This Archive- 2011年01月

--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

30.01.2011, Sun

☆ 夏日 ☆

   DSC06259.jpg

水曜日のオーストラリアデーから5連休だった今週末。

夜遅くまでおきて朝遅くまで寝て、とってもゆっくりできました♪

今日明日は40度を超える予報です。 

朝7時に起きたときに、外がすでにもわっとあつかったですし、昨日は夜通しエアコンをつけてました。

クリスマス前の涼しかった毎日からうってかわり、最近は夏らしく暑い日が続いています。

一番上の写真は水曜日か木曜日の空です。

   DSC06261.jpg

雲ひとつない、抜けるような空でした。

日差しはとっても強いのですけれどこの日は比較的風があってそれがとっても気持ちよかったです。

お母さんから未だに怒られますが(←しみが増えるから 笑)、私は湿気さえなければ暑い日に外にいるのがとっても好き。

腕がじりじり~~ってなったりするとたまらないです。

でも40度の日は、やっぱり暑すぎますね・・・

コンタクトレンズの保存液を買い忘れたのと、あと降圧剤もあとちょっとなのに忘れちゃったので薬局にいかなきゃいけないんですけど、めんどくさい・・・ 

朝早く行こうにも日曜日はお店が遅くならないと開かないので、明日にしようかなーと思います。。。。
   DSC06301.jpg

金曜日にCityに行ってきたのですが、Hunnyが「なんかカルビが食べたくなってきた♪」というので久々にカルビを買ってきました。

すでに味付けされてますが、1kg以上あったと思いますけれど、かるーくなくなりました(笑)

重さは骨の分も、ありますものね ^^;

いやー、でもうまかった~~~!

   DSC06285.jpg

キムチはいい~具合にすっぱくなっててちょうどよかったです。

モヤシのナムルも作って。
   DSC06288.jpg

韓国海苔もわすれずに~~♪
   DSC06303.jpg

レタスにカルビとキムチやナムル、きゅうりを巻いて食べるとほんっとおいしい♪

でもカルビは骨の周りの髄が、やっぱりおいしいですよね~~。

あー、おいしい焼肉がガンガン食べたくなってきた~~。

ハワイいきたいなー。



また明日から仕事だーー♪

なんだか今回は全然仕事に戻るのがOKな気分(笑)

なんだろう、一杯寝たからかな。

Hunnyの会社は4日の金曜日もお休み。 私の会社はぎりぎりまでいつもわからないのですが、もしかしたらお休みになるかも、です。

でも、どっちでもいいかなー。

なんだかいっぱい働きたい気分なので。

・・・ってこの気分、いつまでもつかしらん。



ではまた☆




スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

23.01.2011, Sun

☆ 贈り物 ☆

   DSC06242.jpg

週末はすぎるのがいつも早いですね・・・

やることが結構あったのですが、いつもながらに無計画なもので最後にばったばたしてしまいました。

今朝は9時半まで忙しかったので(笑 なんの用事だかねぇ)、そのあと朝ごはんを食べたらあっという間に10時半になってしまい、そのころには外はすっかり暑くなっていて、さくらとゆずのお散歩にいかれませんでした。

朝おきてPCの前に座ってると外に行こうと催促してくるさくら。

あんまりうるさいのでHunnyがダイニングテーブルの椅子を私の椅子の横にもってきてさくらをのせたところ、しばらくの間上の写真のように横で見つめられておりました・・・

ごめんなさいね・・・・ 水曜日からのお休みには、必ず公園につれてくからね。


今日はギフトを買いに、近くのMyerにいってきました。

すっかり椅子に乗ってるお尻に根っこがはえちゃってるHunnyを立ち上がらせるのが大変で、出かけたのは3時近くになっちゃいました(笑)

   DSC06245.jpg

買ったギフトは2つ。 1つは一緒に働いているTinaのお誕生日プレゼント。

誕生日は金曜日なんですが、水曜日から会社が連休にはいっちゃうので、その前に渡そうと思って。

彼女は洋服を買ったりするのがすごく好きなのですけれど、最近とってもゴージャスな感じのお財布をハンドルフで、シルクのトップをオンラインで買いました。

買ったものをみせてくれたのですが、どちらもとっても素敵☆

今お財布とおそろいのバッグをオーダーするところだそうで、「あとはお出かけする場所をさがさなきゃ♪」とウキウキな彼女。 

お誕生日の日にこれらを身につけてでかけたいな~、といっていたので、それにあう口紅とマニキュアをあげよう!と決めてました。

彼女にはシャネルがいい!と思い、Myerにいったのですが・・・

なかった @_@ シャネル。 あったのはパフュームだけ。

うちの近くのMyerだから? あるいはアデレードのMyerとかにはないのかな・・・?

David Jonesだったらあったの・・・?

ハワイにMyerとすごく似ているMacy’sっていうところがあったのですが、そこにはいろんなブランドがそろっていたので、全然疑わずに行ってしまいました(苦笑)

どうりで、ネットであらかじめ値段を調べようとおもってみてたら、見つからなかったわけだ・・・


エスティーローダーがあって、前ここの口紅を使っていたことがあったのでそれでもいいかなー、と思ってみたのですが、んー・・・・

お店の人が「クラランスから新しいのがでたわよ」というのでみていて、一度はクラランスの口紅をかったのですが、帰りにクラランスのボディーケア商品のスターターキットを発見!

ボディーローションやスクラブや洗顔など小さめのが色々はいってて試せるセットで、口紅よりちょっと高いぐらいだったので、口紅を返品してこちらにしました。

中をみて、私がほしくなっちゃったー(笑)
   DSC06250.jpg

もうひとつは義弟夫婦へのベイビーシャワーのギフト。

・・・っていうかベイビーシャワーは昨日だったんだけど(笑)

2週間前にテキストが、1週間前に招待状が届いたのですが、とにかく友達が多い義弟の奥さん(彼女も義妹になるの!?)

お誕生日には70人も招待していたので、今回は女性だけだけどきっとたくさんくるだろうな~~と思い、大人数が苦手な私はめんどくさくなって「ごめん、いけそうにない」とテキストで返事をしていたのです。

で今日ギフトを選んでいて、なんか特別ほしいものあるかなーと思いお店から電話したとき。

「ベイビーシャワーどうだった~?」って聞いたら「うん、まぁふつう。 うちの姉達とF(Hunnyの妹)だけだったからね」と。

えええええええええええええええええ!!!!!!????????

なんだよ・・・・ だったら行くんだった(汗)



今回なぜMyerにいったかというと・・・

先に書いた、ハワイにあるMacy’sというデパートとMyerはほんっとによく似ているので、きっとMacy’sにあるようなものがあるだろう、って単純におもってたからなんです。

今は良くわかんないんですけど、Macy’sの子供服売り場には小さい赤ちゃん用のコーナーもとっても充実していて、小さな靴やおそろいの帽子や肌着などがすでに箱にきれにはいったギフト用のものも、うってたのです。

きなこが生まれたときもそういったものをいただいたし、私も人にそういうものを贈っていたし、ブランドのものとかも売ってたりして贈り物には気が利いていたのです。

なのでそういうものがあるだろう、とやっぱり疑わずにいったのですが・・・ 私がいったMyerにはありませんでした(汗)

だめだー、ほんと、これからもっとちゃんと色んなところ、みなくっちゃ。

いざというとき、ほしいものが買えないですものね。

Tinaへのプレゼントは私も気に入ってるけど、ベイビーシャワー用のものは、ちょっと不完全燃焼。

ラッピングももっとちゃんとしたかったんですけれど(涙)


ところでずいぶん前に「生まれてくる赤ちゃんは女の子だって!」と連絡があって、それ以来「女の子」というのが前提になってるのですが・・・

きなこは「男の子」といわれていて女の子だったので、ピンクのものかっちゃったけど大丈夫かしら。

Hunnyは「大丈夫だよっ! きなこのときから14年もたってて技術は進んでるからっ。 男だったら誰かにあげればいいんだし」(←早く家に帰りたい人)とかいうのですが・・・

使えなかったら意味ないよねぇ・・・

   DSC06253.jpg

26日のオーストラリアデー用に、オーストラリアの国旗のついたシャツとかエプロンとか水着とかタオルとか、色々売っています。

一度こういうものを買ってみたいと思い、ターゲットでクーラーバッグをかってみました。

でもすごく気に入ってる~~(笑)

   DSC06257.jpg

連休にはいったらこのバッグに冷たいものをいれて、公園にいこうね♪


チャイニーズニューイヤーも近く、お年玉と実家に持っていくギフトがまたある(涙)

2月の終わりには3ヶ月に一回の水道・電気代の請求もくるし、お金はいつもくるくると回っていくだけでなかなかとどまってくれませぬな・・・ 


でもいっか。 

なんにしても「払えるだけのお金はなんとか入ってきている」ってことですもんね!

ありがたや、ありがたや。




ではまた☆




COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

22.01.2011, Sat

☆ ラブリー姉妹ちゃん ☆

   DSC06226.jpg

Hunnyが同僚のバースデーパーティーに出かけたので、今晩は私一人でお留守番   

こういうことでもないと一人になる時間てほんとないので、なんかうれしい 

音楽聴いたりして、ゆ~っくりしております。


クリスマス前にうちにやってきたゆずは、日に日に大きくなっております。

今、14週ぐらいでしょうか。

きたばかりのときはリビングルームに行かないように取り付けてある柵(→)の間をすり抜けて気がつくと向こう側にいたのに、今は鼻しか入らなくなってしまいました。

まださくらに比べれば小さいですが、色が似ているので夜中にトイレに起きたときなど、超ド近眼の私はどちらがどちらかわからないぐらい。

私達が仕事に行っている日中は外にいることが多いのか家の中でおしっこしちゃった~ってこともほとんどないですし、夜中もほとんどおきません。

ものすごいハイパーで一人でダッシュしたりびっくりすることもありますが(笑)、全体的には手がかからず頭のよい子犬です。
   DSC06227.jpg

私達が家にいるときは定期的に外におトイレに連れて行くのですが、ちゃんとできたらTreatsがもらえます。

さくらも「サポーター」として一緒にもらうのですが(笑)上の写真はそれを食べているところ。 

二人でカリカリと音を立ててたべて、ほんっとかわいいのです 

ゆずはもうちゃんとお座りも、できるんですよ。

今は「お手」を教えています。

なんでもさくらのまねをするので、さくらがいるおかげでいろんなことがすんごく楽です。


とっても似ているので本当の姉妹のようですが、でも実際は全然ちがうのですものね。

ふと思ったのですが、ある日突然「今日からこの子が家族になります」と誰かが連れてこられたら、やっぱり戸惑いますよねぇ。。。

さくらはどう思ったのかなーと時々思います。

でも気づけば二人で裏庭に出ているので、きっと今はゆずの入る生活にもなれてきてくれただろうと思っています。

   DSC06201.jpg

ゆずはまだまだ毎日ハイパーではあるのですが、うちにきたばかりの時みたいに常にさくらにくっついている、ということが少なくなって、一人で寝たり一人で遊んだりすることも多くなりました。

