This Archive- 2013年06月

--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

30.06.2013, Sun

きなこ夏休み★7月26日 その1

   20120726_070053.jpg

きなこさんのオーストラリア滞在記も、いよいよ最終日となりました。

・・・ってもうあれから1年もたってるっつーの。

これも引越し前に終わらせたい記事のひとつなんですが、書こうにもどーしても書けなくてねぇ。。。

というのも、写真をみているとあの日の、またしばらくの間のお別れの時間が刻々と迫ってくる恐怖を、すんごく思い出すからです 

スマホにもまだ最終日にとった写真が入っているんですが、日本に帰ったときに他の写真と一緒に母にみせようとおもったんだけどできなかった。

見てると、ど~しても涙でてきちゃうから 

でも、そんなことも言っていられません。

これからまた新しい生活が、やってくるんだし!

これからきなことももっともっと楽しい時間が待っているんだから。

がんばるよ、あたし。


つーか写真も多いしどうやってまとめるかって感じなんですけれど、とりあえずはじめてみてそれから考えることします。

  20120726_073015_20130630123528.jpg

2ヶ月のアデレード滞在を終えて、きなこがハワイに帰る7月26日。 

もう何時の飛行機にのったかもわすれちゃったんですが、お昼ぐらいにシドニーにつく
Jetstar便にのったみたいです。

前夜までにちゃんと一人で荷造りをし、ほんとに手のかからないきなちゃん。

最近はあらかじめ自宅でウェブチェックインができるから空港では荷物をドロップオフするだけ。 ほと便利ですよね。

   20120726_070201_20130630122626.jpg

アデレードの空港で朝ごはん。

コーヒーとチーズとハムのクロワッサンサイドイッチとミューズリがのってるヨーグルト。

飛行機乗る前によくこんなに食べられるよな~~。
   20120726_123554.jpg

んで、シドニーに到着。

きなこのハワイへのフライトは21時とかだったので時間があくので、荷物を預けてまたCityまで電車で繰り出しました。

毎年きなこがくるのはオーストラリアの冬。

なので乗り換えでシドニーに寄るときはなんかいつも曇ってたりすることが多く、

それだからその天気がさみしさに追い討ちをかけるというかさ・・・ 
   DSC02491.jpg

↑ 2009年の写真。

これもハワイへ戻るときに時間があったのでCityに出かけたとき。

このときははれてたんだなー。
   DSC04174.jpg

これは2010年、ハワイからアデレードに向かう途中でシドニーに1泊したとき。

この日は雨ふってた。


シドニーという街は本当に大好きで、とくにこのハーバーブリッジが見えるところはすっごく好きなんですが、

なんかこの場所を思い出すとちょっと悲しくなるような気持ちになるのは、そんなこんなのせいなのです。

だからいつか、それを絶対に絶対に覆すんだ、って思ってました。

そして次回きなこと会うときにはもう、

こうして曇りのシドニーを、近づいてくる時間を気にしながらきなこと二人で歩くことももうないと思います。

  kinakoinsyd.jpg

電車でサーキュラーキーまででて、最初にランチを食べました。

なんかオペラハウスのあたり、すんごい変わっちゃってて、海沿いにずーーーっとカフェができてました。

なのでそこでランチ。

きなこはクラムチャウダーとフレンチフライ。

私はハンバーガー。

ハンバーガーはやっぱ、アメリカだね。。。

   20120726_125727.jpg

ふふ、写真とってるとってる 

ここ、雰囲気はとってもよくって観光にはほんとちょうどいいって感じなんですが、でも鳥がすんごくアグレッシブでそれが大変。

常に食べ物を狙っててほんと怖いぐらいでした。



私はこの日きなこの便より1時間ほど早くシドニーを出る最終便でアデレードにもどることになっていたので、

きなこのチェックインとかいろいろ考えて、16時半ごろにはシドニーのCBDを出ようと思っていました。

ランチが終わった時点でまだまだ3時間ぐらいあったので、とりあえずきなこの行きたい方向へ、歩くことにしました。

私たちは一緒にいるととにかく延々と歩くことが多いです。

一緒にいられること自体が、たのしいからです。
   ksy.jpg

最後に、この日の朝出発前にとったきなこと犬たちの写真。

また来年、おねえちゃんにあそんでもらえるね。 よかったね。


まだあとちょっとこの最終日のこと、続きます。




ではまた☆




スポンサーサイト
[EDIT] [TOP]

29.06.2013, Sat

☆ おはよう ☆

  20130629_091140.jpg

おはよう。。。

昨晩はご飯を食べたら眠くて仕方なくなっちゃって7時にねて、朝は8時半すぎにおきたわたしです。


今日は土曜日なのですが、Hunちゃんはオーバータイム出勤です。

でも午後はお出かけがあるので12時に仕事をあがるので、私に残された時間は・・・

あわわわわわわ。

ぼやぼやしている場合ぢゃ、ありません。
 
     samuize.png

おきる前に毎朝布団のなかですること。

それはスマホで現在の温度のチェックです。

8時半だっつーのに、4.4度とか。

4.4度ではあるけれど、'Feels like'1.6度とか。

まじで、5度以下とかって。

いったいなにって感じなんですけど。


気温が10度以下の場合、もう動けない。

それは決定事項です。
   20130629_090955.jpg

昨日お買い物いったときに買ってきたシナモンシュガードーナツ 

Hunnyちゃんがいる週末は朝ごはんを作るのでこれはおやつ用に、と思ってかったんですが(Hunちゃんは朝ごはんに甘いものを食べるのがすきではなく)、

土曜出勤になるときいた瞬間に、明日の朝に食べられるぅぅぅぅぅ~~!!ってひそかに楽しみにしてたんです  

前、朝早くにGPにいったときに急に血糖値を計るってことになって、朝食べるものに気をつけるよういわれたんですけれどね・・・

あー、そういえば考えてみれば、もうすぐDr.も変わるのかー。

うれし、かったりして。

今度はもっとましなドクター、さがそう。
   20130629_091211.jpg

Hunちゃんはシナモンシュガードーナツは食べないので、これをかってきてあげました。

よくみると微妙にビニール袋がチョコの部分にはりついている・・・

ドーナツを出すときに気をつけてってHunちゃんに言わないと、悲しいことになりそうですな。

考えてみるとわたし、もうすぐVili'sもお別れになるのかな・・・?
    20121125_092926.jpg

ちなみに週末の朝ごはんは、だいたいこんな感じ。

Hunnyちゃんが作ってくれます。

これを食べると夜までなんにも食べられません(ほんっとおなか一杯になる。)

でもこれを食べるとなんか週末なんだ~~!って感じがしてうれしいです。

土日どっちかがこれで、もう1日は冬だとおかゆ+Khoというベトナムのポークのおかず(?)かいり卵。

そんな感じです。
   reeses.jpg

ちょっと関係ないけど甘いもののことを書いたついでに。

ハーシーズのReese's Peanut Butter Cup。

アメリカ在住の方やアメリカに住まわれたことのある方にはおなじみかと思います。

つい最近から私がいつもいっているスーパーでアメリカのものをちょこっと売るようになり気軽に買えるようになりました。

前はアメリカからの輸入のお菓子類を扱うお店か、ディスカウントストアでヨーロッパからの輸入のお菓子なんかと一緒に売っている場所でしか見えなかったんです。

なのでうれしくて最近買っちゃってます。

この平たいカップの中に、たっぷりのピーナッツバターが入っているのですが

そのピーナッツバターの塩気とチョコの甘さがぴったり。


あとね、袋すてちゃったので写真はないのですが、

M&M'Sのピーナツバターもお薦めです♪

M&M'Sの中ではこれが一番すきかも。


アメリカはピーナツバターもの、多いですね、考えてみると。

ピーナッツバタークッキーとか、とってもさくさくしてて大好きなんですけれど、

そういえばこっちでは見かけないかもしれません。



では。 洗濯がおわったので、この辺で。




ではまた☆

Have a nice weekend♪




[EDIT] [TOP]

28.06.2013, Fri

☆ Children ☆ 2

  20130527_124859.jpg

これは前回からの続きです

前記事 ☆ Children ☆ はこちらから


「母」という言葉に、皆さんはどういう印象をもっているでしょうか。

ただただ単純に「母」という響きを耳にするとき。

それはどんな意味をもつでしょうか。


私の中で「母」という言葉は

とても大きく暖かいもの。 

いつでもどんなときもそこにある。

強くて、いつも自分のことは後回しで、疲れないのだろうかと思うぐらいくるくると働き者で、明るくて。

少々のことをいっても動じない、あっけらかんとした空気。

少し垢抜けなくて、でもなりふりよりも

常に家族の幸せをなによりも願っている。

なにがあっても、必ず見守ってくれる。

誰に嫌われても、絶対に見方でいてくれる。

そんな意味をもちます。


過去にこのブログでも私は私の母にふれたりしてきましたけれど

それは私が「母」とここに書くとき、

先に書いたような意味を、その「母」という言葉の上に載せてきたように思います。


私の母が。

実家の母が。

客観的にその文面をみるとき、まるでその母が私のおもうところの母であると錯覚するぐらいに。



実際のところ、私は私の母のことをどれだけ知っているかに自信がもてません。

それはこれまでの間、きちんと話しをしてきたこともなかったし、

いつもいつも遠慮ばかりして一定の距離がお互いの中にあったからだと思います。

家族といえどもある一定の距離があることは大切かとは思いますが、

しかしながら私たちの間の距離はまるで磁石の同じ極のようで

まったく寄ることはなかったというのが、私の記憶です。


なので私がこの後このテーマで母のことを書くとき、

それはあくまで私の中に残っている記憶を元に

私が私の中で長い間をかけて作り上げてきた「母」という人物をにすぎないのかもしれないということを

あらかじめここに記しておく必要があると思います。


私の母は、冒頭に書いたような私がイメージする「母」像というものとは、全くかけ離れていました。

正反対だった、とも言えると思います。

私がもつ「母」というイメージを勝手に押し付け、それと違うから母は悪い母なのだということはフェアではありませんが、

でもそういう目的でここにこれを書いているのではないのです。

私の中で「それとは正反対」の私の母として居続けるなら、私は「その」母と向き合わなければならない。

そういうことなのです。


いろいろなことを考えるとき、いつも思うのは

根本では母が私を憎んでいた、嫌っていた、というのとはちがってたのではないかということです。

ただひたすらに、母自身が自分をもてあましていた、

一言でいえばさびしすぎる自分自身の心を自分の夫や子供がしてくれる自分へのことで埋めようとしていた、

その結果であると思います。

自分自身は努力することなく、自分の幸せや自信を得るために他人に過大な期待をかけ、それがなしえなかったときに大きく失望する。

それはおそらく母が母自身に課した期待で母自身への失望なのだと思いますが、

大きな間違いはそれを母が全く気がついていないということでした。

あるいは本当は気がついていたというべきかもしれないけれど(母の言動からしてそう感じることもないことはなかった)、

それに母が自ら直面しようとすることはなく、常に蓋をし、見ないようにし、逃げ回ってきた。

結局は自分を守るために人のせいにしてきた。

そこがすべてであると思うのです。


私はそんな母のもとで

母が私に課してきた到底なしえるはずのない母の期待や希望にうんざりし、嫌悪し、

同時に無能であることへの罪悪感を感じ、

そして私がそれをできないときの母の私に対する悔しさやもどかしさや失望を常に体で感じてきたわけですが

こういうことの繰り返しの結果、私はどうなっていったかというと。

どうして本当の私をわかってもらえないのか、という悔しさや悲しさという思いなんてとうに通り越して

本当の私、というものをどんどん失っていったのです。

私が知っている私という人間と、母の思う私という人間のはざまに立ち

結局どれが本当の自分なのか、わからなくなってしまったのでした。


そしてその後ずっと、

母の望む私と私自身が望む私との間で

苦しんでいくことになったのです。

なにをすることが私自身を幸せにすることなのか。

それを長い間探してこなければなりませんでした。


私自身もまた、自分を守るためにたくさんの鎧をみにつけてきましたが、

それは重くなるだけで、私を守ってくれるものでは決してありませんでした。


母のようには絶対になるまい。

たった一人でも自分の子供を守れるような強い人間になるのだ。

生きても死んでも子供の傍らに立ち続け、見守り信じていく人間になるのだ。

しっかりとした自分の軸をもち、自分で自分を幸せにできる人間になるのだ。

そしてなにからも独立して、自由になるのだ。

私はそれだけを胸にここまで生きてきました。

それが私が生きる意味のすべてでした。

今まで歩んできた道は本当に本当に長く、暗く、辛い道だったけれど

そこに私が自ら選んで身を投じてきました。

ずっとずっと孤独に、誰にも心をゆるさずに。

人に甘えていては、絶対にそこへは到達できないと思っていたから。

でも、孤独でもつらくてもなんでもいいと思った。

そんなこと、ほんとにどうでもよかった。

それで私が思うような私になれるなら。

私自身の言動にもみえた、あれだけ嫌悪していた母のそれと同じものを、完全に取り除くことができるのなら。



でももう、許さなければならないときがきたのです。

母ではなく、私を。

母の期待にこたえられず、罪悪感を感じてきた私を。

母に受け入れてもらいたかったばかりに、どんどん自分を否定されることに敏感になった私を。

どうして本当の私をみてくれないの、と怒り叫んできた私を。

私のなかにいる、母とこうして生きてきた日々のなかでうまれた

悲しみや苦しみや寂しさを抱えたまま置き去りにされてきた

たくさんの子供たちのその一人一人を

開放するときがやってきたのです。

私はもう、この子たちを背負っていきていかなくていい。



私は私の母を母として丸ごと受け止めることができるように

私はただたんに母を私の母として無条件で愛することができるように

私がそう、母にしてほしかったように。


そしてそれは結果として

私が私というものを

丸ごと受け止め無条件で愛することができるようになるという

私が超えなければいけない本当の壁なのです。





ではまた次回に☆




[EDIT] [TOP]

27.06.2013, Thu

☆ Divine Timing ☆

   20120726_124909.jpg



わたくしといふ現象は

仮定された有機交流電燈の

ひとつの青い照明です

(あらゆる透明な幽霊の複合体)

風景やみんなといっしょに

せはしくせはしく明滅しながら

いかにもたしかにともりつづける

因果交流電燈の

ひとつの青い照明です

(ひかりはたもち、その電燈は失はれ)


これらは二十二箇月の

過去とかんずる方角から

紙と鑛質インクをつらね

(すべてわたくしと明滅し みんなが同時に感ずるもの)

ここまでたもちつづけられた

かげとひかりのひとくさりづつ

そのとほりの心象スケッチです



私のブログの原点です。

ここにつづるすべては、わたしの「そのとおりの心象スケッチ」です。


肉体は何度も失われても、決して消えることのなくたもたれてきた魂という光が

これまでの間にずっと感じてきて、そしてこれからも感じていくだろうことを

書き留めておきたいと思っています。






時には

目の前に開かれた扉があるのなら

すぐさま通り抜けなければならないことがあります。

その扉がしまってしまう前に。

この先がどうなるのだろう?と足踏みをしたり

もしかしたら間違った扉では?と躊躇したり

そんな時間はちょっとだってない時があるのです。


進みながら考えていかなければいけないことも、あるのです。

それでいいんです。

勇気をもって扉をくぐったら

必ず進む先がみえてくるはずですから。


もし確実な結果がわからいなら扉をくぐることができないと思うなら

今の場所から前へ進むことは決してできないのです。

あるいはもともと

扉をくぐりたいとは、あまり思っていなかったのかもしれません。


扉が閉まってしまってから

「あのときあの扉をくぐっていたらどうなっていたのだろう?」と

考えて生きていきたいですか。

私はいやです。

開かれた扉がそこにあるのなら、

その先には道がないわけがないからです。

私はその先を絶対にみてみたいです。


怖いことなど、おこるはずはない。

なぜかってそれは

そこにその扉が開かれているということ自体が

あなたにはこれからおこることを受け止められる準備ができていますよ、

今なら大丈夫ですよ、という

神様がくれたタイミングだからです。


もし扉の前で迷っているなら、

もう向こう側へいきましょう。

その扉は絶対にまちがっているはずなどないのですから。





ではまた☆





[EDIT] [TOP]

