--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

14.08.2009, Fri

☆ ほわほわでね・・・ ☆

   sakura11.jpg
 
今週ももう金曜日にですね☆ この前週末がおわったと思ったのに、早いものです。

きなこが帰ったら仕事をするとかいいながら、ぜんぜん職探しもせず、相変わらず毎日ぶらぶらしております。 娘きなこからは「ママはどうせ暇なんだから」と、彼女のゲームキャラのレベル上げを頼まれまして、朝から3時間、例の「夏休み恒例 経験値2倍イベント」でレベルを3回あげましたです・・・

きなちゃんねー、ここまでしてくれるお母さんなんて、普通いないよ!?

でも彼女にとっては当たり前なのであります・・・・ ってやる私も私ですけどね ‚ª‚Á‚­‚è

しかしながら「おおおおおっ!! 3回レベルアップしたんだ! すごいじゃん!」とほめてくれる夫がいるということで救われてはおりますが、それに負けじと週末に早起きしてしまう夫も、どうなんだかねぇ・・・

ま、似たもの夫婦、親子(ステップ親子も含む)でございます。


このゲーム、私達は3年程前から遊んでいるのですが、とっても楽しいんですけれど、人にあまりいうことはありません。 とくに人様にお話するようなことでないといえばないですし、大人になってからゲームやってるよ、っていう人、あまり見たことがないというのもありますしね(苦笑)

でも一度、何気にその話をしたときに(そのゲームの内容ではなくて、たまたま何かの話に『ゲームで』みたいにでただけなんですけど)「オタクだったのね」といわれたことがあります。

私、自分がオタクだったなんて、そのときまでおもったこともありませんでしたよ(笑)  

でも「ゲーム=オタク」なら、私は立派なオタクですね~。 それなら胸をはって、オタクのはしくれでいようと思います(笑)

ていうか、オタクがどうのこうのっていうよりも、その人のそういう発想に、ものすごく驚きだったのですよ。
   sakura12.jpg

その「ゲームする人=オタクな人」と言ってのけてしまう人のように(たいした意味はなかったと思いますけれど)、わりと「これはこれ」って決め付ける人って、多くないですか? (あ、怒ってませんからね。)

2にするには1+1なんだ、という感じの人。 1+2-1だって2になるし3-1だって2になるし、2+3-4+1とかでも2になるじゃない?と思うのですけど(えっと・・・2になってます?)

ときどき「これはこう」というイメージを強く持つ方は、それ以外の表現をもたないか(口頭にしても文章にしても)、あるいは想像力をあまり働かせることがないのでは、と思ったりしちゃいます。

だって世の中にはいろんな人がいて、いろんなケースがあるんだもん。

そんな簡単に「これ!」っていえるもんじゃ、ないと思うんですけれどね・・・



なんかよく「ゲームは子供に悪い影響を及ぼす」とかいうことで、親が子供にゲームをさせない、というのがありますよね。

私はまず、この「ゲームが悪い影響を及ぼす=だからすべてのゲームがだめ」と単純に結びつけることに、ハテナ?と感じてしまいます。 

ゲームによってはバイオレンスなものがあり、やっていくうちにそれが当たり前の感覚となって、現実とゲームの世界がごっちゃになってしまう。  それが理由かと思うのですが、でもそれが原因なら、家の夫はもうすでに何千人もの人を殺していると思いますよ(笑) 彼はファイティング・シューティング関係大好きですから。 おまけに人を切りきざんじゃうような映画も大好きです(・・・・。) 子供のころからですよ。

こういう場合、ゲームはただたんなる「きっかけ」にすぎないと思います。 もともとその人にはそういう要素があったんだというだけの話かと。

まぁでも、うちの娘をみていても、気持ち悪い場面などはトラウマになったりすることもあるみたいなので、そういう意味では理解できます。

が、どんなゲームもだめ、と簡単に結論をだしてしまうのは、ちょっと早すぎませんか?と思うのです。 もっとちゃんと自分の目でもみてみて(私のようにそれで遊べとは言いませんけど)、ちゃんと根拠を突き詰めなければ、なーんにも解決しないし、説得力もないと思うのです。


あとはインターネットでの交流は「危険」だからだめ、とかね。 

んー、こんな便利な世の中になり、いろいろな国の人とリアルタイムで話せるようになった今、どうしてそれが悪いことでしょうか~と思ったりします。 私が中学生とかのころは「ペンパル」とかいうのがあって(あれ、だったっけ?)外国の人と手紙交換をするというのがありましたよ。 それと同じではないのかしら?と思うのですけど・・・