いないなーと思うと、たいていきなこのベッドの下でねています(ううっ、なんかキルトを上にひっぱりすぎですね・・・)

いつも足がちょこっとだけとか、頭がちらっと見えてるので、すぐみつかります。

   DSC06236.jpg

話は変わって、今日は久しぶりにビビンバをつくりましたよ☆

本当は来週の連休にはいったら作ろうかな~と思っていたのですが、最近おコメを食べていなかったので今日食べたくなっちゃって。

ナムルは5種類つくりました。  

もやしと、チョイサムと、人参と、しいたけと、なす。

あと大根と人参の酢の物と、刻んだきゅうり。 きゅうりはナムルにしないでそのまま細くきってのせています。

あとはお肉と目玉焼き。 いつもなんですが、あまりにナムルの材料に気をとられてしまい、お肉の存在をすっかりわすれてしまいます。

今回も肉を買うのをわすれちゃったので、冷凍してあった薄切りのポークを使いました。 

うーん、美味、美味   

日本にいたころ豆もやしのナムルがすんごいすきで、デパ地下で母によく買ってもらってました。

今日つくったナムルでは、なすがWinnerだったなー。

なすのナムルはむかーし、ハワイでESLのクラスメートだった韓国の子のお母さんが作ってくれたのをたべたとき、えらく感動しました。

チャプチェも、そのお母さんが作ったのが今までたべたののなかで一番かも。

なかなかあの味にはちかづけません(ってあたりまえか。)
   DSC06237.jpg

暗いしボケてるなんだかよくわからない写真ですが・・・ ビビンバを混ぜたところ(汗)

あんまりにおいしくて、なんか混ぜた見た目がお店のものと同じだったので撮ってみました(←ばかー)

ビビンバってナムルさえあれば簡単なんでしょうけど、わざわざ何種類ものをナムルを作るとなると結構時間がかかります。

どれも味付けはほぼ一緒だけど、きったり茹でたり炒めたりがあるし。

私の場合はもー手際悪いったらないので、作り終わるまでに2時間かかります。

だから週末とか、仕事してないときじゃないとつくれないのです。

でもね、金欠のときにはもってこいのメニューですよ!(笑)

なんつったってほとんどが野菜だから。

なすとかはちょっと高いけど、もやしは75セントとかだし、チョイサムは1ドルとかだし。 人参ときゅうりとかはいつも家にあるし。

肉は残ってるひき肉でもなんでも、ほんのちょっとでOKなので。

コチュジャンとごま油が常備されていれば、あとは手持ちの野菜と肉で完璧。

うちは味噌はないけどコチュジャンはいつも冷蔵庫にあります。

Hunnyは辛いものがすきなのでスープにいれたり、とっても便利なんですよー。

   DSC06233.jpg

おやつはこれにしました。

アジアンストアにいくとやっぱり買ってしまう。

でも今日のはちょっともちもち感がすくなかった。

もうすぐチャイニーズニューイヤーなのでまたHunnyの実家に行きますが、その時あればいいけど・・・



あー、明日は早起き。  そうです、いつもの「経験値2倍イベント」。

この時期はPSTとこちらの時間の差が5時間半しかないので楽なのですけれどね・・・

Hunnyちゃんは今新しいキャラに夢中で来週の5連休、寝ないらしいです(笑)

私は1日を除いて、ちゃんと寝る。

ちゃんと寝ないと太るしね。





ではまた☆




COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

21.01.2011, Fri

☆ 予感♪ ☆

   DSC04564.jpg

早いもので、もう金曜日☆

毎週金曜日恒例の買出しも済んで、ゆっくりしているところです♪


今週はとっても早く過ぎるだろうという予感がしていました☆

というのも、月曜日からあまり日にちの感覚がなかったのです。

なんか「あれ?今日って何曜日だった?」みたいな。

こういうときって、「あーーー、まだ○曜日だよー」とか考えないで淡々と仕事にいけるので、意識しない間に「あれ?もう金曜日?」とかになってたりしますよねー。 

今日も「あー!今日ってもう金曜日なんだったっけ!」って何度も思いながら仕事していました。


来週は26日のオーストラリアデーからそのあと日曜日まで5連休  

1日は無駄に使って(夜ずっと起きて昼すぎまで寝る!)

1日はCityに髪の毛きりに行って、買い物して。

1日は歯医者があるから出かけついでに義弟の家に寄ったりベトナミーズロールを買いに行ったり、あちこち用事をすませて。

あとはさくらとゆずとも遊びたいし、ホリデー中にやらなかったキャビネットの掃除もしたいし。

ゆっくり音楽もききたいし、お庭もやりたいし。

5日なんてすぐおわっちゃうだろうな・・・・
   DSC04565.jpg

こういう「今週はきっと早く過ぎる」みたいな小さなものから、もっと大きなものまで、意外とある種の『予感』みたいなものって、誰もが感じ経験していると思います。

日常生活の中でちょっと心当たりは、あったりしませんか?

私は結構あるのですよ。

もしかしたら『予感』は「願望」の一種で、そのまま「心構え」みたいになって、その結果「こうなると思った」ということを引き起こしていくのかもしれませんけれど・・・

でも本当にふと、なんの理由も根拠もなく、降って沸いたように頭に浮かぶアイディアみたいなものは、計画とか希望とかとはまったく別だと感じるのです。

もちろん「予知」とか「未来がわかる」とかそんな大げさなものじゃないのですけれど、でも思い返してみると不思議だなーってこと、いくつかあるのです。

   DSC04595.jpg

オーストラリアに住むことも、前から「ここにくるだろう」という『予感』がありました。


たしか2004年のことだったと思いますけれど、初めてオーストラリアを訪れました。

その時転職するときだったのでこんなときしか長く休みが取れないだろうと、次の仕事が始まるまでの1ヶ月間、きなこをつれて住んでいたハワイから日本に帰国したことがありました。

帰国中にたまたま一人59800円のオーストラリア5泊のパッケージツアーが新聞に出たのですぐに申し込み、母ときなこと3人でシドニーにきたのでした。


私はあるときから「ハワイから出たい」とかんがえてました。

「ずっと住んでいくのはハワイじゃないな」っていう気持ちが漠然とあったからです。

それではどこにいくかと考えたとき、ビザという現実的な問題があるので、永住権を持っているアメリカ国内でとかんがえて、おそらくニューヨークかな・・・とか漠然と思っていました。

でも本当は別の国にすみたくて、イギリスか香港に住みたいと思っていたのですけれど、オーストラリアはまったく頭の中にはありませんでした。

なので2004年の旅も、たまたま「安いから」オーストラリアのパッケージを買ったのであって、別にそれを探していたのでもありませんでした。


かくしてシドニーを訪れたのですが、街中を歩いているときふと「きっと近い未来ここに戻ってくることになるだろう」と思いました。

今回ここにきたのはここに住むための、ステップのひとつである、と。

「ここに住みたいな~」とか「いつかきっと住んでみたい!」という気持ちから「また戻ってくる」と決心した、というのとは違って。

本当に降ってわいたような、突然思いついたような、そんな感覚だったのです。

先にも書きましたようにオーストラリアはかんがえてもいなかった場所だったので「え~!マジで!?」とも思いました。

知り合いもいないし、なんのツテもないのに。

もしかしたら仕事関係で転勤みたいなふうになるのかな?とかちらっとかんがえてました。

Hunnyと知り合ったのはのちの2006年のことでしたが、アデレードに住んでいると聞いたとき、あれどこだったっけ、とググってオーストラリアと出てきたときには、すごく驚いたものでした。

しばらく目が点になって「オーストラリア」の文字をみつめてました(笑)

結果としてシドニーにはすんでいませんが、2007年にHunnyと初めて会ったのもシドニーですし、ハワイからの中継地点ですし、きなこも大好きですし、いつか絶対住みたい場所もシドニーなのです。

   DSC04596.jpg

一緒に働いているTinaとも「ものすごく仲良くなる」ということ、前からこれも『予感』があったのですよ。

私は今働いている会社で去年も9月から12月まで働いていました。

去年は仕事内容が全然違っていたこともありあまり彼女との接点もなかったのですけれど、なぜか一緒に笑いあっているイメージというか、映像みたいのが頭の中に浮かんでいました。

しかしながら、私がその時もっていた彼女の印象は「イジワルっぽい」だったので、仲良くなるなんてそれこそ地球最後の日、みたいに思ってました(苦笑)

で12月で仕事が終わったので、いったいあのイメージはなんだったんだろう?と思っていたのですが、印象とはちがうどこかに彼女と私の間に似ている部分をみつけていたので、そのせいかな~なんて思っていました。

でも今年の9月からまた同じ会社で働くことになり、結果持っていたイメージどおりに、今は毎日一緒に笑ってすごしているのですよ。

結構時間がかかったけど、今となってはとってもそれが自然。

不思議だなー、ってつくづく思います。
   DSC04566.jpg

なんというか、こういう『予感』みたいなのがあってから実際に「そうなった」っていうその結果って、とっても自然だったりするのです。

あー、こういうことだったのか、と妙に納得するような。

「偶然はなく、すべては必然である」というのも、こういうことなんだろうな、っていうか。

いろんなことがそうなるために起こって、意識せずともそちらの方面に向かって歩いていって、そうなるタイミングにすとんとそこに自然におちつく。

そんな感じ。
   6-26.jpg

でもね、その感覚、とってもすきなのです。

色んなことをきちんと計画してそこに向かっていってゴールを達成するのも、またよいでしょう。

でも私はそれよりも、心地よい流れに身をゆだねて、ある日突然起こることに驚きながらもそれを受け入れていくほうがすきです☆

ハワイにいたころ、「50歳になったらニューヨークに引っ越す」と変なメドをたてたりしたのですが(苦笑)、やろうと思えばそこから逆算してお金をためたりツテを探したりして、それを実現することもできたと思います。

で、その通りになったらそれなりの達成感って、あったと思います。

でも、そういうのなんかつまんない気がする(笑)

未来があらかじめ見えちゃってるみたいで。

それに、あまりに目標に固執するばかりに、柔軟じゃなくなっちゃう気がする。 


私は「計画」とはまったく無縁で、いつも都度自分のフィーリングに正直になるように心がけて選択しています。

でもその日暮らしというのでもなくて、いつもゴールみたいのはちゃんとあって、それを一度もったら天に任せちゃっ「その必要があれば、そのタイミングに、そうなるのだ」と信じて疑いません。

それは明日くるかもしれないし、20年後かもしれない。

思ってた方向とはちがった方へ向かったとしても、それはそれって思うのです。

そのほうが楽しいし。

そしてやっぱり自然だと思うからです。


なんかうまくいえないんですけれど、がんばる必要ってどこにもないって思うんですよ。

がんばることが楽しければそれはそれでいいのですが、つらいなーと思いながらなにかに向かっていく必要はこれっぽっちもない、と。


もっともっと気持ちに正直になって楽にして、ふと浮かんでくる『予感』にワクワクした気持ちをもって、いつか起こるかもしれないそれを楽しみに毎日を送っていってもいいのだと思います。