26.06.2013, Wed

☆ チャーシュー ☆

   20130625_131649.jpg

がーーーーっ、今日は早起き。 

9時半に引越し屋さんが見積もりに来ることになっていたからです。

Hunちゃんと一緒に5時におきようと思いましたが、ためでした。

でもがんばって6時にはおきましたよ。

8時におきれば間に合わないこともありませんけれど・・・ でもなんかばたばたするの、やだし。

お引越しやさんからは15分ぐらい早くついちゃいそうなんですが、いいですか~~?と連絡があったので、早く準備しておいてよかった。

今日15時にはフェンス屋さんがきて、

あとはお庭の業者と不動産会社に話しをしなければなりません。

特に家については売るのがいいのか貸すのがいいのか、

はたまた売りだしてしまって売れるまで貸す形にするのがいいのか、

いずれの形にしても、何を直して何をアップグレードすべきなのか、

私たちにはとーんとわからないのでプロにきいて早めに策を練るしかありませぬ。


ええ、実際こういう状態なのに、あと少しで引っ越すんですよ。 

すごいですよね・・・




さて、週末にチャーシューを作りました。

なんで急にチャーシューなんか、って感じなのですが、

前にCityで買ったスープ付の棒ラーメンみたいな中華そばがわりかしおいしくて、

ぜひ次に食べるときには(2回分かったので)チャーシューと煮卵なんぞのせたいと思っていたからです。

去年きなこが来ていたときに作ったチャーシューは生姜がきつすぎたし肉もぼろぼろすぎてなんか失敗だったので、

今回は慎重に慎重に作ってみましたよ。

いろんなレシピをよんで、あ~本来はこうやって作るんだーって思いました。

やっぱりこんな料理下手な私が、去年のように闇雲に作ってはいけないのだ、と確信しましたです(苦笑)
   20130623_114510.jpg

お肉は肩の部分を使いたかったのですが小さなサイズってなく(みんな1.5kgとか)、手ごろのサイズがあった豚バラで作りました。

700gぐらいだったかな、この豚バラ。

きれいな長方形ではなく歪んだ台形みたいな感じだったので、余分な部分を切り落とし長方形にしてみたら500gになりました。

この豚バラブロックColesで買ったのですが、チャイニーズローストポークを作るときもいつもこれです。

Colesにはあまりいかないんですけれど行ったら必ずお肉のセクションをのぞいて、ちょうどよい大きさのこれがあれば買って、冷凍しておいています。
   20130623_120300.jpg

チャーシューのレシピを探すのに何日間もかかりました。

というのも、買い物したあとにお醤油があんまりないことに気がついて(汗)

多くのレシピはお醤油を200ccとか使っている。

100cc使うものもたくさんあったんですが、実際のところキッコーマンのボトルの中には50ccも残っていないだろうと思われ。

幸い、アジアンストアで買うベトナム語だかカンボジア語の書かれているお醤油もあるけど、これも100ccに満たない量。

これとミックスしてなんとかするしかないっ!って思いつつ、お醤油が少なくて済むレシピを探してみました。
   20130623_120703.jpg

醤油をあまりつかわなくても工程があまり好きではなったり(ってほとんど作ったこともないのによくいうけど)、あれでもないこれでもないを繰り返し、

3日後ぐらいにお醤油を大匙4だったか5しか使わないあるレシピに決定しました。

キッコーマンとアジアのお醤油を半々にして使いました。


結果、一番上の写真のものが、出来上がりました~~~♪

なんかきっちり巻けなかったみたいで空洞が真ん中にありますし、なんかチャーシューじゃなくて違うなにかのようですが(豚足のスライスかな?)

でもとってもやわらかく、とってもおいしいチャーシューが出来上がりました☆

煮汁も煮詰めてたれができましたが、とってもおいしいたれです。
   20130623_185213.jpg

端っこの部分の切り落としはチャーハンに。

んー、チャーハンにはいつもチャイニーズローストポークのあまりを使っているのですが、私的にはそっちのほうが好みかも。

チャーシューを使うと肉を含んだチャーハン(?)を食べるとき、微妙に甘辛な味がします。 

ロースとポークのほうが塩気があるのでやっぱりそっちのほうが好きかなー。
   20130625_164445.jpg

そして次の日はラーメンに。

ラーメンにはほんとによくあう、おいしいチャーシューでした。

たれに卵をひたして、味付け卵(? 煮卵?)も作りました。

半熟な卵にしたのですが、激ウマでした。

食べるときにネギをのせるのを忘れたことを思い出しました。
   20130626_101701.jpg

最後残った5切れで今日のお昼。チャーシュー丼。

たれもかけて。

チャーシューを電子レンジでチンしたら、もんのすごいラーメン屋さんのにおいがする~~!!

なので最初めんどくさくて入れるつもりなかったネギも、いれたくなりました。

すげ~~~うめ~~!

ネギを一緒に食べると食べないとでは、雲泥の差ですなー。

実はチャーシューってつまみみたいに単品で、とか食べたことがなくって

もちろんこうやって食べたこともなかったんですけれど、

こんなにおいしいんだったらHunちゃんのお弁当にしてあげるんだった。
   20130623_181530.jpg

余談なんですが私チャーハンの素が大好きです。

Cityに行くたびにチャイニーズストアで買ってきていたのですが、ここ最近ずっとずっと見かけませんでした。

で、日本に帰ったときにスーパーにいったら88円だったので、たくさん買ってきました。

こちらでは確か3ドル何十セントだったので、88円なんて夢の価格。

その近くにあったゆかり、ごま塩、そしてきなこへ送るためのふりかけ(←大好きなんです)も購入しましたが、

なんと大好きなわかめご飯のもとを買うのを、すっかり忘れてしまいました。

というのも日本にいく何日も前から思いついては買いたいものを書き留めてきたメモ帳を、日本にもっていくのをすっかり忘れてしまったからなのです。

買ってない!と思い出したときにはこちらに戻ってから少し経っていたんですけれど

すんごくすんごく残念で「なんでメモ帳わすれたよ」とずいぶんとしつこく思っていたのですが、

つい2週間ほど前にCityにいったときにもぜんぜん買い忘れました。

そして実際には、日本に持っていくのを忘れてしまったメモ帳にはわかめご飯の素はかかれていなかったという。


よくわからない私の頭なのでした。





ではまた☆






[EDIT] [TOP]

25.06.2013, Tue

☆ Children ☆

  20130527_131730.jpg

昨日もブログ記事でもふれましたが、私とHunnyと犬2匹は引越しをすることになりました。

これは私がオーストラリアにきて以来、ずっとずっと希望してきたことです。

いろいろ考えたりすることはありますし、正直無謀と思えるところもあるのですが

この降ってわいたようなチャンスに喜び、深く感謝していると同時に

思いというのは必ずかなうのだ、ということの証明と

ここ最近の私のちょっとした生活や心の変化に

驚きと見えない何かへの確信を感じています。



私がずっと望んできた新しい生活を前にして、自分の中で一区切りつけておきたい事柄があります。

これまで4年半ほどブログを書いてきた間、いつもどこかに引っかかっていたことです。

というよりは私が生まれてきたそのときから、ずっとずっと私とともにあった事柄で

それは私という人間を形成したものであると同時に、長い間私を苦しめてきた問題でもあります。

ブログのような公の場所で人様にさらせるような、たいそうだったり楽しかったりする話でもないし

果たしてここに書くことががいいことかどうかもわからないのですけれど、

こうして文章にまとめることによって今までいろいろなことを解決できたり発見できたりしてきたので、

そうしてみたいと思います。


書き始めてみたら1日や2日では終わらないっぽいので、ちょこちょこずつ書いていこうと思っていますが、引越しまでに終わるのかな(笑 むりだろー)

海外生活とかオーストラリア情報とかからは程遠い内容になりますので面白くないと思いますが

たまにこの記事がアップされると思いますので、よろしくお願いいたします☆

あくまで自分のために書くものですが、

もしこれを偶然にでも目にされたどなたかが同じような感情を持たれ、共鳴し、

心の整理のためのきっかけとなればそれはそれでうれしいと思っています。

では、始まりです。


                        



何週間か前に日本に帰り、それが7年ぶりだったとこのブログにも書きましたが

7年も帰らなかった理由には、やはり金銭的な理由もありました。

今までも帰ろうかな、帰ってみたいな、と思ったことは何度かあったのです。


きなこが1歳のときから彼女をつれて毎年帰っていた日本でしたが、

2005年暮れから2006年のお正月をまたいで帰国したのを最後に、

一切帰っていませんでした。

その後2008年にハワイを出るまでは

きなこのワシントンDCへの学校主催の旅行があったり

私自身がオーストラリアにきたり

ハワイでは前の夫とは別れて一人だったので

これらの上に日本に帰るまでの金銭的な余裕はありませんでした。


私がオーストラリアにきてからは、Hunnyと二人分の収入があるので楽にはなりましたけれども、

ハワイに住む娘きなこに毎月お金をおくったり、

きなこがこちらにくるときには私も送り迎えのためにハワイを2往復したり

きなこが一人でこられるようになった前回からもシドニーまでいったりと、滞在中もたくさんお金を使うので

私自身が日本に帰るとか、私のためにするようなことはもう最後も最後、

おこがましいようで言い出せなかったというという理由がありました。


でも実は、お金よりもなによりも帰らなかった大きな理由ががひとつありました。


それは、私の中での、母との問題でした。

平たくいってしまえば「確執」とも言ってしまえるとおもいます。

ただし、あくまで私が私の心の中で抱いてきた問題ですので母はそれについてどう思っているかは私にはわかりませんし、

私からの一方通行的なものかもしれませんので、確執とか不和とかの言葉が当てはまるのかどうかはわかりませんが・・・

母との関係を考えるとき、気軽に日本に帰りたいとは思えない部分がありました。

「帰りたいけれど帰りたくない」という矛盾や葛藤が生まれるような、お金などのように単純ではない、大きな大きな問題なのでした。

これは私が45年間ずっと持ち続けてきたもので、

私が自分の中で解決していかなければならない、

自分VS自分の問題。


これまで、1993年に日本をでてから、遠く離れているから母との関係はうまく保っていけるのだという結論に達していました。

離れることでいろいろなことを思い出さずにすむ。

記憶は薄れていく。

しかしながら

これまでに私が浴びてきた母の言葉の数々は、その時々に私の選択に、大きな影響をもたらしていました。

思い出したくない言葉。

離れて何十年と経っても、なにかをする度にそれが聞こえてきてならなかったのです。

そしてそれに対する言い訳や罪悪感。

私はいつも、何に対して、誰に対してそれらを抱いてきたのでしょう。

私はそれを、母と会わない時間を長くすることによってゼロに戻していこうとしていましたが

でもそれはだんだん難しくなってきたことがわかりました。

それは、夫Hunnyの家族の関係を見るとき。

私はその中にいると、自分の家族が遠くにいるのだということ否応なしに感じされられ

私自身の家族の存在や関係を考えることが多くなっていったのです。

それは今までどこかに葬り去ろうとしてきた「母の言葉」を考えることとは違いました。

もっともっと、私が根本に持っている、家族に対する思い。

そして母に対する思い。

私がずっと、母にただただ私として認めてもらいたかった、

ただの、母の子供として無条件で愛してもらいたかった、

いくつになっても私は母の子供で、それらの気持ちはどこにも消し去られることなく私のなかにあるのだということ。

今回日本に帰って、自分の家族というものの存在が、どれだけ私の心の支えになっているかということ。


私はこれらを超えない限り、決して100%の幸せはありえない。


直面するときが、やってきたのかもしれません。




ではまた次回に☆




[EDIT] [TOP]

24.06.2013, Mon

☆ Intention ☆

   20130624_123210.jpg

今日はBusy Busy Day。 

いろいろな用事を済ませるため、Hunnyちゃんがお休みをとってくれました。

まずは箱やさんにいって、箱を20箱ほどかってきました。

新品とセカンドハンドの2種類があって、セカンドハンドのものを買いましたが、1箱だいたい3ドル前後。

こんなもんじゃ足りないと思うけど、とりあえず今日はこれだけ。

ところで箱やさんにひとつ見慣れた箱があって(笑)

3月まで働いてたところで使ってた、確かうがい薬用の計量カップがはいってたダンボールだったと思う。

こういった箱はいつもたたんでまとめていて、リサイクル業者に売っているのだと聞いたことがあったのですが、こういうところにきてたんだー。

なるほどね~~。

   20130624_184710.jpg

シュレッダーも買いました。

いろいろ種類があって迷いましたけれど、家庭で使う用ですからね。

でもこれで過去何年か分のInvoiceが処分できる~~~!

明日これで紙の処分にいそしみます。
   20130624_172527.jpg

箱やさんがちょうどHunnyの実家に近かったのでよりました。

まぁ、こちらがメインだったと、いうべきなんですが。

お昼すぎにいったんですが、今日のよるご飯にとお母さんがつくったヌードルを持たしてくれました。

Bún bò Huế です。

ちょっとピリ辛なスープで、たっくさんのビーフが入っています。
   20130624_172612.jpg

お母さんが作ったものを食べるのは・・・ いつ以来だろう。 もしかしたらクリスマス以来?

もんのすごく久々だな~~とつくづく思いながら食べていましたが、すごくおいしかったです。
   20130624_170412.jpg

一緒にもらったしょうがの飴。

おいしくてとまらない~~~! 家に帰ってきてからもう5個も食べちゃいました。

なんだろう、なんか懐かしい味? やわら~~い飴で甘いんですがしょうがの辛さがあって。

やめられなくなります。

特に、Bún bò Huếのヒリッとしたスープのあとにこれ。

うますぎました。
   20130624_170445.jpg

「しょうがあめ」と書いてありますね。

今もたべたいんですが、Hunちゃんがだめというので、明日まで待ちます。

うーーーー! Addictive。




なぜシュレッダーやら箱やら買ってきたかというと・・・

私たち、お引越しすることになったんです。

急に決まりました。

もしかしたらそうなるかも、というのは

私が日本に帰ってたときにHunちゃんから電話できいたので、私はその時点で母と姉には話していたのですが、

もう少し具体的になったので、Hunnyのお母さんに今日話しに行ってきました。


でも、ほんとになぜなんだろう。

考えても、わからない。

あそこの家に行く度に複雑な気持ちになる(苦笑)

いつも家に帰ると残るわだかまりのような気持ちがいやでいやでたまらなく、なぜなんだ~~!って考えるんだけど。

基本的にお母さんの話が「自分の家族ベース」だから、疎外感に似たものをを感じるのかな~~と思ったりする。

今日はほんとに言いたくなかったけど、いっちゃいましたよ。

気持ちはよく理解できるんですが、

I have my own family too.

