This Archive- 2010年09月

--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

30.09.2010, Thu

☆ Hau'oli lā hānau !!! ☆

   DSC05736.jpg

Happy 14th Birthday, Kinako!!

9月30日は娘、きなこの誕生日です♪

といっても彼女はハワイにすんでいるので、あちらの時間では明日がお誕生日。

今年で14歳になります。

上の写真は1才のお誕生日の時にとった写真です。 泣いてないバージョンもあるんですが、泣いてるのがかわいいのでこれにしました。

この日、写真を撮る前に1才の予防接種をうけにいって、そのせいで微熱があってぐずぐずになってしまい、あとでみんなから「普通写真取る前に予防接種いかないだろー!」って言われました(苦笑)

彼女が頭にしているのはハクレイというもの。 このころ私はホテルに勤めていたのですが、ホテルのフローリストさんがお祝いにつくってくれたものです。
   DSC05746.jpg

今じゃこれって、CDでもらえるんですよね??

私はカウアイ島というところできなこを生みましたが、このころ島ではこのDr.BurnettだけがUltrasoundができる唯一のドクターでした。

初老の穏やかな、とーーってもいい先生でした。 

おそらく男の子だろう、といわれ、「心拍数が120以下だったら男の子、以上だったら女の子」とも人からきいていたし、てっきり男の子だろうと思ってたら、女の子でした。

でも女の子でよかったなーって、今は思います。

   DSC05735.jpg

生まれたのはカウアイ島唯一の病院、Wilcox Hospital。 (※今はほかに病院があるのかはしりません・・・)

日本のように産後しばらく病院にいられるわけではなく、午前中に生まれたらその晩一晩だけ、午後から夜に生まれたらその晩と次の晩二泊、昼だったら一晩か二晩どちらかを選べるという感じでした。

きなこがうまれたのは午後1時04分。 私は一晩か二晩のチョイスがあったので、二晩病院にいましたが・・・

あとで請求がきたら1泊625ドルとかでしたよ、病室(笑)

すぐ上の写真は病室に写真屋さんがくるので、退院の日にとってもらったもの。

生まれたての赤ちゃんて、こんななんですよねー。 足なんかほんと細くて、すんごく抱っこしたりするのがこわかったです。

   DSC05743.jpg
 
すんでいたところはビーチからも近くだったので、よくビーチにいったりしていました。

これよりももーーーっと小さいころから、前の夫はきなこに読み聞かせをはじめていました。

といっても絵本をよんでいたのではなく、新聞とか(笑) 

彼はきなこを子ども扱いすることが一切なかったので、小さいころから普通にいろいろなことを話していたのですが、そのせいかきなこは小さいころからいろんなことを理解するのがものすごく早かったです。

なんといったらいいのかぴったりした言葉が見つからないのですが、すごく意識のはっきりしている子、とでもいいましょうか。

そういう子でした。
   DSC05744.jpg

この前ハワイにいったときに前の夫の家にあった写真を皆持って帰ってきたのですが、まだゆっくりと整理する時間がないにしてもちらちらと見るといろんなことを思い出します。

いろんなことがありますが、でも絶対的にいえるのは、きなこはいつも私か前の夫と一緒だった、ということ。

私たちは働いていて、きなこはベビーシッターさんのところにいくときも多くありましたけれど、でも可能な限り職場にもつれていきましたし、いつもどこにいくのも一緒だった、という記憶があります。

私はきなこが生まれるずっと前から、自分の子供時代についてかんがえることが多くありました。

私自身、いろんなことに対し「どうしてなんだろう」と思っていたことが多い子供時代でした。

「なんで勉強しなくちゃいけないんだろう、なんで学校にいくんだろう」とか、よくわけのわからないことをかんがえてた子供だったりしたのです(苦笑)

そして大きくなってから、あの時その理由がわかっていたら、どんなに気持ちが変わっていただろう、と思うことがよくありました。

きなこが生まれてから特にこうしていこうとかいうことはありませんでしたけれども、しいていうなら「なにかをしなさい」というときにも必ず理由を説明していこう、ということだったかと思います。
   DSC05739.jpg

そしてほかには、ある程度の年齢になるまでは「やりなさい」というのではなく、必ず「一緒にやろう」ということを心がけました。

宿題も、ピアノの練習も、遊びも、すべて。

彼女にしてほしい、と思うことはすべて一緒にやってきました。

宿題は終わるまで必ず隣にすわってすべてをみて、ピアノの練習もピアノの長いすに一緒に座って練習しました。

そして、必ず「ほめる」ということを絶対に忘れませんでした。

きなこは5歳ぐらいから公文をはじめたのですが、最初は線をひいたり○で数字を囲ったりする程度のものでした。

公文をするときは必ず隣に座り、なぜ線を描く練習をするのかを説明し、線がうまくかけたら「筆圧もちょうどよくしっかり線がかけたね」ときちんとほめました。

公文の先生のたくさんの愛情もあって、彼女はKindergartenの時点で掛け算をすべてマスターし、小学校4年生の時点で高校のレベルの数学をするまでになりました。

公文の先生が「お母さんががんばったからだ」とほめてくださいましたが、きなこの成績がすばらしいことがうれしかったのではなく、自分でしてみようと思ったことが形になったのが、とてもうれしかったのを覚えています。
   DSC05740.jpg

子供を育てていく過程では、いつも不確かなことばかりです。

この子にとってはこれがいいのだ!、と言い切れるということは絶対的にありえないと私は思っています。

すぐに結果がでないこともあったりするので、最初は気が進まなかったことも結果的には良かったんだ、って思えることも、たっくさんあります。

今でさえも、もしかしたらいろんなこと、間違っているんじゃないかって思ったりもします。

でももうきなこも14歳になって、自分の好きなこと、必要なことがわかっていて、それを手にいれるために努力ができる彼女には、私はもうなにもいうことはありません。

私がしていることがまちがってるんじゃないかなんて、余計なことですね、きっと。

きなこはきなこで自分の人生を一人で歩き出していますしね。
   DSC05738.jpg

14年間が長かったか短かったかと問われれば、どちらでもなかったと思います。

まだ14歳なの??とは思うのですけれど、でもこの14年間は確かな期間でしたし、それ相当の時間だったと思います。

高校生になった彼女に伝えたいこと。

それは「一人になることを恐れない」ということです。

これからはたくさんの選択をしていくことになるでしょう。

そのときに、それを選んだのが一人だけだったとしても、選んだ道をすすんでほしい。

自分の思う道を進んでいくとことには、孤独がついてまわります。

色々なことを言う人も、たくさんいます。

でもその孤独に耐えられる信念をもって生きていってほしいと思います。

しかしながらただ強く突き進むだけでなく、「自分は自分」だけれど「人も人(人は人、ではなくて)」として見られるバランスをもつこと。

賢いきなこなら、絶対できるとは思いますが。

   DSC05737.jpg

きなこは小さいときから、手をやいたということがかんがえてみると一度もありませんでした。

1才の時から毎年日本につれて帰っていましたが、飛行機の中でも泣いたり騒いだりしたことが一度もないし、こうしてみたら?とアドバイスしたことは、彼女なりにいろいろ実践していました。

彼女は、自分が必要なことと必要でないことがものすごくはっきりとわかっていて、助けが必要であれば誰かにそれを求め、きちんとアドバイスを身にすることができるもの、すごいなーと思います。

私は何十年もかかって、そういうのを手にいれようとしているのに(笑)

私は絶対的に「子供が親を選んでうまれてきている」というの、信じています。

それは私が私の母を選んで生まれてきたのが本当だろうとも思うから。

私の場合、多くは母は反面教師的な存在ですけれど、それなくしては今の自分はいなかったと思うし、そこから得たものを私を通してきなこが吸収していくのをみていると、絶対にきなこも私を選んできてくれたんだ、って思います。
   DSC05742.jpg

ほんとにほんんとに、お誕生日、おめでとう☆

そしていつも、ありがとう。

きなこは私の幸せと誇りの源です。


あー、はいはい、きなこのゲームキャラを最高レベルまで上げる約束、わすれてませんよ(汗 忙しいのでプレイできないのです、彼女。)

軽く半年はかかると思いますけれどね・・・・

14歳の子供の母の仕事って、こんなもんかしら。

・・・・んなわけないか。

   DSC05741.jpg

最後に、99年にベガスに行った時の写真。

はっきりみえないけど、私若いわー。 31とかだもんね、そりゃー若いはずよ。



では。



スポンサーサイト
[EDIT] [TOP]

29.09.2010, Wed

☆ さ、さむい・・・ ☆

   IMG_0268.png

朝起きたときになんかちょっと寒いなーって思ってたんですが、気温を調べたらうちのあたりは2.6度でしたよ  

車のフロントガラスは凍っていました。

車の中でヒーターをつけて急に暖かくなったのでほっぺたが赤くなり、肌がしゅわーーーと乾燥していくのがわかりました。

Hunnyにモイスチャライザーつけてないの?といわれましたが、つけてもつけてもたりないのよねー 

オーストラリアにきてこの朝と日中の気温の大きな差とか、昨日はモコモコのジャケットだったのに今日はTシャツみたいな気候にすごく驚きました。

朝仕事に出かけるときは車でヒーターをつけて、その8時間後の帰るときにはクーラーをつけたりしますし。

今現在は9度。 空には雲ひとつない、よいお天気です。

今週末はサウスオーストラリアは3連休ですけれど、お天気がとってもよくなりそうですね♪
   IMG_0269.png

うわー、完全に半袖の日だわーー。 

最高気温はともかくとして、最低気温が10度以上というのは、ほんとに楽ですよねー。

こちらはまだこんなに凍える日もあるのですが、常夏の島ハワイに住む娘きなこは毎日暑くて暑くて、といっています。

そうでしたよ、9月と10月は風の向きがかわったりして、すごく蒸し暑ーーい毎日なのでした。

あんまり寒くて手がかじかんでると、暑い夏が恋しくなりますね・・・ 

   IMG_0150.jpg

こう寒いとあったかいものが食べたくなる・・・

先々週のことになりますが、髪の毛を切りにいったついでにまたCityのHong Fat BBQに行きました。

いつも同じところに行き、その上同じものしか頼まない私達夫婦ですが、あの日もちょっと寒かったから汁っぽいものにしてみようと、違うものをオーダーしてみました。
   IMG_0140.jpg