最近持ってる『予感』は、ちょっと前にも書いたけど「今年は地盤を固める年」っていうこと。

無駄遣いをしないで、地味~~に毎日をコツコツと生きていけば来年から少しずつ開けてくる・・・とまたまた根拠もないアイディアをもってるのですが(笑)

イベント好きなHunnyちゃんがバレンタインズデーのディナーにいきたいといったのですが、やっぱりなんか「無駄遣い」に思えて、やめました。


来年から。 とにかくいろんなことは来年からね。


・・・つーか、つまるところはただのケチなのかも(苦笑)



ではまた☆

Have a nice weekend♪



※写真はきなこがきたときにいった、ボーリングです♪


COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

16.01.2011, Sun

☆ 人との関係 ☆

   DSC04337aa.jpg

なんかこの週末は時間がたーっぷりあるように思えます。

金曜日も追われるように忙しかったのでほんっとに疲れました 

先週の金曜日に火曜日までの仕事のリストがでたのですが、月曜日はちょっとオーダーが落ち着くけど火曜日にはまたgoing upになります。。。。

今年は地盤を固める年(って勝手に思ってるだけですが。。。)

とにかく地味~~にコツコツと、目の前にあることとをひとつひとつきちんとやっていかなきゃ。

なのでまだまだがんばりまする。

出かけたくなかったのですが、化粧品がなくなるので仕方なくショッピングセンターへいってきました。

で、これまたまだ買ってなかった今年のカレンダーも買ってきました。

カレンダーは70%オフでしたよ~♪  1月も半分すぎちゃったけど、でもやっぱり待っちゃう。 いつも年が明けると安くなりますもんね。

だってさ、カレンダーを2つ買って15ドル90セントだったんですけど、セールじゃなかったらさ・・・ 今レシートみたら普通の値段でかうと53ドルだった @_@ たっけー!

ほかのお店もまだセールいっぱいやってましたよ♪ 
   DSC04397.jpg

私の働いている会社はカジュアル(正社員じゃない人)は一人で働けないことになってて必ず正社員の人と一緒に組んで仕事をするのですが、私はTinaという女性と二人でいつも仕事をしています。

Tinaは私より4つ年下なんですが、年も近いし、身長・体重もほとんど同じ(←関係ないけど 笑)

すごく忙しいときは話す暇もないのですが、たいていの時は最近かった洋服の話から夜のおかず、ダイエット、愚痴、とにかくいろんな話をしながら仕事をしています。

この前Tinaから彼女のある女友達の話をきいて、ちょっとその話とはちがったのですけれど、その話から急に思い出したことがありました。

それは以前私が友達だった子の話。

今日いつもの私の「ひとりごと」ですので、どうぞよろしくお付き合いのほど(笑)

   DSC04382.jpg

もうかれこれ15年以上前になりますけれど、私がハワイで学生だったときのこと(私、最初の2年ぐらいは学生だったのです。)

私はとあるビジネスカレッジにいっていたのですが、そこに通っていたある同じ年の日本の女の子と仲良くしていた時期がありました。

一時期はレンタカーを借りて遠くまで買い物にいったり、ご飯を一緒につくったり、よく一緒に行動していました。

名前を○子ちゃんとしますが、その○子ちゃんはアメリカ本土出身の彼がいて、彼と一緒に住んでいました。

すんでたアパートは2ベッドルームで、男性のルームメイトがいました。


ある晩、夜中の1時を過ぎた時間に、電話がなりました。

電話をとると○子ちゃんでした。

「くんちゃん、ごめんね、こんな遅くに」といった○子ちゃんの声は震えていました。

なにがあったかというと、何分か前に○子ちゃんと彼の部屋に引いてある電話に、電話がかかってきたそうです。

男の人の声で「ずっと君のこと、すきだったんだけど・・・ 今、そっちいっていいかな。 いま、そっちいっていい??」という内容だったとのこと。

なんでそれがそんなに恐かったかというと、○子ちゃんはとっさにそれがルームメイトからだと思ったからなのです。

というもの、前に○子ちゃんの彼氏ががふざけて、ルームメイトの部屋の電話(電話番号がちがいます)から○子ちゃんにいたずら電話をかけたことがあったらしいのですが、そのときの後ろに聞こえたノイズ(? 音?)とその晩の電話で聞こえたノイズが同じだったらしいのです。

その晩、彼氏は友達と出かけていて家におらず、○子ちゃんはルームメイトとふたりっきりだったわけなのですが、本当に恐がっているという様子が声からわかりました。

携帯なんて、誰ももってない時の話。 彼氏に連絡なんてつきません。

今からうちにきていいよ、といったら「部屋からでてつかまるかもしれないのが恐い」ということで、○子ちゃんは私に来てほしい、といいました。

うちから○子ちゃんの家までは徒歩で10分。 だけど、その道筋は恐めのアパートもあったり、ちょっとあぶなっかしい場所。

昼でもなんかやなのに、時間は深夜。

私は短距離だけれど、タクシーにのって急いで彼女のアパートまで行きました。

で、彼女の部屋でその電話について色々話しながら待つこと1時間ほどでしょうか。

○子ちゃんの彼が帰ってきました。

もちろんなんにも知らない彼は超ご機嫌で帰ってきました。

○子ちゃんが興奮してなにが起こったかを話すと、彼は「おー、かわいそうに」と彼女を抱きしめました。
   DSC04964.jpg

もしかしたら、私がそこにいたから、そうされたことが恥ずかしかったのかもしれません。

○子ちゃんは一瞬置いてから彼を思いっきり両手で押して「全然わかってない! 私、ほんとにこわかったんだから! 私は今晩はくんちゃんの家に泊まる!」と怒って言いました。

ぽかーんとする彼。

その後どうしたのかはわすれちゃったのですが、しばらくしてから私は帰ることにし、ホントにもうしわけないんだけど彼と二人で途中まで送ってくれないかと頼みました。

彼はすごいいやがってたんですけど(笑 よっぱらってたし)、結局○子ちゃんが自転車でくるのでついてくることになり、短い道のりだったけど3人でその電話の話をしながら帰りました。

絶対ルームメイトだ、という○子ちゃんと、それはありえないという彼氏。

彼に「そう思わないか」と聞かれても私にはわからないし、私はとりあえずあれだけ恐がっていた○子ちゃんの方に賛成するような形でいました。


翌日、とっても疲れた表情で昼近くに学校に遅れて現れた、○子ちゃん。

教室に入ってくるなり「はーっ」という大きなため息をついて、席に着きました。

気になったし、お昼の時間にその後どうしたかを聞いてみました。

その朝彼氏がルームメイトに直接電話したかどうかをきいたらしく、ルームメイトは電話なんかしてないといった(←万が一してたとしてもしたとはいいませんよねぇ。。。)

やはり○子ちゃんは腑に落ちずにいると、ルームメイトが「だったら電話会社でログを調べてもらおう」とかいう話になったらしいのです。

でもルームメイトは電話会社に勤める友人がいるので操作できるのではないかと思う、と○子ちゃんはやっぱりルームメイトを疑い、なにをしても意味ないというような感じでした。

しかしながら、とーっても遠慮がちにこれらのことを話す○子ちゃん。 私は最初「ん?」と思ってました。

今思うとその時点で気づけよ、って思うぐらい、バカな私(笑)
   DSC04400.jpg

それでその日だったか、後日だったかはよく覚えてないのですが、○子ちゃんに電話したときのこと。

これまた話してた内容はよく覚えてないのですが、突然彼が電話にでてきて、私にこういいました。

「ヘイ、今回の件でいったい○子になにを言ったんだ? ○子は今までオレにあんな態度(あの晩に怒ったこととかだと思う)をとったことはないんだ。 お前がなんかふきこんだんだろう! もう○子にかかわるなっ!」


で、どうなったかというと。

その後、○子ちゃんに学校で話かけてもなんかよそよそしくなり、そのまま私達の仲はフェードアウトになりました。


本当の理由はわかりませんし、もしかしたら私がなにか悪いことをしたのかもしれませんけれど、私はきっと○子ちゃんは彼のいうことをきいたんだな、とそのとき思いました。

あの電話事件の翌日によそよそしかった彼女の態度から、なにか察すればよかったのですけれどね。

でもさ、私もまだまだ若かったから、一生懸命になってたわけですよね(笑)

今となっては笑い話ですけど、当時は「あの時彼が帰ってきた時点で『じゃ』ってさっさと帰ればよかったのかなー」とか、色々思ったりもしたものです。


Tinaにその話をしたとき「ある、あるよ、それ! 時々親身になって相談にのってあげたりするんだけど、結局は男のほうの言うことをきいて、女友達との友情をたつんだよね!」と言いました(笑)
  DSC05008.jpg

今はほとんど深く人と付き合うこともありませんし、それが故にあまりトラブルについて相談されることもないですけれど、なにか相談されたとき、その立ち入る「度合い」というのはむずかしいですよね。

特に男女の問題になると。

昨日はさんざん大変だったのに、今日には何事もなかったようになってるときも、たくさんありますし。

いったいあの大騒ぎはなんだったのーー??って感じで(笑)

夫婦喧嘩は犬も食わない、といいますけれど、まさにこのことなのかもしれませんね。

夫婦という中でなくても男女の関係の中には、まわりの人にはまったく予測できないことがたっくさんあるのだと思ったりしています。


前述のTinaはとっても人がいいので相談されることが多く、なにか相談されればそれはそれは親身になる人。

なのでよく「あれだけ一緒にいて色々助けようとしたのに、そのお返しがこれだもんね」というような話をして二人で「ま、こんなもんだよだねー」と大笑いすることも、少なくありません(笑)

人のトラブルに巻き込まれるとかの時、それは「自分」が選んで巻き込まれたんであって、巻き込んだ人のせいではないですものね。

そうはわかっていてもついつい巻き込まれていく自分がおかしくなっちゃう、って感じなんで、笑うしかないというか(笑)



疎遠になる人もいれば、新しく近くなる人もいる。

長く一緒にいる人もいれば、短い期間だけの人もいる。

人の関係っておもしろいなーって、いつも思ったりします。


私は基本的には、人が近くなろうと遠くなろうと、あまり人にどっぷりと甘えたり入り込んだりすることを好みません。

人に変な期待をしてしまう自分がきらいですし、また人の期待に応えようとしてがんばってしまう自分もきらいだからです。

それにもともと私の男関係(?? 変な言い方 苦笑)についてはなにかあってもその渦中で人に訴えたりすることは、ありません。

「こんなこと犬も食わないだろう」と思う私が、いつもいるからです(笑)


また疎遠になる人は、よっぽど大切な人は別ですけれど、執着はしません。

人って「波長」で引き寄せあったり離れたりする、ってよくききますけど、ほんとにそのとおりだと思うからです。


あった人の「縁」は大切にし、そのときそのときには誠意を尽くして接すればいいかなーと。

結果、わかってくれる人はわかってくれるし、わからない人にはわからない。


むかーし、前の夫がこんなことを言っていました。

人がよくいう『友達』っていうのは正確にはCompany(仲間)である 
CompanyとFriendは違う
本当の意味での『友達』っていうのは、本来簡単にできるものじゃない
とくに大人になればなおさらだ



人と人の関係をかんがえるとき、よくこの言葉を思い出します。

 
今のところ、私にとってTinaは一番のCompany。

彼女のおかげで毎日仕事がたのしいです♪





ではまた☆





COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

13.01.2011, Thu

☆ Almost There... ☆

    DSC05982.jpg

いや~~~!! 

