--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

29.10.2008, Wed

すっかり春なのかな・・・

10月も終わりに近づき、気温が高くなったり低くなったりしながら、確実に平均の気温は上がってきています。 9月1日がオーストラリアではオフィシャルに『春』らしいんですけど、9月中旬にきたばっかりのときは、かなり寒かった。  あの頃は3度とかだった最低気温も今では13度前後と、10度をきることもなくなったし、最高気温が30度を超える日もたくさんでてきました。

そうだ、10月5日には「デイライトセービング」といって、1時間時間を早める、という日もありましたっけ。 こうすることにより単純に「日が長くなる」ということになります。 でもデイライトセービングを境に急に1時間も日没が遅くなるっていうのも、なんだかすごいなよな、って思う。  アメリカもサマータイム、ウインタータイムがありましたが、ハワイはそれに値しなかったので、初めての経験でした。 

暖かくなれば、どんどん花もさいてきます。 

     pinkrose.jpg         

フロントヤードのバラが次々と咲いています。

     rose.jpg

お母さんは花よりも緑がすきなので、花は全体の1割程度。

LemonFlower.jpg

これはレモンの花。 初めてみた・・・・ レモンは相変わらずたわわになっていて、花が次々さくので食べても食べてもおいつかない。

Fruits.jpg

この木は庭に2本あって、最近花が咲き始めました。 フルーツがなるんだそうで「ほら、あの、黄色いフルーツ」といわれたんだけど(英語名がわからない、とのこと)、私もわかりませんでした・・・ ?醇C?醇C遵ワ?  パッションフルーツ? っておもって調べてみたんだけど、ぜんぜん違う花だった・・・ それにパッションフルーツって、あんな赤茶みたいな色だったの!? ハワイでみてたのは黄色だったから、ずっと黄色だと思ってたよ!  

なんの木だかは、実がなってからのお楽しみとしておこうと思います。

                   ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹         ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

ハワイにいたころは、とてもいそがしい毎日でした。  自分一人の時間なんて、ほとんどありませんでした。 とにかく、いつも急いでいました。  買い物もささーっと風のようにスーパーを駆け抜けるだけ。 次から次へとやることがいっぱいで、カウチにゆっくり座る、っていうことがほとんどありませんでした。 

1日の中で唯一、一人になれるのは車の中とバスルームだけ。  車の中での時間はいつも考え事タイムにつかっていたので、会社から家までどうやって帰ってきたのか覚えていないことがよくありました(いつもの道を通って、ちゃんと前をみて運転してたんだろうけど、あぶないよね~)

こんな生活のなか、きなこや私自身の健康と、とりあえず誰にも迷惑をかけずに母子が生きていかれるお金を稼げる状況にはとても感謝でしたが、でもこの終わりのないようにみえる毎日が、つらいと思うときもたくさんありました。

オーストラリアにきて生活は逆転して、一人の時間がありすぎるようになりました。 あまり時間がありすぎて、なにをしていいかわからないときがあります。 ハワイにいたころは「時間があれば、余裕があれば、あれもできたのに、これもできたのに」って思ってたのに、今は何をしたかったのかさえも、そどうしてだか思い出せないんです。 

とりあえず、年があけたら仕事をぼちぼち探しはじめようかなということだけで、計画性もあったものではなく、ただ日だけがどんどん過ぎていっている感じ。 Hunnyは「ずっと大変だったから、今はHolidayなんだよ。 Holidayは何の計画もしなくていいし、なにかをする必要もない。 今はとりあえずゆっくりする時なんだよ」といってくれるし、そうだよな・・・とは思うのですけどね。

それでもやっぱり、あまりなにもしていないと自分の存在価値を確かめたくなって、気持ちが逸るときがありますが、でもしてみようと思うことすべてがピンとこなくて、いったいなんなんだろう、とつかれてしまうことがよくあります。

手を洗っているときとかほんとにちょっとしたときにふと、私はどうしてオーストラリアにきたんだろう?って思うことがあります。  自分の意思とか希望とか、そういうことではなくて、もっと大きい意味でこと。

それぞれの身に起こりうるすべてのことには意味があるから、きっと私がこうしてオーストラリアにきたのも、なにか理由があったのだとおもう。

でもその意味って、いったいなんだろう。

私はなにを今回学ぶために、ここにきたのだろう。


こうやって、日々なにをしたいのか、なにをするべきなのかを考えたり、考えがいたらなくてそれを不思議におもったりしながら、おちついてなにがしたいのかを自分に問いかけるとき、決まって「大丈夫、必要なときに、それはやってくるから」という声が聞こえます。 とりあえず、これでいいんだ、と。

もしかしたらそう思いたい気持ちからかもしれない。 だけど、今はとりあえず、この声にしたがっていきてみようとおもったりしています。  いつか、こうやって過ごした日々を思い出して「ああ、あれはこのためのものだったんだ」って思う日がきっとくると思うし。

直感を信じて生きていこう。 いままでもそうやって、生きてきたんだもの。

これから私の身にどんなことが起こって、どんな人生を歩んでいくんだろう。 それはそれでとても楽しみ。 

「考えてみなよ、これからは、いままで手にいれられなかったものをどんどん手にいれていかれる人生なんだよ」とHunnyは言います。

そうだよね、私にも、そういうときがきたんだよね・・・・・・・

さながら、私の人生にもおそーい春がきた、というところかな。  

     DSC00361.jpg
 
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。