Hunnyちゃんが頼んだのは、コンビネーション(Noodle in Soup)。

シーフードとかお肉とか野菜とかを炒めたやつがスープに入ってる感じ。

これらが炒めてあるからかスープが濃厚になって、おいしかったです。

ビーフがすごいやわらか。
   IMG_0145.jpg

私はワンタン麺。

ワンタンとチャーシューと青梗菜とガーリックチップが入ってます。

スープはさっぱり味。
   IMG_0149.jpg

麺はライスヌードルかエッグヌードルが選べますが、エッグヌードルをいつも食べます。

どちらかというとHunnyの頼んだコンビネーションのほうがスープにもっとコクがあっておいしかったです。


ああ・・・・ 今日も歯医者です。

歯医者は大好きなんですけれど・・・ その値段に気が重いです(笑)

海外は歯医者が高い、と一般的にいいますけれど、オーストラリアにくるまでそう感じたことはありませんでした。

ハワイでは健康保険の制度が日本ともオーストラリアとも違っていて、ハワイでのそれはオーストラリアでいうところのプライベートの保険でした(規定はあるのですが、会社が働いている本人にかけてくれます。)

歯も目もカバーされていましたし、クリーニングなども保険でカバーされてましたし、年間いくらまで、という設定はあってもある程度の治療もカバーされてたので、「飛行機にのって日本にいって治療したほうが安い」という感じはあまりしませんでした。


私はハワイにいってすぐの93年から6年ほどかけて、歯の矯正をしました。

歯の矯正は人の健康によいことをもたらしますが、同時にDown sideもあります。

そのDown sideためにちょっとかわいそうになっている私の歯。

この歯一本治すのに、ハワイで矯正したときにかかった金額以上の金額になるとは~~。

トホホでございますー。

つーか、この歯のことを思って矯正した、といっても過言ではないのです(笑)

私には以前八重歯があって、その八重歯の影にかくれている歯が八重歯のせいでいつか虫歯になったり弱ったりするだろう、とおもったからなのです。

でも一番動いた歯なので、それだけ負担もあったのでしょうね(涙)

私は学生のころ歯科助手としてバイトしていたのですけれど、歯はとってもとっても大切だとそのときつくづく思いました。

かみ合わせひとつで、背骨がずれたりします。

頭痛だけでなく腰痛も引き起こします。

そして、部分的だけでも入れ歯になった人や差し歯にした人達からもたくさんきいた言葉。

自分の歯で物を食べられるということが、どれだけ幸せなことだったか、ということ。

私が歯科助手をしていたのはもう20年以上前の話ですからあれから技術がものすごく進んだことと思います。

でもやっぱり、自分の歯を使えること以上によいことは、ないと思います。


嗚呼、だけれど。

デンティストから3つのチョイスをもらい、Hunnyからはインプラントにしなさい、といわれているのですが、今日をそれを伝えるのに「イ、イ、イン・・・インプrsdlkjf」ってなっちゃいそうです。

だってやっぱり、高すぎる。

キャンセルしたい、今日のアポイントメント。





ではまた☆





COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

28.09.2010, Tue

☆ Intestine Soup ☆

   IMG_0201.jpg

 ♪ You know I know how~ 
To make em stop and stare as I zone out~ ♪

お仕事ないよーー! うれしいすぎーーー♪♪♪

なんか久々に一人でゆーっくり、音楽きいて楽しんでおります。

やっぱりこういう日がないとなんか調子悪い。

でも体は妙に疲れてて、気持ちに体が全然ついてってない感じです(笑)

とにかく先週から腰痛がひどくて、今は少しはましにはなったのですが、そのせいでどうにもこうにも、立ってても座ってても横になってても、なのです。

先週はそんなわけでほとんどご飯も作らずにいました。 2週間前ぐらいからずっと作るとかいってたバナナケーキもやっと土曜日につくったし(それまでバナナがもったところもすごすぎ。)

平日はKFCとかRed Roosterとか食べて(苦笑)、金曜日時間があるからまた韓国料理に行きましたよ。

今回はIntestine Casseroleを食べました。

これ、ほんっとにほんっとにおいしかった!! 
   IMG_0205.jpg

腸。 この歯ざわりがなんともねーー! ほんっとうまい。
   IMG_0204.jpg

これもはいってるし。

きのこ類や野菜類もたくさん入っています♪♪

ぐつぐつで出てくるのが写真ではわかりにくいので、ビデオにしてみたりして☆

みたら食べたくなりますから、ご注意ね。
   [広告] VPS


でもこれから暑くなるし、夏場はちょっとあつすぎますねー、きっと。

レストランにいくと料理が出てくるまでに時間がかかるので、待ちたくない場合には行く前に電話してオーダーしておくとよいですよー。

私達は待つのもすきなので、いつも行ってからオーダーしますけれど。

この前いったときは3つあるテーブルが一杯になってました。 
   DSC06967.jpg
   
お食事のお供。 今お店はアルコールのライセンスを申請している最中だそうです・・・ といっても私達はお酒を飲まないので関係ないのですけれど。

Hunnyちゃんはアロエベラのこのジュース、大好きなんです。

   DSC05688.jpg

そうそう、3月ごろに植えたチューリップがとってもきれいに咲きました☆

赤だと思ってたらピンクでした。 

この茎の鮮やかな黄緑も花びらのピンクもとってもツボ。

球根は6個植えたのですけれど、5個しか芽がでませんでした(1個どうしちゃったんだろう??)

   DSC05675.jpg

なんか風で花びらが飛びそうだったので、早々に切ってお部屋に飾りましたが、毎日ちょっとずつ茎をきってお水をかえて、ずいぶん長くもっています。

スイセンは香りがきつかったですがチューリップは通りがかったり部屋にはいったときにほわーっとかおる感じ。
   DSC05670.jpg

チューリップの花のあとの処理がわからなかったので色々人に聞いてまわったところ、チューリップは暑さが嫌いなので、夏場は球根を土から取り出して冷蔵庫で球根を保存しておくそう。

インターネットで調べたときに「球根を貯蔵」とかいてあって貯蔵とはなんぞや・・・と思ってましたが、このことか!!

来年はこの球根とほかの色のチューリップも加えてチューリップばかりを植えようと思っています。



今日は時間もあるし、おいしいものつくるよー!とか思っていますが、やっぱりどことなくやる気がおきません・・・

でも救いなのは、気持ち的に最悪ではないこと。

前は疲れてる時は必ず、どうしようもなく腹がたって怒ったり泣いたりしていていたので、それでもっと疲れてました。 

今はどんなに疲れていても、気持ちが穏やかなのが正直、自分でも不思議です(苦笑)

先週1日、仕事場でS**Tな気分になった日がありましたけれど、その晩Hunnyに話したらすっきりしましたし。

バカらしいかなーと思いながら話してたら、いとも簡単に「そいつ、ただのB!tchだよ」(←笑)といいのけて、そうだよね~???って笑っちゃいました(笑) それでおしまい。

なにがあってもすぐに穏やかな気分に戻れるのは一重に、Hunnyという存在の大きさのおかげとしかいいようがありません。

昔もってた、疲れたときにやってくるどうしようもない不安とか、延々と続くトンネルから抜けられないような苛立ちとかが、今はもう、ほんとになくなりました。

前は「誰かと一緒に暮らしていく」というと、特に一人のときと変わらないかあるいはそれ以上に大変なこと、って思って、それならずっと一人がいいって思ってたこともありました。

でも今はすばらしいと思います。

「結婚してよかった」と最近よく思います。 

色々な形や生き方があると思いますが、私にとっては「結婚」は必要な形で、そしてよかったと思える相手にめぐり合えたことは本当に幸運なことだったと思っています。

もちろん、結婚だけが幸せの形ではありません。

娘きなこは「結婚は必要ないし、私は結婚しない」といいますが(笑 まだ14歳ですからこれから変わると思いますが)、そういう彼女に「結婚はしなさい」と言うような考えも、私はもっていません。

自分が今結婚して幸せだからといっても1度目の結婚はそれは大変でしたし、だからそれだけがすべてではないと思っています。

よく「結婚はただのペーパーワークだけのこと」という人もいます。

ただ、血のつながらない人とひとつの「家族」として長い間をともにする場合、ある意味そのペーパーワークから生まれる責任やつながりが、お互いへ精神的なある種の安堵の気持ちを運んでくれることも確かなのではないかと思います。

私は結婚という形が大すきですし、無駄なものだとも思いません。

だけど同時に、その形自体を重々しくかんがえる必要もないとも、思っています。

「絶対この人しかいない!」と思える人を待つ必要もないと思うし、だめだと思えば終わりにしていいと思うし。

始まりはいつも楽しい。 だけど終わりは周りの人を巻き込んだり傷ついたり傷つけたり、しますけれどね。


そのリスクをすべて負えるという責任と自信が自分にちゃんとあれば。

そしてすべての行為がお互いの幸せのためであれば。


やっぱり、結婚ってすごくいいものだと思っています。


前の夫とは今でも何でも話せるものすごくよい友達ですし、これは結婚という過程がなかったら得られなかったものだと思いますし。

私はその機会がくるのなら何度でも、結婚し続けると思います(笑)


でもこういうふうに思えるのも、夫であるHunnyがいてくれるからこそ。

彼には感謝してもしきれることは、ありません。





ではまた☆






COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

27.09.2010, Mon

☆ 歯医者 ☆



歯医者にきています。

虫歯菌じゃないんですけど…

どうなるのかなー。

実は私、歯医者が大好きです。



11時の予約なのに9時半すぎに起きたので、歯医者の近くのサブウェイでご飯を食べました。



今、雨が降っています。

今日一回で治療が終わるといいけど。

ではまた☆
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

22.09.2010, Wed

☆ Birthday Party ☆

   IMG_0157.jpg

はぁ・・・・

毎日、いったい私の時間はどこへ?といった感じです(笑)

仕事がないときには「なんでもいいからぁ仕事ぉぉ」って思ってるのに、あったらあったで「なくてもいいのに」と思ったりしています(苦笑)

毎日しばらく続いていればそれはそれの毎日になるのだと思うのですが、働いたり働かなかったりというのはどうもよくないですな。

週末は私達らしくなく家にいなかったこともありばったばたしたまま水曜日になり、昨日の夜からあんまり気分がよくなかったのですが・・・

今日はみごとにS**Tな気分でございます(←苦笑 ごめんなさい)

なぜS**Tかはまたいつか書くとして。

こういう状態ってほんとよくないと思うので、とにかくおいしいものを食べて、楽しいことをかんがえたり、早く寝たりして気分を盛り上げていかねば。

Hunnyちゃんはこんな私のために、お洗濯も洗い物も明日の準備もぜーんぶしてくれました(涙) ありがとうね・・・

明日もがんばります。


この前の週末にHunnyの甥っ子の5歳のバースデーパーティーが、CityのMing's Palaceというところでありました。

毎年義妹の家でものすごい人数の人を招いてパーティーをしていたのですが、今年は親族だけ30人ほどでレストランでのパーティーでした。

コースみたいな(?)チャイニーズを食べたの、義弟の結婚式以来かも(笑)

とにかくたくさん食べて飲んで(私はコーラだけど)騒いで、とっても楽しいパーティーでした。
   IMG_0164.jpg

前菜は3種。 くらげとイカの揚げたのはほんっと絶品!