実家の母はこの機会を、ものすごくよろこんでくれている。


会ってないのは、会えなくなるのは、あなたたちだけじゃない。

家族に会いたいのは、あなたたちだけじゃない。

私だって私の家族に会いたいし、私の家族だって私に会いたい。

それは同じこと。

そういうことって、今まで考えたこと、あったのかな。



Hunnyの両親家族はみんないいひとたちなんです。

だけどなぜいつもいつも会うたびにこんなにも憂鬱な気持ちになってしまうのか、ほんとわからなくて。

Hunnyはきなこにも本当によくしてくれるので私もHunnyの家族を大切にしたいんです。 それはうそじゃない。

だけど、どうしても心が閉じちゃうの。

私の問題であることは確かだけど、

いつもいつもなぜか責められているようで、悲しい。

なぜか私がわるいのだ、という気もちになる。

ほんとうにそれは私が勝手に思ってるだけなんだけどね。


なぜこんなに憂鬱になるのか、その理由さえわかれば解決方法が見つけられると思ってこれまでずっと考えてきたけれど、

結局私がしなければならないのは

はっきりとした意思をもつこと。

それだけだな、っておもいます。


だからもう罪悪感とか、感じない!

私は本当に望む生活を、していきたいから。

そうして、Hunちゃんときなこと、犬と、私の家族と、そしてHunnyちゃんの家族と

幸せになりたいから。


愚痴っちゃって、ごめんなさい。

でもすっきりした。

また心が開けた。


明日から「おしっこ しー」(←お引越し 小さいころ兄がこうやって言ってたな~ ばかだな~ 笑)の準備でた忙しいんだし。

がんばりまする。





ではまた☆




[EDIT] [TOP]

23.06.2013, Sun

☆ 乾燥地帯 ☆

  20130623_124650.jpg

今日のアデレードは晴れていましたが、ものすごい風。

洗濯物を干しに裏庭にでましたが、物干しがくるくる回るやつなので干してるそばから動いていっちゃって、もー大変でした。

でも天気+強風だったので、お洗濯物はすぐかわきましたけれどね。
  
  20130623_124609_3.jpg

お隣のお庭にある、大きな大きな木。

フェンス脇にあるので、風であおられわさわさいう音が聞こえるので、犬たちも怖がって今日は外にでません。

犬たちは今日は一日中ヒーターにくっついて寝ていて、とっても静かです。


こんな日に外に洗濯物を干していると手がものすごくかじかんで乾燥し、もー手の甲がいたい~!って感じ。

アデレードは夏はオーブンの中のよう暑くて乾燥がすんごく激しいですし、

冬は雨が多いといっても寒いので水分を奪われるー!って感じがすごいし、その上ヒーターをがんがん部屋でたけば、やっぱりお肌は乾燥します。

1年を通してなんか肌が痛いっ!って思うことがほんとによくあります。


ていうかこんな私が「お肌」とかいっちゃって、乾燥が肌にわるいとかどうとかを語るのはまったくガラじゃない、って感じなんですけれど、

ここ何年かの間での自分自身の劣化が激しいなぁ・・・と常々思っていて、

それはやはり、よる年波には勝てぬ  というのは紛れもない事実なんですが

降圧剤を飲んでいるのでやっぱり体があまりよくないのかな・・・とか、

鏡をみるたびに実は心配になったり落ち込んだりしていたんです。

でいろいろ調べていくうちに、大きな原因は乾燥にもあるのだ!と思いました。

・・・え? 基本すぎ??  ひゃ~~~ 

今まで湿気の多い場所に長くすんでいた+ほんとに美容とかそういうことにかまわなさすぎたこともあったので、

ちょっといまさらなんですけれど、なんかやってみようかな~~なんて思ったりして。

   20130616_120611.jpg

んで、日本からたくさん持ち帰ってきたのが、こちら↑の類。

美容液などを含んだ、フェイスマスクです。

こちらでも売ってたりしますが、やっぱり日本で買ったほうがぜんぜん安いので、ドラッグストアで買ってきました。

いろんな種類がたくさんあってほんと迷っちゃいましたが、でも母曰く、私はしばらく毎日続けたほうがよい、ということで(あまりに乾燥の中なにもしてこなかったので)

1つに何枚もはいっているようなコスパのよいものをいくつか買ってきました。

日本から帰ってきてから、シャワーあとに毎日使っています。
   facemask.jpg

Hunnyさんはこういうものが大好きで、普段も私が使っているトナーやモイスチャライザーなどを使っています。

このフェイスマスクも絶対気に入るだろうと思ってかってきたのですが、案の定毎日使っています 

実は日本から帰ってきて、驚いたことがひとつあるのですが、

それは肌が、なんかつるつるしていたこと。

朝顔を洗ってるときに「あら???」って思いました。

ていうか肌だけでなく、髪の毛も違ってた。

朝顔を洗って歯磨きをしたあと必ず髪の毛を梳かすのですが、引っかかることなくさらさらつるつるで、なんかびっくりしちゃいました。

たった1週間、いただけなのに。

やっぱり湿気があったからでしょうか。

あるいは水がちがうのでしょうか。 お風呂の効果も、あるのかしら。

なのでその状態をなるべく保つべく、今まで遣ったことのない美容液とか、買っちゃいました(笑)

すぐに、もどっちゃったと思いますけれどね。

髪の毛とか、もうぱさぱさだし。

   20130616_120706.jpg

私が買ったその美容液もやっぱりHunnyちゃんは夜に使っています。

そんなHunnyちゃんは日本の洗顔が大好き。

とくにスクラブのものがすきなので、ドラッグストアで見つけた男性用のものを買ってみました。

まだ前のが残っているのでこれは使い始めていませんけれど、気に入ってくれるといいです。


Hunnyちゃんはハンドクリームもこまめに塗っていて、それを話したらうちの母は驚いてましたが、

かといって肌が卵のようにつるつるとかではないんんですけれど、

でも日本の番組でIKKOさんが「男性も実は手入れをしたほうがいい」といっていましたよ。

女性はなんだかんだいってメイクをするのでお手入れをしているから、40過ぎると男女間の肌のちがいが急にすごくでるんだそうです。

Hunちゃんもいよいよあと2年で40ですからね、お手入れしませんと。

てか他人の心配をする前に自分、て感じなんですけれどね。


がんばりまする。。。





ではまた☆




[EDIT] [TOP]

22.06.2013, Sat

☆ 最近のご飯 ☆

   20130613_165845.jpg

最近作ったご飯などを、ちょっと載せてみたりして。

あまり意味はないんだけど、個人的にほかの方のブログの「今日のご飯です」的な記事がすきなので、私も真似してみます(笑)

上のはある日の「ネギ塩チキン」。

タンの焼いたのをたべるときにつけるごま油+お塩のソースとみたいで、とっても美味。

ネギ塩ソースがちょっと塩っからいんだけど、下にたくさんしいたキャベツの千切りと一緒にもりもり食べれば大丈夫。

私は肉をソテーしたりするのがほんとに苦手なので、チキンを焼くのはHunnyちゃんにしてもらいましたが、回りがかりっかりでとってもおいしかったです。

この前書いた浅草寺の記事(→)にも載せた、やきかつ桃タローで食べていてもおもったんですが、

最後に豚汁とお漬物を食べていて、つくづく日本の食事は塩分が多いんだな~~と思いました。

日本人が1日に摂取する塩分は欧米人が摂取する塩分の約2倍だそうです。
   20130617_161854.jpg

ある日は野菜たっぷりチヂミ。

これは失敗した。 見た目はすごくよかったけど。

見つけたレシピがてんぷら粉を使うレシピで、そのレシピにはまったく何の問題もなかったんですが、私のてんぷら粉に問題あり。

冷凍庫にてんぷら粉があると思ってたらなくて、戸棚の中に買ったけど使いたくなかったてんぷら粉(英語のブランドだったので)があることを思い出しました。

戸棚をごそごそしたらあったのですが、賞味期限が思いっきり切れていました。

その時点でほかのレシピを探せばよかったんですが、袋を開けてなかったのでつかっちゃえ、って思って使ったのが大きな間違い。

水と混ぜている間に古い粉のにおいがしてて、いや~~な感じだったのです(苦笑)

食べたらその味がして、ほんとにがっかりしました。。。

でもこれと一緒に作ったキムチチゲがすごくおいしかったので、救われました。

キムチチゲはツナ缶をいれるレシピを使いましたが、「コクが出る」と書いてあったとおりで、とってもおいしかったです。 ぜひお試しを。

チヂミはおいしいのを作れるようになりたいです。
   porkcracklingdinner.jpg

ある日はチャイニーズローストポーク。

たまにはHunnyちゃんの食べなれたものを。

写真がちょっとみづらいんですけれど、豚バラをローストしたものを切って、

ハーブ、きゅうり、ライスヌードルと一緒にレタスで巻いてニョクマムにつけて食べます。

いつもだいたい1kgぐらいの大きさの豚バラを買いますが、

2回こういう風にしてレタスとかと一緒に食べるか、あるいは1回たべて残りはチャーシューみたいにチャーハンに入れて食べたりします。

ライスヌードルはBanh Hoiというものを使いますが、フレッシュのものはほんとにおいしいです。

が、午前中にお店に行かないとうりきれちゃったりするので、なかなかチャンスがありません。

  whitestew.jpg

ある日はホワイトシチューとサラダ。

なんかやる気ない写真ですみません(汗) 

これ、なんどか作ってますが今回ほんっっっっとにおいしくできました♪

ちょっとしゅるしゅるだったんですが、でも味がね~。 大満足でした。

翌日にまた一杯食べました。


いつもレシピは「Cookpad」から探してるんですが、時々困ることがあります。

「鶏むね肉2枚」とか「豆腐一丁」とか「キャベツ4分の1」とかみたいに書いてあると、はて、日本のそれらの大きさはどれぐらいなのだろう・・・?となってしまうからです。

日本で自炊したことがなかったので、あんまり野菜の大きさとか覚えてなくて。

日本のピーマンが小さいこと、にんじんはこちらの袋にはいっているようなものに比べると大きいし、ナスはちいさい。

覚えているものもあるんですが、時々ものによってはどれぐらいの重さや大きさが平均なんだろう・・・?とか、はたと考えてしまうのです(苦笑)

なのでこの前日本に帰ったときに大きさを見てみたりしました。


すべての原因は私の料理のスキルが低く、応用力がない、というところにあるのですけれどね・・・

こんな私でもできるものを、日々探しているわけなのです。



でもでも、ほんっと、時間があるっていいな~~。

食事も、すごく丁寧につくれますものね。 それがおいしくできた!っていうときの秘密のような気がします。

作りながら「あー、いつもはここで大雑把にやってたな~」ってよく思ったりするので。

でも仕事をしているときは時間がないから、仕方ない部分もありますよね。

仕事もしつつ、家のこともちゃんとやれる人は、ほんとすばらしいですね。

尊敬してしまいます。

   20130612_133021.jpg

おまけ。 さくらさん。

10日前ぐらいの写真なんですけれど、毛がのびてきたのでちょっと結んでみたものです。

すごく嫌がるんですけれど、今回はあんまり結んだのを感じてないようでずっとそのまま頭の上にちょんちょこりんがついてるのがかわいい。

   20130610_115932.jpg

ゆずも結んでみたのですが、ちょっとこの写真ではみづらいかも。

ゆずちゃんはピンクのゴムで。

ゆずは話しかけるといつも首をかしげるのですが、そのしぐさがほんとにかわいくてかわいくて。


二人とも、最近は私がいっつもおうちにいるのですっかりママっこになってしまいました。

でも二人とも重いので、抱っこが大変です(汗)





ではまた☆





[EDIT] [TOP]

21.06.2013, Fri

☆ ミスド@姉 ☆

   20130529_134034.jpg

私、海外での生活が長いわけですけれど、

これまでの生活の中で、同じく海外で生活している日本の人とのかかわりも多くありました。

オーストラリアにきてからはほんとにないですけれど、ハワイでは日本からの日本人人口っていうのが結構多かったので、

よれば日本のなにが懐かしいとかあれが食べたいとか、そういう話になりました。

食文化の発達した日本という国の出身なら誰もがきらいじゃない、とっても盛り上がる話題です。

その中で、ミスタードーナツ。

「なつかしい・たべたい・行きたい」率、割りとたかいと思います。

私の中では、ダントツ。

もちろんアメリカにもオーストラリアにもどこにでも、おいしいドーナツって一杯ありますけれどね。

アデレードにはないクリスピークリームドーナツも私は大好きですが

でもミスタードーナツ、やっぱり違うって思います。


私は先日日本に帰った際に、姉と二人でミスタードーナツに行きました♪

事前にメールでどこかいきたいところある?と姉がきいてくれたので、迷わず、ミスタードーナツ。

姉がミスタードーナツをいれた1日の予定を、立ててくれたのでした♪
   20130529_134049(0).jpg

↑これは、姉が食べたもの。

なんか昔はお店の人に「どれどれをいくつ」という風にお願いして、お店の人が後ろに並んでいるドーナツをとって箱にいれてくれてたように思うんですが

今回はなんかセルフサービス風になっていました。

一番上の写真が私が食べたドーナツですが、もう長い間たべてなかったので自分がどのドーナツが好きかもわすれちゃってました。

ポンデリングは最初にとったのですが、そのあとフレンチくルーラーをとろうとして、あ。

ゴールデンチョコレートの存在をすっかり忘れていました。

これ、一番すきだったんだったのに、なんでわすれたのー。

あの、黄色の部分がたまらないのですよね~~。
   20130529_134117.jpg

姉が買ったポンデJrのひとつが、春の桜バージョンでした。

一切れもらったのですが、桜の香り~~~~~ 

とっても日本らしい。
   20130529_134741.jpg

きなこと一緒に日本に帰ったときも必ず姉と姉のガールズ(私の姪二人)と一緒にミスタードーナツに来ていました。

そのたびに「よくここで汁そばをよくたべるんだよ~~~」と姉から聞いていました。

たぶん、この飲茶と汁そば、私が日本に住んでたころからあったような気がするんですけれど、

私は今回日本に帰るまで一度もたべたことがありませんでした。

お昼もかねてたのでじゃ汁そばとドーナツのセットにしよう!ってことになり。

姉はいつもの、汁そば+飲茶セット。
   20130529_134825.jpg

私は肉そば(? だったかな?) 豚の角煮のようなものがうえにのってるやつ。

今まで食べなかった理由は、あんまりおいしくないんじゃないかと心のそこで思ってたからなんですが、ぜんぜんそんなことありませんでした。

決して「すんげーうめー!」ってものではないけど実際おいしいし、ドーナツと一緒についでに食べられるものとしては、ぜんぜんありだと思います。
   20130529_134749.jpg

ほんと二人でどんだけたべるんだ、って感じなんですが、姉の頼んだ飲茶、ちょっと味見してみました。

うーん、なんていうか、普通にこれとしておいしい。


私がたべたのは肉そば(?)とドーナツ、飲み物のセット+ドーナツ追加1個だったのですが、

値段の違うドーナツが2つあった場合、どちらをセットにしてくれるのだろう?って思いました。

姉にきいてみると「高いほうのドーナツをセットにしてくれるんだよ」と。

さすが日本だね~~、こういうところ。

だってさ、ハワイでもオーストラリアでもそうだけど

たとえば靴のセールで「2足かった場合、2足目は50%オフ」っていうのがよくあるんですけれど、

50%オフになる2足目は、必ず安いほうです。

それをいったら姉は「え~~~!? だってどちらが1足目かなんて、決めるのはお客でしょ~~!」といって驚いていました。


この日手芸の材料をたくさんうっているユザワヤへいき、メガドンキもいっちゃいました。

とっても楽しかったのにひとつだけ忘れてしまった、大切なことが・・・・

それは、姉との写真!!!

