--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

07.02.2009, Sat

オーストラリアの人たち★

  DSC01167.jpg
 
今日は早く起きる必要はありませんでしたが8時には起きておりました。 でも休みの日に早く起きるのはいいですよね☆  しばらく夜8時には寝て朝4:30には起きていたのでそのくせがついてしまい今朝も4:20には目覚めてしまいました。  

昨日の夜から絶対今日の朝はまたBP(ガソリンスタンド)にいってペストリーを買う!ってきめていました。 今日かったのはBlueberry Custard Glen。 ブルーベリーのつぶつぶとカスタードが中に入っているのかと思いきや、ブルーベリーのクリームがびっちり敷かれておりました。 パン部分はフレッシュで柔らかく、アイシングがかかっているけどぜんぜん甘くなくて、いや~おいしかった☆ 


ああ、それにしてもGood to have a day off、です。

明日は買い物がありますが、今日はおうちでゆっくりしております。 今日は40度近くまで上がる予報の上風がものすごく強いので、早々に洗濯物も取り込みました。 ちょうど力瘤のでるあたりが筋肉痛なのと両手がちょっと痛いんですがでもなんかこの開放感、いいわ~~!

前にもかきましたように、私はファクトリー(工場)で働いています。 この手の仕事は学歴もスキルも必要ないし、誰でもできる仕事です。 私の働いている会社は重いものが少ないので女性が多く、私がいるライン(セクション いわゆる工場の、流れ作業をする場所です)には10人ちょっといますが、そのうち男性は二人だけです。

ところでよく「オージーはぜんぜん働かない」ということを耳にしていました。 遅刻する、しょっちゅういなくなる、ランチタイムが終わっても戻ってこない・・・云々。 ファクトリーの仕事を考えているときもちらっと頭をかすめてたのがこういうことだったのですが・・・・

いえいえ、ぜんぜん違います。 

オーストラリアの人たちの名誉のためにも言っておきたいのですが「オージー=レイジー」(←ううっ シャレたつもりは毛頭ありませぬ・・)ということは絶対ありません! 

そりゃー、これだけ広かったらいろいろな人はいるでしょう。 どこにもやる気のない人はいるものですし、職種によっても異なるとおもいますけど・・・。

でも、私がみる人たちは皆すばらしいほど働き者です! たまに一言二言言葉を交わし笑ったりはしますが、基本的には黙々といそがしい中作業をこなしています。 だれーもぶらぶらしたり、どっかいってかえってこなかったりということはありません。 手があけばほかの人を手伝ったり、部品を先々用意したり、いらないものをかたずけたり、ちゃんと回りもみています。

私はオーストラリア人の気軽さや心配りに、毎日感動しております。

ハワイではほとんど日本の会社で働いていましたが、2年半ほど大手ホテルで働いていたことがあり、そこではアメリカ本土からきた人たちやハワイ出身の人たちと働いていました。

一言でいうと、私が今みるオーストラリア人は私がみてきたアメリカ人よりずっとずっといいです!

ハワイではアジア系の移民が多かったのでこういった血を引く人たちは結構義理とかいう感覚を持っている人も多かったですが、私が働いていたのはカウアイ島という場所で、この島が好きで本土から移りすんできた人もおおく、またチェーンホテルだったので上のほうの人たちは本土から移動してきた人がほとんどでしたので、なんとも違いをよくみることができました。

もちろんよくもわるくも人によるところも大きいですが、でも全体としてその国の人の傾向ってあるとおもいます。

たとえば私が手があいたからほかの人の仕事を手伝うとします。 その結果、その人の仕事が速く片付き、一方私はまだ仕事が残っているとします。 そんな場合、アメリカ人の反応はどうかというと、手伝ってはくれません(苦笑) 平気でくっちゃべったりしています。 もちろん手伝って、といえば快く手伝ってくれます。 ただあちらから「あなたが手伝ってくれたから今度はお返しに手伝うね」ということはありません。  