あともうひとつは・・・ 湯葉の揚げたようなやつ。 

   IMG_0165.jpg

北京ダック。 

私たちのテーブルはえっと・・・ 10人だったんだ、で10人が皮に巻いた状態のやつを3つ食べられる分のダックが一皿にのってたのですが、食べ終わったころもう一皿でてきました。

脂がのっててやわらかくて、美味でした☆
   IMG_0167.jpg

ちょっとスパイシーな味付けのお肉の炒めたやつをレタスに巻いて食べます。 
   IMG_0169.jpg

私、調理した牡蠣の味が大嫌いで生のものは食べたことがなかったんですけれど、2年前にシドニーでHunnyとディナークルーズにいき、そこででた生牡蠣を食べたら意外においしかったので、それ以来ちょっと気になっていました。

で、この日をもって、私は大のオイスターファンになってしまいました☆☆
   IMG_0176.jpg

めっちゃおいしくて3個もたべてしまいました。

ただ手にとって食べてたら「それじゃだめだ」といって、義弟が1個、醤油ベースのスープを一杯かけてコリアンダーもたっぷり載せたものをくれました(写真のじゃなくて。)

牡蠣の殻を口にもっていってお箸で身を動かし、スープを同時にジュッと吸って食べろ、と。

嗚呼・・・ ほんとうますぎましたーーー!

これ一皿全部食べたいきがしました。
   IMG_0177.jpg

ダックの2品目はスープ。
   IMG_0179.jpg

魚料理。 私はこの手のお魚料理が苦手です・・・・ Hunnyも食べません。
   IMG_0178_20100920172432.jpg

これは料理ではないですが・・・

Hunnyと一番下の弟はいつもこれを食べながらご飯を食べます(苦笑)

刻んだチリをお醤油の中に入れたものです。

なんどチリをおかわりしていたことか。
   IMG_0180.jpg

炒飯がでて・・・
   IMG_0181.jpg

チキン。 スパイシーで味がこく、おいしかったです。

最初のほうはみんな「食べる前に写真とっていいよー」とかいってくれたのですが、このころになるとお酒もはいってきて食べてから「あーー!」ってなっちゃって、このチキンも散々たべてから撮りました(笑)
   IMG_0183.jpg

カニ。 マッドクラブとスノークラブの2種類がありました。

私はカニよりその下にあった脂っこくて塩っぽいチャオメンのほうがすきでした♪

同時にチョイサムの湯がいたのがでてきたので、それとチャオメンを一杯たべちゃいました。

   IMG_0186.jpg

食事のあとはバースデーケーキ。

   IMG_0185.jpg

とってもおしゃれなケーキ。

星は砂糖でできたお菓子で食べられます。 周りはうすいホワイトチョコレート。

ハワイでは子供のバースデーケーキといえば長方形の大きいケーキで、そこに子供の好きなキャラクターが書かれているものが定番でした。

きなこの1歳の誕生日のときも、オーダーしましたっけ。
   IMG_0188.jpg

ケーキは3層になっていました。 一番下はしっとりのチョコのスポンジ、真ん中と上はムース。
   IMG_0161.jpg

義妹(右)はまさに美女なのです。
   IMG_0158.jpg

妹はHunnyの一歳年下、その下に二人弟がいます。

妹とはやっぱりなんとなく似ている(目の大きさは違いますが 苦笑)

下の二人の弟とは全然似てないんですよ(この二人の弟同士は似ています。)
[広告] VPS

最初の坊主頭の人と最後に手を振っているのが二人の弟。

そのほかはその弟たちのガールフレンドや奥さん、あとの人は義妹のだんなさんの兄弟姉妹(←すんごい皆似ている)


私はこの日、でてきたワインとHunnyの頼んだコロナを飲んでみましたが・・・

やっぱり味がきらい(笑) 飲める飲めない以前の問題かもしれません。

私はソーダがすきよ。



ではまた☆

明日は気分が元にもどりますように・・・





COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

17.09.2010, Fri

☆ ぬくもり ☆

   DSC05628.jpg

まだまだ気温はあまりあがらないけれど、アデレードもすっかり春っぽくなってきました。

日に日に朝出かける6時ごろが明るくなっていますし、朝も寒くても10度をちょっと切る程度。 もう5度とかになることもありません。

今日は私、仕事がありませんのでうれしーーーー! 6時半から洗濯機を回し、ゆっくり来週の食材の買い物! 

ここ何週間か買い物を週末にHunnyと一緒にしていたのですが、今日は一人でじっくりスーパーを回れます♪♪  

そういえばこの前がトーショコラをつくりました。

本当はちょっと前につくったNYスタイルチーズケーキを作ろうと思ったのですが、サワークリームを買うのをわすれてしまって・・・

なのでかっちゃった生クリームを使うもので簡単なもの・・・ということでガトーショコラを作りました。

今回はなにを考えてたんだか、レシピをみながらやってたのに材料を入れる順番をめちゃくちゃ間違えました。

時間になってもフルフルとふるえるほどなまなまで、倍の時間やいたらブラウニーみたいになっちゃいました(汗)

でもおいしかったです。 チョコレートたっぷり。 味には間違えないですよね☆
   DSC05626.jpg

今週こそチーズケーキをと思いサワークリームはすでにかったのですが、今度はバナナがすごく熟れ熟れになっているので、先にバナナケーキを作ろうと思います。。。

   IMG_0137.jpg
   時間になると会社の入り口の目の前にランチバンがやってきます(買ったことないけど)

私は短大を卒業してからずっと働いているのでかれこれ働き始めて20年になります。

思えば色んな仕事内容やポジションについてきたのですが、私はひとつ、仕事を行っていく上でこころがけていることがあります。

それは「相手のことを常にかんがえて物事を行うこと」ということです。

これは仕事内容がどんなであっても、ポジションがなんであっても、共通していることです。

どんな仕事であっても「相手」というものがあります。

接客であれば「お客さん」という相手がいますし、事務職であっても「上司や同僚」という相手がいますし、常に相手というものが存在してくると思います。

私が心がけるのはその「相手」がわかりやすいか、やりやすいかを考えて自分の仕事を行う、ということなのです。

私はハワイで長い間、日本からハワイで結婚式を挙げる人たちのお手伝いをする会社に勤めておりました。

挙式予約の管理というのは難しいことはなく、常に確認の繰り返しです。

お客様との確認、業者との確認、自分への確認と、最初の段階からこつこつと行っていって、短ければ3ヶ月、長いときは1年ひとつの結婚式をあたためていくことになります。

長くなれば言ったことを忘れてしまうことも多いので、とにかくひとつひとつ確実に行わないと、どこかで勘違いが起こって取り返しのつかないことになり得ることもあります。

当日「予約がはいってない!!」ってことにもなりますし、途中でなにかが抜けることはお客様からの信用も失います。

具体的にいうと予約を受けた段階、予約をした段階、途中経過、1ヶ月前、と何度も確認を繰り返していきますが、挙式前日に最終的な予約確認を花やヘアメイク、写真などの業者と個々に行います。

そのときはファックスで行うのですが、とにかく細かく、いろいろなことを書きます。

新しい人が会社に入ってくると仕事のやり方を教えるのですが、一人だけでなく複数の人にそのやり方を伝えたときに「(業者に対して)至れりつくせりですね」と言われたことがあります(面白いことにまったく同じ言葉で。)

その複数の人のなかには「ここまで細かくやる必要、あるんですか~?」というニュアンスであった人もいたことは確かです(笑)

でも、至れりつくせりにする理由を言えば、みんな納得するのですけれどね。

結局のところ、そうやって至れりつくせりにすることによって、自分にそれが返ってくるのです。

それは人も自分に対して至れりつくせりにしてくれる、という意味ではありません。

相手が何を知りたいかを知り、どのようにそれを記せば簡単に相手が理解できて、こちらの言いたいことが100%間違えなく伝わるか。

そのポイントをきちんと抑えて業務を行うことによって、その後ががらっと変わります。

たとえば、あまりマトを得ないようなことを書いたとします。

必ずあとから業者から「これはこういう意味でしょうか・・・?」っていう電話がかかってきます。

それは自分にとっても相手にとっても時間の無駄です。

それに電話はすぐにかかってくるともかぎらず、夜7時や8時になることもあります。

その時点で誤解があったとわかった場合、挙式前日の夜遅くに、いったいなにができるでしょう。

あるいは確認の電話がなく、相手が違う解釈をして受け取った場合。

「たのんでいたものと違っていた」っていう結果になってしまい、それはもうバッタバタになります。
   IMG_0135.jpg
   私のランチ(笑 Left overです)