今日ほど「どうしてこんなに時間が過ぎるのが早いの!!??」って職場で思ったことはありません(苦笑)

火曜日が仕事始めで今日3日目。 

初日はホリデー明けで疲れるかなーなんて思ったけど意外にもそうではなく、逆に昨日がとっても疲れたのですが・・・

今日は疲れるもなにも 

もんのすごい忙しさで、特に8時30分から12時近くまでは、トイレにいく時間さえおしいほどでした。

明日も引き続き忙しいですが、でもいいや。

明日金曜日だし!

あんなにホリデーが終わるのがさみしかったんですけど・・・
 
仕事が始まったら始まったですっかりホリデーのことは忘れてしまいました(苦笑)

もう完全に普通モードです。

仕事に戻るにあたり、ちょっと心配だったのは、犬達のこと。

さくらはゆずと二人になったらどうするのかなーとか、ゆずは私達と長い時間はなれるのが初めてだから、大丈夫かな~~と思ってましたが・・・

心配する必要、なかったです。

おトイレのトレーニングは終わってないので、家に帰ったらさぞかし床掃除が大変だろうな~と思っていましたが、これも意外と大丈夫でした。

今日は1日雨だったので外に出られなかったのでしょう、たくさんお掃除がありましたが(汗)、昨日一昨日は1箇所ずつしかみつけませんでした。

その代わり、庭にはいくつかの穴が開いてました(掘るのがすごくすき。)

   DSC06181.jpg

ゆずがきて4週間ぐらいがたちますけれど、さくらはやっぱりゆずのハイパーについていけない感じ。

あんまりしつこくなってくると私の椅子の上に避難してきます。

上に上れば「届かないでしょー」ぐらいの感じでゆずを見下ろしていますが・・・

   DSC06175.jpg

やっぱりアタックを受けて、とっても迷惑そうにしています。

かんがえてみるとさくらは小さいとき、Playfulではあったけれどとっても慎重派さんだった気がします。

小さいころから今も、ソファーには絶対に自分でジャンプして上ろうとはしないし、自分で降りることもほとんどしません。

でもさくらはお構いなしなので、高いところからもどんどんジャンプしちゃって、恐いぐらいです(笑)
   DSC06205.jpg

さくらはうごいてないとすぐにゆずの攻撃にあうので、寝たいときなどはやっぱり椅子にあがってきます。

最初は私のお尻と背もたれの間に、自分の体の幅だけのスペースで寝ていますが・・・

だんだんとモゾモゾと動き、知らない間にそのスペースが広がります。
   DSC06207.jpg

最終的には私がお尻を乗せるスペースは、椅子の半分しかなくなっちゃいます。


でも、最初はゆずは四六時中「さくら、さくら」でさくらにべったりだったのですが、さくらのかわらない態度のせいか(?)、最近は一人で遊ぶことも多くなりました。
   DSC06167.jpg

カンガルーの骨はさくらも小さいころから大好きですが、ゆずも大すきです。
   DSC06168.jpg

ほかに豚の足や豚の耳もよくあげるのですが、この前鳥の足を買ってあげてみたらコリコリと気に入ってたべていたので、最近は鳥の足が多いです。

   DSC06174.jpg

理由はわかりませんが、こういうのをカミカミするときは、ゆずはぬいぐるみの上にのっかったりすることが多いです。


26日の水曜日がたしかオーストラリアデーという祭日かと思いますが、Hunnyの会社は26日から日曜日までずーっとお休みです。

私の働いている会社もおんなじような会社なので本来なら同じ日数がお休みになるはずなのですが・・・

今日もわんさかストックが届き、これからしばらくどれぐらいぎりぎりまでわからないそう(涙)

今の段階ではおそらく、暦どおりのお仕事になるみたいで。


すっかり普通モードにもどったとかいいつつ、その5連休をちょっと楽しみにしていたのですけれどね・・・

つーか、ホリデー中にやろうとかおもってたことをほとんどやらなかったので、そのときにやろうかなーとかおもったりして。

でも3週間ちょっとも休みがあってやらなかったんですから、5日ぐらいでできるわけないですな。



ではまた☆





COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

10.01.2011, Mon

☆ エゴマ油 ☆

   DSC06213.jpg

今日は暑かったし、忙しかった~  ←汗

Hunnyは今日から仕事に戻り、私は今日がホリデー最終日でした。

お休みだけど5時には起きて朝ごはんの支度したり、Hunnyの職場に送っていったり。

ゆずのワクチンの注射があったり、延ばしに延ばしてた郵便物を送りに行ったり。

ゆずだけでかけたので不機嫌になっちゃってるさくらがかわいそうで、暑い中お散歩いったり(行儀のなってない2匹を同時につれていくのは結構大変。)

Vetには2回いかなくちゃいけなかったし、ゆずと一緒だと帰りにどこかよる、というわけにもいかないので、出たり入ったりしてました。


食事もちょっといろいろ作ろうとか思ったりもしたんですが、なにしろ時間もあまりなかった上アジアンストアに行かなかったので材料もあんまりそろってなくて。

結局エビとブロッコリーの中華(?)に、ご飯、韓国のリ、漬物という、しょぼーい食事になりました(笑)

   DSC06212.jpg

年末にアフタークリスマスセールで買ったWok、ほんっとにほんっとにいいです 

やっぱりそれぞれのお鍋やフライパンにはちゃーんと、意味があるのですよね(その意味はわかりませんが。)

こういう炒め物を作るとき、するすると材料がWokの中を回ってものすごく調子がいい。

で、こう、なんというか、炒めてるときに木べらがWokにあたったときのあの「カコン~」というよい音といったら。

いつもフライパンでつくってたこのエビとブロッコリー、なんかいつもよりよくできた感じました。

来週はWokでマーボー豆腐を作る予定です☆

   DSC06214.jpg

うちはオリーブオイルはきれちゃってもごま油はきれることなくいつも新しいのが戸棚にはいっていますが、この前間違えたオイルをかっちゃいました(涙)

いつもいくお店でいつもの棚にあって、いつも買ってたごま油のブランドだったので、ラベルがちょっとかわってたんですが「新しいデザインになったのだろう」ぐらいに思って買いました。

あけてみて香りがしないのでよくみたら、ごま油じゃなかったーーー!

しげしげラベルを見てみると「Perilla Oil」と書いてある。

調べてみたら「エゴマ油(シソ油)」なんだそうです。

   DSC06215.jpg

8ドルぐらいしたし、どうしたものかな・・・と思い、とりあえずこれは何につかったらいいのかみてみました。

このエゴマ油なんですが、すごく体にいいんですって!

なんでもエゴマ油はαリノレン酸というのを含み、このαリノレン酸は免疫力を調整したり、脂肪燃焼率を上げたりするのだそうです。

んで、αリノレン酸が体内で変化して、その変化したものがコレステロールを下げたり、血液をさらさらにしたりするらしい。

したがって、ダイエット、アトピー、肌、成人病予防、血圧降下の作用もあるんだとか~~!

熱に弱いので加熱せずにドレッシングにしたり、そのまま飲んだり、料理の上にかけたりするのがよいそう。


というわけでお、今日、早速飲んでみました♪

このエゴマ油にもオリーブオイルのようにエキストラバージンとかがあったりするみたいだし、無農薬のエゴマから作られたものとか、そういうのがあるらしい。

私が持ってるやつは、どの程度のエゴマ油なのかわからないのですけれど・・・


とりあえず、一瓶つかってみようと思います。

ちょうどダイエット生活にはいったので、ちょうどよかったかも♪



ではまた☆






COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

09.01.2011, Sun

☆ The Party’s Over ☆

   DSC06211.jpg

ホリデー中の暴飲暴食と動かない生活により、胃が限界!

しばらく前からなんかしくしく痛むなーとか思ってたんですけれど、それでもおなかがすけば(なにもしてないのにすく)食べてた。

昨日の時点でもうだめだ、と思い、昨日の夜からほとんど食べていません。

今朝はお腹がちょっとすいていたので朝ごはんどうしようかなーと思ってたんですが、なんか日本のサイトを見るたびにでてくる「七草粥」が、妙に食べたくなりました。

アジアンストアに行かなかったので全然葉っぱものがなかったんですが・・・

たまたまサラダ用に使おうと思ってたラディッシュがあったので、葉っぱの部分と実(?)の部分いれてみました。

あとはネギと、さつまあげ。 あとなんとなく揚げ玉も散らしてみました。

いつも作りおきしているチキンストックで作ったのですが、それぞれからよい味がでて、とっても美味でした☆


Hunnyは明日から、私は火曜日からお仕事にもどります。

あー、やだやだー・・・ 明日からまた5時おきだよ(汗)

またあわただしい毎日に戻るのかぁ~。

                                

私は御節があまり好きではありません。

なんか甘い味付けだったりするのが苦手で、ほとんど食べるものがありません。

今は栗きんとんは食べられるようになりましたが小さいころはきらいで、ご飯とかまぼこと、あとはから揚げなどもサイドにあったのでそういうものをたべていました。

実家は白味噌のお雑煮なのですが、これも小さいころはあまり好きではありませんでした(今はすんごいすきだけど。)

兄は伊達巻ときんとんとか、叔父の家にいくと必ず御節に入ってたさくらんぼなどの形のかざりの砂糖菓子が大好きで、よく食べられるなーと思ってみていたものです。

ハワイでは日本のスーパーで買えるようなきんとんとか黒豆とか諸々のものが輸入されていたので、御節を作ろうと思えば今よりずっとずっと簡単にちゃんと、御節が作れたと思います。