私が手伝うのはあくまでも私が手伝う時間があってそうしようと思ったから。 相手はそう考えています。 もちろん私がその人を手伝わなかったからといってどうこう言う人たちでもありません。 あくまでも「手伝ってくれるなら手はかりる。 感謝もする。 でもどの程度手伝うかはあなたがきめること。 そして手伝ってくれたとしてもあくまでもあなたの意思だから、あとでこちらがあなたを手伝う、手伝わないということとはまったく別の話。」という割り切った姿勢なのです。

ホテルにいたときはゲストサービスにいて夕方になるとデスクの前は列ができるほどいそがしかったので、そういうときには肉体的は疲れとともに「なんか私ばっかり」という気持ちも多くありました。 最終的には腹もたつし「いわなきゃ手伝ってくれないのなら、私だって手伝わない」ってなっちゃいます。 そうするとどういうことになるかというと「どれだけ自分の仕事を最小限に抑えられるか」というゲームに発展していきます。 めんどくさいことには見ても見ぬふりにもなります。 でたまに誰かが見かねてそれをやると、その本人は「私がやらなきゃ誰もやらない」と激怒し、それでもほかの人は「怒るぐらいだったらやらなければ?」という程度の態度であるのがパターンでした。  こいういうのあんまり好きじゃありませんでした。 なんで?って思ってました。

でもオーストラリア人は違います。 こちらがやった分だけ相手は返してくれますし、もっと回りをみる気持ちがあるように思います。  お互いを自然にカバーし、なにか間違ってもお互いを攻めない。なので毎日体は疲れるのですが、気持ちがすさむということがぜんぜんありません。 

どんなにいそがしくても疲れていてもアメリカ人のようにそれをあらわにしないし(←この人たち、ストレスフルだったり疲れたりしているときはほんとRudeです 笑)、なんかそういうオーストラリア人に感動してしまっている私です☆

この仕事、リクルートエージェントからの派遣なので、パーマネント(正社員)ではありません。 生産のシーズンが終わったら(だいたい4~5ヶ月)仕事が終わりになります。  いい人ばかりだしとても楽しいので残念ですが、今どの会社でもダウンサイズを行っていて、やっぱり皆にきくと仕事を見つけるのが結構大変のようなので、今回はこの仕事があっただけでもラッキーだったのかな、とも思っています。

これも経験になるし、また少ししたら仕事さがしを徐々に再開したいと思います!  次もファクトリーがいいな~~。 この単純作業がなんとも好きです★  以下に早く正確にできるか、ちょっとしたゲームでもあります(笑) やることが絶え間なくあって且つ自分だけの肩に重圧のかからないこの仕事、今とっても気に入っています。




COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

オーストラリア人=レイジー は、本当に間違いです!
私も働く前は最初、オージーに対してそのイメージがあったんです。(オージーよ、ゴメン。)

本当にくんちゃんさんの言う通り、オーストラリア人は、働き者ですよね!!!皆、勤務時間内はとにかく集中して働いていて、いかに正確に早く作業をこなすかって感じで働いてました。(得に私が働いてた会社では毎日Excelで成績表をチームリーダーに提出しなければいけず、最後に今日の自分の点数が%で出るので、プレッシャーもあったからでしょうけど。)

私が日本で働いてた会社は夜10時過ぎまで残ってたり、終電で帰ってた事も結構あったんですけど、勤務時間内に一息ついたり、夜食をコンビニに買いに行ったり、時には散歩までして気分転換したりとかしてたんですけ、ここではそういった時間は、全てロスタイムになってしまうので、とにかく皆ランチ休憩以外は必死に働いてました。
あと日本だと、周りが残ってると帰りにくいっていう雰囲気があったんですけど、こちらは、勤務時間内は一生懸命働いて、終業したらそこまでで、パッと帰れるので、働きやすい環境だなぁと思ったものでした。