確かに、myspaceでも知り合った人に殺された事件とか、いろいろあります。 だけど逆に私の友人はmyspaceで知り合った人と結婚してとっても今は幸せですし、「それ=すなわち悪いこと」ではないのです。


あくまでもこれは個人的な意見ですが、言ってしまえばひとつのことに簡単にレッテルを貼ってしまう方は、得てしてあまりその事情をご存知でない方が多いように思います。

よくわからないから心配・不安になり、人の情報ばかり集めては安易な結論に達する。 

自分が体験して出した答えじゃないから、とにかく踊らされてしまう。

先にも言いましたがそれぞれにはいろんなケースがあるんですよね。 その背景の違いを自分で見極めることが必要ですが、それは短時間ではできません。

なにかを「これ」と位置づける前に、ちゃんといろいなケースやその背景を見る必要があると私は思います。  自分が実際経験したことでも、1回や2回ぐらいで「これ=これだ」というような結論をだしては、いけないとおもうのです。



話が極端になるかもしれませんが、差別を語るときなども一緒かと、思います。

これもねぇ・・・ ちょっとした自分の体験や人から聞いたことをもとに「これはこう!」って決め付けている人、多いと思います。 

その団体に独特なものがあったとしても、個人個人と接すれば意外とちがってたね、ということはよくあることですよね。 また、そこにいたるまでの背景など、やっぱり決め付けてしまう人はどこかそのことに対してあまり事情をしらなかったりすることが多いと思います。


差別をしちゃっているであろうその人自身も悲しいですが、「こういうことがあるの!」と軽々しく話題に出す人も、また悲しい。

中には真剣にいろいろなことを考えている方もいます。  だけどちゃんとした教育の場以外で差別をよく話題にする方の多くは、一見物事を冷静に見つめているように見受けられますけれど、比較的その人自身が差別をする目をもっているケースが多いと思います。 

というのは、その人自身が、実は心のなかでものすごく差別ということに意識をしているからです。


私は長い間海外にいますが、差別というものにはあったことがありません。 いやな思いをしたことは数知れずありますよ。 そういわれてあてはめてみるとあれが差別っていうものだったのかな、と感じられるものもわんさとあります。 だけどそれは改めて考えるからそう思うのであって、実際いやなことがあった時はそうは考えません。 

私の中には「差別」という感覚が、ないからです。 人はみな、個人個人。 だから私がいやだなと思えることをする人については「その人の問題である」というふうにしか思わないのです。

そしてまた、それを話題にしている人をみて「この人はいろいろなことをよく考えるひとだわ~私も見習わなきゃ~」と単純に思ってしまわれる方。

「差別を話題にする」ということ「それ自体」が知性ではないということを、わからなければいけません。良識ある人は、そんな深い問題を、あまり理解しない状態で軽々しく口にだしません。

「そういう事実があって、それに目を向ける」ということは大切なことだと思います。 しかしながらそれは「野次馬根性がゆえに話題にする」ということはわけがまったくちがうのですよ。 



なんだかながながになっちゃいましたが、「これはこれ」という結論を出す前に、きちんといろいろなケースをみて自分なりにいろいろ経験したり知識を増やしたりする、ということはとっても大切なことと思います。

自由な発想は大変によいことです。 だけど大人にあったらそこにきちんと責任をもたなければいけないと思います。

ネガティブな印象を人に与えるような物事の決め付けをしたり、ましてや個人や団体の特定を悪い方向へ示唆するような言動は、ご自分で思う以上の影響力があるということを認識しなければなりません。
 
もし表現力がないと自分で思われるのあれば、或いは時間やスペースがなく正しく表現できないのであれば、表現するのをやめるという選択も必要だと思うのです。  

世の中には子供のように無垢だったり、大人であってもまだまだこれから外の世界をしるだろう人たちも多いので、無責任な発言や行動はそういった人たちに間違ったインフォメーションを与えてしまうのですよ。


世の中にはいろいろなことがあります。

そして時代はかわっていくからこそ、それにきちんとついていかれるよう柔軟な目と心をもつことが大切になると思います。

少しのことにとらわれて結論をださないで、もっと大きな意味を考える。 それにはもっと経験して、いろいろなものをみて、ゆるがない自分をもつことが必要なのだと感じます。