でも一度も作ったことがありません。

まだ前の夫と暮らしていたときは一度は作ってみようとおもったりしてたんですが、誰もたべないのは目にみえていたし。

きなこがすきとは、絶対に思えないし。


でも思うんですけれど、御節はひとつひとつのものに意味があったりしますよね。

それにこういう季節のもの(?)って「やることに意義がある」気がします。

意義というか、その「気持ち」。

お正月だから、丁寧に御節を作るその気持ちとか、御節を見て「あ~お正月なんだなー」って気持ちが新しくなれたり。

今だって御節が実際に目の前にあったらあまり手をつけないと思いますが、それでも「用意してみたいなー」と思うのは、そういうお正月の「気持ち」を味わいたいからです。


むかしハワイで学生だったころ、料理好きの友達が台湾出身のクラスメートにチキンの料理を教えてほしい、と聞いていたことがありました。

台湾出身のクラスメートが教えてくれたのは鳥を丸ごと蒸篭でむして、出てくるスープを飲む、というもの。

友達はチャイナタウンにいって蒸し器をかい、たしか2羽ぐらい蒸したと思いますが、何時間も蒸していってとても時間がかかるものでした。

料理好きの友達は「こういう料理じゃなくて中華料理みたいなやつ・・・」といいながら作っていましたが、できあがったスープをお粥にし、ほろほろの鳥はトマトソースでたべて、それはそれはおいしかったです(←ちゃっかり食べてる。)


実はこれ、彼女が生まれ育った地域では「お薬」と同じようなものなのだそうです。

具合が悪くなってお医者さんにいくと「この症状だと、鳥10羽分ね」という感じで、まるで処方箋のように羽数がでるそうです。

そうしてお家でお医者さんが言った分だけ鳥を繰り返し蒸し、スープを飲み続ける、ということ。

彼女は私と同じぐらいの年でしたが、彼女がいた場所はとても田舎だったらしく「こんなの、信じられないでしょう?」といっていました。

たしかに。

でも彼女はこうも言っていました。

「本当のところは鳥を何羽飲んだから病が治る、なんてことはない。 家族に健康になってほしいと願いながら手間ひまかけてこのスープを作る、その『心』が治すのだと思う」と。


きっとお正月の御節も同じなのかなーと思います。

だからこそ、ずっとずっと、人は御節を作り続けているのだと思います。



子供のころ、お正月の3日間は「いつ、なにをのんでなにをたべてもいい」といわれたのでお正月番組をみながらジュースをすきなだけのんで、お菓子をいっぱいたべていました(苦笑)

4日になるとそれも終了。 お正月の3日間がとーーーっても恋しくなったものでした。


そして今、3週間ちょっとのホリデーが終わり、まったく同じ気持ちをかみしめています(笑)

もう好きなときに寝てすきな時に起きるなんて、許されないのよーーー(涙)


楽しいときはほんとに早くすぎるものですなー。

でもまた、来年がありますよね・・・

子供のころ、なんどもお正月がめぐってきたように。


わかっちゃいるんだけどねぇ・・・




ではまた☆





COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

08.01.2011, Sat

☆ セクハラ社長のまじめなお話ww ☆

   DSC03990.jpg
   お正月の定番

ホリデー最後の週末になりました(涙)

今になって急に、アレも作りたい、コレも作りたい(←食事のことね)になってきました。  

休みにはいったらいっぱい色んなもの作ってみるんだー!って思ってたのですが、実際やるとなるとめんどうで、めんどうで。


うちでは休みになると、ベトナム料理が増えるのです。

同じアジアンでありながらも、こちらはライスペーパー、ライスヌードル。

かんがえてみると、このクリスマスホリデー、ご飯を炊いておわんにもっておかずと一緒に食べた、ということがない気がする。

おコメといえば思い出せるのは、お正月につくったすし太郎のちらし寿司ぐらい。

あ、一回ツナマヨのおむすび、つくったっけな。

朝にお粥は良く食べるのですが、やっぱりこれはなにか違う。

なんか、「おかず」が作りたくなりました。
   DSC05337_20110108115444.jpg
   これは2日続く・・・

今日の夜は叔母のうちによばれているのですが、5時か6時か忘れちゃってHunnyに金曜日にお母さんに電話して聞いてね、と毎日のように言ってました。

叔母は3人の子供がいるのでケーキをお土産にしようと思っていたので(自分がたべたい)、大体の人数も聞いてね、といったのですが・・・

金曜日になった昨日、何度も何度もいうのに全然電話しない。

また始まったー。

いきたくないんですよ、彼は(苦笑) 

だいたい普段はなにをやるのでも行動が早くて後回しにするのがいやなタイプなんですから、はぐらかしていくのはやりたくない証拠。

んで今朝になって「いきたくない」というのですが・・・・

この前クリスマスイブに実家にいったときに、お母さんにちょっとしかられたんですよねぇ、私。 「なんでいつもこない」と。

さすがに今回は言っちゃいました、「だってね、私は行こうっていうんだよ、最低月に一回は、って(←これほんとね。) でもね、Hunnyちゃんが『いいっ!』っていうから。。。」

やっぱりそうだと思った! ほんとにLazyなBoyね、とこれからは私のほうになにかあったら連絡する、といっていましたが・・・

本人がいきたくないなら、仕方ないですものねぇ。

行かないならその旨ちゃんと、連絡しなさいよね。

今回は怒られる気がする・・・


でも正直、ベトナム料理はちと飽きたので(ごめん)、うれしかったかも。

今日はなんかつくろーっと。
   DSC05857.jpg
   これはホリデー中2回つくりました・・・

今日は以前働いてた会社の「セクハラ社長」(←笑)の話を。

この話、一度書いてみたかったのです。

書くにあたっては特に意味はありません。

そしていつものごとく長文になりますので(笑)、お忙しい方はこちらで失礼いたします。


以前、「小池さん」という方の話を長々と書いたことがあったのですが、その時に勤めていた会社での話です。

社長は日本人で、年齢は確かあのころで60ちょい前だったのかな。

私はたしか、38とか。

Tシャツ屋さんのGMというポジションだったのですが(ただの何でも屋)、私がハワイでとってもお世話になっていた方と社長がとても親しくかったことから、なんの経験もない私が雇われることになりました。

社長は日本がベースだったのですが、だいたい2ヶ月に1度ぐらいハワイにきて、2週間ぐらい滞在してたような記憶があります。
   DSC05995.jpg
   お持ち帰りPho

お土産用のTシャツ屋さんといっても一応はアパレル業界。 

社長はよく「くんちゃんの年でアパレルではじめるのは、本当は遅いんだけどね。 でも本気でやれば出来ると思うのよ」といっていました。

なぜ若い年ではじめなければいけないかというと、やっぱり流行に敏感だとか、未知の感性とか、そういうことが理由だったと思います。

私がやめるにあたっては社長は気を使ってまわりには色々よく言ってはくれたのですが、売り上げも悪く事実上は「クビ」。

私はそのころすでにHunnyと知り合っていたし、仕事は6月一杯で終わりだったのですが7月からHunnyがハワイにくることになっていたのでちょうどいいや、ぐらいに思っていて、ポヤポヤしてました。

そんな私の生活を心配してか、そのときハワイにたまたま居合わせていた社長は、私にいろいろとアドバイスをくれたものでした。


先にも書いたように、そのとき私は38歳。 そして独身(正確には別居中。)

社長は私の人生を決めるのは今しかない、といいました。

以下、社長が言った言葉です。 びっくりするような発言もありますのであらかじめご了承を。
   DSC05269.jpg
   これも避けられませんね・・・

女は年々、その価値がさがる。 (←ひゃ~~~)

が、女の一番いいときは20台初めとか若いときではなく、子供を生んで色々な物事を知り落ち着き、女性として自信にみちた時。

くんちゃんはまさにそのときである。

そしてくんちゃんは今38歳。

たった2年しかちがえど38と40では大きな違いがあり、またこれから年をとればとるほど選択肢というものがせばまってくる。

それは仕事についても、男についても、同じである。

以前にアパレルを始めるには遅い年齢といったことがあると思うが、実際はアパレルだけでなくそれはどの職種においてもいえる。

40という年は中間管理職につく年齢であり、がむしゃらに体を使っていろんなことを試みる若いときとちがい、経験と知恵という「頭」を使って仕事をする年齢である。

なのでそのぐらいの年から1から物事を始めるということは体力的にも頭の固さからいっても、大変きついものである。

くんちゃんは、今、最後の岐路に立たされている。

今ならまだ、なにかを始めるにしても「ぎりぎり」まにあうし、女として売っていくことも可能である。

だから今、どちらかを選ぶべし。 

仕事で生きていくのか、誰か新しい人をみつけて幸せになるのか。

仕事で生きていくならば、それなりに覚悟は必要だけれど、くんちゃんは英語も話せるしある程度の能力は備わっているので大丈夫だろう(←ひどいようなことを言いつつも時々気を使うこともわすれてない社長)

ただし、つらいことも、覚悟しておきなさい。 若い人との感性や体力の差を実感するときが絶対あるから。
   DSC01467.jpg
   お粥のお供。 週2はあたりまえ。

もし仕事で生きるのではなく、結婚して「女としての幸せ」で生きていくなら。

相手にきをつけなさい。

相手が年上なら、どんな大きさであっても「持ち家」を持っている人でないかぎり、結婚してはいけない。

くんちゃんは38。 年上の男なら40とかそれを越しているとかになる。

もし相手に持ち家がない時。 20台の結婚みたく「最初の5年はがんばって貯金して、そのあとマイホームを買う♪」なんていうことは許されない。

なぜか?

それはその時点で誰もお金を貸してくれないからだ。

かんがえてみてごらん。 家のローンとは普通30年とか35年とかだ。

40の人がその時点でローンをくんだら、35年後は75。

そんなときまで働いている人いないから、銀行はそんな長いローンを組ませてはくれない。

ならば短いローンになるが、そうすればその分、毎月の支払いが増えるというもの。

まして50台になってしまえば、よっぽどの現金がないかぎり、ローンは組めない。

すなわちお家は買えず、一生借家じまいになってしまう。

決して借家が悪いといっているわけではない。

だけど年をとっても住むところやお金の不安を抱えて生き続けなければならないのは、大変につらいものである。

まして、女の人にとっては。


オレには50台の女友達がいる(←ハワイにくればいつもきまってのみに行く友達が3人ほどいました。)

3人とも夫と死別したり、離婚したりして現在独り身である。

一人はくんちゃんも知っているように自分の腕で成功し、自分でコンドミニアムをかい、それでもなおかつ何年後か、仕事が出来なくなったときのためにと蓄えようとしている。

でもほかは持ち家もなく、腕に職があるわけでもないので普通の仕事についているが物価の高いハワイではお金が足りず、子供達がバイト代で家賃などを助けている。

いつも彼女達をみていて、今後どうしていくつもりなんだろう?と思う。

子供に助けてもらう老後をかんがえているのかもしれないが、子供だって自分の生活というものができるのだ。

くんちゃんは子供が一人だし、そんな生活をしてしまっては子供に大きな負担がかかるのだ。

子供に、そんな負担はかけたくないはずだ。
   DSC05926.jpg
   ホリデー開始の時はこんなのもつくってた

「選べるのは今のうちだけ」とさっきいったけれど。

まだぎりぎり選べるチャンスはあるのだから、結婚を選ぶなら持ち家のある男か、あるいは持ち家がないのなら年下の男をえらびなさい。

30そこそこの男なら、その時点からローンを組める。

こういうふうにかんがえたとき、人間の10年、いや5年であっても、とても大きな違いをもたらすものだ。

それは人に平等に訪れるものなのだ。

だからくんちゃん、今、決断しなさい。

遅くならないうちに。
   DSC05950.jpg
   たまにピザもたべた

最初にもかきましたように、これを書くにあたっては、特になにかを伝えようとかいう意味はありません。

たま~に、思い出すので、書いてみたのです。

ただ私自身、何度となく繰り返されるこの話を聞いていて「え~~そうかな~~」とか「ひどいな~~」とか思うと同時に、心のどこかで、真摯に受け止めていた、ということは事実です。

