--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

03.10.2009, Sat

☆ 世界のどこにいても ☆

   sakura15.jpg

さくらちゃん、ちょっとお疲れ気味のご様子です。 

いつもは遊んで遊んでとうるさいのに、ここ最近はだっこされてもおとなしく、また寝ている時間が長いです。  

といいますのも、She is in heatなのです・・・。 3月生まれなのですでに今6ヶ月とちょっと、という年齢(月齢?)ですが、これが平均的な始まりの時期のようです。

1才になったころぐらいだろうなどと呑気に構えていたわたくしはちょっとびっくりしてしまいました。

2ヶ月ほど前だったか、Desexingの手紙がVetから来ていて手術は5ヶ月から、とあって、えーーー!って思ってたんですけれど・・・ Hunnyは「もう、早くしないと!!」とかなんか妙にあせっております。

というわけでほんとに近々に行うこととなります・・・。 なんかかわいそう ‹ƒ‚«Šç

今週末Dog Parkに行く予定でしたが、このためにとりやめになりました・・・
   sakura16.jpg

ゆっくりやすみなね、さくら。 

もう少ししたらDog Park、いこうね・・・

              ƒpƒ“ƒvƒLƒ“       ƒpƒ“ƒvƒLƒ“       ƒpƒ“ƒvƒLƒ“

アデレードへのお引越しの準備をされているadelaidelifeさんのブログを拝見していて、日本のものってほんと質がいいし安いし、すばらしいわ~~☆って改めて思っちゃいました。 

ほんとに、生活のこまこましたものって、日本のものは気が利いていますし、使いやすいし、不都合があることが少ないですよね☆


かくいう私も1993年に日本からハワイにわたってしばらくは、私も結構日本のものを使っていました。

とくにこだわりもなく、違いもわからないためあまり「絶対日本のじゃないとだめ」というのはなかったのですけれど、初めて一時帰国したときにその違いを改めて発見したりして(苦笑) 

そんなこんなでその後は頻繁に訪ねてくる母にたのんだり、船便で送ってもらったり、自分でごっそり持って帰ってきたりもしていました。

食品もそうですが、シャンプー・リンス、ボディーソープ、それからそうそう、歯ブラシも歯磨き粉も日本からのものをつかっていました。

でも、いつ頃でしたでしょうか・・・ 日本のものをわざわざ送ってもらったり高いお金を出して日本のものをハワイでかったりしてまで使うのをやめることにきめたのでした。

あるとき、日本からきたどなたか(ほんとにはっきり覚えてないのですが)から「ハワイからシャンプーを買って帰ってみたいのだか、なにがいいか」と聞かれ、日本のものを使っていたのでなにがよいのかわからなかった、ということがありました。

そのときなーんとなく「『外人になりたい』とかおもって日本をでてきたのに、ここまできて日本のものを使っていたのでは意味がないのではないか」と思ったのです。

とまぁ、こんな感じで日本のものからちょっと遠ざかっていった、というわけなのですが、先にもかきましたように、もともと「これじゃなきゃいや!」とかいうこだわりももたないので、あーなんか違うなーとはかんじつつも、特に抵抗なくハワイでそろえられるものを使ってきました。


どの程度自分の生まれそだった国の生活や習慣を取り入れるかっていうことについては「よいわるい」ということはなく、ただ単純に「好みの問題」なのだと思います。


日本の製品はものすごくいいですし、また日本のシステムも工夫されていて便利なことも多いですから、海外に出てくると「日本だったら・・・」とついつい思ってしまうことって誰にでもあることと思います。

どこでだったか忘れてしまったのですが、海外に住まわれているどなたかが「海外での生活になれるには、いかに早く日本の生活を捨てられるか、にかかっている」というようなことをおっしゃっていたのを拝見したことがあります。

「日本の生活を捨てる」という意味はおそらく、「日本だったらああだったのに、という感覚を捨てる」ということをおっしゃりたいのかな、と拝見していて思ったのですが、まぁたしかに、そういう感覚にとらわれているときは目の前にある違いをネガティブな形で見てしまいがちかもしれません。

