FC2ブログ

This Archive- 2010年01月25日

25.01.2010, Mon

BOO!

   Video call snapshot 5

ちょっと驚かせてしまいましたら、もうしわけございません・・・ 

やっぱり、こわ・・・ これ。 ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü―Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

食事の支度とかをして家の中をうろついてPCに戻るときなこからMSNにメッセージがのこってたのですが、そのDisply Pictureがこんなおぞましいものに 

     Monkeyface.jpg  ←きなこのDP

昨日父親の友達の子供の1才の誕生日だったとかで二人でいったらしいのですが、子供のパーティーにつきものなのがこのFace Painting。 

蝶々とか、ミュージカル「Cats」みたいな猫とか、仮面舞踏会みたいな目の周りだけのマスクみたいのとかいろいろあったらしいのですが、サルを選んだらしいです・・・ 

ご本人は大満足。 「サルを選んだのは私だけだった~ƒIƒ“ƒv@」といってましたが、ええ、ママもサルのFace Paintingした人、今まで見たことないですよ・・・。

でもこのFace Painting、よく見ると結構Artisticだったりするんです ‚¶[

こういったものにもスキルが必要ですな。
    
  MONKEHH2.jpg

↑ すこしましバージョン。


きなこと離れて暮らすようになってもう1年以上になりますが、彼女自身の生活のペースをしっかりつかみ無事に毎日を送っています。

ハワイは電車がないですが、バスがあちこちを網羅しているのでとっても便利なので、そのバスにのってあちこちいろいろなところにいけるようにもなりました。

ウサギの世話もよくしていて、なにかあったときにはVETに連れて行ったりもします。

彼女をみていてすごいなーと思うところ。 それは「依存心がない」というところでしょうか。

もちろんまだ若いですし100%依存しない、というわけではないですが、たとえば、どこにいくにも「父親に送ってもらう」ということを前提に考えたりせず、「自分で行く」とした上で計画して父親が送ってくれたらそれはそれでナイス、と思ったりしています。

人に期待をしない分「どうして○○してくれないんだろう?」という不満が、生まれないのですよ。

これは立派だと、私は思います。

彼女が置かれる状況の中ではこうしていくしかなかったといえばそうかもしれません。

でも自分をかわいそうに思い、状況を今とは逆にとることはいくらでもできたと思うのです。 実際、そのほうが人間にとっては簡単かもしれません。

でも運命をうらむことなく不利を有利に変えてこられたのは、一重に彼女の「人」としての器の大きさがあったからだと、心から思うのです。

父親は「オレがこういうふうに育ててきた」と自慢げですが(←笑 まぁでも確かにそうかもしれませんねぇ)、私がしてきたことは何度もいうように、なにもありません。

ただしいていうなら、私がこれまであちこちぶつかりながら生きてきたので、おそらくママのようにはなるまい、と思ってきたのでしょう(笑)

彼女は今の時点ですでに「自分の信じるもの」というものを持っています。 彼女なりの「人生のStrategy」とでもいいますか、私は長い間かかってこういうものを手に入れてきましたが、彼女は13歳でこれをもち意識して実践しているので、驚いてしまいます。

ところで父親と二人暮らしのきなこですが、この二人は昔から「二人で1セット」みたいなところがあります。 

きなこにいったらもんのすごくいやがられそうですが(苦笑)

きなこがまだまだ小さかったころ、近い親戚もいないため前夫と私できなこを見るしかなかったのですが、それが故にきなこはどこにいくにも私たちのうちのどちらかと一緒でした。

前夫は会社のミーティングなどにもきなこを連れて行き、もうあの仕事場で働き始めてかれこれ10年近くになるはずですから、ずっと変わらない同僚たちはきなこをそれこそ小さいころから知っていて、結婚式、誕生日パーティー、仕事後の集まりなどなど、ゴルフ以外の前夫が招かれるものには必ずきなこも招かれます。

前夫の友達はきなこの友達、という感じで、Hunnyが「なんでそんなこと知ってるんだ」と驚くほど、彼らの事情をいろいろ知っています(笑)

あの二人もまた、「親子」という感じはしないのですが、私ときなこのそれとはちがう不思議な関係にあります。

前夫は結構一般的に理解に苦しむようなことを考えを持つ部分が多々あって、それが大変なのは私も昔一緒に暮らしていたのでよくわかるのですが(苦笑)、彼女がうまくかわしていけるのはやはり「親子」だからなんですかねぇ。


家族の愛情を受けられないで育った前夫は動物に対しても大変に残酷なところがありましたが、今ではきなこのウサギを抱っこしてたり、驚くほどかわりましたよ。


そういうとき、よく思うのですよ。

私がハワイを出てくるとき「きなちゃんが心配だなんて、おこがましいよ」と言い放った、私の大好きなヒーラーさんであり友人でもあるハルエさんの言葉はただしかったなーって。

そう、人の心配をするなんて、おこがましいのです。

私は私の頭の上のハエだけを、おっていればよし。


それではまた。 最後にもう1枚キモ写真 ↓

     sk7.jpg

ご本人、お気に入りのようでPCのBack groundになっております。







スポンサーサイト



COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