英国でもMktgの会社で1年ちょっと働いてたんですけど、やっぱりイギリス人と比べても、オージーの方がずっと働き者だと思いました。
くんちゃんさんもアメリカ人と一緒に働いて、同じように感じたんですね。

AUでの初めてのお仕事が、働きやすい環境で、しかも周りもいい人達ならば、本当によかったですね。くんちゃんさんならいい評価をもらえる事間違いなしですので、きっとこれからもずっとリクルートメントエージェンシーさんが色々と紹介してくれると思います!後は景気が上がる事を願うばかりですね。くんちゃさんの日記を読んでると、本当に気持ちよく働いてる姿が感じられ、あー私も働きたいって気持ちになります!!!働くっていいですね~☆
2009/02/08(日) 08:38:56 | URL | littleprince #pKV4IE.g [Edit
お疲れ様です
ほんと、色々と始めてのことだらけで大変な日々を過ごされてるんじゃないか…と思っていたらなんか楽しく過ごされてそうで安心してます。
さっすがぁー。

オージーがきちんと働く! しかも義理堅い!
初めて聞きましたぁ笑 でも良いですね働きやすそうな環境だし離れちゃう時は寂しいのでしょうねー。

早起きが凄く大変そう…
朝がとっても!弱い私にはびっくりの時間ですが体には良さそうだよね。

ムリをしない様にでも楽しんでくださいねっ


ペーストリー…
メッチャ美味しそうッッ
2009/02/08(日) 08:43:27 | URL | サチ #- [Edit
littleprinceさん!
そうですよね、ぜんぜん間違えですよね!
前の職場の同僚さんたちと今でも交流のあるlittleprinceさんなら同じ意見だろうと思っていました!!

そうそう、休憩やランチタイムはきっちりとって、後の時間もびっちり働く。 ものすごくメリハリがありますよね。 ファクトリーでは10時と12:30の休憩のときサイレンがなるのですが(←ものすごい古い音で笑えます)そのサイレンがなるとその瞬間に途中であっても作業をやめとっととラウンジにいき、でまたサイレンがなればきちんと戻る、という感じ、単純なことですけどこれって大切だなーと思いました。

ハワイにいたときにはほとんどの場合日本の会社にいたので、あるところはハワイのやり方、あるところは日本のやり方ととても中途半端だったのでなんだか納得いかないところもたくさんありましたけど、今は100%すっきり!という感じがしています。 

ほんとに景気が戻って雇用も多くなれば私のようなものでも働く口は一杯あるだろうに・・・って思います。 とりあえずは今ある仕事を感謝して一生懸命やるのみですよね! そうすれば先はまた開けてくるだろうとおもっています(願っています、かな・・・)

littleprinceさんはこれからだい~~じなお勤めがありますね!! きっと新しい発見の充実した日々をおくられることと思います! 私もいっつも応援しております!



2009/02/08(日) 13:23:45 | URL | くんちゃん #- [Edit
サチさん!
仕事が始まる前に1時間ぐらいオリエンテーションにいって、今回一緒に仕事を始める派遣の人たち(20人ぐらい)とあったときに、あー、精神的に楽だろうなーと思ったの。 なんというか、みんなとってもカジュアルでほわーんとしててあかるかったので。 だからぜんぜん最初の日も緊張しなかったよ。

オージーは言葉の言い回しの違いもあるだろうけど、アメリカ人に比べるととっても丁寧でやわらかな物言いをする人が多いです。 失礼な人がほんと少ない。 車は歩行者にやさしくないなーとは思うんだけど(笑) やっぱり国の違いなのかなーと思う。 アメリカは自由の国とかいうけど弱ければ踏みつけられてしまう怖いところがあったから、みんな必死だったところがあったように思う。

サチさんもきっと違いを感じると思うよ。 で、きっと住みやすいと思う。 私は今回仕事をしたことでオーストラリアがとっても好きになりました。

2009/02/08(日) 13:30:49 | URL | くんちゃん #- [Edit

Comment


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。