なんかそれは、コップに半分入っている水をみて「もう半分しかない」と思うか、あるいは「まだ半分もある」と思うか、それに似ている気がします。


日本を離れてから久しい私ですが、今になってみるともう自分が何人なのかとか、関係なくなってきている部分があります。

どこ出身なの、ときかれれば「ハワイ」と答えてしまうし、「日本です」というよりもなんとなくしっくりくるような気もします。

要するには世界のどこにいようと、どこの出身であろうと、なに人であろうと、「自分は自分」なのだ、と思います。


いつ何時も、自分がおいしいと感じるものを食べて、自分が心地よいと思えるものを身に着けて、自分が楽しいと思えることをしていけばよいのだと思います。


100%おいしい!と思えるものがなかなかみつからないかもしれません。

ただそれは「コップ半分の水」同様、「100%じゃない」と見るか「100%に近い」と見るか。 

それによって自分が自分でいられるための満足度がかわってくると、ものすごく単純に思ったりもしています。

それが自国以外で楽しく暮していくためのコツではないかと、私は思っております。





COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

こんにちは
v-290本当にそのとおりですよね。
私は彼(OZ)とであって本当に色々な意味で経験と感動をもらいました。
なんせ、アラフォーのこの私、この年になるまで生まれも育ちもとある田舎町。一時的に1ヶ月ほど引っ越したのは、アメリカ、そして今度はAdelaide。
こんな日本すらよく知らない私、いっきなりAUSなんです。不安もありますが、希望や楽しみのほうが多いんです。(そんな甘いものじゃないと思いますが)いきなり100%AUS生活なんて無理なので、徐々に徐々にAUSに染まっていきたいです。

PS
最近くんちゃんの事彼にも話してるんですよ。
楽しいです
2009/10/04(日) 08:26:05 | URL | adelaidelife #Lx03s14c [Edit
adelaidelifeさん!
おはよーございます! お忙しいのにコメント、本当にありがとうございます!

adelaidelifeさんのブログを始めて拝見したときに、なんだか共通しているところがたくさんある!なんて勝手におもっちゃったりしていたのですが、なんだかいただいたコメントの意味、とってもよくわかります。 大丈夫、adelaidelifeさんの持ち前の明るさとポジティブさなら、絶対どこの地での生活でもちゃーんと楽しくやっていけると思いますっ!

海外に来ると人間変わる、ということをよく言いますけれど、もちろん考え方、もののとらえ方が変わってくることはあるとおもいますけれど、でも人間の基本的な部分て、どの国にいようとも変わらないと思います。 姉御肌の人はどこにいてもやっぱり姉後肌だし、かわいがられるタイプの人はやっぱりどの国の人にもかわいがられます。 

そして国によって習慣などはちがっても、根底にある人のやさしさ、誠実さ、思いやりっていうのは万国共通のものだと思っています。

なので一人の人として独立したadelaidelifeさんは、AUSにきてもご自分らしく生活できること、間違えないですよ!  彼さんもそういうadelaidelifeさんに惹かれたのでしょう☆