すっかりとるのわすれちゃってたよ~~~ 

成田にも見送りにきてくれたのに、話に夢中になってすっかりわすれてしまった・・・

また次回、あったときにね!!



姉は会うたびに、いつもいつもなにかお土産をくれます。

今回もきなこに送る荷物のなかに一緒にいれてと、たっくさんの文房具類をきなこにくれました。

こまこました雑貨や新しいものの好きな姉からもらうものは私が買わないだろうものも含まれていて、ある意味新鮮です。

姉からおしえてもらった姉と姪っ子が大好きなとあるお店の塩せんべいは、きなこに送ったら今回送ったおせんべい類の中で一番のおいしさだったといっていました。

前の夫からも「送ってくれたものをきなこがシェアしてくれた。こんなおいしいあられはハワイでは買えないから、本当にありがとう」とメールがきたほどです。

姉のお土産やお薦めは、ほんとに私たちにとってツボ、なのです☆


と話を戻して、ミスタードーナツは一度帰国日に買ってもって帰ってみたいもののひとつです。

今回そのチャンスはあったのですが、なんか買ってきませんでした。

シドニーでクリスピークリームドーナツを買えばいいや、と思いつつ、それさえも買わなかった。


ミスタードーナツが成田にあったら確実に買っていると思います☆





ではまた☆




[EDIT] [TOP]

20.06.2013, Thu

☆ Abundance ☆

   20130619_132151.jpg

今朝は5時おきですた 

買い物に行くのに車が必要だったので、Hunnyちゃんを仕事場まで送っていく必要があったからです。

最近は起きるのが8時とか9時だし、朝は凍えるほど寒いのでおきられるかどうか心配でしたが、意外と起きられました。

なんか昨日ほど寒くないな~って感じましたし。

チェックしたら、昨朝より約1度、気温が高かった 

たった1度でもこの違い・・・ってありますよね、やっぱり。 気のせいじゃないよな。

朝はほんっとに寒いんですが、ここのところすごくいい天気が続いています。 

天気がいいだけでなにかしよう!っていう気になるのが不思議ですよね。

てなわけで昨日はチョコレートチップクッキーを作ってみました。

クッキーはきなこの十八番。

私はどちらかというと焼くのはケーキなのですが、急にたべたくなっちゃったので作ってみました。

クッキーなんて1年以上焼いてなかったような気がします。

なのでというかなんというか、なんともアグリーちゃんなクッキーになってしまいました。
   20130619_132306.jpg

2日ぐらいレシピをネットで探していたのですが、なかなかいいレシピがみつかりませんでした。

ググってもオーストラリアのサイトしかでてこない(グーグルが.com.auなので。)

オーストラリアのレシピとアメリカのレシピって、若干違うんです。

このチョコレートチップクッキーもそうだし、ブラウニーとか、あとラザニアも。


「アメリカのレシピ」で検索してみましたが、なんかいいのがない。

レシピにある写真をみて、どういうクッキーが焼けるか、だいたい想像できますよね。

レシピに「Chewy」とか「Gooey」とかかかれてたら私的には絶対アウト。

チューイーな感じのクッキーは嫌いです。

なんていうか、砂糖の割合が多く、出来上がりがなんというか、極端にいってしまえば砂糖が飴状になった?風な薄~いクッキーとか、ありますよね。

これもチューイー系なんだろうけど、さくさくしないで噛み切るときにクッキーをかんだ状態でクッキーを折るようにして食べるような、それでもパキっといかなくて、ぐにゃっとなるような。

しけちゃった瓦せんべいとか南京せんべいみたいな。

これも絶対許せません。

まわりがかり、中がソフトっていうのも、ものによってはあまり好みません。

出来上がったばかりの、まだ完全にかたくなってない状態のものは、すきなんですけれど。

やっぱりホームメイドのクッキーは、ブラウンシュガーの風味たっぷりの素朴な味で、さっくさくじゃなきゃ。
   20130619_132240.jpg

結局レシピはCookpadから、「アメリカンなチョコレートチップクッキー」的に検索して、見つけました。

私、この手のクッキーにバニラエキストラクトを入れるのがきらいで、そういうレシピは飛ばします(っていれなきゃいい話なんですけれど・・・)

使ったレシピは材料もシンプルで、いい感じ。 グラニュー糖とブラウンシュガー両方使うとも書いてないし(100%ブラウンシュガー派です。)

「このレシピで20枚できます」とあったのですが、クッキーシートにドウをのせてると、ぜんぜん20枚なんてできないよ?って感じ。

それもそのはず。

めっちゃ大きいチョコレートチップクッキーになっちゃってた~~~~!!!

みかんよりも、大きいサイズ(笑)

もうぜんぜん作ってなかったから、感覚がわかりませんでした。

最終的に9枚できましたよ。

見た目悪くなっちゃったけど、ほんっとにほんっとにおいしく出来上がりました♪

普段牛乳は飲まないんですけれど、これを食べるときだけは牛乳が飲みたくなりますなー。
   
                         

ひさびさな、ひとりごとです。 よろしければお付き合いください。



「あなたの人生に必要なことは、すべて与えられます」

といわれたら、あなたは信じますか?


私は信じます。 というか、信じています。

私は人間がちっちゃいのでしょっちゅういろんなことで不安になったり心配になったりするのですけれど、

散々じたばたしたあとに行き着く場所がこれです。

「必要なときに必要なものがやってくる」。 

だから私は待ちます。

願いごとはすぐにはかなわないかもしれないけれど、

でもそれが本当に必要なものならそのタイミングでやってくることを、身をもって体験しています。


誰の身にもそうやってちゃんと公平に、絶妙なタイミングで物事がうまくおきているのだと思いますが、

それはあなたを守る人がちゃんとそうしてくれるからですよ、なんていっちゃうと

へんな宗教とかスピリチュアルにどっぷりつかっちゃってるみたいになっちゃって、ドン引きな人もいるとおもうけど 

でもそこの、そういう枠をとっぱらって、誰がそれをしてくれたとかそういうのも忘れて、
「素」でおきたことを見たとき。

不思議だ~~!って思えることって誰にも一杯あると思うんです。


自分の身に起きること、小さなことでも大きなことでも、それらをどうみるのか。

いきつくところはそこなのかもしれませんけれどね。


私はHunnyちゃんと出会ってから、本当にこういうことを強く感じるようになりました。

豊かさの流れというのは、不安や心配にさえぎられてしまうということをきいたことがありますが、

それならおそらく、Hunnyちゃんとであってから、私が抱えてきたたくさんの、本当に抱えきれないほどだった不安が、なくなってきたのだと思います。

なんでも一人で抱えていかなければならなかったときが、本当に長かった。

私がやらなければなにもはじまらないのだ、とおもってきました。

望みをかなえるそのすべては、自分にかかっている。

人は結局、なにもしてくれない。

最終的には自分を生かすも死なすも自分なのだ。

だから、過去にも何度かふれたましたが、自由とは孤独の上にしかなりたたない、と思ってきたのです。

だから、どんなに応援してくれる人がいても、その手を振り払ってきたのでした。


でも少しずつ、私を受け止めてくれる誰かがいるということで開放され、自由を得ていくのではないか、と思い始めていきました。

そうしていくうちに、私が思うところの「自分が本当に求めていること」というのが、だんだん変わってきました。


私は家族のために生きていきたい。


この人と二人で。

あの子と3人で。

あの子とあの子の5人で。

あの人と6人で。

あの人達と10人で。

その人達と20人で。


前は、自分ときなこ、それだけだったのに。


そう考えたら、不必要なものがたくさんあるように思いました。

今1億円当たっても、なんかあんまりいらないような(あ、でももらうよ、もちろんあたったら 笑)

もう少し単純に、楽に物事を捉えることができるようになってきたのかもしれません。

豊かさを豊かさとして、見ることができるようになってきているのだと思います。



そしてやっともうひとつ、願いがかなう日がきました。

ほんっとに、棚からボタ餅のように、ある日突然降ってきて。

これがタイミングだったんだ、って思いました。


誰にだってやろうと思えば実現できるような願いでしたし、決して難しいことではないのですけど

私にとっては4年間、思い続けてきたことなのです。


これにあたっては付帯する現実的なことを考えるといろいろ頭が痛くなるけど(汗)

でも私は心からの喜びと感謝をもって、これを受け止めたいと思います。


本当に、ありがとう。



皆さんの願いも、きっときっとかないます。

あるときに、そのタイミングで。

そのときになったら、たくさんの喜びで、受け止めてください。





ではまた☆




[EDIT] [TOP]

19.06.2013, Wed

きなこ夏休み★7月25日 その2

  20120725_181049.jpg

まだ続いてる「きなこ夏休み」記事。

娘きなこが去年アデレードに滞在したときの、その最終日だった2012年7月25日の「その2」です。

その1はおととい書きましたが、この日の昼間はCityに繰り出しました。

そしてその晩、仕事が終わったHunnyちゃんにランドルモールでピックアップしてもらい、ディナーに行きました。

アデレードでの今回最後のお食事です。

  20120725_175531.jpg

行ったところはここ。 Walkervill Chinese Restaurant。

Hunnyちゃんとその兄弟が前から行ってる、好きなレストランです。

私もアデレードにきたばかりのとき、Hunnyちゃんに一度つれてきてもらったことがあります。
  
  20120725_181056.jpg

レストランはそんなに広くありませんが、狭くもなく。

とってもおいしいレストランです。

ご主人がシェフ、奥さんがフロアを担当しているのですが、普段いつもこの二人だけなのか、料理がでてくるまでにちょっと時間がかかります。

一番最初にいったときはレストランが満員で料理が出てくるのが遅いなんてもんじゃなくて、途中ででたほどです。

なのでその後、おいしかったな~と思い出してはいたのですがあまり行く気にはなれませんでした。

でも今回、前回食べなかったものを食べてみたかったので、3人で行ってみました。

運よくお客さんは私たちとあと2組ぐらいだったので、問題ありませんでした(苦笑)
   20120725_185919.jpg

食べたのは・・・

まずはヒレのスープ。 ここの、ほんとおいしい。

うちで使っているのは本物のヒレなのよ、とヒレをもってきてくれました。

にせものはどんなだったか、説明してくれたのですが1年前のことなのでわすれちゃいましたが、違いわかりますよ。

いつもインスタントのヒレスープを、家で食べてるから(笑)

アデレードでもにせもののヒレを使って出してるところ、結構あるそうで、

インスタントのものは1ドル99セントだし、そういうものだとして食べるから別にいいですが、

レストランでほんとのヒレじゃないのに本物と同じ値段だったら、やっぱやですよねぇ。
   20120725_183114.jpg

今回はこれを食べにきました。 エビチリ、なのかな。

でもこれはそのまま食べるのではなく・・・
   20120725_183118.jpg

このパンにソースをつけて、食べます。
   20120725_183312.jpg

このパンが、なんというかとってもむっちりしてて、やわらかくて、ほんとおいしい。

それをたしか、揚げてあったのかな。

こうやってこういうものを食べたことがなかったので、とっても新鮮でした。

えびもぷりぷりでほんとおいしい。

これ絶対お薦め。

  20120725_184937.jpg

なにしろ1年前のことだから、名前をわすれましたが、これもオーダー。

したにろうそくがあって、なんか旅館ででてくる一人前のおなべみたいに、常に温まっています。

これもめっちゃ美味。

ここのはほんと、どれたべてもおいしい。

なんかその、ほんっとに味にうまみがたっぷりって感じなのです。

だから口に食べ物をいれてかむと、なんか唸ります(笑)
   20120725_184946.jpg

それからこれ。

シーフードが続いたのでチキン、ということで。

これもおいしかったですが、まぁ普通の中華というか。

もう少し違うのを頼めばよかったかな~とも思ったりしました。
  
  20120725_181209.jpg

ここでも聞かれました。 「あなたたちは・・・ どういう関係?」と(笑)

不思議に思うだろうな~~。

こう聞かれなくてもお会計のときにはよく「別々で支払いますか?」とか聞かれるし。

私ときなこは似てないからハワイにいたときも「親戚のおばさんときなこ」と思ってる人も多かったんですが、

親子ですよといえば驚きつつも顔を見比べて「あぁ~~あ! ねぇ~!」となる。

今のきなこはとくに、16には見えないし、

そしてそこに年よりも若く見えるHunnyちゃんが入るともっとわかりづらくなります。

Hunnyちゃんがもっと年取ってたら、親子だろうな、と思われるんだろうけれどね。

Hunちゃんがハワイにきて一緒にチャイナタウンにいったとき、とあるおばさんに「きょうだいなの?」といわれたこともあったし(笑)

どっちが上だと思うの?ときいたら、その人それは言わなかったけど。


英語のアクセントが違うから「どこからきたの?」とか聞かれるときもあるんですが、

3人の関係の上にそれを聞かれると話が長くなる 


でも私たち、ほんとに不思議な関係だと思ったりもするんですよ。

この関係を考えるとき、前世があって、そこからの因果因縁が今生にもかかわっているんだってこと、すごく納得してしまいます。

  IMG_0561.jpg

おまけ。

この日の夜、家で。

きなちゃんが「犬にこんな気持ちをもったのは初めて」という、ゆずと。

  IMG_0563.jpg

こうするとき、きなこの顔の形とゆずの顔の形がぴったりなんだそうです(笑)

よくこうやって、きなこはゆずのにおいをかいでました。


ゆずちゃん、ちょっとかわいそうだけど、きなこの気持ちわかるわぁ。。。

さくらもゆずも、頭がほんといいにおい 



今週はまさに「Life Changing Week」です。

わたしとHunnyさんにとって転機になりそうです。

でもすべては「縁」で

そうなるべくしてそうなるのですから

私はHunnyちゃんと自分自身を信じて、前に進んでいくだけです。





ではまた☆



[EDIT] [TOP]

18.06.2013, Tue

☆ 浅草寺 ☆

   sensouji1.jpg
 
私は日本に帰国すると必ず浅草にある浅草寺にお参りに行きます。

お参りは、いつのころからかはわかりませんが、もう小さなころからしています。

母方の祖母が絶対的に浅草寺にお参りする人で、おそらくそこから母、私たちとお参りするようになったのだと思います。

先日帰国した際も絶対にいくと楽しみにしていました。

ハワイから日本に帰っていたときには帰国してすぐ、そして日本を出る前にもう一度、と2度訪れることがほとんどでした。

   sensouji4.jpg

先にもかきましたように小さいころからお参りに行っていますが、雷門から浅草寺まで続く仲見世には、ほとんどいったことがありません 

仲見世はいつでもすごく混んでいて歩くのが大変なぐらい。

せっかちな母はそれがきらいで、いつも裏の道をすごい勢いで歩いていくという感じ。

自動的に父も私たちもそれについていく、って感じになっていました(笑)