こんな中で私が得た答え。それが「相手のことを常にかんがえながら、相手にわかりやすいように、やりやすいように仕事をしていく」ということなんです。

そうすることによって、自分も楽になるし、後のバタバタもなくなれば心配もしなくてもすむ。 こうやって自分に返ってくる、というわけなのです。

今はこういったストレスからはかけ離れた全然違うタイプの仕事をしていますが、今もやっぱり常に人のことを考えながら仕事をしています。

物ひとつ置くのでも次の人がとりやすいようにおいたり、箱をリサイクルのダムスターにひとつ捨てるのでも少しの手間をかけてちゃんとたたんで並べ立て捨てたり。

そういうちょっとしたことが、違う形で自分に返ってくるのが手に取るようにわかるのですよ。

ちゃんとしていれば人が私を見る目や私と仕事をするときの態度が全然違ってくるのがよくわかります。

特にオーストラリアの人たちは義理がたいところがあって、こういうのをちゃんとみて返してくれるというところがあるのでとってもうれしいんです。 


でもこれってやっぱり、いつもいつもブログで繰り返し言うようなのですが、最終的には「人と人との関係」っていうところだと思うのですよ。

誰に対しても平等に正直に潔く向き合うってことだと思います。

人や会社のものを適当に思わない。 人のやり方を受け入れる。 自分が悪かったらそれは認める。 理解しづらいことはきちんと説明する。 自分の問題をぶつけない。

私にとっては仕事にいくということはお金を稼ぐこと以外に理由はありませんが、でも自分の貴重な時間をそれに費やすわけですし、楽しくやりたいという気持ちも多いです。

人を思いやり、人のことをかんがえて仕事をしていくことはよい人間関係にもつながります。

結果は自分に返ってくるのだ、と心から思います。

   eyes2.jpg

私は以前、ハワイでタマキさんという方にお会いしたときに「くんちゃんは霊感を持っている」といわれたことがあります。

それを言われたときに驚いて「霊をみたことは一度もありません」といいました。

するとタマキさんは笑って「霊が見えることだけが霊感ではないのよ」といわれました。

第六感が働くという、簡単にいうと「勘がいい」と一般的に言われるようなこと、これも霊感なのだそうです。

私はその類の霊感の持ち主で、そして私のもっているものは「ぬくもり」なのだそうです。

タマキさんからはそのぬくもりを使えるようになりなさい、といわれました。

それ以来、いったいどのようにそれを使えばよいのか・・・?と考えてきました。

それを実際に出す方法はわかりますが、どこにどう使っていけばいいのか、わからなかったからです。

ブログをはじめた理由もそれだったということもあるのですが、なにかどうにか、人を幸せとか、やさしい気持ちにさせられるようなことができたら。

常々その場所を、探してきました。

でも、それは大きいことに使わなくてもいいんだって最近は思ってます。

毎日の生活の中でできる小さなことに、使っていけばいいんだと。

日々一緒に生活する人にも、明日にはもう会わないかもしれない誰かにも、ちゃんと心から大切に接していく。


そのぬくもりを人に出していける方法はひとつだけ。 

私自身が満たされ、幸せでいること。


それは決して特別なものではなく、誰にでもできることだと、私は信じています。




ではまた☆




COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

13.09.2010, Mon

☆ パイウォーマー ☆

   IMG_0131.jpg

今日はとっても温かい1日でした 

2時15分には仕事が終わってそのまま来るまで5分のHunnyの職場にいき駐車場で待っていましたが、だんだん暑くなるので気温を調べたら20度近くありました。

ところで一番上の写真はパイウォーマー。

オーストラリアにきて初めてみたもののひとつです。

オーストラリアのカルチャー!って感じがします(笑)

オーストラリアではミートパイなどがとってもポピュラーですが、これはそれをあっためておくもの。

きっとどの職場にも1つはあるのではないでしょうか。

だいたい職場には電子レンジ、パイウォーマー、オーブントースター、トースター、トースティーメーカーなどがあります。
   DSC01178.jpg

パイはスーパーなどでこうやって袋にはいって売ってたりしますが、袋にはたくさんの小さな穴が開いていて、この袋のまま上のパイウォーマーにいれておくだけで、ほっかほかになります。

私はお昼にパイを食べるとしたら午前中の休憩時間からパイをパイウォーマーにいれておいておくので、2~3時間放置することになるでしょうか。

電子レンジで暖めるとクラストがしっとりしちゃうのですがパイウォーマーだとそんなこともありません。

でもパイウォーマーはパイだけでなく、ホイルに包んだチキンとかガーリックブレッドとか、そういうものもいれてあっためておけます。

銀色のお弁当箱を入れている人もいますよ。 ふたを開けるとホッカホカです。
   IMG_0133.jpg

本当は会社内で写真をとっちゃいけないのですが・・・ たまたまランチルームに一人だったので、とっちゃいました(苦笑)

Hunnyが「イリーガルピクチャー」とかいっておどかすのですが(苦笑)企業秘密な部分はとってないからさ・・・ ごめんなさい(汗)

そうそう、今日は1時間半もランチタイムがありました  

今私はとある会社から別の会社にパーツのインスペクションのために送られていますのですが、朝は「とある会社」に出勤し、そこからスーパーバイザーに「別の会社」に送ってもらいます。

午前中の休憩は「別の会社」でとりますが、お昼休みはスーパーバイザーが迎えにきてくれて「とある会社」にもどります。

今日は「別の会社」の生産ラインがお昼以降ストップするということで、私は「別の会社」のお昼休みにあわせて「とある会社」にもどり、ラインが戻るまで休憩ということになりました。

でもラインが止まったのは私のせいではないのでお金はちゃんと支払われるとのことで、なんかとってもラッキーでした(笑)


「とある会社」は小さなウエアハウスで、前にも働いたことがあるのですが大好きな会社。

「別の会社」はオーストラリアが誇る、それはそれは大きなファクトリー。

まるでディズニーランドのようなのですよ。

頭の上でもいろんなものが流れていっています。

物ってこうやって作られるんだー、っていうよりも、その工場自体の設計とかそういうのが、すごいなーっておもっちゃいました。

私は新卒で働いていたところを除くと今まで働いたすべてのところは小さなところだったのですが、それぞれにいいところがありますけれど、大きなところはそのシステマチックなところがよいですよね。

新卒ではいった会社では「大きな会社だと歯車のひとつにしかなりえなくなってしまうからいやだ!」とか思ったりしてましたが(若かったから 苦笑)、全体をみてみればその歯車がなければすべては機能しないわけですものね。

いい意味でも悪い意味でも「仕事は仕事」です。

仕事は、一生懸命自分のためにやる。

それでいいのではないかなーって私は最近思います。


では明日もまた朝早いですのでこの辺で☆


Have a good night sleep ☆ミ











COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

11.09.2010, Sat

☆ 焼肉@Fujiyama ☆

 IMG_0119.jpg

ちょっと煙たい画像になっちゃいました ↑

この前ブログにかいた韓国料理のお店をとても気に入ったHunnyちゃん。

どうしてもあそこで焼肉がたべてみたいというので、「外食の日」がいつの間にか「マクドナルドナイト」になってしまっていた金曜日に行ってみました。

たのんだのは・・・
   IMG_0112.jpg

いつも焼肉やにいくとたのむタンと
   IMG_0116.jpg

味付けカルビ。

   IMG_0110.jpg

今日の付け出し(?)は3種

手前のモヤシのは、ソースが魚介類っぽい味の、辛いだけじゃないちょっと変わったナムルでした。
   IMG_0111.jpg

ソース的なものは2種。

右のは、名前思い出せない、サンチュとかきゅうりとかにつけて食べる、お味噌みたいなの。 あれです。

   IMG_0109.jpg

お店の方がテーブルにちょこちょこきてどうやって食べるのかを説明してくれます。

肉を焼いてレタスの上にのせ、そのほかにキムチやガーリックものせて、そのお味噌みたいのもお箸で乗っけて一口でいく。

ご夫婦でお店をされているのですけれど、お二人ともすごくいい人です。

「Authentic Korean BBQなのだ」といろいろ教えてくれます。

韓国に行きたいHunnyは韓国にいったときにお店でオーダーができるように、お肉の韓国語の名前を教えてもらっていました。

でも今覚えてるのは「味付けカルビ」だけですけどね(笑)
   IMG_0121.jpg

残りは持ち帰る気満々でチヂミもオーダーしました。

あまり肉の量が多くないので、必要だと思います。
   IMG_0113.jpg

うーん・・・ 焼肉はハワイで行っていた焼肉やさん以上のところにはまだやっぱり出会えないです・・・

アデレードだと、焼肉の場合食材とかにもいろいろ限りがあるのかなーとか思います。

需要と供給の部分、ていうのもあるのかもしれないですし。

したがって値段も仕入れる値段も高いのだろうし、レタスひとつにしても、サンチュみたいのはなかなかないのかもしれませんし。。。。

やっぱりここのカルビも味付け甘かったです。

好みにもよると思いますけれど、私的には前回頼んだようなチゲとかが絶対お薦めです☆

焼肉はCityでカルビを売ってるから、自分で漬け込んだほうが好みの味にできるかもと思います。

韓国のお店にタレもうってますしね☆


次回はIntestineのお鍋に挑戦です♪ 

来週はCityに行かなければならないかもしれないので、2週間後にいくのだそうです(笑)

Hunnyは一度気に入ると同じところに何度もいくのです。 って私も同じなんですけれどね(笑) 

似たもの夫婦なのですね、きっと。

   DSC05661.jpg

話はかわりますけれど、よくスーパーでこういうふうにコンテイナーに入って売ってるスナック、ありますよね。

おせんべいっぽいミックスのもあったりとか、チョコレートがかかってるナッツのがあったりとか、アプリコットがココナッツで包まれてるようなやつとか。

ちょろっと手軽に買えるのですんごく好きなんです。

いつもいくスーパーは卵売り場のとなりにこれがずらーっとならんでいて、いつもなにかしら買いたくなっちゃいます。
   DSC05662.jpg

今日買ったのは「Honey Roasted Mac Nuts」。

超うまっっっ!!!

マカデミアナッツをそのまま食べるのはあんまりすきじゃないんですけど(なんかオイリーというか、リッチな感じがしすぎて)、でもこれはおいしかったです。

1個食べ始めるとどんどんいっちゃいます。
   DSC05456.jpg

こっちはちょっと前にかった、Glazed Peanuts。 これはもっと周りの砂糖が飴のようにカリッカリで、あっという間になくなってしまいました。


でもなんか、今マカデミアナッツの食べすぎで、胸焼けしてきました・・・(笑 しません?)