そのときすでにオーストラリアに来ることは心の中で決まっていたし、社長の話をきいて考えて結果をだした、ということはありません。

きなこが大きくなったときに、この話を彼女にするということも、ないと思います。

ただ、今でもずーっと、なぜかこの話は忘れません。

この話がすべての人に当てはまるとは思えないし、たまたまそのときの「私」に対しての話でしかないものですが、私にとってはあながち間違ってもいるともいえないなー、とか思ったりもするのです。



いつも言うようですが、大切なのは「何が起こったか」ではなくて「それによってどう思ったか」ということ。

人に何を言われたか、その内容が重要なのではなく、それを聞いたときに自分がどう思ったのか、その後どうしたか、そこが重要な部分です。

全体を通してほんっとこの社長はセクハラ的親父でしたけれど(笑)、この話については言いにくいことも言ってくれたのだと、感謝しています。


もしこのブログエントリーを最後までお読みになった方がいたら。

もしいやな気分を与えてしまったら、ごめんなさい。


私は答えがわからないとき、人から直接的な答えをもらうのが嫌いだし、またそのように答えを与えるのも嫌いです。

ほんとに失礼な話になっちゃったけど、私がここに書きなぐるくだらない話の中にもなにか、どこかが読む方にとってヒントになれば、幸いです。

私が多くの方のブログからいろいろな答えをみつけられたように。




ではまた☆






COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

06.01.2011, Thu

☆ New Year's Resolution ☆

   heart 1
   Love - by Kinako

そういえば「初夢」みましたか?

私はなんだかよくわからない「夢らしい夢」をみましたよ。

お正月、実家に帰ってるんですが、近くのバス停から実家まで歩いていると湖があって(実際はないので『あれ?』とか思ってる)、その湖畔に3~4人の人が集まっているのが見えました。

足を止めてよく見ると人の足元にはアライグマがいて、ピチピチ跳ねてる'鮭’を洗っているのです(なんでーw)

へ~なんて思いながら歩き出すと・・・ 左側に見えたその湖から、たくさんの鮭(なぜか鮭)が水上にジャンプしているのが見えます。

で私は「わ~、たくさんの鮭だ~。 うちの近くのフードランド(完全にごっちゃになってる)でこれを全部獲って、セールで安く売ってくれないかな」とか思う。

頭の中ではきらきらとオレンジに輝く鮭の切り身を想像してた、っていう夢。

夢の意味: お魚にうえている。

これしかないでしょう・・・

正夢になりようもなく。

てなわけで、今年はいっぱいお魚がたべられますように☆

   DSC03866ab.jpg
   On The Rock - by Kinako

夢といえば「英語(あるいは学んでいる言葉)で夢をみるようになったら一人前」とかって言うの、聞いたことないですか。

それが英語が上達したしるし、みたいな。

実際どうだろうな~って考えると、私の場合は夢の中では日本語なのか英語なのか、よくわかりません(苦笑)

夢の中の会話は声を発する会話というよりは、頭のなかに直接聞こえてくるテレパシーのようなものっぽい。

なのではっきりと「英語しゃべってる!」っていう夢を見るのは、逆に英語に苦労しているとき、って時が多いんじゃないかな、って思ったりします。

ある程度英語になれてくればそれを発する前も聞いたときも「自分の言葉に置き換えて考える」っていうことがなくなってそのままだから、あまり意識をしないと思うのです。
   Clover_by_AddictingArt.jpg
   Clover - by Kinako

自国以外のどこかの国で生活することになったとき、その国の言葉を習得するのは『必須』である、と私は思います。

どの程度のレベルに持っていくかは、その人の生活の仕方によっても異なってくると思いますけれど。

でもその場所の言葉を話せないということが不便以上のものであることは、外国で暮らす人たちには痛いほどわかっていることではないかと思います。

ハワイにいたころからも今も時々「そちらに移り住むのですが、英語ができないんですけれど大丈夫でしょうか」と聞かれることがあります。

単に「不安である」ということをおっしゃりたいのだと思います。

でも「大丈夫か大丈夫じゃないか」と聞かれれば、正直なところ「大丈夫なわけがない」というのが、私の答えです。

先も言いましたように、その人がどういう暮らし方をするのかで、大きくその「大丈夫じゃない度」も異なってくるとは思うんですけれどね・・・

英語があまり得意でなくてもその人柄で多くの人に囲まれている人も多いのも事実です。

しかしながら、英語が話せないがために自立できない人も多いのも、事実です。

英語ができないばかりに色々なことを誤解したりされたりすることも、事実なのです。

   108262962456bdc9bc87e0f6c34b21cd.jpg
   Glow - by Kinako

私が今働いている会社には、私も含めて4人のカジュアル(テンプ。派遣社員みたいなもの)がいます。

インドからの男性2人、オーストラリアの男性1人、私、なのですけれど、このインドの男性二人に固まるまで、すごく出入りがありました。

今までいくつかの場所で働いたのですが、今回ほどインドからの人を多くみたのは初めてで、その「出入り」はなぜかすべて、インドからの人達でした(いつもほとんどがオーストラリアの人だった。)

というわけで、これからの話にはインドの方をベースとして書きますが、それはあくまでたまたまその国の人だった、ということをご了承ください。


さて、私が入ってからすぐあとにきた、比較的若めのインドの男性。 

彼とはほとんど話をしたことがないのですが、あるとき誰かが話しかけて、私もたまたまそこにいたのでついでに話にはいったことがありました。

彼は仕事にきて2週間目ぐらいでしたがそのとき「もうオレは来週からこないしね」といいました。

「こんな仕事、長く続けたくない」というが理由でした。

じゃ、どんな仕事を探してるのかと聞けば、IT関係とのこと。 Degreeは持ってるのか、ときくと、2~3年前にアデレードにある大学を卒業してDegreeを取った、と。

Degreeを持ってるならそうよ、『こんな仕事』してないでさっさとそっちにいったほうがいいよね、というと、彼はむっとしてこういいました。

「アデレードなんて田舎だからね、全然仕事ないんだよ。 あってもね、オーストラリア人にみんなもってかれちゃうしね。 だから長いこと、仕事がないんだ」と。

「じゃ、『こんな田舎でこんな仕事』してないで、シドニーとか都市にでてその能力をいかしたら?」といったら、こういいました。

「オーストラリアでは結局は差別が激しいから、自分の能力をフェアにみてもらうことができないんだ」と。
   Pink_Goodness_by_AddictingArt.jpg
   Pink Goodness - by Kinako

今いるインド人さん二人のうち、一人は母国でエンジニアなんだそうです。 

それについてはほかの人からきいたので、彼がどんなエンジニアをして、どれだけのお金をもらっていたのかはしりません。

本人からは「お金もちになりたいのでオーストラリアにきて働いている」とききました(豪ドルを持って帰りたいそうです。)

彼とは同じエージェントからの派遣なので私の過去の仕事暦についていろいろ聞かれたのですが、彼は「あのエージェントは肌の色が違う人には仕事をださない」といいました。

私は結構つぎつぎと仕事をもらっていたので、そうでもないと思うけど、といいました。


ある日、11月まで会社を手伝いにきていたマリア(2年前ぐらいまでその会社で働いていて、暇だからということで忙しい時期だけ手伝っていた)から彼がエンジニアだったことを聞きました。

マリアは私より2つ年上のフィリピン出身の女性で、オーストラリアには25年近くいます。

なんの話だったか忘れたのですが、彼女は「彼はインドでエンジニアだったのよ!? きちんとした職だったのに、今はここでエンジニアの仕事なんてない。それがなぜだかわかる?」いいました。

私はそれに答えようとして、言葉をとめました。

彼女は続けていいました。

「それは、オーストラリアが排他的だから。 彼の経験は彼がインド人というだけで、いかされないの。」
   e00e087cd24a66496dd266a5ca7a47f0.jpg
   Something So Small - by Kinako

ITの彼の場合も、エンジニアの彼の場合も、自分の思うような職を得られない理由がまったく同じ。

彼らの「持っている能力が生かされない」「能力がフェアに判断されない」理由。 

それは本当に多くの人がいうように「オーストラリア人は・・・」という理由だから??

私はちがうと思います。


その理由は、彼らの「英語力」です。
   Purple_Flower_by_AddictingArt.jpg
   Purple Flower - by Kinako

「正しく自分が評価されない」とは2日ほどずっと一緒に組んで仕事をしていた別のインド人の男性も言っていましたが、彼が2日でクビになった理由を、私は近くでしっかりと見ました。

彼はどういうわけか上の人のいわんとすることを100%まっすぐに理解することができない人でした。

2日間のうちで幾度となくきいた「だからオーストラリアはきらいなんだ」という言葉。 オーストラリア人をバカにしているような態度がありました。

上司の説明に「そんなやり方よりこちらのほうがいいのに」と、私が止めると「Trust me」と、自分の判断でことを進めてしまいました。

当然、未遂な問題がおこりました。 なぜそうしたのか、上の人は彼に説明を求め、彼は自分がいかに正しいかを説明しましたが、英語は訛りが強くまったく通じるものではありませんでした。

上の人は必死に理解しようと「あなたのいうことはこういうこと?」と繰り返しましたが、インドの彼は上の人の話が終わるのをまたずに、たたみこむように主張するばかり。

そして上の人が去った後、納得できなかった彼は私に「あいつ相当なバカだよね、こんなヤツが上に立ってる会社なんて、信じられない」と言いました。

そのとき私は「オーストラリア人」によって彼に下された評価は間違えのない「フェアなものである」と確信しました。

厳しいようですが「正しく評価されない」というのは、多くの場合、そこにまじわれない自分自身にたいする言い訳が含まれる、と私は思うのです。

   7e0f6c34b21cd.jpg
   Bloom - by Kinako

専門職であったり、特別なポジションであったり、そのポジションが高ければ高くなるほど、コミュニケーション能力というものが高く要求されます。

今私がやってる、彼らがいうところの『こんな仕事』であっても、なにかあれば上司にきちんと経過を説明しなければいけませんし、あちらの言っていることを100%正確に理解しなければなりません。

ましてや人のいう『ちゃんとしたポジション』ならば、ミーティングがあったり、問題解決があったり、上司に経過を細かく伝えたり。 人をまとめたり、社外の人との交渉があったり。