きなこが小さいころには彼女に仲見世をみせたかったので、過去に2度ぐらい母にお願いして仲見世を通ってもらったことがあります。

小さかったきなこはたくさんあるお店を見るのが大好きで、キーホルダーや小物入れなど、こまこましたものをよく買っていました。

実は今回、私も7年もいっていなかったということもあり、雷門をくぐって仲見世をとおり、ゆっくりお参りをしたかったのですが・・・

せっかちな母とでは、そうもいきませんでした(笑)

なんだか一瞬にしてお参りが終わってしまった、そんな感じでした 

お参りした日は入梅2日目。

どんよりとして今にも雨が降り出しそうな日でしたし、そして季節柄なのか、外国からの団体や修学旅行生がたっくさんで、ものすごーーーく混んでいましたしね・・・

私と母とではこれらる頻度も違うから、仕方なかったかも。

   sensouji2.jpg

歩きながらビデオを撮っていたので写真がなく、ビデオから静止画をとったのでいい写真がありません 

むかしきなこをつれて日本へ帰ったときの写真はあるのですが・・・ 寒いので出すのめんどくさい(汗)

まぁ、今回はゆっくり雰囲気は味わえなかったにしても、いつもすることはすべてしてきたので、よしという感じです。

今度きなこやHunnyと行ったときにはじっくりといろいろなところ、見て回りたいと思います。

浅草寺のあとにもうひとつ、いつもお参りにいく場所があります。

それは三社祭のおみこしが保管されているところのすぐ近くにある、お稲荷さんです。

どういう経緯でお参りにいくようになったのか、未だに母にきいたことはありません。

こういう形で両方をお参りすることがいいことかどうかは私にはわかりませんが、子供のころからそうしているので、私にとっては疑う気持ちはまったくありません。

両方とも、とても大切な場所です。
   20130530_114043.jpg

浅草寺、お稲荷さんをお参りしたあとに仲見世の中で浅草寺に一番近いお店(未だに名前をおぼえていません 汗)で人形焼を買い、お昼をたべにいくのがいつものルート。

この人形焼、私がハワイにすんでたときは母が冷凍してよくもってきてくれました。

いつもは人形焼は家に持って帰ってから食べていましたが、今回は一番小さい4つ入りのものを買い、母と二人ですぐにたべてみたところ。

やっぱり焼きたてなので、周りがちょっとかりっとしたところがあって、しばらく置いてから食べるのとはまた違うおいしさがありました。

お昼はいつも「焼きかつ 桃タロー」で。

ここにもほんとに小さいころから行っています。

母は長い間一人でお参りに行きここでお昼をたべていたのですが、ずいぶんと前に新しい店舗にうつり、新しいところに移ってからは母も1度もきていなかったということ。

おそらく私ときなこと3人で古い店舗でたべたのが最後だろう、とのことで

二人で7年ぶりに焼きかつをたべたのでした。
   20130530_120014.jpg

母は「なんか肉が薄くなった気がする」といっていましたが(笑)、味はかわってなかったな~~~。

ほんとにおいしかった。

きなこも何度もここには訪れていますが、彼女は焼きかつをたべずいつもオムライスを注文していました。

なつかしい。
   20130530_120019.jpg

キャベツの千切りとご飯と豚汁、お漬物がついてきます。

昔はお皿にご飯がのってでてきたのですが、お茶碗にかわっていました。

お漬物は昔はなすやカブ、大根などいろんな種類がたくさんついてたのですが、今はきゅうり3切れか。

でも付け合せのナポリタンみたいなのとか、ポテトとか、ほんと変わってなかった。

   sensouji7.jpg

お昼を食べたあとはいつも松屋によって、お買い物。

いつも梅園のあんみつをかいます。

梅園も「混んでるから」とほとんどお店にいって食べたことがありません。

覚えているのは大昔家族でいって、小学生ぐらいの姉がお雑煮注文してたべていたこと。 それだけ。


松屋ではあんみつとモロゾフのプリンも買うのが常でしたが、

今回はもう翌日がオーストラリアへ戻る日だったので、食べるチャンスがないだろうと思い買いませんでした。

今思うと食べる時間あったよ。。。

これもまた次回のお楽しみにしておこう。


父が生きていたころは車で浅草までいくことが多かったので、よくお参りのあとROXのほうまでいったり、金物やさんなんかをあちこちみていってたな~~。

ほんっとに、ほんっとに、なつかしい思い出。

しみじみ、あれから長い時間がたったんだなと、思います。
  

ひとつだけ浅草寺のことについて、ずっとずっと心の中にあったことがあるので書いてみたいと思いますが、

あんまり楽しい話でもないので、読んでもいいかと思う方だけ、下の「続きを読む」からどうぞ。



ではまた☆


[EDIT] [TOP]

17.06.2013, Mon

きなこ夏休み★7月25日 その1

  20120725_124525.jpg

そういえば、きなこのアデレード滞在記がまだ終わってませんでした。

ほんとはこれだけ書き上げて・・・と思ってたんですが、7月20日についてを最後に力尽きて8ヶ月もブログ書いてなかったのでした 

もう1年前の話になっちゃうのでなんか記憶があやしくなってるし。

7月21~24日分を書いてないのですが、写真をみるとこれらの日は私が仕事だったか家にいたっぽいので、飛ばしたいと思いまする。

というわけで今日は、ハワイに住む娘きなこが夏休みを利用してアデレードに滞在していたときの、2012年7月25日のお話です。

26日にハワイへ帰りましたので、アデレードでの最終日ってことになります。


この日はまたまた二人でアデレードCityへ繰り出しました。 

ほんときなこの滞在中はCityにいっぱい行きましたけれど・・・ こまこまとしたお店やカフェが一杯あるCityのようなところ、きなこも私も大好きなんです。

なので何度いっても、あきませんでした。

  20120725_124210a.jpg

この日は、きなこと来てみたいね、といっていたセントラルマーケットにある、イタリアンカフェに行きました。

名前なんていうの? すぐ上の写真の場所です。

アデレードにお住まいの方はご存知かと思いますが、ここいつみてもすんごく混んでますよね。

この日も比較的早くいったにもかかわらず、人がいっぱいでした。

席があくまで、待ったなければなりませんでした。
   20120725_124950.jpg

いくつかの種類のパスタといくつかの種類のソースがあって、それぞれの中から選ぶシステムです。

きなこは王道のスパゲティーボロネーズ。

ほんとになんの変哲もないんですけれど、また来てたべたいと思わせる味。

なんだろう、うまく説明できないんですが。
   20120725_124954.jpg

私は、ラビオリなんですが、ソースはなんだか忘れちゃいました。

これもね~~、おいしかった。 ほんとに。

なんだろ、今もにおいは覚えてるんですが・・・

もちろん上にかかっているパルメザンチーズのつよいにおいではあるんですけれど、なんか、写真みてるとあーまた行きたいな~って思う。

なんていうか、すんごく家庭的な味ながら「これなら家でつくれるからもう来なくても」とか思わないという、なんかそんな感じ。

   20120725_125009.jpg

実際のところ、お皿は結構小さくて、これで10ドルぐらいするので高いという感じはしたんですけれど、でもそれでもまたいきたいな、って思います。

Hunnyちゃんとはその後なんどもこのそばを通りかかってるのですが、まったく興味がない様子。

私がいきたいといえばいくだろうけれど、きなこが次回くるのを待とう思っています。

  cats_20130617090110.jpg

なんでパスタしか食べなかったのだろう、と最初思ってたんですが、思い出しました。

そのあとデザートを食べようということになってて、おなか一杯にしないようにしてたのでした。

そのご、CIBOへコーヒーとケーキを食べに。

チョコレートのクロワッサンが特においしかったです。
   20120725_131255.jpg

きなこは今年はアデレードにはきませんでした。

今年の夏休みはバイトを一杯する!ということで、忙しくしています。

来年の5月には高校を卒業するので私たちもそれにあわせてハワイにいき、少し滞在する予定です。

私がハワイに住んでいる間Hunnyは2度訪ねてきてくれましたが、その間ほとんど観光らしい観光をしていないので、今度ハワイにいったらいろいろ連れて行ってあげたいと思っています。

ちょうどきなこもツーリスティーなことをしたい、と言っていたし、母も来るし、観光のハワイをしてみたいと思っています。

そしてそのあと。

きなちゃんはこちらにきて長期滞在する予定なのです♪♪♪

学費をためる、という目的なのですけれどね・・・ ハワイで働くより、こちらで働いたほうが時給がいいので。

も~~、それが今から楽しみでなりません!

Hunnyはきなこがそのままこちらの大学にいってくれることを望んでいますが、きなこ自身はアメリカ本土の大学へ行くのが希望です。

私はきなこの好きなようにすればいい、と思っています。

アメリカ本土の大学にいけば、それを理由に遊びにいけるし☆

っていうのは冗談として、私がきなこにしてあげられることはほんとうに微々たることですし、私はできることをしてきなこをずっと応援しつづけていくだけです。


きなこがこちらに滞在中、一緒にここから日本にも行かれたらいいな、って思っています。

とにかく今からきなこと一緒に暮らせることが待ち遠しくて仕方のない、母なのでした。





ではまた☆





[EDIT] [TOP]

16.06.2013, Sun

☆ Glasses ☆

   20130614_110647.jpg

この前日本にいったときに買ってほんとによかったものといえば、もうこれにつきます。

めがね。

まったく買う予定はなかったのですが、母にめがねをかいたいからフレームを一緒にみてほしいといわれ、ついていって私もかっちゃった。

行った先は「眼鏡市場」。

少し前にこの場所でめがねを買った私の兄から「すごく安かったよ!」と聞いて、行ってみたかったんだそうです。

母のフレーム選びに付き合っていると、検眼も別に保険証も予約も必要なくすぐできて、めがねもすぐ作ってもらえるとのこと。

なので私もよい機会だし、買うことにしました。

ていうか、そう思ったのはお店の人の対応がすばらしかったこともあると思う!

フレーム選びにしても、検眼のときにしても、レンズやオプションなどの説明にしても、ものすごく簡潔でわかりやすい。

フレームを選んでるとついてきてくれるのですが、決してうるさくなく、でもちょこっちょこっと言ってくれるアドバイスが、もーー的を得てるというか。

おそらく日々質問されることを説明の中に練りこんでいるのだろうと思われる、こちらからは一切聞き返す必要もないような内容。

かゆいところに手がとどくって、こういうことをさすのかなと思いましたよ。

海外にすんでいると言葉の関係なのか、日本語でのまどろっこしい敬語や丁寧すぎる説明は時としてとてもわかりづらく感じ、理解できないということも多く起こりませんか?

ここのスタッフさんたちは必要なことを極力短く、その上に丁寧にやさしく言ってくれるので、年寄りの母やこんな私でもスムーズでした。
   megane.jpg

今までコンタクトを作るたびに再三「めがねももちなさい」といわれ続けてきて、気にはなっていたけどつくらずにきて、早20年。

たとえばインフェクションなんかになっちゃった場合、コンタクトが使えなくなるから、そうなるとめがねがなかったら生活できないですものね。

よく20年、めがねなしでこれたものでした。

あちこちでめがねのフレームを試してきたことはきたのですが、いまひとつぴんとくるものがなかった、っていうのも事実。

でも買うときって見つかるものなんですね~。

このフレームは見始めてから2個目ぐらい。 一目みて、きにいりました。

色がオレンジ色というか明るい茶色というか今までにみたことがなかった色だったし、

丸みとかレンズ部分の大きさもちょうどよい感じ。

横のについている星☆も、とってもかわいいと思いました。

検眼、最終的な眼鏡のチェック、眼鏡、レンズ、ケース、眼鏡拭きすべてこみで
15700円。

これが安いのか高いのかは長年めがねをかってこなかった私にはわかりませんが、とってもよい買い物をしたと心から思っています。

ほんとにほんとに気に入っています。

   20130614_110522a.jpg

私、超ド近眼で、13歳のときからかれこれ30年強、コンタクトレンズを使用しています。

その間にめがねを購入したのは、今回をのぞくと2回だけ。

一番最初にコンタクトをつくったときにめがねやさんからめがねも合わせてつくるようにいわれたのが最初。

なんの変哲もない、いわゆる中学生の銀縁めがね、でした。

そのあと作ったのは19ぐらいのとき。

イギリスでのホームステイにあわせて、買ったもの。

あのころは「だてめがね」とかいって、度が入ってない大きめの黒縁とかべっ甲のめがねをかけるのがはやってたころだったので、

たしか濃い茶色の、べっ甲風のフレームにしたんでした。

「めがねをかける」ということが私のなかではなぜかありえなく、これらのめがねは家の外でかけることは一切ありませんでした。

今も使うのは寝る前に布団のなかで読むときに使うだけ。 

日中はやはりコンタクトです。

でも、めがねもいいですね。 コンタクトとは違うものがある。

コンタクトは視界全体が「見える」のでめがねをかけたときに見えるふちの外のBlurryな世界には最初びっくりしましたけれど、

でもなんていうか、もっとクリアなような、そんな感じだし。

なによりほんっとに便利。

夜中おきてさくらの足を拭くときなど、めがねがあってつくづくよかったな~~~って思います。



今現在有効な処方箋もあるので近々オーストラリアで買おうとは思っていたけれど、ここで買えてよかった~~!と思いました。

兄は買いにいったときに確か2つか3つ、一度に購入したらしいのですが、

母もできあがっためがねをとりにいった際に、またサングラスを注文してきたそう。

きもちわかる。

私もきなこと日本にいったら、ここにめがねを買いにつれていきたいもん。

視力検査のひらがなを読めるかが、ちょっと疑問ですが・・・

でもきっとなにかしらで対応してくれるだろうと思わせる、とってもよい店員さんたち。

眼鏡市場、特にうちの実家近くにある眼鏡市場、超お薦めです☆


・・・ってどこかわからないですよね。

いえないのが、すんごい残念。



ではまた☆





[EDIT] [TOP]

15.06.2013, Sat

☆ Attached ☆

  20130613_130128a.jpg

毎日毎日毎日毎日 さむすぎるぅぅぅぅぅぅぅ!