食材のお買い物は今日行ったのですが、ちょうどスーパーの閉店の1時間ほど前だったので、パンのコーナーは半額。

今日焼かれたふわふわのパンにピンクのラベルがついてみんなReduced。

いつも買うフィンガーバンズ(細長いコッペパンみたいのにアイシングがかかっているもの)も半額だからって二袋もかっちゃいました。

最初は一袋(4つのフィンガーバンが入っている)だけかったのですが、あまりにふわふわなのでもう一袋買いたがるHunnyと食べきれる、いつ何個食べる、と相談しながら結局2つかっちゃいました。

明日はチーズケーキを焼こうと思ってたんだけど・・・ どうしたものでしょう。 

いつも買い物にいくと、食べたいものは一杯あるのになかなか食べる時間がないね、という話になります。

食べても食べてもお腹一杯にならなければ、アレもコレもいっぱい試せるのにねー、と。

私達、ほんと食いしん坊なんですよ・・・


でもほんとに、おいしいものがいっぱいあるところにいられるのは、幸せすぎますね。



ではまた☆



COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

10.09.2010, Fri

☆ アルバイト ☆

   

今日から2-3日また仕事です。

アルバイトとよぶべきかしらん。

とある会社からとある会社に送られています。

本を読んでもネットやっても何してもよい、と言われているので iPhoneでブログアップしてみたりして。

あと30分で終わり。

今晩は焼肉♪

ではまた☆

COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

08.09.2010, Wed

☆ 不思議な人 ☆

   DSC05633.jpg

温かなよいお天気の日がきたと思ったら、また雨に逆もどりしてしまいました。

まだまだお仕事の開始を待っている日々ですが、こういうときに限っていろいろなオファーがあったりします。

今朝もFacebookを開いてみると、きなこが来る前まで働いていた会社のチームリーダーからメッセージが入っていて、「会社がジョブオファーをしたいといっているのでもし仕事を探しているなら連絡ください」ということでした。

少し前に単発でアルバイト的に働いたところからも、まだお誘いがきます。

最近は登録しているジョブサイトからも「○件の新しい広告掲載があります」などのメールがとどきますが、20件以上であることがざらです。

だんだんまた、求人が増えているみたいですね。 よいことです。

そして、カジュアルという仕事で短い期間しか働いていなくてもちゃんと私のことを覚えてくれて、仕事が終わったあともなにかあれば声をかけてもらえるというのは、オーストラリアにきてからすべてをゼロからはじめた2年前をかんがえると、ものすごい進歩だと思っています。

まだまだ、先は長いですけれどね・・・ 


ところで昨日、「照り焼きチキン蕎麦サラダ」を作りましたよ。

簡単なので前は頻繁につくっていたのですが、ここ最近すっかりその存在を忘れちゃってました。

レシピノートをみていて思い出したので、久々にちょっと気温があがった月曜日に作ってみることにしました。
   DSC05630.jpg

ちょっと味付けしたお蕎麦の上に照り焼きチキンをのせて、照り焼きチキンを作ったときのソースを全体にかけて絡めて食べる、みたいなものです。

英語のレシピなので、照り焼きが結構甘いです。

でも甘めの照り焼き系が好きな方にはよいかと思います。
   DSC05631.jpg

お蕎麦はすった生姜とごま油とお塩で味付けてあります。 

ゆでたお蕎麦を冷水であらったところに絡めてあるので、風味が消えずその香りがすばらしい~~☆

ポイントは韓国産のごま油を使うことです。 風味が全然ちがいます。
   DSC05635.jpg

チキンを食べやすくきってその上からフライパンに残った照り焼きソースをとろみがつくまで煮詰めたものをかけますが・・・

私はあんまり甘辛がすきじゃないので、このソースはあまりいりません。

むしろ、ごま油と生姜と塩気だけで十分!
   DSC05637.jpg

本当はこれ、サラダ的なものなのでしょうか・・・?って思うのですけれど、うちではこれはメイン(笑)

なのでレシピの3倍ぐらいをつくります。

いつも夜ご飯を一杯つくてその残りを次の日のランチに仕事場にもっていくので、チキンはさらに多めにつくっておきます。

お蕎麦は次の日のランチまでにはやわらかーくなっちゃいますので、ご飯と照り焼きチキンにしています。

簡単ですのでよろしければお試しを。 レシピはこちらです →


なんか今、うつくしー音楽を聴きながら書いているので文章が静まりがちですが(笑)、昨日急に思い出したとある方のことを、この前かったおいしいお菓子の写真とともに書いてみたりして。

※ここから長文になります※

あ、そのお菓子はこれ ↓
     DSC05613.jpg

すんごいおいしいですよ!! スーパーでぜひぜひ探してください☆ 私はいつものフードランドでかいました。

オランダ産です。

と、その、急に思い出した話。 これはハワイであったとある男性のお話。

海外に住んでいたりすると、ときどきなかなか「興味深い」と思われる人に出会ったりしちゃいます。

なんていうか、ものすごくキョーレツな個性の持ち主とか。 ←なかなか日本ではお目にかかれません、こういう方。 

日本出身の方にも、そういう人をたくさんみかけました。

ハワイにいたころは面接・採用を担当していたときもあったので、「普通の人を探すのがむずかしい」とよく思ったものです(笑)

とまぁ、いろいろな人がいて楽しいですが(自分もその一人だし)、ほんとに1~2人ですが、どうかんがえてもどーーーーーーしても理解できない、っていう人がいます。

その、これからお話する男性も、その一人です。
   DSC05614.jpg

2006年ごろ、私はとあるTシャツをメインとして売る会社のGMをしていたことがあります。

あ、最初にことわっておきますが、GMといっても呼び名だけね。 正社員が私だけの(あとはお店でパートで働いている女性方6人ほど)、いわゆる何でも屋なポジションです。

このTシャツ屋さんは私と同じ年代の、バブルのころにハワイに遊びにきていた方なら必ず知っているであろう、犬の顔がロゴになってるお店。 

バブルのころはお土産にTシャツをまとめ買いしていくような時代だったので(すごかったよね)、それはそれは儲かっていて、店舗が何件もあったとききました。

バブルがはじけてから売り上げがおち、また社長の個人的なゴタゴタもあり社長は多額の借金を抱えながら店を閉めましたが、日本ではそのロゴのお店を何件か続けていて「ハワイのお店、どうしちゃったのよ」というお客様が多いことから、じゃもう一度ということでお店を再開しました。

その、記念すべきときの初代GMが私(笑)

つーか、ふざけてるとしかいいようないですね。

そんな大事なときに、このド素人の私を雇ってどうするつもりだったのでしょう(苦笑)

私はその会社で仕入れからデザイン、資金繰りからペイロール、すべてをまかなうことになりました。
   DSC05617.jpg

Anyway、そうやってはじめたお店なんですが、時代錯誤もはなはだしい(ごめんなさい)そのTシャツのロゴ。 

ここで巻き返しを図るのは到底無理だろうよ、と思ってた私がマネージしているわけですから、当然のごとく売り上げなんてのびませんよね(笑)

1年後、私に支払っている給料が払えないので、もう少し安く雇える人を探すから、といって事実上「くび」になった私ですが、社長がその後がまとしてつれてきたのが、この男性。

えっと・・・名前なんだったっけ。 思い出せないのでイニシャルがかけないので、小池さんということにしておきます(なんとなく、あのラーメンが好きな小池さんに似てなくもなかったから。)

彼は私よりちょっと年上。 ハワイに何年いたかわすれちゃったのですが、ハワイの前にLAにいたので、海外での期間は私と同じぐらいありました。

私がやめるまでの2週間、小池さんに引きつぎ&トレーニングってことになったのですが・・・・

私は心から小池さんに対し「この人は人生なにを目標に、なにを糧に、いきているのだろう?? そしてこの自信はどこからきているのだろう?」と疑問におもったものです。

人は決して、悪くないのですよ。 

でもあまりにもなにか、いろんなことを見ずにふれずに生きているような、一言でいうとなにも考えてない感じ。

かといって悪ぶれたようなところはない。

ただただ楽観的で、なにも疑わない感覚。

だいたいこんな、毎回皆さんのお給料が払えるかどうかという会社に「社長は『まぁ金だしてやるからみてくれよ』って感じでしょ」と言って、軽くはいってくる。

あの不景気の時期にこんな店をオープンしてるっていうこと自体に疑問を感じてないところ。

奥さんも、お子さんも一人いるのに。

きっとしんからなにも考えてない人なのだろう、とおもいました。


社長からは「小池は英語がしゃべれないから」ってはじめから言われてました。

それはいい。 だけど。

このGMというポジション、仕入れのためにメイカーにいくこともあれば、Tシャツのプリントをするためにプリント屋さんにいくこともある。 お店の入っているショッピングモール(ちっちゃいけど)のミーティングもあれば、大家さんとの交渉もある。

お客様は日本人がほとんどといえども、英語が話せなかったら仕事にならないのです。

そういうことも、小池さんは自分でかんがえなかったのかしら?

でも、小池さんはどこ吹く風だったのです。 「英語はカタコトでも今まで大丈夫だったし、なんとかなるでしょ」と(←実際にそういった。)
   DSC05642.jpg

彼はその自信がどこからくるのかと聞きたくなるほど、危機感も緊張感も微塵も感じさせずに毎日会社にやってきました。

そんな彼にちょっとイラッとしながらも、私の仕事は引き継ぎとトレーニングである、ということに集中しておりました。

ブックキーピングやペイロール、資金繰りなど、アカウンティング全般もそのときの私の仕事でしたので、半日はお店で、半日はオフィスでの引継ぎをしていました。

ブックキーピングはQuickbookを使っていました。

チェック(小切手)を切るのもそれを使うのですが、支払いや入金の項目をそれぞれにわけて入力、そしてさらにそれぞれの項目にいって右左を「0」にしたり(アカウンティングをされている方にはおなじみかと)、いろいろな細かいことがあります。

その説明をしていると、明らかに小池さんがコンピューターを使えない人なのだ、ということがわかりました。

しかしながら「やべー、オレこれつかえねーよ」っていう危機感が、まったく感じられません。

ただぼーっと見ているので「あの、私も2週間でいなくなるし、すべて覚えることなんて不可能だと思うし、書き留めたらいかがでしょ?」っていいました。

でも、書き始めてからそれがもったのもほんの最初だけ。 すぐやめちゃいました。

基本的に人のことはあまり関係のない私ですが、あとで「くんちゃんが教えてくれなかった」ということになるのもなんですので、きいてみました。

「えっと・・・・ 大丈夫ですか? 一人でできそうですか?」

そしたら、小池さんはこういいました。

「オレ、PCは全然だめなんすよ。 でもね、電卓は早いんで。 手計算(←この言葉初めてきいたよ)でやっていきますから。 だから大丈夫です」と。

@_@ 
   DSC05611.jpg

それからは小池さんは何をおしえても二言目には「手計算で。 手書き・ファックスで」という始末。

私のことは完全にバカにしているのか、話もまったくきかない。 やたらタバコ休憩。 時間になったら「んじゃ、食事いってきます」と、1時間きっかりかえってこない(まあいいけど。)

GMといっても何でも屋だと先に書きましたが、お店で使う備品からなにからなにまで、買いに行くのも仕事でした。

キッチンペーパーからパートさんの使うお弁当用の電子レンジ、掃除用品、文房具、ディスプレー用の棚、椅子、お店とオフィスにある、ありとあらゆるもののすべて。

それらを買うお店も、当然のごとく小池さんに伝えました。

やっぱり、ま、そのうちいってきますよ、とか言って聞いてない小池さん。

文房具はOffice Max(オーストラリアでいうOffice Works、おっきい文房具などを売るチェーンのお店)のカードがあるのでそこでかってね、といいました。

Office Maxといえば誰もが通る大きな通り沿いにあって、ハワイにすんでないうちの母でも知ってるところ。

すると小池さんから信じられない言葉が返ってきました。

「え・・・ オフィスマックス・・・・って? なに? どこ?」

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?