オーストラリアの人たちはとってもいい人ばかりなので、本当にこちらでの新しい生活が楽しみですよね♪ お嬢さんの人生にとっても二つの国を知れることはラッキーなことだと私は強く信じています。
2009/10/04(日) 10:01:40 | URL | くんちゃん #- [Edit
「日本だったらああだったのに・・・」という感覚をいつまでも捨てられない頑固な(笑)ワタシはadelaideの生活に限界を感じることが最近多々。こっちが長くなるたびに日本の良さをさらに感じてしまうの。ここに居るのはキャリアアップの一過程であって、長く居るところではない、いずれは日本帰国だな、と思っちゃいます。
最近は「謝る」文化をある程度捨てて「理由づけする=言い訳」に変えるのと、相手がたとえ悪くても相手に「謝る」ことを期待しないことにお疲れ気味。あとこちらでは「日本に居た時、働いてた時のように扱われない」ってことで自尊心が傷つくことも多々あります。最近はあきらめモードに入ってますが・・・
あと皆さん表面はすごく良いのだけど裏では蔭口と嫉妬がすごいの(涙)それに嫌気をさしてます。こっちではちょっとした人間不信で表面的な楽しさを追っても深入りしないようガードしてる自分が居るの(日本でも同じだとは思うけど、こっちの方が強く感じちゃうの)
くんちゃんさんのように柔軟で広い心で物を見て、今居る国の良さを自然に楽しむことって必要ですね!
それにやはり愛する人が近くに居て支え合ってる、というのはやはり家族が居なくて独身の「毎日戦い」的なハピとはまた違った余裕があるんだと思いますよ~(^^)
くんちゃんの記事読んでたら、adelaideライフにすんなり適応してらっしゃって羨ましい反面、どうしても受け入れない所がある自分にジレンマを感じて愚痴っちゃいました!もっと楽に文化を受け入れられて、自分らしさを保てれば海外での暮らしがもっと、もっと楽しくなるのになあ、と思います(^^)
2009/10/04(日) 12:06:01 | URL | ハピ #- [Edit
ハピさん!
お忙しいのに、コメント本当にありがとうございます!

実はこのブログエントリーの「自分のおいしいと思えるものをたべ、心地よいと思うものをきて・・・」の部分を書いていたときにハピさんを思い浮かべていました。 ハピさんはこれをちゃんと実践している人だなーと書きながら思っていたのですよ。 

ハピさんは固定観念がぬぐえない方ではなくて、ご自分の求めるものが「ここにはない」とはっきりわかっていらっしゃるだけなのだと思います。 

持ち前の好奇心と行動力でいろいろなものを見たり体験し、自分だけのしっかりとした価値観のもとで自分にあうあわないを見極めるのはなかなかできることではないと私は思いますし、それが完璧にできるハピさんは、どの世界にいてもハピさんらしく生きていける人なのだと思っています。

生きていくにあたっては様々なことがありますが、大切なのは「どこに重点をおくか」をきちんと自分なりにきめることなのかな、と思います。

確かに国が変わると200%自分の能力を生かしづらい、というところは事実だと思います。 たとえばそれが理由で日本にもどることを選ぶとしたら、「自分の能力を存分に生かせること」という部分に重点をおいた、ということですし、それは立派な決断であって適応できるできないということとは別のこと、と思います。

自分のゴールを確実に達成していることが成功だと思いますが、ハピさんは海外で成功している人の一人だと私は思いますし、私にとって見習いたい人の一人です。 
2009/10/04(日) 15:18:46 | URL | くんちゃん #- [Edit
くんちゃん心温まるコメントありがとう!く~っなんだか読みながらウルウルしちゃった(TT)
くんちゃんの人を否定することなくきちんと良い所を見て尊重して、それでも人に左右されることなく自分の求めるものが何かしっかり解って進まれている強さはハピの励みなんですよ!くんちゃんのように可愛さと強さを持ち合わせた素敵なレディーになるのが目標です(^^)
最近働く環境が変わってすごく精神的に疲れてるのと、周りのことでちょっとガックリしたり悲しいことがあったので悲観的になっちゃった。そしてここでそうとう愚痴っちゃって、恥ずかしい・・穴があったら入りたいとはこういうこと(恥)
くんちゃんのコメントで目が覚めた!明日からまた前を向いてハピらしくたくましく、そして仕事を楽しもうという元気が湧いてきました!本当にありがとう!
2009/10/04(日) 18:33:15 | URL | ハピ #- [Edit
ありがとうございます
私もくんちゃんとなんだかとっても共通感を感じています。
同じ年の娘をもち、異国で暮らすと言う事、結婚も離婚もやってみなきゃりゃわかんないし・・・て感じも。
これからもアドバイスしてください。
とっても心強いです。
これから先、ビザの申請、転居、心折れそうなことが待っているので、ネガティブにもなっちゃうんですよね・・・



お互い頑張りましょう
2009/10/04(日) 19:10:55 | URL | adelaidelife #Lx03s14c [Edit
ハピさん!
ハピさん、わざわざお返事(?)のコメント、ありがとうございます! 