朝10度以下とか、ほんとありえないんですけど 

最近はあまりに寒くて朝Hunnyちゃんの朝ごはんやお見送りのために起きられず、だいたい8時ぐらいまで寝ています。

夜は9時ごろから寝てるので、毎日10時間以上は寝ているという。

季節のない場所に長い間すんでいたのでオーストラリアに来る前、そしてきたあとは「冬だ~~~~!!!」ってすごくうれしかったのですが、

今はもう、おなか一杯な感じです。。。

私のほかに家には冬がきらいな人がもう一人  

さくらさんも、私が起きるまで絶対におきませんし、昼間は1日中ヒーターに鼻がつくかというぐらいくっついてます。

上の写真はまだヒーターを出してなかった2~3日前のもの。

昼間犬のベッドでぶるぶるしているのでフリースくるんであげるとそのうち寝るのですが、一度トイレで外にでるとも寒くなっちゃうのか、抱っこ、抱っこになります。

抱っこするとほんとになんにもできないので、PCの前の座っている間はきなこのいすを私の横に引き寄せて、毛布でくるんでおくとおとなしく寝ています。

とても世話のやける、お嬢さんです。

  20130613_141703.jpg

話しは変わって、おととい大福を作りました。

日本から白玉粉を買ってきたのでそれでなにかつくりたいな~~と思っていて。

日本から戻ってきてからなんか日本づいちゃって、日本っぽいものが食べたくて仕方なかったし。
  20130610_173709.jpg

あんこはすでに月曜日につくってあったので、早くなにか作らなきゃとは思ってたんですが、なにしろ寒いのでやる気がおきませんでした。

最近遅くまで寝てるから時間もないし・・・ 8時におきちゃうとほんとだめ。

いろいろやってやっと一息ついてコーヒーとともにPCの前に座れるのは、1時間後。

それからビデオみたり皆さんのブログにお邪魔したりはたまた自分のブログを書いたりしてると12時。

で、やべ~~!と思いながら洗濯ものを取り込んだり夕食の準備をしたりいろいろ家のことをやってると、Hunnyちゃんの帰ってくる15時になっちゃう、ってわけなのです。
  20130613_141731.jpg

でも餡子がすーーーーんごくおいしくできたので、絶対なにかに使いたい!と思い作ってみたら、30分ほどで出来上がっちゃった。

包むのが下手でところどころ薄かったりつなぎ目がめっちゃ厚かったりしちゃったけど(笑)

でもHunnyも「お店でかうのと同じ味だ!!!」と喜んでくれました。
   20130525_150449.jpg

日本に行く前はあれもこれも食べたいと思ってた和菓子。

でもなんか、意外と食べられなかった。

上の写真は、父の眠る霊園近くにある和菓子やさんのお団子。

とっても田舎の中途半端な場所にある小さなお店なのですが、お昼になると列ができるほどなんです。

和菓子のほかにもおこわとか太巻きとか五目のお稲荷さんとかとっても魅力的なものを売っていて、私にとっては光り輝く黄金のお店。

お団子も1本80円とかだし。

いつもお墓参りに行くときに母によってもらい、写真にあるきなこ、ゴマ、あと磯辺の3種類を買います。

ゴマときなこは3つの丸いお団子が串に刺さってて、その周りにこしあんがぬられてて、できなこやゴマをまぶしてある感じ。

きなこのはなんというか、昔なつかし「あんこ玉」を彷彿とさせます。

昔は、その3種類を1本ずつとか一気に食べていたんですけれどねぇ。。。

その上にいつも一緒に買ってたシーチキン巻きを、たべてたんですから(←これがまたうまいのよ。)


今は一回に1本しか食べられず。 食べられないだろうことがわかってたので、シーチキン巻きもかわなかった。

年取ったよねぇ。。。

だから3種類食べるのに3回かかるので、短い滞在ではそれほどの種類の和菓子を食べることができなかったのです。 

やっぱさ、たまにいくといろいろなこと忘れちゃったりできなかったりするから、

ちょくちょく帰るしか、ほかに方法ないよね。


でもそれならハワイにもちょくちょく行きたいしさ。


ドリームジャンボかったので、あたらないかな(笑)




ではまた☆

Have a nice weekend!



[EDIT] [TOP]

14.06.2013, Fri

☆ Parallel Universe ☆

  20130525_120633.jpg

5月の終わりにいった日本は1週間だけ、丸々1日あったのは実質5日だけという短い期間。

でも昔のように小さい子供連れではなかったからか、ばたばたしながらもじっくり時間を過ごすことができました。

日本にいくのは7年ぶりだったので、さぞかしいろいろなことが変わっていて浦島太郎なことだろう、とおもっていたのですが、

意外にもそうではなかったのには驚きました。

今回は成田空港から実家近くの駅まで電車にのっていったのですが、別に苦労はありませんでした。

Pasmo専用の改札(? 切符を通すマシンみたいの)があるのだということを知らなかったので切符を入れるところに一度戸惑った程度で、

あとは切符も普通に買えたし運賃を路線表みたいなところから時間をかけずにさがせたし。

新宿にいったときは乗り換えにちょっと迷ったけど人の波にちゃんと乗って歩いていけましたし、

浅草寺に行くときに使う浅草駅の長い階段も普通にのぼりきれました(←足がわらっちゃいますけれど。)

地元のほうは道の幅が狭いところにたくさんの車や自転車や歩行者が往来していて、いろんなものの低かったり小さかったり、

なんとなく普段いる世界から4分の3ぐらいに縮小された場所にきた感じがして、自分が大きな人になったような気がしましたが、

でもそれも慣れればすぐに普通になっていきました。

  20130525_131218.jpg

今回はとにかく、母と時間を過ごすことときなこになにかを送ってあげるというのが私のミッションで、

いきたかったのは実家近くにある父と祖父母のお墓参り、そして小さいころからずっとお参りしてきた浅草寺の、その2つだけ。

あとは姉とあったりスーパーをぶらついたり実家でゆっくりしようとおもっていたのですが

母が箱根にいきたいと言い出し1泊2日で箱根にいったため、なんだかお買い物が2の次になってしまいました(笑)

せっかちな母と一緒だとゆっくりスーパーを見るチャンスがなかったので(笑)、実家のすぐそばにある24時間営業のディスカウントスーパーに朝6時に行ってハワイに送るものやオーストラリアに持って買えるものをかったり。

コンビニにも最終日の前日までいってませんでした(笑)
   20130525_165126.jpg

とにかくオーストラリアではほとんど食べることのない魚やたらこをたべようとおもって、スーパーでいろいろ物色してみました。

上の写真はスーパーで売ってる何の変哲もないお刺身ですけれど、めっちゃくちゃおいしかった♪

刺身のツマ(?)までうまいー。

日本にいたころは大葉が嫌いだったのですが、思わず今回は大葉でツマを巻いて食べたりしちゃいました。

いかとかたこのお刺身なんて、ほんといつ以来だろう。
   cats_20130609102623.jpg

あとは母が作ってくれたなめこ汁とか新玉ネギのサラダとかおでんとかそのたもろもろ。

しらすをご飯に乗っけて食べるのもすごい夢だったのですが、実現した~~(笑)

あとミョウガも冷奴にのせて食べたりしちゃいましたよ☆
   ouchigohan1.jpg

いためご飯に納豆とか。

どうでもいい家のしょぼいご飯なんですが(笑)こういうのが食べたかったよな~~っておもいました。   
   20130525_164739.jpg

なんか、こういうのとかどこにでも普通に売っているのがいいですよね・・・ 

おにぎりなんて、近くのスーパーでは80円とかだったし。 でいろんな種類あるし。

そういえば、ハワイもそうだったな~~って今思い出しました。

刺し盛りも買えたし、ふつうにおにぎりとか海苔巻きとかも買えた。

でもあのころでさえ日本に帰ると「きゃ~~!」ってなってこういうものを買いあさってたんだから、今なんていったいどうよ?っておもいます。

でもねぇ。。。。

逆にハワイのように日本のものがあればあるほど「日本で買ったほうが安い」とか「もっとおいしいのがある」とか、チョイスすくね~~!っておもっちゃうんでしょうね。

今なんてほんっと日本のもの少ないから、あまり日本にかえらないといろんなものを忘れていってしまうっていう感じがあります。
   20130526_101602.jpg

母と私。 眼鏡屋さんの開店時間を間違えて、車の中で少し待ってたときにとったもの。



昔、日本といえば「物価が高い」で有名ではありませんでしたか。

ハワイに行ったばかりのころはよく人からもそうきかれ、そうかな~っておもってたこともありました。

というか、日本から輸入されたものが当然のことながら日本の値段の2倍3倍になってたから、

そういったものに相当するアメリカのものが、個人的にはとても安く見えたところも多くありました。


が、しかし。

今回日本にいってみて、いやはやいやはや、オーストラリアの物価はやっぱり高いな~~と思いました。

よく日本在住の方のブログをみていて「今月の食費2万円ちょっと!」みたいに書いてあって、いったいどうやったらそうなれるのだろう?とおもっていましたけれど。

なんかそれも不可能ではないんだな、とおもったりしました。

うちは大人二人+犬2匹で食費、だいたい週に100~150ドルはかかってるとおもいます。

朝、会社でのおやつ、昼、晩すべて含まれているからかもしれないし、いろいろ買いすぎている部分は否めませんけれど。。。

その上にトイレットペーパーとか、洗剤とか、もろもろのものをいれると週200ドルは当たり前な感じです。

ほんとに、毎週買い物にいくときに予算にしている200ドルをATMでおろしておつりは「つもり貯金風」にしているんですが、のこらないもん。

30ドルのこったらほんっとラッキーって感じ。

そういうときはだいたい、生活用品の購入が少ないとき。

洗剤とかが半額になったりするときは、まぁまとめていくつも買っちゃうんですが、そうなるとおつりはほとんどありません。

逆に、オーバーすることもあります。

トイレットペーパーだって特定のものしか買わないといえども、それがセールで1ロール48セントとかになったときにかったりしてるんですよ。

ほんとセールを探して。

でも、やっぱり日本のものと、それに相当するオーストラリアのものの値段を比べると、オーストラリアは高いと思っちゃうのって私だけでしょうか。。。

私は日本の洗顔フォームを使ってて、アデレードCityにあるKawaiiストアという日本のコスメとかを扱っているところでだいたい12ドルぐらいで買っています。

日本のドラッグストアで今回かってみたら、400~500円。

ほんとに普通の、洗顔フォームです。

まぁ、オーストラリアでは倍以上の値段するのは輸入している都合上当たり前のこと。

だけど。

同じものはハワイのドンキホーテでも買ってましたけれど、3年前に戻ったときにかったときは8ドルちょっと。

ハワイにいたときは高いなと感じていたけれどなぜオーストラリアでは別になにも思わず買えるかといえば・・・

オーストラリアのドラッグストアとかでうっているオーストラリアの普通の洗顔も、10ドル前後するからです。

Hunnyちゃんが大好きで前使っていたBody Shopの洗顔は、20ドルぐらいしていました。

だから輸入であっても値段的には同じか、ものによっては日本の輸入もののほうが安いぐらい。

日本で日本のものを買うときとオーストラリアでオーストラリアのものを買うときの値段を比べれば、倍近くちがいます。

スーパーでアイスクリームなんかをみても、箱に6本ぐらいはいっている棒のアイスとか、オーストラリアは5~6ドルしますが、日本だと200円ぐらいなのですよね。

綿棒とかは、Kawaiiストアの100均商品(こちらでは2ドル80セントだったかな)を買っても、オーストラリアのものと大して変わらない値段なのです。

きなこがハワイで使っている洗顔フォームは英語のもので(? アメリカのもの 笑)、ウォールマートで3ドル50セントぐらい。

こちらに滞在中になくなってしまったのでまったく同じもの(オーストラリア産、販売のものですが)を買ったらなんと10ドル。

ウォールマートは安いにしても、やっぱりその値段の差に驚いてしまいます。。。


レートも関係はしてくると思いますが、やっぱり日本のほうが野菜にしても肉にしても安いと思うし、ハワイはアメリカの中では物価が高いですが、ハワイのほうが安いというものもたくさんあります。


なので同じぐらいの値段ならあわ立ちのいい日本の洗顔フォームを買ったり、つかってても綿がくずれてこない日本の綿棒をつかっているというわけなのです。

ただオーストラリアのものは高いのに品が悪いというわけではなく、質はいいなとおもうものもたくさんあるし、気の利いたものもたくさんあるし、食べ物とかはほんとおいしい。

ティッシュペーパーみたいに、日本のものより厚くてやわらかくていいな~みたいな、そういうものも一杯あります。

なので100%、比べるわけにもいかないかと思いますが・・・

でもやっぱり高いと思います。


うーん、でもやっぱり日本はいい☆

けどさっき「海外いくならこ~でね~と」という番組をみてて、ハワイもやっぱりいいな~~~♪

ハワイにいたときも思ってきたけれど、

好きなときに好きなだけ、好きな場所に行かれれば、問題ないんですよね。


実際は、いっちゃえばいいのかな、行きたいときに思い切って。




ではまた☆





[EDIT] [TOP]

13.06.2013, Thu

☆ クリームコロッケ ☆

   20130522_162732.jpg

3月の終わりに仕事をやめてからずっと家にいる毎日。

外に出るといえば犬の散歩と洗濯物をほすぐらい。 最近は雨が多かったりするのでそれすらもしないことがあります。

家の敷地をでるのは1週間に1回か2回、買い物やその他の用事をするためぐらいですが、もともと家にいるのがすごくすきなので気になりません。

だって家には、必要なものがすべてあるから 

働いているときの食事といえば、ほんとに簡単にできるようなもの、がっつり系1品と野菜!みたいのが多いです。

たとえばカレーとか、パスタ、とか。

でも今のように家にいるときは、いろいろなものが作れるチャンス。

なのでこのアデレードで買える材料でできて、私のような料理下手でもできて、夫
Hunnyさんが食べられる、

私が前に当たり前のように食べてて時々思い出すものを、作ってみたりしています。
   20130522_162012.jpg

5月のある日につくったのは、コーンクリームコロッケ。

これはもう忘却のかなたにあったものでそれこそ何十年と食べてなかったようなもの。

あ、ちがう、ハワイで日本人が経営してたほか弁やさんみたいなところでかにクリームコロッケ弁当っていうのがあってたべてたことがありました。

でも途中からカニクリームコロッケはメニューからなくなっちゃって。

そうだそうだ、あのころは確かあそこで働いてたときだから・・・  うん、やっぱり最低10年は、クリームコロッケ系はたべてませんでした。
   20130522_162447.jpg

クリームコロッケはやわらかくて形を作ったり衣をつけたりするのが大変、揚げるときに爆発する、とっても作るのが大変なものだとおもっていました。

でもこのレシピでは、こんな私でもほんとに簡単に上手に作ることができましたよ!

食べたときその濃厚な味に、それはそれは感動してしまいました♪

使ったのはクリームコーン缶、たまねぎ、小麦粉、バター、牛乳、塩コショウとか、そんなんだったかな。

特別にアジアンストアにいくこともなく普通のスーパーで買える材料でできるというのは海外に住むものにとっては重要ポイントです!  
   

話は変わって、Hunnyちゃんが仕事から家に帰ってくると、たまにつくづくと聞いてくることがあります。

それは「くんちゃんはいったい、昼間に何を食べてるの?」。

前の晩のレフトオーバーは最近あまりないので、疑問におもっているみたいです。

私はこの機会に、普段は食べられないようなものを、一人で食べたりしていますよ。

たまにCityにいったときに買う納豆とか、日本から買ってきた鮭フレークや紀州の梅干とご飯、とか。

あとは寒い朝には、インスタントラーメンを食べることも多く(笑)

最近はこれが気に入っています ↓

   20130612_101610.jpg

とっても濃厚なスープ。 

めっちゃおいしいです♪
   20130612_102431.jpg

これ食べたの昨日ですが、水いれすぎました・・・ 

私の中ではインスタントラーメンは「麺固め、スープ少なめ」が鉄則です。

そしてごたごたと具をのせるのは、あまりすきではありません。

ネギは必須(日本のしょうゆ味系のインスタントラーメンの場合を除く。)

好みとなるインスタントラーメンの条件の一つとして「ごま油とあう」というのも、私にとってとっても重要なところ。

これにもごま油を何滴かたらして~~~! いただきます~~!
   20130612_102514.jpg

麺は細め。 

もし機会があればおためしください。


ところで。

いつもインスタントラーメンを作るとき、ふと疑問におもうことがあります。

インスタントラーメンの袋の中に、ラーメンの破片(?なんていうの? 乾燥されているラーメンがくだけて、ベビースターラーメンみたいになってる)、残っていますよね。

あれをどうしてるか、ってことです。

私は必ず食べます。 ってか、食べるよね、普通。

そのままがーって口にいれて。

前に食べてたら、Hunnyちゃんに笑われたので。。。。

「オレの分もたべなよ プッ」って感じで。

わかってないな~~ もう。



そうそう。

ハワイでは子供たちがよくインスタントラーメンを砕いて、ついてる粉のスープのもとをそれにふりかけ、たべていたのですよ。

味は結構濃くなるので私的には粉のスープはかけない派ですが、「へ~~、ベビースターみたいなもんだね」っておもってたりしました。

そしてなんと、オーストラリアでもこれをやっていることがあとでわかりました。

Hunnyちゃんもよく食べてたといってました。 小さいころ。


だったら私がラーメンの破片をたべて、なぜ笑う。



でもインスタントラーメンて、やっぱりアジアの文化だね~~っておもったのでした。




ではまた☆



[EDIT] [TOP]

12.06.2013, Wed

☆ Aroma ☆

  20130531_180907.jpg

日本に行くと決まってから、なにを買おうかな~とか考えてたんですが、その中に「スタバのコーヒー」がありました。

結構「絶対買いに行く!」というリストのトップのほうに入ってたかとおもいます(笑)

スタバといえば、ほんとにハワイでよく利用していました。

最後に働いていたところはワイキキにあるDFSのビルにオフィスが入っていたので、DFSの1階にあったスタバにはよく行ったものです。

ラテにスコーンとかレモンスライスとかバナナケーキとか、よく朝ごはんに食べてました。

スタバのブラウニーはきなこの大好物で、よくお土産に買ったりもしてました。

てなわけでスタバの独特のにおいがたまに恋しくなるんですが、私の住むアデレードにはスタバはありません。

スタバがなくても別に困るわけではないのですが、ないとなると飲みたくなるのが人ってもの(か?)