聞けば「いやー、買い物はうちのかみさんにみんな任せてあるから。。。」と。


PCを使えないのは年代的に理解できる。 英語だって大人になってからは大変なのはよーくわかる。


だけどね、しばらくいるハワイになにがあるのかもしらない。

ペン一本さえ自分でかったことがない。

40超えた、大人ですよ?

毎日どういうことを考えて、なにを見て、生活しているのですか????

あなたは、どういう価値観の中で生きているのですか???

Hello~! Hello~! Anybody there!!??


心底おどろきました(笑) びっくりなんてもんじゃ、なかったです。 Office Maxを知らないってことじゃなくて、その、なにも考えないでも生きていかれる彼そのものが。

私はあまり人のことには感知したくないタイプですし、彼みたいなタイプには何をいってもわからないとおもっていましたが、ある日、私は彼に言いました。

手計算でいい、手書きの手紙でいい、っておっしゃいますけれど、
ほかの人はそのようには仕事をしていない、っていうことはおきづきでしょうか

アカウンティングはソフトを使って管理します
前にもいったけどそのデータをコピーしてCPAに持っていき
CPAはそのデータをもとに処理していきます
あなたが手計算をするなら、その手計算をしたものをCPAが全部入力しなおして
バランスシートなどをつくらねばなりません

Emailを使わず手書きの手紙をファックスすればいいといますが
担当者によってはアメリカ西海岸を飛び回っている人もいて
オフィスに戻るのは週に1度、とか言う人もたくさんいます
そんな彼らにどうやってファックスで連絡を取るというのでしょう

そして彼らは、移動中の時間があるときに電話をしてきます
それなのにカタコトの英語でOKだと、いいきれるのでしょうか

あなたは手計算でいいかもしれない
でも世の中はそのようにはすでにうごいていなく
あなた一人のためにたくさんの人の時間に影響をあたえてしまうということが
あなたはおわかりでしょうか

そしてなにより、苦しむのはあなた自身だということはわかってるでしょうか
私がいったことをずいぶんバカにしたようにうけとめてましたけれど
仮にもGMというポジションに着こうというときに
会社がどういう状態かも知りもせずに入社をきめ
やべー、オレもっとがんばんなくちゃ!って思われないのが
私にはまったくもって理解できません


次の朝社長から連絡があり、あと数ヶ月会社に残ってほしいという要請がありました。

小池さん、やめちゃったの、オレにはできないって(笑)


何が理解できないかったっていえば。 

彼があまりにも「無」であるというところなんです。

毎日、こんなにすばらしい1分1秒を、彼はなにも感じず、なにも思わず、生きているというようなことところ。

弱いでもないような強いでもないような。 ただただわからない存在。

いや、ほんとにふしぎだわー。

しかしながら、これも彼の個性なのかもしれないと、今は思ったりしてます。


いや、やっぱり人は面白いですね。



今日も長くなっちゃったので、この辺で。




ではまた☆



COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

07.09.2010, Tue

☆ いい子達 ☆

   de41hl22.jpg

8月からハイスクールに通い始めた娘、きなこ。

毎日それはそれは忙しい日々を送っています。

アメリカの高校生活といえば、「どれだけアクティビティーに参加しているか」っていうのが一番の重要ポイント。

大学入試というのがありませんので、高校の成績や毎年ある学力テストみたいなものの結果はもちろんですが、アクティビティーへの参加というのも大学入学を左右する大きな要素となります。

それだからというわけではないのですが、ハイスクールにはいったらスポーツクラブにはいるんだといっていたきなこ。

今はテニスとサッカーのクラブに属しています。

これらのクラブは両方とも月水金のため、時間の前半をテニス、後半をサッカーに行っています。

火曜日と木曜日があいているため、この日にできるものを探しているそうです。

さらに、すでに属しているクラブの活動がなければ土曜日にHumane Society(アニマルシェルターのようなところ)でのボランティアをはじめるらしく。

とにかく自分を忙しくすることに一生懸命(笑)

Hunnyもよく言いますが、私もほんとうにproud of herです。
   29px5pc_20100906115848.jpg

そんなわけで最近はあまり平日は話しませんけれど、とくにこちらから元気かどうか確認をする電話などはしていません。

FacebookやFarmvilleにログオンした形跡で「ああ、今日も元気でいるなー」と確認できれば、私には十分(笑)

なにより、なにかあればすーぐに連絡してくる父親と一緒ですし。

「きなこの態度が悪い」「朝ごはんを食べていかない」「夜寝るのがおそい」とか、もうことあるごとに電話してきますので(苦笑)

そのたびに「そういうお年頃なんだからほっときなさいよ」といってますけれど、ほっとけないのですねー。

ただ、そんな前の夫がきなこの面倒を快く引き受けてみてくれているからこそ、私はこちらでなんの心配もなくFacebookで娘の無事を確認するようなのほほんな生活ができるわけで。

ホントに感謝してしきれないです。

なので電話がかかってきたら毎回一通りの愚痴はちゃーんと、聞いてます(笑)

Hunnyは「愚痴を聞いてくれる人をみつけろよ」といってますが、私はそれが私の役目であるとおもっております。
   DSC05603.jpg

この週末はレイバーデーウィークエンドで3連休のきなこ。 沖縄フェスティバルにいったりアップルストアにいったり宿題に追われたりしています。

私達の週末といえば・・・ 天気が悪かったこともあり家にこもってたので、金曜日の夜から数えると通算20時間ちょっと、ゲームに没頭しておりました(汗)

まぁ、いつものことですが・・・

ほんとに大バカだね、と思うのですが、救いはHunnyと私二人ともがこうなこと(って全然救いじゃなくてますます最悪 苦笑)

だけどこれがどちらか一人だけだったら、ちょっと関係に悪そうですよねぇ。

なんだかなーって思うんですが、どんなことであっても、一緒に出来るというものがあるということはほんとによいことだと思います。

話題もつきないですしね☆

こういう日は前もって「今週はゲーム三昧ね!!」と計画してることが多いので、ご飯もそれにあわせて計画したり(笑)

たいていの場合は朝ごはんは肉まん。 2分間チーン!ですみますし、片手で食べられるから。

昼もめんどくさいから買ったり簡単なものが多いですが、今週はChiko Roll ↓
   DSC05610.jpg

行楽地(?)の売店などで必ずこれを食べるHunny。 フードランドで冷凍のが売ってたので買って家で揚げてみました。
   DSC05600.jpg

4本いり。 

冷凍のままで揚げられますが、そうすると結構時間がかかっちゃうので、一晩解凍しておくのがGood。
   DSC05601.jpg

ちゃーんと袋もついてます♪


PCに座りつづけてこんなものたべて大丈夫??って感じですが、でも合間に芝も刈ればさくらの散歩もいくし、掃除もしますのでねー(いちおうね)

ジャンクフードも私たちの週末のお楽しみ、っていうことなんです♪


そうそう、私達のGame Buddyたちは当然のごとく若い子が多いですが、カレッジにいってたり働いていたりする人は全然自由ですけれど、まだ高校に行っているような子達は親に時間を制限されている子も多くて、それこそ親の目を盗んでやったりしています。 

しばらくみないなーと思うと1ヶ月後にひょっこり現れて「groundedだったよー」とか。

実際のことがわかりえないっていうところもあるんですけれど、時々は話をきいていると思うことがあるんですよ、「ちょっと、ご両親と話させてくれない?」って(笑)


なんとなく親が知らなさすぎる気がする時があるんです。 

子供のことというよりは、子供を取り巻く「新しいこと」について。

自分が育ったときにはなかったことが、今は一杯あるじゃないですか。

それを受け入れないのか、わかろうとしないのか、やっぱりわからないのか、試さないのか。

特に多いのは実際にはあったことのない人と子供がインターネット上で友達になり、話すことをいやがること。

もちろん、今までいろーんな事件がこのインターネット上の出会いがもとでおきてきてます。

でも、それは一部で、いいこと、楽しいことはたっくさんたっくさん、あるのに。

おそらく、子供が出会ったそういう人には自分も実際にあうことができないので、不安になるところもあるのでしょう。

それによって、そういう世界に自分の子供が関わることを、とっても危惧していやがっちゃう。

私の母も今思うとすごくそうだったと思うのですけれど、多くの場合親は子供がすることが見えないときに「不安」という材料から行動を制限することも多いように思います。

でもそうすると、とても説得力がない、という結果に陥ってしまう。

そして、子供は納得いかない。

自分のことを信じてくれない、って思ってます(いつの時代も変わることがないループ・・・)

親は子供自体を否定しているわけじゃないけど、子供はそう感じてしまうのですよね。

子供に良かれとしてそうするのは、ものすごーーーーくよくわかるんですが・・・

でもそれは本当に時代にそった、子供が望んでいることなんでしょうかね??って思うこともあります。

だけどそうする前に、ほんとに月並みな言い方ですけれど、その子供のすることを、もっとみてあげてからにしてはどうですか?って思います。

子供のすきなことに、興味をもつということです。

自分がやらなくてもいいから、どんな風に楽しいか子供に聞いてみるとか。 

私なら知りたいです。 そんなに楽しいものだったら自分も試したいし(それがこの結果 汗)

それに子供は興味をもってもらえてきっとうれしいと思います。

そしてもすこし子供の判断を信じてあげても・・・?って思います。


私、思うのですけれど、「年をとる」っていうことは、しわとか顔のたるみとか白髪とかメタボとか老眼とかそういったことではないと思います。

それは「柔軟性をうしなう」ということだと思います。

新しいことに興味をもたなくなったり、ついていけないからと試すことを最初からあきらめたりめんどくさがったり。

はたまた新しいことを「そんなもの」と受け入れなくなったり、「これはこうだ」と決めつけるようになったり。

これが一番の「老いの証」だと私は思います。


人は大人になったとき、親になったとき、自分がどういう立場にあることに責任を感じすぎだと思います。

自分は何歳だから、親だから、こういう立場だから、こういなくちゃいけない、とか。

だから妙なプライドも生まれてきてしまい、柔軟さをうしなっちゃう。

人に完成の形なんて、いったいあるのでしょうか?