コミュニケーションはその仕事をする上での「条件」の一つであり、資格があるなしとおなじぐらい、絶対的に必要なものなのです。

そして。

どの国にもその「風潮」というものがあります。

仕事は公のものになりますからそのやり方の違いにカルチャーショックを受ける場合もあるでしょう。

自分のやり方が「数段すばらしい」と思うことも、あるでしょう。

場所が違えば、常識も異なってくるものです。

「自分の能力が認められない」ばかりにそれに固執し一生懸命になりすぎて、その自分の素晴らしさを間違った形で受け取られてはいませんでしょうか。

これも語学力と並ぶ「自分が正しく評価されない」と思ってしまう、もうひとつの原因だと私は思います。

よっぽど人を見る目もない人の下で働いているなら、話は別です。

でもそういった人は誰からも、そのように評価され、誰をもフェアじゃない評価を下すはずです。

厳しいようですが「正しくされていない評価」はすなわち、その環境、その状況、その瞬間において「あなたに対する正しい評価」であることがほとんどだと思います。

それはあなたの人格の良し悪しとは違う場所の話。

自分がどれだけの語学力があるのか、その国のニーズにあったやり方をきちんと体得しているのか、自分に問う必要があると思います。

それでも正しい評価ではないと思うなら、内にためることなくく正々堂々とそれをあらわすことができるのではないでしょうか。
   Red_Sunshine_by_AddictingArt_20110106145226.jpg
   Red Sunshine - by Kinako

本当に自分の能力を異国で生かしたいなら。

自分の希望する職を得たいと思うなら。

満足のいく生活を送りたいと思うなら。

自分の語学力を高め、その国の常識を学び、その国の人を、やり方を、素直に受け入れていくことにすべてを注ぐべきです。

あなたはもう、母国にはいないのですから。

母国をはなれたのは、自分の選択なのですから。


そして最後に、同じぐらい大切なのはあなたの人柄です。

たとえ語学力の向上がおもわしくなくても、素直に心開いて努力いけば、人はちゃんと見てくれます。


つまるところは人ではなく自分に責任があることを、いつも肝に銘じていきていかなければならないのだと思います。




ではまた☆








COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

05.01.2011, Wed

☆ たこ焼きやよーーー!☆

DSC06196.jpg

今日、たこ焼きをつくりました☆

この42年間の人生で初めてつくるたこ焼き。

ものすごく張り切ってLittle Tokyo(日本のものを扱うお店)で材料を調達したにも関わらず、タコを買い忘れちゃって。

たこなしのたこ焼きになっちゃいましたが、それはそれは美味でございました☆

生地も、紅生姜も、ねぎも、揚げ玉も、ソースもおかかもすべてがすばらしいっっっ!

24個できたけど、軽く全部食べられたぐらい。

Hunnyにとっては初めて食べる、あこがれの「たきやこ」。

彼はほかと比べようがありませんでしたけれど、「行列のできるようなお店で買うのと同じ味だよ!」といったら信じてました。

でもね、それぐらいおいしかったんだから!
   DSC06182.jpg

たこ焼き器を買う前からたこ焼きのレシピをいろいろとみていました。

たこ焼きの粉は使うべきなのかまよったのですが、なんかたこ焼きで育ったんでもない私がいったいちゃんとたこ焼きが作れるんだろうか?って思い、念のため買っておきました。

でもたこ焼きの粉を使ったレシピがあって、それにならってつくってみました(→

生地を作ってるときからダシのよ~い匂いがっ。

生地がものすごいしゅるしゅるでほんとにいいのか??って思いましたけど、そういえばしゅるしゅるでしたよね。 

2009年にハワイにいったときにきなことシロキヤでたこ焼きをかったのですが、そういえばそこでもしゅるしゅるな汁のようなものをじゃーってやってたっけ。
   DSC06185.jpg

この日のためにきばって、鰹節とか揚げ玉とかもかってきましたよ♪

このおたふくの揚げ玉、すんごくおいしい!

イカ天のかけらもはいってて、そのままぽりぽりたべちゃいそうです(食べました。)

へ~、揚げ玉って焼きそばにも入れるんだ・・・って思っていたら、ハワイでたまにテイクアウトしてた焼きうどんを思い出した!

その焼きうどん、揚げ玉はいってておいしかったんです。 

そういえば実家の母は「天かす」という名前がきらい。 「かす」がやなんだそうです。 なので「揚げ玉といいなさい!」といわれてた。

あと耳垢も・・・父が「耳かす」(だったかな)とかいうとすごい嫌がってた(笑)
   DSC06188.jpg

タコがないかわりになにかないかな・・・・って思ってたんですけど・・・

レシピにはソーセージのものがあって、ちょうどカバナソーセージがあるのでそれを・・・?とおもったりしたのですが・・・

なんか邪道な気がして(汗)

なのでかまぼこ、いれてみました。 

準備ができたから、たこ焼き開始!!
   DSC06189.jpg

最初、引っくり返すのがものすごーーーく早すぎました。

くるっとひっくり返らない(怒!)って思ってたんですけれど、全然やけてなかったから。

そういえば、ハワイでたこ焼きが焼けるの待ってたとき、そんなすぐにはできなかったよなー。

私の父は関西出身で、たこ焼きのグリルを持っていて、たまーーーーに、思い出したように作ってくれました。

引っくり返すの、やらしてもらったなー。

父とは高校まで一緒に大阪にある叔父の家や和歌山の叔母の家にいったりしていたのですが、そのいつだったか、一番下の叔母がたこ焼きをつくってくれたことがありました。

うちの父がもってたのは、たこ焼きの鉄板みたいのでガス代にのせるやつ。

叔母のはガスのホースがついてて直接元栓につなぐ、小さなガス台とたこ焼きの型(?)が一緒になってるたこ焼き器。

さすが、関西はちがう!って思いました(笑)

で、叔母が作ってくれたのにはこんにゃくがはいってたんですけれど、こんにゃくがはいったたこ焼きのレシピ、結構Cookpadにもありました。
   DSC06190.jpg

最初は撃沈してたんですけれど、徐々に浮上してきました。

2回目にはちょっとうまくなって、待つ余裕がでてきたりして。

紅生姜がおもいっきりはみ出してるけど、やっぱり刻むべきだったよね・・・

反省。
   DSC06194.jpg

かくして、できあがったのでありました☆

外カリっ、中フワっ、でしたよ。 レシピ、さすがです。

このたこ焼き器、温度調節もなにもないし焦げたらどうしようとかおもったりもしてましたが、全然問題なかった。

ずいぶん前から悩んでて、料理上手のmeggiさんが買ってたこ焼きつくった、ってブログで書いてたから大丈夫だろう!っておもって買ったけど、ほんと大丈夫だった。



今住んでいる家はキッチンとリビングが妙に離れてたり、中途半端な作りなのでHunnyの家族をよんでご飯を作ったことがないのです。

次の家を買ったら頻繁にやろう!ってHunnyとよく話していて、そのときのメニューとか考えたりしているんですが、たこ焼きも絶対にやるっっ!


このたこ焼き器、Dutch Pancakeというものを作るPancake Makerですが、この前Gepps Crossのお店にいったとき、ガス台に直接のせてつくる鉄のたこ焼き器とまったくおんなじようなものもありました。

オーストラリアにいる限り、たこ焼き器は心配ないよね~♪


まだ紅生姜以外のものが半分残ってるので、また近々つくりたいと思います☆


次回はちゃんと、タコをかって 




ではまた☆





COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

04.01.2011, Tue

☆ Sky ☆

   DSC06161.jpg

今日は30度ぐらいの予報のアデレード。

朝晩は結構涼しくて、長袖長ズボンのいでたちになります。

来週からの仕事開始に備えて昨日から朝6時に起きておりますが、朝の涼しさと静けさがとっても心地いいです。

ゆずをトイレのために裏庭につれていきながら、しばらく石段に座って朝の感じに浸るのが好きです。

斜めからさす光もやわらかで、夕方のそれとは似ているようで違います。


オーストラリアにきてすごく感激することのひとつに「空」があります。

ハワイのぬけるような青い空もそれはそれはきれいでしたが、オーストラリアには四季があるので雲ひとつとってもいろんなものがありますよね。

小さいころよくみたうろこ雲や飛行機雲、もこもこの入道雲、すごく懐かしい気がいつもしてきます。

ハワイにいったころ「空が大きい!」って思いましたけれど、オーストラリアにきたらその広さそれ以上でした。

私の家はキッチンがバックヤードに面していて、流しの上にある窓から空が良く見えます。

夏になったなーとか今日は風が強いなーとか、外を見ながら食事の支度をしたりするのがとても好きです。
   DSC03410.jpg

お休みが終わりに近づくにつれすごくさみしい気持ちになりますが、なぜ仕事に戻りたくないかといえば、ゆっくりと色々なことにひたれなくなるからです。

それぞれの時間帯、季節が作る違う空間をすきなときに見られなくなっちゃうのが、とても残念なのです。


私は静寂している“気”がとっても好きです。

朝の活動前の静けさもそうだし。

家にいるときに家の中を歩き回って(って広い家じゃありませんけれど)、誰もいない部屋にしんと、きちんと、たたずんでいる家具や収まるところに収まっている物をみるのがとっても好きです。

とくにキッチンがそれ。 入り口で足を止めてすみずみまで眺めます。

しまっている戸棚とか、ベンチの上においてあるトースターとか、戸棚にはいりきらなくてその上に置いちゃってるものとか、すごくじっくりと。

ことりとも動かないその空間に、心底、幸せや平和を感じます。

DSC02578.jpg

しずかに聞こえてくる生活音もとても好き。

週末の朝などは、私より早く起きるHunnyがお湯を沸かしている音や犬がHunnyの後をついて回っている足音に、布団の中で耳をすませたり。

こうしてブログを書いていてもふと手をとめて、コンピューターの出す音を聞いたり。

さくらやゆずが歩くたびに聞こえる爪が床にあたる音をきいたり、壁にかかっている時計の秒針の音をきいたりします。
   DSC00058.jpg

そういうときはなにを考えるでもありません。

おそらくは小さな何気ない音やなさそうである気配に集中するそのこと自体が、すごくすきなのだと思います。

毎日の生活の中でそういう時間がないとなんか丁寧に生きられない気がします。


なので私は出来る限りの時間をそれができる場所ですごしたいです。

その静寂な空間に、私も静寂のひとつとして、動かずにじっと息をひそめていられるような。
   DSC00878.jpg

一緒にいる人は一定の穏やかな気を持つ人がよいですし、よむ本もコンコンとした静かに流れるようなリズムのものがすきです。

勝ち負け、争いごとは好みません。

勝敗がはっきりするものは、まっすぐですがすがしいものも多くあります。

だけどいったいなにをもって勝ち・負けとするのかと思う場合のものは、人と人の間にいやな感じの気をつくると思います。

あからさまに競争心が強い人は、本当に苦手です。

痛いほどの気が体に当たる気がして、長く一緒にいることができません。

正直でない人も、苦手。

そこにはやっぱり競争心ににた、自然じゃない気が感じられるからです。


「気が強い(つよい)」人は好きだったりしますが、「気が強い(こわい)」人は一緒にいるといたたまれなくなってしまいます。


「悔しい」という言葉を使うのも耳にするのもきらいです。

そこにはあきらめの悪さ、期待に対する依存、競争心が見え隠れするように感じられるからです。

というか正直「悔しい」と思うその気持ちが、理解できません。

負けて「悔しい」とかいって泣くくらいなら、最初から勝負なんてすべきじゃないと思います。


人と自分を比べるその心の中はいつもかさつき、ざわついていて、とても落ち着かないのです。


声高に「私はこうなの」と知らしめるより、なにも言わなくても伝わるほうがすきです。

元気づけるために明るさをふりまくよりは、静かにそこにいつづけることを選びます。
   DSC03408.jpg

空が大きく見えるところでは、そこがたとえごった返すビーチであったとしても、波の音とか子供の声とかがどこか遠くに感じられる気がします。

「空をみているとくよくよしてもはじまらない思う」っていう人が多いのは、そういうところにあるのかな、って思ったりします。

この地上でどんなことが起こっていようと、どんな思惑が渦巻いていようと、空にはいつも静寂があるようにみえて、とてもすきなのです☆


1日の大半を仕事に費やしてしまうと、ちょっとの時間も惜しくなってきてしまって、あれもしたいこれもしたいになってしまい、いつもワタワタしてしまう。

静寂を感じるのから程遠くなってしまいます(苦笑)