いつも思うんですけれど、自分のしたいことをしていくには「強くある」ということが不可欠ですよね。。。。 なぜ強さが必要になるかというと、自分の思うことをしていこうとすると、どうしても「孤独」になっちゃうからです。 これは大人になればなるほど、強くなっていくように思います。

多くの人が自分の思うとおりに行きたいと思いながらもそれをしない選択をするのは、この孤独がいやか、そうなるのがめんどくさいか、そこにあるのかなーといつも思うのですよ。。。

孤独はほんとつらい(泪) ハピさんの体験されるような嫉妬がまず第一にあるし(←これが超腹立つ!ほっとけ!って感じですよねー!)、なかなか同じ姿勢を持つ人がみつかりづらくなくなるから同じ気持ちを分かち合える人が少なくなる、人にいろいろ要らぬことを言われる、最後は一番わかってくれるはずの家族までがとやかくいうようになったりする、等々・・・ 

こういうことにぶつかるたびに立ち止まっては、自分のあり方を見直したり、がんばっているだけなのにどうしてこうなるのだろうと疑問におもったり、つらく悲しくなったり・・・ そういう「迷い」が常にあるように思います。 だからハピさんが自分の感じていることを吐き出すのはがんばっている過程のひとつの当然の形であって、全然おかしいことじゃあ、ないですよ!

ハピさんは人と違って当然です。 だって人がしたくてもできないことを、しているんだもん! それだけでオーラが違います。 そのハピさんにあこがれている人がこの世界にたっくさんいること、ぜひぜひいつも心に留めておいてくださいまし!!








> くんちゃん心温まるコメントありがとう!く~っなんだか読みながらウルウルしちゃった(TT)
> くんちゃんの人を否定することなくきちんと良い所を見て尊重して、それでも人に左右されることなく自分の求めるものが何かしっかり解って進まれている強さはハピの励みなんですよ!くんちゃんのように可愛さと強さを持ち合わせた素敵なレディーになるのが目標です(^^)
> 最近働く環境が変わってすごく精神的に疲れてるのと、周りのことでちょっとガックリしたり悲しいことがあったので悲観的になっちゃった。そしてここでそうとう愚痴っちゃって、恥ずかしい・・穴があったら入りたいとはこういうこと(恥)
> くんちゃんのコメントで目が覚めた!明日からまた前を向いてハピらしくたくましく、そして仕事を楽しもうという元気が湧いてきました!本当にありがとう!
2009/10/05(月) 08:30:36 | URL | くんちゃん #- [Edit
adelaidelifeさん!
わざわざお返事のコメント、ありがとうございます!!

ほんとにねぇ・・・ 私達この年になって違う国にいくとは・・・ どういう運命なんでしょうね(苦笑) 

この年になれば誰にでも捨てられないものとかこれまで築き上げてきたもの、とかいうのがあるというもの。 それをみんなうっちゃって1からまたスタートするのは、結構しんどい部分ありますよね。 ほんとにこれでいいのか?って思いもものすごくあるし。 心の底では100%固くきまっているのにそのうえで、いろーなこと考えちゃう。

私も引越し前に何度夫に「あんたはさぁ、らくでいいよね~! 待ってるだけで捨てるもの、なにもないんだからさっっ!」とBitchになったことかしれません(笑 ←って笑えませんね・・)

でも私もadelaidelifeさんと同様に、こういう機会を与えてくれた運命に、なによりも夫に、感謝してやみません。 

お子さんのこともあるし、ご自分のこと以上に心配されることも多いかと思いますが、ほんと、がんばりましょうね!!
2009/10/05(月) 08:55:54 | URL | くんちゃん #- [Edit

Comment


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。