一番上の写真は姉と成田空港で飲んだラテ。

あの味で、すんごく感激した~~!
   20130612_085647.jpg

これは実家近くのショッピングセンターにはいってるスタバで購入した豆。

どれにしようかな~~と迷ってたら試飲をさせてくれて、これを選びました。

1つは挽いてもらったけど、ひとつは豆のまま持ち帰ってきました。 

グラインダーを近い未来買うだろう、とかいう、別に予定もしてなかったことを考えて(笑)

まじめに、どうしよう、この豆。

  20130612_085246.jpg

Hunnyさんからは、スタバでタンブラーを買ってきてといわれてました。

冬場、結構家でもつかうんです。

今までは私がハワイをでるときにハワイのスタバで買ってきたもの。 でもプラスチックの外側が、キズキズになってきていました。

日本らしいものをとおもっていたのですが、近くのショッピングセンターにはそのようなものはなく。

結局ステンレスのこれをかってきました。

保冷も保温も長持ちしますよ、ということで。
   
  20130612_085359.jpg

これは2007年にHunnyちゃんがハワイに来たときに買った、クリスマスバージョンのタンブラー。

思い出がいっぱいなのでこれは絶対に捨てられません。。。

姉とよった成田のスタバには「JAPAN」とか「TOKYO」とか書いたタンブラーが売ってました。

買おうかどうしようか迷ってたら姉に「やめなよ、あんなの!」ととめられましたが(笑)

でもね、海外にいるとこういう「こってこて」のもの、買いたくなったりするんです。

胸に日本てかいてあって、日と本の間に日の丸があるようなTシャツ、買ってしまう人の気持ちがわかったりします。

日本がすきだからですよ。 だからなのです。

  20130612_083928.jpg

コーヒーといえば、私は毎日コーヒーを飲みますが、今はこれでコーヒーを入れています。

エスプレッソポット、モカポットとかよばれるものです。

ずっと長い間エスプレッソマシンを買おうとおもってきたのですがどれを買ってよいかわからず、いろいろ人に聞いたりしていたのですが、なかなかマシンを持っている人に出会えず。

ところでオーストラリアは意外にインスタントコーヒーを普通に飲む人が多いんだ、っておもいました。

職場でもインスタントコーヒーがおいてあってみんなそれのんでる。 そんな感じ。

ハワイではフィルターでドリップしたものがオフィスや家でも主流だったので(※私がいた4年前までですよ)、インスタント!?っておもったこともありました。

ベトナム人のHunnyのお母さんも、普通にインスタントコーヒーでベトナムコーヒーを作ってのんでいます(ま、これはレストランでもインタントコーヒーバージョンがありますもんね。)

聞きまわるうち何人かエスプレッソマシンを持っている人に行き当たりましたが、
no messな全自動か、最近いっぱいでてきたカプセルのやつ。

で最終的に全自動のを買おうとおもったのですがさて、キッチンのどこにおくかという問題につきあたり。

そんなこんなで新しい家をかったら、ってことで買わないことにしたのですが、そんな中Hunnyさんの同僚がこのモカポットのことを教えてくれたのです。
   20130612_083825.jpg

ポットは3つのパーツに分かれていて、一番したの部分に水、真ん中の部分にコーヒーをいれて直火にかけます。

しばらくするとコポコポ音がしてきて、音が止まったらできあがり。
   20130612_084759.jpg

上の部分にこのようにコーヒーが抽出されています。

エスプレッソポットといってもできるコーヒーはエスプレッソではありませんが、濃縮されたコーヒーができあがります。
   20130612_084910.jpg

私はだいたいカップに半分ぐらい分のコーヒーを作って、お湯でわっています。

そうするとお店で頼むLong Blackと同じような味のしっかりしたコーヒーができます。

このポット、いつもお店で見かけてましたがHunnyの同僚が薦めてくれたときにはあまり期待はしていませんでした。

が、おうちでこんなにおいしいコーヒーができるなんて!

そしてコーヒーをつくっているときにはこの上なくいいにおい。

私はコーヒーには牛乳や砂糖をいれませんしすごく濃いコーヒーがすきなので、ほんとに気に入っています。
   20130612_085529.jpg

前まではCityまでコーヒーを買いに行ってたのですが、最近は近くのGloria Jean'sで豆を買っています。

これか、イタリアンエスプレッソを買っています。

豆はお店でエスプレッソマシン用に細かく細かくひいてもらいます。

1袋はだいたい2週間ぐらいで飲み終わりますが、日本に行くちょっと前に買ったこのコーヒーももうすぐ終わるので、次はスタバで買ったコーヒーを使うのが楽しみです♪
   20130612_085823.jpg

あ、そうそう、日本のスーパーでこれを見かけたので買ってみました。

カップ一杯分の、ドリップコーヒー。 カップにのせる小さなフィルターみたいになっています。

むか~~しむかしハワイにいたころ、ドトールのこういうのをもらったことがあって、あまりにおいしかったのでそのあと日本に帰ったときに買ってきたことがありました。

それを思い出したので買ってみたのですが・・・ まぁ、なんかコーヒー飲みたい?みたいな感じのときにはいいかもしれないけど。。。

これにミルクとか砂糖とかいれたら、どうなっちゃうんだろう @_@


私コーヒーを飲むのもすきですが、豆を食べるのもすごいすきです。

豆にチョコがコーティングされているのも好きだし、挽いたものをなめるのもすごい好き。

ちょっと荒く挽かれた豆なんかはジャリジャリしてて、この上なくおいしいです。

エスプレッソポットでコーヒーを作ると、少しカップの下にコーヒーの粉がたまるんですが、その部分がほんとにほんとに好き。

最後に少量のコーヒーを残しカップをまわして粉をよく混ぜてから一気に口に入れる。

そうすると口の中にコーヒーの粉がぶわ~~って広がって、噛んで味わっちゃいます。

だから私がコーヒーを飲んだあとは一滴もコーヒーが残ってません(笑)



Anyway、また来年ハワイにいったら、スタバで豆かってこようとおもいます♪





ではまた☆






[EDIT] [TOP]

11.06.2013, Tue

☆ Taste of Home ☆

  20130610_174134.jpg

日本からアデレードにもどって母にメールを出したら、「1週間主婦が家を空けて戻ったら大変じゃなかったですか?」と返事がきました。

いやいやいやいや。

もともと心配もしていませんでしたが、ぜんぜん大変じゃありませんでした。

ちゃんとごみも出してあったし、床もモップかけてあったし、おトイレ掃除もしてあったし、犬も洗ってあったし、洗濯物もしてあったし。

Hunnyちゃんは普段からきれい好きなのでつかったものが出しっぱなしとかそういうこともないし、家は私が出かけたときとまったく変わらない状態でした。

ただひとつ、ちょっと気にしていたのが食事のこと。

私と違って食べるものは別におなかいっぱいになれば、という感覚のHunnyちゃん。

会社に持っていくジュースとかヨーグルトみたいなものとかフルーツとかパイとかは、出発の前日に買い物にいって買っておきましたが、

夜ごはんは自分でやる、というのでほんとにちゃんと食べるかな、と心配になりました。

ラムが大好きなHunnyちゃんですが、私はラムを食べません。

なのでこんなときしか食べられないからラムを食べる!といっていましたが

以前そうやって本当にラム「だけ」焼いて食べてた人(野菜とかご飯とかパンとか、いっさいなし 笑)

どうなることやら~~とおもっていました。
   20130610_173806.jpg

私があまりHunnyちゃんの実家に行きたくない(ごめん)というのを知っているので、普段は必要最低限しかいきません。

たまに行ったとしても、ご飯たべたりちょっとしゃべったり、用事がすんだらかえるだけ。

なので私がいない間に実家に帰って、すきなだけそこにいてくれたらいいなぁとおもっていました(←これはほんとに本心で。)

でもおそらく私に遠慮していかないか、あるいは行ったとして私が嫌がるかもしれないからと黙っているか。

どちらもやだなぁとおもい(どっちかっていったら黙っていられるのほうがやだよねぇ)、実家に戻ってしてきてほしいことをたのんでみました。

ひとつはKhoを作るときに使う、カラメルみたいなものをもらってきてもらうこと。

もうひとつは、お母さんにベトナム春巻きをどっさり作ってもらうこと。

カラメルはいつもお母さんが作って常備されているので瓶に移し変えるだけ終わっちゃうけど、春巻きはつくるのに時間がかかるしHunnyちゃんも手伝ったりできるだろうとおもったのです。

いかれたらいくよ、みたいに言ってましたが、ちょうどお母さん方のおじいちゃんの命日もあったりして、2回実家に帰ってご飯を食べることができたみたいです。

実家に帰れば帰りにお母さんがどっさり食べ物を持たせるのは間違えなかったし、

そんなこんなで私がいない間の夕食8回のうち、サブウェイが2回、バーガーキング1回、インスタントラーメン1回が自分でなんとかした食事みたいでした(笑)

よかったよかった。
   20130610_174251.jpg

そんなわけで入手した、お母さんが作ったたくさんのベトナム春巻き。

実は5月に自分でつくってみたのですが、とっても残念な結果だったのです。

ほんとにたくさんつくってくれたので、日本から帰ってきてから2回たべましたけど、まだ2回分ほど冷凍庫にのこっています。

もともと春巻きは大好きでしたが、ベトナム春巻きを初めてたべたときほかの春巻きは春巻きじゃないとおもいました。

今もそうおもっています。

Hunnyの実家や親戚のうちにいくと必ずといっていいほどこの春巻きがありますが、私の食事は春巻きに始まり春巻きに終わる。

なにか食べて春巻き、またほかのを食べて春巻き。

春巻きだけでもぜんぜんいい、というほどすきです。

食べ方は

一番上の写真のように別盛りにして、レタスで春巻き、ハーブ、きゅうり、ライスヌードルをつつみ、ニョクマムをつけて食べたり、

3番目の写真のようにボールにちぎったレタス、ハーブ、きゅうり、ライスヌードル、その上に一口サイズにきった春巻きをのせ、ニョクマムを上からかけて全体を混ぜてたべたりします。

ちなみに私はレタス巻き派、Hunnyちゃんはボール派。

昨日もそのように別々の形でたべました。


いや、ほんとうまいんだよね。。。。


娘きなこも大好きなこの春巻き、実家の母に食べさせてあげたいもののトップ3に入っています。

とりあえずは来年ハワイで会うとき、ベトナムレストランにいこうとおもっています。





ではまた☆




[EDIT] [TOP]

10.06.2013, Mon

☆ Present ☆

   20120726_122947.jpg

きなこは5月の終わりから2ヶ月の長い夏休みに入っています。

7月の終わりごろから始まる新学期が高校最後の年。

来年の今頃は高校卒業です。

9月からはじめたアルバイトはその後も続き、夏休みに入った今はがんがん働いています。

最近ではお母さんよりお金をもってる、娘です。


今回日本に帰った大きな目的は2つありました。

そのひとつは71になった母と時間をすごすこと。

そしてもうひとつはきなちゃんに日本のものをたくさん送ってあげること。

ハワイにもたっくさん日本のものがあるけれど、やっぱりなにか送ってあげたくて。

母がきなこの大好きなイカゲソ(イカの足の、なんかおつまみみたいの?)を7つも買っておいてくれたので、それと一緒にいろんなものを送った結果、

段ボール箱3個になりました(汗)

1つは船便で、2つは航空便で送りました。

   51j0TatMscL.jpg

日本に帰ると決まって真っ先におもったのが、これ ↑

きなちゃんが2年前ぐらいから、ほしがっていたもの。

Youtubeでこれを作っている過程をアップしている人のビデオをみて、絶対にほしいといっていたのです。
   518G6Ss6L4L_AA1000_.jpg

こういうのが何個か、できるようなキットになっています。

ビデオをみるとね、ほんと魅力的 

ほしくなる理由がわかるわー。
   Debika.jpg

何種類か買って送ってみました。

姉にどこで売っているか聞いたところ「アマゾンで買える」ということだったのでみてみたら、たっくさん種類があった上安くなっていました。

アマゾンでみつけた、上の写真右下の「オーブンで作る簡単陶芸」。

陶芸はかねてからきなこがやりたいとおもっていたものだったので、買ってみました。


いや~~でもこれ、姉がアマゾンで売ってるよって教えてくれてほんっとよかった。

その後ユザワヤとかほかのお店みてみたけれど、1つだけ売っているお店を発見しただけ。 

そこには1個しか売ってなくて、頼んでなかったら買えないところだった~~~!


これをたのんだときアマゾンで売ってる商品をいっぱいみてみたんだけど、きなこの好きなあられとかも頼んでおけばよかったな、とおもいました。

というのも、彼女が好きな海苔のあられ(細長い棒状のあられで、海苔がまいてあるやつ)、彼女からは

  「ひとつひとつがラッピングされていないものをかってきて」

というリクエストがきていたのです。

この手のあられって、一つ一つが飴みたくつつまれた上で袋に入っていますよね。

あれがどうしてもきらいだそうで(笑)

でもなかったのよ、どこをみても、袋にあられごとどっさりはいっているのが。

仕方ないので包装されているものを買いましたが、アマゾンでは「たっぷり1kg!」みたいな感じでうられていたので、あれを買っておけばよかったね~~!っておもっています(笑)
   20130610_122300.jpg

日本のペンなども大好きなきなこ。

デザイン、書き心地、すべてによいそうです。

上の写真はHunnyちゃんに買ってきたものですが、姉のお薦めをもとにきなこにはもっとたくさんかってきました。

姉がいろいろ教えてくれたのですが、今はインクのリフィルがあるのですね~~!

ジェルペンも買ってきてといわれたので、ボディーとインクをばらばらに選べるものを買ってみました。 

日本のものはすごいわ~~~!!