人を躍らせてしまう人も無責任ですが、踊らされてしまう人も無責任です。


そうならないためにも、心豊かな、柔軟な人間でありたいといつも思います。

年とともに、むずかしくなりますけれどね・・・・(涙)







COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/14(金) 10:52:57 | | # [Edit
コメントありがとうございます!
お返事は、メールでいたしますね~☆
2009/08/14(金) 13:03:10 | URL | くんちゃん #- [Edit
豊かな人
くんちゃんさん親子は皆ゲーム好きで一緒に楽しめるからいいですね。アンド子も大のゲームファン(onlineゲーム)で、よくヘッドフォン付けて真剣に取り組んでますよ(笑)。よくアンド子に一緒にやれたらもっと楽しいのに・・・と言われてます。
私はかなり鈍いんです。一度に色んな事が出来ずすぐキャラクターが死ぬから悔しくなるので、やらないだけなんです。ちなみにパズルゲームは好きです~☆

***

世の中には何でも決め付ける人が多いですよね。
私も、違う国のアンド子と結婚した事、その前に付き合ってた人も異国の人だった事で、「○○ちゃんは外人好きなんだね。日本人にだっていい人はいるよ。」と言われた事があります。別にその人が外国人だったから好きになったわけじゃないし、日本人を好きになって結婚まで考えた人もいます。でもそういう風に見られてしまうのかな?と悲しい思いをした経験があります。

得に日本の国は殆どの人種が日本人なので、やっぱりまだ考え方に閉鎖的な部分があるのかもしれませんね。

確かにお国柄、その国の文化や風習、育ってきた周りの環境で培われてきた性格と言うのは多少あるかと思います。だからよくステレオタイプで、○○人はやっぱり○○だよねーとか、○○人はこういう人が多いとか言ってしまったり。
でもこれもやっぱりその国の人のイメージに過ぎないんですよね。人は人、本当に色んな人がいます。
私自身も知らぬうちに差別をするような言い方をしているかもしれません。
もっともっと柔軟な考えを持てるように成長していきたいものです。
これから成長していく娘にも、○○はダメ!と決め付けず、心の広い、優しい子に育ってもらえるように柔軟な考えで子育てが出来たらいいなと思ってます。

いつも思うけど、きなこちゃんは、理解のある素敵なママさんがいてくれて本当に幸せですね。
お会いしたことはありませんが、くんちゃんさんは本当に心豊かな人なんだなぁと思ってます。
2009/08/15(土) 07:36:46 | URL | littleprince #pKV4IE.g [Edit
littleprinceさん!
なんか、こんな生意気な、また理屈っぽいブログ記事に暖かいコメントをいただいて本当にありがとうございます。 それにこんな下手な文章であるにもかかわらず、言いたかったこともわかってくださって、
とてもうれしいです。 

私自身はもう全然こんなふうにえらそうに人のことをとやかく言えた立場ではないのに・・・ブログをアップしちゃってから消そうかな、とも思ったりしましたが、littleprinceさんからこういうふうにコメントをいただけて、消さなくてよかった、と思いました。

実は書きながら自分にいいきかせてたり反省したりしております。 ブログは個人的であまり広い範囲にわたっていないだろうと思われるものでありながら、でもやはり公のものなので、自分の意見をいうつもりが人に悪い印象を与えてしまっているだろうな、と今回書きながら思っておりました。

縁あって日本のそとにでて、いろいろな人たちと接する機会をもてることを有効にいかしながら、余計なものをそぎ落として単純に人を人としてみられる人間になれたら、と思っております。

おっしゃるように、子供に対しては固定観念をもたせてしまうようなことを避けるためにも、おおらかな気持ちで育てたい、という気持ちが私もとても強いです。 うちのきなこも、縁あって違う国でそだった母親を持っているので、母親からもいろいろな世界があることを知ってもらえたらと思っています。

私が生まれ育った世界の中で培ったものも保ちながらも、新しい世界からもいろいろ学べるよう、私もがんばっていきたいと思います・・・・


ところで、そうですよね! アンド子さんもオンラインゲームされるんですよね!! 「真剣な取り組み」、うちも同じですよ☆ そうそう~、キャラクターが死んじゃうと悔しいです! あと時々は「せっかくここまでやったのにぃぃぃぃぃぃ」とものすごく悲しくなることがあったりします(苦笑)  私自身は最近はあまりやらなくなったのですが、昔はとてもよいストレス解消になっておりました。 はは。