何歳になっても知らないことがあったりできないことがあって、当たり前なんです。 

大人だから、親だからってえらくもなんともないし、長く生きてきたからって経験や知識が豊富だともかぎらない。

年齢なんてただの数字だし、親とか子とか女とか男とかは呼び名にすぎないし。

そうかんがえたら、子供を「育てる」なんて、おこがましいってちょっと思ったりします。

一緒に変化を受け入れて、成長しつづければいいんだと思います。

この子達の話をきいてると、なんかいつもそう思うのです。


この子達はいろんなことを考えながら毎日切磋琢磨して生きてるねー、って思います。

だからこの子達のご両親と話すような機会があったら、絶対に言いたいのです。

「いいお子さんをもってお幸せですね」って。


それでいいじゃないか、って思います。



ではまた☆
COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

05.09.2010, Sun

☆ 韓国料理 ☆

   IMG_0089.jpg

あー、もう日曜日の午後ですよ・・・ 明日からまた新しい週が始まりますね☆

といっても金曜日にエージェントから連絡があって、まだ私の次の仕事は月曜日には始まらないので明日もお休み(笑)

ま、いいですよね。 今のうち休んでおくことにいたします  仕事がはじまればまた毎日忙しくなっちゃうんだし。


昨日はすごい雨と風のなか1週間分の食べ物の買出しにいき、そのあとSalisburyまで韓国料理をたべにいってきましたよ☆

いつもローストポークやロースとダックを買うお店がParafieldの空港の裏あたりにあるのですが、その隣にあったのには全然きがつきませんでした(笑)

ATMがすぐ目の前にあるのでお金をおろすときなどに「お寿司の写真がはってあるなー」と思っていて、てっきりお寿司のテイクアウトのお店だと思っていました。

Hunnyの友達から「あそこに韓国料理を食べられるお店がある」ときいて、えーどこにあるのーっておもったんですが、「お寿司も売ってるんだ」ときいて、ああ! あそこか!と。

ためしにいってみて、というので行ってみましたのですが・・・・

オーストラリアにきて食べた韓国料理の中で(っていっても少ないですけれど)、一番おいしいと思いました。
   IMG_0088.jpg

육개장  ユッケジャン。

もー、うますぎーーー!!!
   IMG_0096.jpg

スープにコクがあって♪♪ 
   IMG_0093.jpg

김치찌게 キムチチゲ。 写真ではわかりにくいですが、ぐっつぐつです♪

もう、言葉はいらない、という感じですよ。
   IMG_0098.jpg

チヂミも頼んでみました。 個人的にはもう少しかりっとしていてもいいかな・・・っておもったんですが、でもおいしかったです。 

ソースがまたね~~ うまいのなんのって。

食べ切れなかったのでお持ち帰りしました☆

チヂミって簡単に作れるとききますが・・・ 絶対に作れるようになりたいもののひとつです!
   fujiyama.jpg
  
オーストラリアで行った韓国のお店は先もいったように少ないですけれど、私が今までいったところはナムルとかキムチの出てくる種類がとってもすくなかったです。

ハワイのチゲ屋さん(?)や焼肉屋さんは座るとそれはそれはたーーーっくさんの小皿が出てきました。 これらはオーダーするのではなく、オーダーした焼肉の肉とかチゲとかについてくるもの。

私が大好きで行っていた焼肉屋さんはうそではなく10種類以上出てきます。 普通のキムチからはじまって水キムチとかカクテキとか、辛いドレッシングのサラダとかあとナムルもいろいろ。 わかめスープも。 

おかわりもできますので、きなこはキムチとご飯をモリモリたべていたものでした。
   IMG_0097.jpg

飲み物はこれにしてみました。

マスカットと梨のジュース。 両方ともつぶつぶいり。

マスカットはマスカットの飴と同じ味のする、すんごい甘いジュースでした。

梨のジュースって初めてのんだのですけれど、想像とは違う味でした。
   IMG_0087.jpg

私はずっとこのお店がお寿司のテイクアウトのお店だと思っていたので、テーブルがあることにびっくり。

大きいテーブル2つと小さいテーブル1つだけですが、ちゃんと真ん中にグリルのついたテーブルがあり焼肉もできるのですよ。
   fujiyama2.jpg

値段もすごく安いです♪

今回頼んだ3品は全部10ドル。

私、Intenstine(腸)の辛いお鍋が大好きなんですが、それもあって$25だって!!

ハワイにソラボルというレストランがあり、前の夫ときなこの大好きなレストランでなにかあると必ずここに連れて行ってくれたのですが、ここのIntestineの鍋もほんっとにおいしく、でもたしか$40とかしたような。

焼肉も量はどれぐらいかはわかりませんが、カルビも$15だって!! びっくり。 タンもありますよ♪ 

次はこのお鍋か、焼肉か。

どうしますかねーーー。

なやんでおります。 

   IMG_0079.jpg
  
アデレードは金曜日、土曜日とひどい天気でした。 金曜日は雷に風雨、土曜日もものすごい雨と風で道端の木もたくさん倒れていました。

視界がとっても悪かったので食べにいくのをやめようかとおもいましたが、いってよかったです♪


   
場所はいつもいく、Catalina Streetのアジアンストアのすぐ近くです。

Salisbury Hwy沿いにFoodlandが入っている「Prafield Gardens Shopping Center」というところがあるのですが、そこにあります。

FUJIYAMAという名前のお店。

てっきり日本食かとおもってました。

お寿司も、トンカツも、から揚げも、てんぷらもありますよ。

一度お試しあれ。


よろしければかえりにお隣りのお店でローストダックやポークも、ためしてみてくださいね☆


写真を整理しているうちにお腹がすいてきたので、この辺で。


ではまた☆


COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

03.09.2010, Fri

☆ Chicken Schnitzel ☆ 

   DSC05595.jpg

昨日はChicken Schnitzelでしたよ☆

一昨日メンチをつくったとき、揚げる段階になってハタと気がついてしまいました。

あ、なんか同じようなものが2日つづいてしまう・・・・

いっつも1週間のメニューをきめて、それに必要なものだけを1週間に1度買うんですが、ここ最近もうなにを食べていいのかわからなくなってきました(苦笑)

なので前回買い物にいったとき2日分ぐらい決まらないまま買い物にいったこともあって、冷凍庫にのこってた牛挽肉でミンチを作ったわけなんですけれど。

幸いHunnyはあんまりこういうの気にしないので、よかったですけれどねーー。
   DSC05592.jpg

Schnitzelはいわば、カツのようなもの。 オーストラリアではとってもお馴染みです。

ビーフのものとか、揚げるだけになっているものがスーパーにもお肉屋さんにも売っております。

私は今まで、Schnitzelを自分で作ったことがありません 

だってね、この売っているもの、普通においしいんですよ。 変なできあいな味とかついてなくて。 だから。

一番最初にSchnitzelを食べたとき、あ、これチキンカツだー!って思いました。

オーストラリアに来たばかりの日本のものが少ないなーと思っていた頃だったので、ソースを買ってかけて食べられる!これでチキンカツ丼とか作れる!ってうれしくなってました。

「カツ」というイメージだったので、当然のことながら「白いご飯と一緒に食べられる!」って思ったのです。

だけど、Hunnyにいうと「Schnitzelはご飯とは一緒にたべないんだよ」と 

あんまりこだわらない人ではあるのですが、「これのときはこれ」という食べ合わせが彼の中できまっているところがあって、それ以外はやだ、っていう傾向があったりします 

なのでSchnitzelの時は必ず一緒に食べるのはチップス。

そしてこんな脂っこい食事のときには当然のことながら・・・・
   DSC05597.jpg

ソーダではないでしょうか~??

それ以外、考えられません(苦笑)


そういえばこういうペットボトルにはいったコーラを見ると、必ず思い出すことがあります。

それは5年前の19歳のとき(はいはい、ごめんなさい)、短大のプログラムでイギリスに1ヶ月だけホームステイした時のこと。

そのときがはじめての海外だったこともあり、それはそれはいろんな恐いこと、聞かされました(笑)

パスポートをしまうための、腹巻みたいな衣服の下に着用するポケットみたいの、ありましたよね? なんか白いメッシュの。 あれだって買ったんですから。

そのときムートンのコートがはやってたんですけれど「それを着ていったらお金もちと思われてしまう(狙われてしまう)」とオリエンテーションで言われてぞっとしたり。

いやーもう、海外になんて出たことのなかった私は、それこそひとつひとつを真剣に受け止めていたなんてもんではなかったです。

当然のごとく「水道のお水は絶対に飲んではだめだ」といわれました。

で、イギリスでなにを飲んでたかっていうと、コーラ。

何か質問されても目一杯がんばったところでYesかNoしかこたえられなかった私。 

「飲み物はなにがすきか」と聞かれてもこたえられるわけがなく、「コーラはすきか」と聞かれたとき「Yes」と。

実家では食事のときにはジュース類は飲んではいけないことになっていたのですが、そんなこと説明できるはずもなく(笑)

それ以来ホームステイ先では食事のときはコーラ、そしてのどが渇いたとき用にも、とコーラがいつも用意されていました。

だけど、そのコーラ、いつも冷えてないの。

寒い時期だったから??

コーラのボトルはグラスと一緒にいつもテーブルの上とかカウンターの上に「いつでものんでね」とおいてあって。

だから生ぬるーいコーラを、いつも飲んでいました。 シャワーのあととかも。

行ってた語学学校にはカフェテリアがあってそこでお昼を食べてましたが、そのときもソーダをのんでました。

海外ではそういうもの、っておもってたのかもしれません(笑)

スーパーなんかにも行ってたのに、自分で飲み物をなにかを買おうと思いつきもしなかった、あの頃。

なんか懐かしい~。

毎日のようにでるブリュッセルスプラウトも、お豆のトマトソースでにたようなやつも、苦手だったなー。


あの頃、学校も適当に行ってたりほんとになーんにもかんがえてなくて、お金はふって沸いてくるもの、って思っていました。

典型的なおバカちん(笑 って今でもそうか。)

イギリスが大好きで仕方なくて私の住むところはここしかないとか思っっちゃって「短大を卒業したら就職せず、イギリスに留学する」って思ってた。

だけど1ヶ月後、家に帰ったら父が入院してた。

私が出発する前からのどがおかしい、といっていたのですが、結局私がイギリスに行っている最中に癌がみつかって。

なので私はイギリスにいかないまま、就職したのでした。


でも人生っておもしろいですね。 

その頃まではまだ子供だったから、ほしいものはすべて、手にはいっていました。

だけどそういう風にいかないこともあるんだ、って思ったものです。

就職先は母が大好きだった「いい人と結婚できるのが間違えないだろう」入るのが難しい会社に2社もきまっていたのに、結局自分の夢をおったのでどうでもいいと思っていた会社に就職することになり(笑)

その会社はホテルだったので、ホテルで英語を勉強して海外にでるんだ、とおもってたら、結局本社に配属されて。

でも今思うとそのどうでもよかった会社に入ってなかったらここにはいないだろう、という。

大人になって大きな選択をする機会がたくさん出てくるからか、そのたびに自分を取り巻く大きな力の流れのようなものがあるのだ、とうっすらと思ってきました。

だけどやっぱり、自分の道は自分で切り開き、夢は自分の手でなにがなんでもつかんでいくものなんだと信じて疑わなかった(笑 若かった、ってことですかね)

一杯いろんなことが窮屈で抵抗した(笑) すごくわがままな、変な人だったと思う(あ、これも今もか。)


20歳ぐらいからほんとに常に下手なタップダンスをしてしまってるようなばったばたな人生ですけれど、あの時から思うとずいぶん遠くまできたものだ、と思います。

色々あったけれど、結局のところ、自分の思うように生きてこられたように思います。

今もし、ここで人生が終わっても、完結はしてなくても「ここまでは思う存分やったんだ」と思える気持ち。

悔いは一切、ありません。


でも終われないですけれどね、まだまだ!