来週から仕事が始まったら、もっと毎日ばたばたしない工夫をしていかなきゃなーって思っています。




ではまた☆






COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

03.01.2011, Mon

☆ お散歩 ☆

   DSC06148.jpg

昨日は気温が25度前後の予報だったので、さくらとゆずを公園についれていきました。

ここはきなこが自転車に乗って遊んだ公園(→

日差しはさすように強かったですが風は冷たくて木陰は心地よく、たくさんの人がBBQしていましたよ。
   DSC06150.jpg

なんかこの写真のさくらの顔、>< ←これっぽい(笑)

公園は延々とトレイルが続いていて、まだ最後までいったことがありません。

メインノースロード側の駐車場に車をとめて出発し、スタスタいくと30分強あるいたところにドックパークがあるのですが、そこでいつも折り返します。

途中お水休憩もたびたび入りますのでだ1時間半ぐらい、歩いたり走ったりとまったり、ほかの犬にあったり。

うちのわんこちゃんたちは基本的にチキンちゃんなので、リーシュをはずしてもどこかへいってしまうということはありません。
   DSC06151.jpg

疲れたけど、たのしいねぇ~。

ゆずは外を歩くのは2回目。

まだ小さいからと思いさくらだけを散歩につれていってたのですが、一緒に行きたがるので連れて行ってみました。

がんばってあるいていましたよ。
   DSC06144.jpg

さくらは小さいころ首輪が大嫌いで、これをつけると微動だにもしませんでした。

2009年にきなこが裏庭で少し歩けるようにと練習してくれてたのですから、さくらは生まれて4ヶ月ぐらいだったころです。

首輪をつけて歩けるようになったら今度は近所を抱っこして歩き(知らないところが恐くて歩けなかった)、で5ヶ月ぐらいの時にやっとお散歩ができるようになったのでした。

ゆずはまだ3ヶ月弱ですが、さくらがいることもあって、いろいろ簡単です。

さくらが最初は恐々くぐっていたドギードアも、当たり前のように出入りしてましたし。

首輪をつけてみましたが、なにも変わったこともなく。

とにかく今はなにもかもが新しくて、かんがえる余裕もないのかも(笑)

さくらのやることなすこと自分もやる! という感じです。

   shampoo.jpg

私はシャンプーしないのでこの姿を見ることがないのですけれど、たまに見るとやっぱり驚く!

すごい別人になっちゃって、どうしても慣れません(笑)


超マイペースなさくらにしつこいほどにまとわりつくゆずがいて、さくらがかわいそうになるときもありますし、逆に相手にされないゆずがかわいそうなときもあります。


どちらもうちにきて幸せと思ってくれてたら、いいですけれどね・・・

    
                        


12月17日から始まったクリスマスホリデーも、残すところあと1週間となってしまいました。

Hunnyは10日から、私は11日からお仕事に戻ります。

毎日夜遅くまでおきてたので、そろそろ寝る時間を戻さないといけないから、今日は6時におきました。

なので今晩からはまた早く、寝ることになります。

さみしーなーーーーー。


今月はオーストラリアデーという祭日が26日(だったよね)にありますので、とりあえずそこまでがんばります。

Hunnyの会社は26日からその週末まで、ずっとお休み。 いいなー。

私は26日以外は仕事だけど、でもどちらか一人がお休みだとずっと楽。 お休みしている方が日中に買い物にもいけるし、洗濯もできるし。

あまり暑くならないことだけを、祈るのみ。



ではまた☆









COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

02.01.2011, Sun

第1111回「2011年の目標を漢字一文字で答えて下さい」

   DSC06120.jpg

1月ももう2日目。 昨日は10時半まで寝ていたので1日がすぎるのがほんっとに早かったー。 

今日は少し早く起きてみました。 40度近い日がちょっと続いてましたけど、今日は25前後までしかあがらないということだったので、さくらとゆずを公園につれていってきました。

日差しがとっても強かったですが日陰にはいると風がつめたく、気持ちよかったです。

さて、お正月というとうちはいつもベトナムの海鮮鍋を食べます。

特別な理由はないのですが、簡単なのとおいしいのと、あと旧正月の家族の集まりには必ずこれがでるからなんとなく正月に食べるもの、という感じが私のなかではあって。

白菜を買い忘れて31日にスーパーにいったらキャベツしかなかったのでキャベツをしようしました。

はんぺんもきっていれてみたのですが、なんかとってもやわらかくなっちゃって。

イカをすり身にしてボールにしたものもいれましたが(買ったものです)、こちらははんぺんとおんなじ感じでふわふわ、もうすこししっかりしていて、おでんにいれてもいいんじゃないかって思いました。

ああ! 今思い出したけど、さつま揚げ入れ忘れたーー!

買い忘れ、入れ忘れ、もういったいなんなんだーーー。

   DSC06121.jpg

ふと思い立って豚の角煮も作りました。

よくわからないのですが、ちょうどPork Bellyが買ってあったのと、これもまた旧正月にお母さんが似たようなものを作るから、です。

過去になんどか作ったことがあるのですが、いまひとつ肉の柔らかさが・・・ってとこがあったし、やっぱり圧力鍋がないとだめなのかなーと思ってました。

長時間煮ると、思いっきり煮くずれたし。

そんなこんなでCookpadをみてたら「圧力鍋がなくても大丈夫! ルクルーゼで作る角煮!」っていうのがありました。

そうだよ!! うちにはルクルーゼがあった!

うちには2つのルクルーゼがあるのですが、大きいほう(30cmぐらい?)は使ったことがなかったので、それをキャビネットの奥からひっぱりだしてきてました。
   DSC06116.jpg

31日に2時間弱煮て、一晩おいて。
   DSC06118.jpg

1日も1時間半にて火を止めて、蓋をしめたまま放っておきました。

ルクルーゼは蓋がぴったりしまるのと、保温性があるのでこういう料理にはぴったりなのですよね(←完全なうけうり。)

いやいや、ほろっほろの角煮ができあがりました☆

これ、今までで一番の出来! 自画自賛~~~♪
   DSC06124.jpg

んでもって、ちらし寿司もつくったりして。

すし太郎を、かってあったからです☆

この日に作るつもりはなかったのですが、なんかやってみたいなーと思って。

予定してなかったので飾るものもなにもなし。 仕方ないのできゅうりと、枝豆、薄焼き卵とエビ、それからお母さんがくれた漬物の中の人参を薄切りにしたもの。
   DSC06126.jpg

型が大きすぎて、ご飯部分が超薄いしね・・・。

それにさ、食べる前に刻み海苔かけるの、忘れちゃってね。 これもあとで気づいたの。


来年はもっと計画的にいこうと思った、2011年のお正月でございました。


ところで。

今日のお昼は日本のやきそばっっっ! これも年末にCityで買ってきたのです♪

   DSC06156.jpg

子供のころは土曜日のお昼がやきそばだと、それはそれは機嫌が悪くなったものですけれどね・・・

やきそばに入ってる、肉がいやで。

肉をいれてくれるなと母にいったのですが、そんなのだめ、と。

できたらただの麺だけがよかったのですがね・・・・

でも今は1年に1度食べるかどうかのこのソース焼きそば。

ほんとにおいしかったです。
   DSC06153.jpg

先日かったWokで作ったのですが、このWok、すばらしい♪

麺がぜんっぜんくっつきませんでした。

                         

FC2 トラックバックテーマ:「2011年の目標を漢字一文字で答えて下さい」

わー、今日はこれが本題だったんだけど・・・

前置き、長くなった(汗)

漢字がだんだんおぼつかなくなってる今、漢字一文字で今年の目標をあらわせといわれても・・・ 難しいですよね @_@

うーん、いろいろかんがえたけど・・・

」でしょうか。

これも本当にあってるかわからないけど、これ以上にぴったり来る感じは、ない気がして。

人の心を集中し、正道より遊離させざること。すなわち精神を思想の唯一の目的物に集中することを意味する

先日今年も基礎を固める年、とかきましたが、それは精神的な部分にあります。

自分の求めるものにフォーカスして。

今までよりももっともっと、いらない部分を削って。

決しておごらず、怠けず(うっ・・・)、揺るがず、静かに、心を大きく開いて。

自分自身の体験によって、みずからそれを味わう時に成立する

もっともっといろんな人にあって、貪欲にいろんな場面に直面して、吟味したいろんなことを体験して。 


心から離れることなく「真のこと」を見つけていきたいです。



ではまた☆






COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

01.01.2011, Sat

☆ A Happy New Year ☆

   ny5.gif

     新年明けましておめでとうございます。

                   新しい年が
     皆様にとってよりよい年でありますよう
            心よりお祈り申し上げます。

          ny1.jpg

今年はうさぎ年。 Hunnyは年男さん。 

娘きなこは今年15になりますので、ひとりで飛行機にのってオーストラリアに来ることができます  

      ny4.gif

今年はどんなことが待っているでしょう 

楽しみで仕方ありません。

          ny2.gif

1日1日を丁寧に、誠実に、自分に正直に、生きていきたいと思います。

自分の感覚を信じて、それにしたがって前に進むのみ!

相変わらずやりたいことしかやらないし計画性もありませんが、それは私なりのフォーカスの仕方。

なりたい自分像をはっきりともって、自分がよいと思うことを都度、吟味していこうと思います。

   ny6.gif

皆様のご健勝とご多幸を、心よりお祈り申し上げます!


よいお正月をお過ごしください☆





[EDIT] [TOP]



カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。