2009/08/15(土) 11:36:18 | URL | くんちゃん #- [Edit
実体験は必要だと思う。
くんちゃん、こんばんは。

私もはまりやすい性格で、中、高校生の頃親が寝た後、妹と二人こっそりTVゲームしてましたよ。
真っ暗なリビングでね・・・(^^ゞ
熱中しすぎると時間を忘れて没頭しちゃうのよね。
社会人になって、キーホルダーサイズのゲームが流行ったでしょ!?
その中でテトリスのゲームを持っていたんだけど、あれ毎晩睡眠薬代わりに、しかも点数アップ狙ってやったら、親指にタコまでできちゃいました。

うちの夫もゲーム好きで、彼はプレステ。
最近、息子と二人で新しい○○を買ってって言ってくるんだよね。

友達がDSを持ち始めた頃、自分も欲しいって言う息子に、私はすぐ買いませんでしたよ。
何かで一番になったらね!って約束したら、読書量で町の図書館で表彰されたので、約束通りご褒美に買ってあげたよ。

ゲームにしろネットにしろ、自分でコントロールできれば、やっていいと思う。
子供の場合は、まだコントロールできないから、親が時間を決めたり、条件を出せばいいと思うし。
頑張ったらその分得られるものがあるって、悪くない気がする。

私も数カ国にペンパルがいたよ。
いろんな人と知り合い、その国のことを教えてもらい、本当に素晴らしいことでした。
くんちゃんは、海外で多国籍の人々と関わることができて、本当にそれは財産になっていると思うよ。
目に見えない財産、とっても価値のあるもの。
だから、くんちゃんは柔軟な思考の持ち主なんでしょうね。
私もくんちゃんの様に、できるだけ豊かでありたいです。v-238

言いたいことは、たくさんのことを体験することで、その人は豊かになるんだと思う。但し、多少のリスクはあるかもしれないけどね。
その経験の中から、本当に自分の好きなことを見出し、自分の人生をより良いものにしていけたら最高じゃない!?
2009/08/16(日) 01:27:52 | URL | ママちゃん #n08XGfOg [Edit
ママちゃん!
覚えてる覚えてる! キーホルダーのやつはやったね! 私もテトリスはまったよー。 あれ以来、今もテトリス大好きです☆

パパちゃん、うちの夫とほんっとに同じ・・・ 夫もプレステが実は大好きなのよ。 でもプレステだと私が遊べるゲームが少ないし、プレステ本体自体が高いので、それでwiiをかったの。 両方買える余裕があったら、絶対買ってる、という勢い。 クリスマスのときにはコントローラーとゲーム用のキーボード(PCゲーム用)を買いたい、とか言ってたし・・・ ほんと、おこちゃまだよね(苦笑)

私ね、母が「典型的決め付けおばば」で、人から聞いたことに踊っては「あれはだめ、これはだめ」という人だったので、小さいときから理由がわからずたくさん疑問を持ちながら育ってきたのです(苦笑) なのでああはなるまい、という反面教師的なものなのかな。

子は親を選んで生まれてくるというからきっと、柔軟な心をもつべく勉強しなさい、という意味があるのかな、と思います。 なので今現在、柔軟であるとは全然程とおく、まだまだ修行中なのでございます。

いろいろな体験をすることはリスクがあるということ、本当にママちゃんのおっしゃるとおりで、特にそれが子供のこととなるとどうしてもProtectiveになって、ついつい心配してしまうんだと思います。

ただ、私達親が「人」として成長していれば、そのリスクがこれもママちゃんの言うところの「目に見えない財産」になることがわかるので、リスクをひっくるめて子供を見守ってあげられる気がします。

ちゃんと自分でこれという見方ができていれば、たとえばゲームにしてもママちゃんのようにしつけとしてそれを使うことができるしね。 子供も親のゆるぎない部分にはちゃんとついてきてくれるのだと思います。

こんなコメントしづらい内容にもママちゃんの思うところをあらわしてくれて、本当にありがとう。 ママちゃんも、また同じようにコメントをのこしてくれたlittleprinceさんも、私の言いたいことをちゃんと受け止めてそれに応えてくれていることが、私にとってはとってもとってもうれしいのです。 

私がどんなくだらない考え方を持っていても、ちゃんと人として受け止めてくれているんだな・・・と思えて、感謝の気持ちで一杯です。 
2009/08/16(日) 08:21:30 | URL | くんちゃん #- [Edit

Comment


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。