コーラとか体に悪いものばかり取ってないで、長生きできるように健康に気をつけませんと。


とかいいながら今晩は金曜日恒例マクドナルドナイト。

はぁー 



ではまたね☆






COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

02.09.2010, Thu

☆ メンチカツ ☆

   DSC05584.jpg

昨晩はメンチカツをつくりました。

なにをかくそう、私、メンチカツが大好きなのであります 

肉好き、揚げ物好きの私にとってはこの上ないメニュー。

間違えなく白いご飯とともにがっつりといかれます。

今回でメンチをつくったのは3回目ですが、これも当たり前のようで長い間たべなかったもののひとつではないかと思います。

日本にいたころから大好物だったんですけれど、母は「揚げるのが大変だから」と覚えているかぎり家で作ることは一切ありませんでした。

家からちょっと離れたお肉屋さんでおいしーメンチを売っていたので、たまに母が思い出したようにそこにいって買ってきていました。

これは土曜日の昼に多く、学校から家に買えるとメンチとコロッケが買ってあったりして、キャベツの千切りと一緒にパンにはさんでよくたべたものでした 

学校をでてからはそういうこともなくなっちゃって、唯一食べるといえば新卒ではいった会社の社食でたまにでる、スコッチエッグ(←これも好き♪)
   DSC05588.jpg

でも、母のいうとおり、メンチって作るの結構大変、って思いました。

3回目でやっと、ちょっとましかな、っていうか。

中身にしっかり火を通そうとおもってると、いっつも真っ黒になっちゃうんですよ、衣が。 

その上肉自体がみえてきちゃって、肉も焦げるわ、肉汁はねるわで。

ネットでコツを調べたところ、重要なのは「肉をよく練る」ことだそうで。

本当は刻んだ野菜を入れる前によくねらなきゃいけなかったのに、間違えてキャベツとたまねぎをいれちゃってから練りましたが・・・ うん、うん、前は全然練りがたりなかった!

んでもって揚げやすいように、小さめに、そして薄くつくってみました。

今回はHunnyに揚げてもらったので前よりもずっときれいにあがりましたが、やっぱり「ゴールデン」で収まるわけにはいかず、2個は真っ黒になっちゃってお弁当分がありませんでした。

でもね、中身が全然ちがってた! やっぱり練りだったんだ!!

周りはカリッ、中はむっちり、ほんっとおいしかったです♪
   DSC05587.jpg

昨日はメンチと野菜のスープ。 Hunnyちゃんの好物です。 

ブロッコリーの芯とかくず野菜みたいなのが入ってます。


つーか今日は起きたら10時でした・・・

朝5時にちゃんとおきてHunnyに朝ごはんを作るところまではしました。 食べるのもしっかり見届けて(じゃないと食べない。)

でも疲れちゃって疲れちゃって、そのあとまた寝てしまいました・・・

昨晩も一昨晩も、8時にはすでに眠りについていたのですよー。 なのに。

月曜日の夜、私達のGame BuddyとのBoss Runがあって(←ごめんなさいね、わけわかんない話で)、私達二人平日にしてはいつもより夜更かししちゃったので、なんか火曜日も水曜日もつかれちゃったのです。

だけど、今日は寝すぎ。 頭いたいです。

そうそう、6月にエージェントが人を探せないからと1日だけ前働いてた会社のアフタヌーンシフトにいったことがあるんですが、そのときにチームリーダーから「よかったらこのまましばらくアフタヌーンに来てくれないか」といわれました。

Hunnyはデイシフト(朝のシフト)なので朝が早いし、私がアフタヌーンになっちゃうと完全にすれ違い生活になっちゃうのでできませんというと「ハズバンドはBig Boyなんだから一人でほっといても大丈夫よっ!」といわれました(笑)

いやー、そういうわけにも  

夫が起きるときに寝ているとか、なんかできません、私。

それが「夫だから」というわけでなく、きなこにも、絶対できない。

ハワイにいたころはHunnyと毎晩話していたから時差の関係で寝るのが遅くなっていたけれど、やっぱり5時半にはおきて朝ご飯をつくって、きなこを学校へ送って行ってました。

1度だけすごい疲れちゃった時、彼女が一人でおきてバスにのっていったこともありましたけれど。

自分で調整できないバカな私は、あるとき寝不足と、そのとき働いていた会社のTaxの締めで超忙しになったのが重なって、帯状疱疹になったことがありますよ(苦笑)

なんというか、それをするのが「えらい」とか「しなくてはいけいない」とか「自分の仕事である」とかいうのではなくて、なんかできないんですよ、「一人でおきてでかけてね」というのが。 

きなこに対しては・・・ なんだろう、ぜひともやってあげたい、というか(笑)

そして夫のHunnyには、やっぱりやりたいという気持ちと、そのほかに親として、お母さんの気持ちがわかるからというのがあります。

お母さんはほんとに4人の子供達のこと、とくに長男のHunnyのことは気にしていて、「やせているから食べ物はしっかり食べさせてほしい」と毎回言います。

太らせるために具体的に「寝る前にミロを飲ませて」と、でっかいミロを一缶くれたり(←やってない 苦笑 だってあんなに一杯たべても太れないんだもん。)

訪ねたときには必ずHunnyに「毎日何を食べてるのか」と聞いているみたいで(笑)、食べ物をどっさりくれるのもおそらくそのためのような気もしています。

Hunnyに対してはなんかこう、この人も人の子で(あれ?変な言い方)、この人を思っている人に申し訳ないという気持ちが強くあるように思います。

だって、やっぱり私もきなこが結婚したら、なによりもその夫には「きなこを大事におもってほしい」と思うし。



似たような感じで、たとえばいやなだなーと思う人がいても、この人も誰かの子供であったり、親であったり、兄弟姉妹であったりするんだ、って思うと、その人を「嫌いだ」と思えなくなります。

その人自体のことは「なにこいつっ!絶対嫌いっ!」て思っても、その回りの人のことをかんがえるとなんか悲しくなる(苦笑)

だってさ、たとえばきなこが誰かに嫌われたら、私やっぱりちょっと自分も傷つくと思うのです。 だから。

誰かになにか悪いことが起きたときも、同じこと。

道で交通事故とかみてしまうと心から無事を祈らずにはいられないし、なにか誰かにつらいことがあったときには「絶対大丈夫だからねっ」と心の中で信じて疑わずにはいられない。

こうして書くと、なんか私いい人みたいだけど(笑) そういうわけじゃなく。

どの人も、誰かにとってはとっても大切な人だから。

そういうこと。



ではまた☆



COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

01.09.2010, Wed

☆ Tim Tam ☆

   DSC05578.jpg

今日はどっこにもいかなくてよい日   一昨日から今日は絶対に一歩も外にでない、と決めておりました。

今日はお天気が悪く洗濯物はうちの中に干しているので、文字通り全然外にでておりません。 

そんなもんで朝からなにか焼きたいなーと思って、冷凍庫に長い間ねむっていたブルーベリーでマフィンを作りました。
   DSC05577.jpg

なんか、マフィン型からはずしたら、周りがボロボロに。 すんごいしっとりなんですけど・・・

でも冷ますために1時間ぐらい放置しておいたら、今度は回りが乾燥してしまいました 
   DSC05580.jpg

明らかにいれすぎなブルーベリー。

仕事に行かない日もやっぱり5時おきですので、今朝8時の時点ではすでに洗濯も干し終わり、ブルーベリーマフィンも焼きあがっておりましたよ 


そういえば、この前お買い物にいったときに見つけたのですが ↓
   DSC05532.jpg

これって前から売ってたの?

パッケージのきれいさもあってなんか買ってみたのですけれど。。。。

うまいっっっっ!! 

Tim Tamの中で一番うまいんじゃないか、って思います。
   DSC05565.jpg

パッケージを開けたとたんにチョコとラズベリーの香りがいっぱい♪

そうそう、オーストラリアにきてから感動したことのひとつに「パッケージの写真と中身が同じ」っていうことがあります。

このTim Tamもパッケージどおり、真ん中をきったら見事にクリームの真ん中にラズベリーのジャム(?)が。

そして中のラズベリーはやっぱり写真(なのか絵なのか)どおり、ほんとにとろーっとしてます。

すばらしすぎます。


オーストラリアでは日本のものはすくないんですけれど、日本にあったものと似たようなものがあることが多くて、みつけたときにはいちいち感激してしまいます。

たとえば、マクビティーのダイジェスティブとか。

日本にいたころダイジェスティブがすんごく好きだったので、母がハワイにくる時にもってきてもらったり、送る荷物に入れてもらったりしていました。

ビスケットだけとかチョコがかかったのとかありますが、一番好きだったのはビスケットの上にオレンジのジャムみたいのがのってて、その上からチョコをかけたもの。

あれ、もうないですよね。。。? ずいぶん昔から。 おそらく私が日本にいたころから、すでになかった気がします。

なのでもう何十年もダイジェスティブのチョコのかかっているやつで我慢してきて(苦笑)、何年か前からはあまり母も来なくなり荷物も送られてこなくなったのでしばらくご無沙汰していました。

で、こちらにきてダイジェスティブを見つけて喜んでまた食べ始めたんですが、マクビティーじゃなくてほかのブランドで、まったくダイジェスティブと似たような、ビスケットにオレンジのジャムがのっかってるのを発見しました。

でもおいしいかわからないので、まだ買っておりませんの。。。。


オレンジ味はすごく好きで、ジョアもオレンジが一番すきだったし(これもないよね、今)、リンツのオレンジのビッツがはいったチョコも大好きです。 

なのでこのラズベリーのTim Tamを食べたとき、オレンジ味がでたらなー・・・とか思ったりしたのです。

とっても明るい、オレンジのパッケージで販売してくれたらなーなどと(キャラメル味とパッケージがかぶるかしらん。)


個人的にはうれしいですし、私の中ではおそらくラズベリー味を越すものとなると思いますがいかがでしょうか☆


ではまた☆



COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。