きなこの好きなものはなんとか短い時間のなかで買えたんですが、Hunnyちゃんに買ってきてあげようとおもっていたものは実家の辺りではどうしてもみつかりませんでした。

秋葉原、上野方面にいかないと、ないのかな~~という。。。

まぁ、これもまた次回探すことにいたします。




ではまた☆






[EDIT] [TOP]

09.06.2013, Sun

☆ TUFFY ☆

  20121028_120040.jpg

冬になるとどんよりとしたつめた~い日が続いたり、雨が多くなったりするアデレード。

最近は毎日のように犬の足拭きに追われています。

さくらは足がぬれたりしているのが大嫌いなわりには庭にでて、ぬかるんだところを歩いたりぬれている草の間を歩いたり。

足が短いのでおなかまでぬれちゃってるときもありますし、肉球の間に泥がおもいっきりつまっちゃってるときもあります。

散々ぱらそうしたあとに私のところに「足拭いて」とやってきます。

お世話されるのが大好きなので足を洗ってもらったり拭いてもらったりするのが大好きで、

私が出かけているときには家の中でじっとしている様子なのに、家にいるときは拭いてもらえるのがわかってるのか、庭にでかけていきます。

  20130425_193509.jpg

ゆずは足がぬれていても平気でいるけれど、極力自分の足をよごしたくないタイプ。

ぬかるんだ場所などには一切いかず、コンクリートの上しかあるきません。

そうしていても外にトイレにいけばやっぱり少し足がぬれちゃいますが、そのときはほとんど気にすることもなく。

足を拭かれたりするのがきらいで、私が足を拭くととてもいやがります。

  20130521_150043(0).jpg

このお嬢さんたち、本当に乱暴で乱暴で、買ってきたおもちゃも1週間ともちません。

とある日、Facebookで友達がこの会社のおもちゃを買ってみた、といっていたので、うちも買ってみることにしました。

TUFFYというおもちゃで、ものすご~~~~く頑丈に作られています。

トラでテストしても壊れないおもちゃだそうで。

eBayで35ドルぐらいだったかな?
   20130521_150149.jpg

強度のランクがあるのですが、10を選んでみました。

10は一番頑丈なものです。

5月の半ばぐらいに買いましたが、まだ壊れてません。

ていうのもぜんぜんこれで遊んでいないからなのです(汗)

大きさ的にはまぁまぁだったのですが、小型のこの子達にはちょっと重かったみたい。

もう少しフレキシブルかな~とおもっていたのですが、たこのあしの部分はあまり折れ曲がらないので投げるときにはフリスビーのように投げるかんじ。

投げると追ってとってこようとするのですが、かんでつかむところがなかなかすぐに見つからないので、もって帰ってこられないのです。。。

これは大きい犬用だったな~~とおもいつつ、小型犬用のはあまりかわいいのがなかったので、まぁこれはこれで、という感じです。

床にいつもころがっているのですが、毎日気がつくと位置がかわっているので、もって歩くのを試みているようではあります。

晴れた日にはおもちゃを外にもっていって一緒に日向ぼっこをするのが好きな彼女たちなのですが、

このたこは大きくてドギードアを通ることができず、もっていこうとおもったけどできなかったんだな風にドギードアの横にころんと転がっていることもあります。


日本でなにか買って帰ってきてあげたかったのですが、実家の近くのショッピングセンターにあったペットショップがなくなっていて、その後チャンスがなかったので買えず終いになってしまいました。。。

さくらとゆずにはお土産なしだったのでなんか申し訳なくて、またすぐ日本にいきたい感じです(笑)


でも今回、超久しぶりに日本に帰ったから、なんというか何をかっていいのかわからない状態になっていました(汗)

きなこに頼まれたものはAmazonであらかじめ頼んで実家におくってあったのですが、買うと決まっているものがあればこうやってあらかじめネットで買っておくのがいいかな~っておもいました。

探す手間もはぶけて時間の無駄がないし。

なにしろね、普段はHunnyちゃんと買い物にいくので荷物はいつも持ってくれていたから、日本では荷物もちつつ品をみるっていうのが、なかなか難しかったのよ 

やーもう、次回はほんとにHunnyちゃんといくしかないな、とおもいました。

でもワンコちゃんたち、どうしましょうねぇ。。。。

Hunnyちゃんはどこにも預けられない、ケネルは信用できない!っていうし 

一緒に行けたら、一番いいんだけど。




ではまた☆





[EDIT] [TOP]

08.06.2013, Sat

☆ Serendipity ☆

   20130527_121024.jpg

先週1週間だけですが、日本に帰りました。

ちょうど先週の今日、オーストラリアにもどってきたんだー。

なんだかあっという間だったから、あまりにも今が普通だからか、日本にいってたこと自体が信じられないです。


時間とか、距離とか。

遠くにいくとこれもまた不思議な感覚になりませんか。

アデレードから日本はこの上なく遠いですが、でもなんだか、到着したときも「ほんの10何時間前まではぜんぜん違う場所にいたんだ」とか思ったとき、

普段感じていた距離感とかそういうなにかを阻むような感覚がゆがむように感じましたよ。

そして夜中のフライトであまり眠れなかったにもかかわらず、時差がないだけでこんなにもちがう体の軽さ。

いったいなにー!?

ハワイにいくときだって同じような時間に発って、同じ長さ飛行機にのっているのに、ハワイについたときのあのどろどろさといったらありませんよ(苦笑)

いつだって到着した朝はあの、明るい日差しと暑さにイラつきをおぼえるんですから(笑)


しかしながら

1日もたたないうちに、寒いところから暑いところへ。

まったく風景が違うところへ。

この時空を超えたような感覚がとっても好きだったりします。
   20130524_160707.jpg

日本に帰ったのは、実に7年ぶりでした。

ハワイからオーストラリアにやってきて4年。

ハワイにいたのが長かったこともあり「ハワイに戻りたいな~~」と思うことのほうが多く、日本に帰ってみたいと思ったこともあったけれど、なんとなく2の次になっていました。

まぁそういうタイミングがきたら、きっと帰るのだろう。

ずっとそうおもってきました。


でもこれも仕事をやめたときみたいに、ちょっと口にした一言からあっという間に帰ることになったのでした。

あまりの急展開にチケットをとってから「まじで行くのか!?」としばらくはあわてちゃってたぐらいです(苦笑)


3月のはじめ、どうしようもないぐらいに気持ちが落ち込んだ時期がありました。

見るものすべてに悲しくなる毎日。

すっかり更年期の始まりかなって思っていました(苦笑)

前回のブログで載せたピンクのお花の写真は、そのときにHunnyちゃんが私が元気になるようにと買ってきてくれたお花です。


そんなある日、夕食後の片付けをしていたときにおもいついたことがありました。

それは「日本に帰ろうかなと言ってみる」いうこと。

なにせそのときは「ありえないようなこと」を口にしては、それが実現しないことでまたさらに自分の気分を沈ませるという、落ち込む材料をたくさん探していたときでしたので(笑 超暗っ~~!!)

日本にいくならHunnyちゃんときなこと、と考えてきた私にとって自分ひとりでちらっと帰るという、自分の中では「ありえない」ことを口にしてみようとおもったのです。

言いついでに「父親の命日にずっと帰ってないので、その日にあわせて帰ろうかな」とかも言ってみました。

なぜかというと、その「ありえないようなこと」が具体的な内容になればなるほど、自分を落ち込ませる要素が濃くなっていくからなのです(←ほんっとやばいよね、これ 笑)

だいたい、親不孝者なので7回忌だって13回忌だって、帰ったことないんです。

父がなくなってもう25年がたち、母も今となってはその日に帰ってこれたらいいね、なんていうこともなくなってたし。

だからほんとに、こじつけもいいところ。


しかしながら予定では「私は帰りたいときに帰りたい形で自分の国に帰ることもままならないんだー!」と自分をかわいそうにおもって大泣きしてみるはずだったのに、

その2日後には父の命日の前日に到着する日程で、チケットが取れていました(笑)
   20130527_095451.jpg

何気なく発した言葉があっという間に現実になったこと、今でもすごいっておもいます。

おそらく、仕事をやめたことも日本に帰ることも、心のそこではずーっとずーっとそうしたいとおもってきたことなのかもしれません。

でもつくづくおもいました。

物事は言葉にすれば実現する。

言葉にしなければ実現しない。

自分の中にしまいこんでいるだけでは誰にもわからないし、誰も協力してくれない。

これにつきる、と。


でもねぇ。

最近起こるいろいろなことは、実現するにあたって夫であるHunnyちゃんがその大部分を占めているのです。

背中をおしてくれたというだけでなく、実際に動いたのは彼だというか。

だから余計に、あれよあれよという感じに事が進んだと感じたのかも知れません。

でも不本意だったとか余計なことをしてくれた、とかは絶対なく。

なんというか私が言ったことに対して「ああ、そうか。 じゃ、こちらへ」と、あらかじめ用意してくれていたドアをあけ、そこにはやはりあらかじめ用意してくれていたレールがひかれてて私はそこにのった、というような。

なんて簡単で心地いいんだろう、っておもいました。


今まで人になにかしてもらったり、自分のしたかったことを人を通して実現することを
「依存」とおもってきたし、それを忌みきらってきたけれど

それはバランスであったり、信頼であったり、愛情であったり 

「調和」なのだ、とおもいました。


自分ひとりでは到底なしえなかったことを実現できたりする。

自由の獲得とは孤独にうちかった上でなしえるものだともおもってきたけれど

今はそうではないかもとおもいます。


これらは当たり前なのかもしれませんけれど、それに45年近く気づかなかったおバカもこの世の中にはいるのだというお話でした。


まだまだ「口にして実現」事項がありますが、また次の機会に。




ではまた☆

[EDIT] [TOP]

07.06.2013, Fri

☆ Timing ☆

   20130302_144942.jpg

なんかすんごい久しぶりになっちゃいました。

前のエントリーからすでに8ヶ月。 早いなー。

その間ブログをみにきてくださったりメッセージを送ってくださった皆様、ありがとうございます。

メッセージにつきましてはお返事もお送りせず失礼しておりますこと、ここにお詫び申し上げます。

私はぜんぜん元気でおりましたがなぜか、ブログだけかけずにおりました。

せめてきなこの滞在記を終わらせるのときなこのお誕生日のエントリーを書くのはやろうとおもっていたんですが・・・

ある日突然、ほんとに突然、かけなくなるものですね。

ブログをすることがさほど重要じゃなくなった、というのでもなく、書くことがなくなったというのでもなく。

書こうと思ってブログ管理画面を開こうと思っても、なぜか開く前に動作がとまってしまうというか。

なんなのだろう。

こういうのってほんっと、不思議ですね。

でも私は元来「そういうときにはそういうふうになる」と考える性質なので、ずっと流れに任せてきた感じです。
   20130302_144951.jpg

生きているうちにはいろいろなことが思ってもない方向にいくことも多々あります。

それが自分の口からでた「一言」が元になるってこともありますよね。

「そういうときにそういうふうになる」と流れに逆らわずにゆらゆら流れてる私ですが、なんとなく口をついてでた言葉が急に現実となることに、最近驚いております。

言葉に魂がある、ってほんとなんだなーって思っています。

最近そんなことが私の身にいっぱいいっぱい起きていて、なんとなくブログに書いておきたいと思わずにはいられなくなっちゃったのです。



その「いっぱい」のひとつなんですが・・・

3月の終わり、ちょうどイースターのときに、急に仕事をやめました。

結果から言ってしまうと、自分でもどうしてそうしたのか、なぜそのときだったのか、正直今考えてもわからないのです(笑)

でも口をついた「辞めたい」の一言で、急に辞めることになりました。

こうして文章にしてしまうと、辞めたかったから辞めたいといった、だから辞めた。 それだけのことかもしれません。

うん、やっぱりほんとうはそれだけのことだったのかもしれない。

でもなんというか、なぜそう口にだしたのかわからないとき、それによってあれよあれよという間にすっぱりと事が決まってしまうとき。

やっぱり口に出したその言葉自体によってすべてが動き出したように、感ぜずにはいられないのです。



去年の2月から働いていた職場。

仕事環境やお金はとってもよかったし、オーストラリアで初めて「友達」といえる人にも出会うことができた、とてもよい職場でした。

私はカジュアルだったのですが正社員になる機会があったときのためにとてもまじめに働いていて(笑)、そのように認めてもらってもいました。

ただひとつだけ、ずっと「いやだな」と思ってきたことがありました。

それは私の同僚も同じようにかんじていたけれど、誰にもどうすることもできないというようなことで

同僚とはいつも「それがいやだったら辞めるか、辞めるのがいやだったら忘れるかのどちらかひとつだよね」と話していました。

働き始めて1年と1ヶ月、どんなに朝つらくても、疲れていても、いやだと思う気持ちが大きくなるときがあっても、朝はちゃんと4時におきて1日も休むことなく出勤していました。

行きたくない日は「行きたくねー」とは言ったけれど、でも辞めるという選択は私にはありませんでした。

イースターの前、仕事場が暇になったため正社員ではない私たちは3日ほどお休みになりました。

暇になってお休みになることは今までも何度もありました。

それがあけ、エージェントから「明日からまた仕事です」と電話がはいったとき「もう行きたくない」と思いました。

でも電話が入ったときには明日はいきます、と返事をしました。

それはいつものことで、いきたくないと思っても行ってしまえばそれはそれで楽しかった、という結果だったので大丈夫だろう、と思っていました。

でもなんかこの日、どうしても仕事にいきたくない、と思いました。

なのでHunnyちゃんが会社から戻ってきたときに「私、この仕事、もうやめたい」と口に出して言いました。

それをきいたHunnyが「うん、じゃ辞めていい、明日からいかなくていい」といい、次の日の朝に休む旨の電話をしてそのままやめたのでした(笑)

自分でも急な転回にびっくりしたのですから、回りはもっと驚きました(笑)

スーパーバイザーもエージェントも引き止めてくれたのですが、もうすっかり私の中では「辞めた」モードになっていました。

同僚へは事後報告だったのででまったく彼女たちはまったくわけがわからない、という感じでした(笑)

理由を説明してくれ、やめる理由はあれか、これか、といろいろ聞かれたのですが、ほんとうまく説明できませんでした。

人にもショックを与えたけど、実は私自身その「辞めた」という事実に一番ショックだったというか(笑)

ただただ「口にしたらほんとになった」というのに、すごくびっくりしたというか。


きっと、今までずっと心のそこでは辞めたかったのかもしれません。

でも「辞める」ということは、いろいろなゴールを考えると私の中ではまったく選択肢にはなく、「いきたくない」といったことはあったけど実際「辞める」と思ったことは、なかったのです。

辞めないで、もう1日とか2日とか休んでまたほとぼりがさめたころに戻る、ということもできたのではないかとも思うのですが、でもやっぱりその選択も私の中にはありませんでした。


心の中でずっと思ってきたことが一言口にだしただけで「形」となって現れた。

でもなぜ、あの日あの時に口にだしたのか。

今までだってもっとそのようにいうべきときは、たくさんあったのに。


結局のところ「そういう流れだったのだ」。

それしかないだろう。

しばらくの間は目をぱちぱちさせながらそんなことを繰り返し思っていたものでした。



そんなこんなでその後はいつものごとく、流れに身をまかせている状態ですが・・・


でもちょっと、気がついたことがあったのですよ。




長くなっちゃったのでこの辺で。


ではまた☆





[EDIT] [TOP]



カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。