--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

15.03.2010, Mon

☆ 鶏そぼろ ☆

   DSC03917.jpg

親元にいたときには嫌いだったりした食べ物も、自分で料理をするようになってからはなんとなく作ってしまうということがある、と以前にもちらっと書いたように思います。

たとえば煮魚。 ほんとに日本にいたころは(24で日本を出るまでずっと親元におりました)とっても嫌いでした。 なのにさばの味噌煮なんかは、ハワイで幾度となくつくったりしました。

この週末に作った鶏そぼろもそのひとつ。

まず最初になぜ鶏そぼろを作ろう!と思ったのかが思い出せないのですが、おそらく鶏を使ったレシピをCookpadでみていて、あー、こんなのもあったな、と思ったのだろうと思います。

1ヶ月ほども前から週末にお試しで作ってみようと思いつつ、なんかぐずぐずしてしまってこの日曜日まで来てしまいました。

というのも鶏そぼろがきらいだったため、うまく作れるかどうか(おいしいと思って食べられるかどうか)、ちょっと自信がなかったからなのです。

覚えている限りでは子供のころにしか食卓に出なかったので、おそらく25年以上食べていなかったといっても間違えではありません。

子供のころ、晩御飯がこれだとどっと疲れ、こんなもの食えるか、と思ってました。

なにがいやって、甘辛がちょっと苦手なのです。

今現在もあまり甘辛とか甘酸っぱ(Sweet & Sour)というものがすきではございません・・・ 甘いものは大好きですが、なんか食事に「甘い」というのが許せないのです。

たとえば・・・ 醤油の色の甘辛の煮物(照り焼き含む。) 伊達巻(御節関係はほとんどきらい。) でんぶ(なつかしすぎ?) いなりずし(中身が五目のものは別として。) 甘い卵焼き(おすしのとか。) みたらしもあまり好みません。

甘い、しょっぱい、辛い、酸っぱい。 単独であれば全然いいんですけれどね・・・ 甘辛は前歯がうずくような、うくような・・・ そんな感じになります。

そんなこんななのに、なぜか鶏そぼろを作りたくなって作ったのです。

今回、小心者の私は使用する醤油の半分をベトナム人がよく使うフィッシュソースに変え、ちょっとそちら系に近い味にしてみました(が全然かわらなかった。。。)

実家の鶏そぼろがそうだったように、すごく小さく刻んだ人参もいれてみました。

久しぶりに食べたら、とっても懐かしい味がしました・・・ お弁当にももっていってしまいましたよ☆

でも塩がきいた卵がないと、やっぱり食べられませんが・・・。
   DSC03921.jpg

そうそう、そぼろといえば、小学校のころですがある土曜日に昼ごはんを食べたあと友達の家に遊びにいったときのことです。

友達は昼ごはんの最中だったのですが、たべていたものがお茶碗によそわれたご飯、その上にのせたそぼろ、トマトに砂糖がかかったもの(昔酸っぱいトマトのとき、こうやりましたよね・・・)、その他もろもろ。

くんちゃんも食べる?と友人のお母さんから聞かれましたが、いえいえ、結構でございます。

そぼろ(だけ、卵なし)に、トマトに砂糖。 食えねぇ!!と思いました(笑)

そしてもっと驚いたのが、ダイニングテーブルがあるのに居間のテーブル(ちゃぶ台みたいの?)でテレビを見ながらご飯を食べていたこと。

こんなこと、うちでは絶対にありえませんでしたので、ちょっと驚きとともにうらやましかったりして。

人様のお宅にお邪魔して、特に普通の食事に招かれたりすると、思わぬ発見があったりして結構カルチャーショック♪

から揚げにマヨネーズもそうやって発見しましたし、あ、あとお蕎麦には絶対から揚げ、っていうおうちもありましたし、チャーハンに刻み海苔(←もんのすごいいっぱい)、っていうのもありました。

ちょっとしたことだけれど、へーーーーーーというかんじ。



では、Sweet Dreams☆ 

そして明日も安全で楽しい1日をお過ごしください♪









COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

こんばんは。
他人同士が結婚し、家庭を作って、その家庭の味ができて、食事のスタイルが出来上がっていくのですよね。しかも自然に・・・。なんだかとっても不思議な気がします。
私は最初の結婚では嫁業が主体だったので、嫁いだ先の家庭に全てを合わせることからスタートし、大変だった事を思い出します。でも自然に慣れてくるのですよね。無意識に作り上げられた我が家のルールを「普通」と思って、今後娘が誰かと一緒に暮らした時にきっとカルチャーショックを受けるんだろうなぁ。 
2010/03/16(火) 22:12:55 | URL | adelaidelife #Lx03s14c [Edit
adelaidelifeさん!
ほんとに。 どうやって違う味や食生活がおっしゃるように「自然」に融合されていくんでしょうかね~。 毎日の積み重ね、とはいってもお互いなれたりしながら出来上がるんですもんね。 意識しているようなしていないような、ほんと不思議ですね。 

違いは味だけじゃなくて、なんかスタイルもありますもんねー。 嫁がれた家でそういうのをあわせていったっていうのは、驚きと戸惑いの連続ではなかったかとお察しいたしますよー。 うちの夫の実家(なのか一族なのか、お国柄なのか)はみんなでご飯を食べるときお皿にもったおかずがでるんですけれど、取り皿がなくってお茶碗によそったご飯の上においたりしながら食べるのでびっくりしました。 小さいころ、そんなことしたら親から怒られてたので(苦笑 ご飯はよごしちゃいけない、とかいうかんじで。 今思うとなんじゃそりゃ、と思いますけれど。)

子供はまた新しい世代だし、とくにティーンちゃんはこれからこちらでの生活になるから、将来はどんな味やスタイルをもつのだろう?と思います。 うちの娘も一人暮らしをはじめたらなにを食べるんだろう、と思っていたけれど、今もコロッケとかハンバーグを作ってるので、やっぱりそういうものを作っていくのでしょうかね。 でも結婚したら、夫になる人も食べるのでしょうか(笑) その人、うちの夫と同じ道を歩むのかしら・・・
2010/03/17(水) 18:11:37 | URL | くんちゃん #- [Edit

Comment


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。