのですけれど書いちゃおうと思ったのでした。

だって、これを読んだ方もまた、私のように誰かの母かもしれないし、妻かもしれないし、娘かもしれないからです。


皆さんも健康には、本当に十分に、お気をつけくださいよ~~~

なにもなくても血液検査などは行ったほうがよいと思います。

そしてストレスには十分に気をつけてね。

適度なエクササイズはわすれずに☆

あ、食生活は・・・どうでしょー。 バランスがとれてればいいと私はおもうのですよ!  あはは。


そしてこれからも楽しく生きていかれるように、がんばりましょうね☆







スポンサーサイト



COMMENT : 10  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