FC2ブログ

This Archive- 2010年08月15日

15.08.2010, Sun

☆ 気づくこと ☆

   DSC02307.jpg

昨日は強い風と雨の1日でした。 そして今日もまだまだ風が強いです。

どこにも行かなかった昨日とどこにもいかない今日。 家にいる日はCozyな感じがするのでお天気が悪いのも好きだったりします。 

昨日の夜ご飯はマクドナルドでしたよ。

なにを隠そう(って隠してないか)、うちは週に1度はマクドナルドです。 週2度のときも、ざらにあります。

たしか先週も2回たべた気がしたので(もう覚えてない・・・)今週はなしとおもってて、昨日はスモークサーモンのパスタを作る予定でいたんですけれど・・・

I feel like eating 'something'、とHunnyちゃんが。

きたきた・・・・

   DSC04451.jpg

きなこがいるときにはマクドナルドに行く回数がへってました(そのかわりにきなこがハワイで立地の都合であまりいかれないバーガーキングにいってただけの話 苦笑)

昔は平気でビックマックミールLサイズにさらにビックマックを単品で加えて食べてたきなこですが、お年頃になり今ではすっかりFattyなものは控えているご様子。

フードコートなどでは「Eat Fresh」なサブウェイを食べることも多かったです(でもフットロングたべてますからねー。)

上の写真の日は前髪がどうやっても気に入らず、どうでもいいモードになっていてゴムでしばっていました。

こんな写真載せたらすんごい怒られるんですけれど、ま、いいや。


って話は変わるんですけれど。

わたしは決まってお邪魔しているお友達のブログがいくつかあります。

すんでいる場所はいろいろですけれどその人それぞれの人柄がでていて、毎回読んでいてとっても楽しいですし学んだり気づかされたりすることが、いっぱいいっぱいあります。

よいこともわるいことも素直に思うことが文章になってて、いつもどんなエントリーも読むのが本当に楽しみなんです。

つい最近、お邪魔しているブログのうちの二つのブログエントリーがまったく異なった別ことだったのに、私のなかでひとつの答えになった、っていうことがありました。

それは以下の、こんなことです。

あ、写真については本文となんら関係ございませんので、ご容赦くださいまし。

   DSC04448.jpg

私は今現在自国を離れてほかの国で暮らしているわけですけれど、今の時代そういったことはめずらしいことではなく、多くの人が生まれ育った国とは違うところで暮らしています。

海外に移る場合だけでなく国内の場合もの同じで、慣れ親しんだ地元から違う土地(都市)で生活する、っていうこともあります。

そしてそこで、違う文化・常識、意識、食べ物、生活習慣の中で生きてきた人たちと出会い、一緒に暮らしたりあるいは長い時間をともにしたりすることになります。

自分が長くいた場所から離れて新しい土地に行くとき、その先で起こることはすべてが新しく、楽しく、刺激的ですが、同時に驚いたり戸惑ったりすることもあります。

自分がいままで当たり前だと思ってきたその感覚や常識が新しい場所では異型なものになり、それが良い様にも悪いようにも作用することが多々あるからです。

そしてそんな時、私達が必ず思うこと。 

それは「私がいた土地ではこうだったよな」ということ。

自分の中にしみこんでいる、自分が生まれ育った土地で培われてきたその常識や意識。

良いところも悪いところもそれを「軸」に見ているということが、往々にしてあるように思われます。

   DSC04450.jpg

私は今はオーストラリアに住んでいますが、その前は長い間ハワイに住んでおりました。

生まれた土地をはなれて17年になりますけれど、それでも日本にいた時間のほうがまだまだ長いです(日本には24までおりましたので。)

前にも書いたことがあるのですけれど、私の経験はたいしたものではありませんが、こうして3つの土地に住んで今、思うこと。

それは「自分は自分である」ということです。

どの国の出身であるか、どういう家庭で育ってきたか、女であるか男であるか、何歳なのか、誰とどこでくらしているか。

もうそういうことは一切関係なく、ここにいるのは紛れもなく「私」という人間であり、その「私」は私が今まで培ってきた常識をもってして生きている、ということです。

私のもつ常識や性格は、私が生まれ育ってきた日本で培われたものかもしれませんし、結婚や出産、子育てなどいろいろな動きがあったハワイで培われてきたものかもしれません。

だけどそれは「日本人のもの」でもないし「ハワイのもの」ではない。 「私のもの」なのです。

   DSC02312.jpg

2012年にはアセンションが起こる、とよくいいますよね。 人によっては「この世の終わり」という人もいます。

私自身アセンションってなんなのか、ということはよく知りません。

前に読んだ本にはそれすなわち「本来の豊かでみずみずしい自分に戻ること」とありました。

宇宙的な意識に、変わる時期なのだそうです。 地球の軸が微妙にずれ、波動がかわる。 それと同時に私達の住む3次元の「物質的な世界」から、まったく次元の違う「精神的な世界」へかわっていく。

その変化にそぐわないものがあるがゆえ天災が起こるとか、宇宙人がくるとかという説もあります。

私個人的には、なにかはっきりと目に見える変化がことがおきるかどうかについてはよくわかりませんし、信じがたいところもあります。

でも精神的なこと?っていうのは、納得いけるきがします。

前によんだ本には今すでに地球がそれに向かっていて、多くの人たちがそれに移行しつつある、とありました。

なんのこっちゃ、って思ったのですけれど、今はなんとなくわかるように思うのですよ。

それは、先にいったようなこと。

自分が何人であるとか、男であるとか女であることとか、そういうことではない、ということ。

それを超えた、もっともっと、本質的なところに戻ること。

それは「自分が自分である」ということ。

今私も含めて世の中のたくさんの人たちが、こういう結論にたどりつくための出来事を経験できる機会を与えられている。

それが「そちらの次元に移行しつつある」ということなのかな、と思います。
   DSC04195_20100815084325.jpg

自分として生きられるということは、自由です。

女である、男である、日本人である、貧しい国でそだった、ということは宿命的なもので、それは変えることのできない事実であり、なりうる束縛。

でもその上にある「自分」は自分さえのぞめば、いくらでもどのようにも変えられるからです。


私は、あなたのゴールはなんですかときかれたときちょっと答えるのが恥ずかしいような、「究極のゴール」をずっともってきました。

小さいゴールはいろいろあるんですけれど、その最終的にたどりつきたいところ。 それは『自由になること』です。

金銭的にも物質的にも精神的にもすべてから開放されて自由になること。

以前はそれはたとえれば「好きなところに好きなときにすきなだけいかれるような状態になること」というようなことでしたけれど、少し自由の定義がかわってきました。

宿命的なものに縛られないで生きていける形。

自分を自分として受けいれると同時に、人を人として受け入れられる心。

これが自由なのかな、と今は思います。

まだまだそこには、気づきながらもたどりつけませんけれどね・・・


アセンションがもし私の解釈になるなら、人は自分としていき、自由をえられる時がくる、ということなのかもしれません。

そうだと、いいですよね。

最初にかいた二つのまったく異なるブログエントリーは、さちさんのこの日のブログと、ウメッチョさんのこの日のブログです。

いつも素敵なブログ、ありがとう☆ 飾りのない素直な気持ちのエントリーがいつも私の心に響いています。 


そうそう、これもちょっと気づいたことですけど、画像はPC上にフォルダーを作って小分けに保存してあるのですが、マクドナルドやKFCが「外食」の部類に入ってるのも、結構さみし~ものがありますな・・・


ではまた ☆


スポンサーサイト



COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