FC2ブログ

Entries

☆ カツ丼 ☆

   DSC05397.jpg

週末は時間もあるし、土曜日などは次の日のお弁当のことをかんがえなくてもよいこともあるので、急に食べたくなったものとか、作ってみたかったものなどを作ります。

Cookpadをみていて「あー、こんなのものあったね」というものが急に思い出して懐かしくなって食べたくなる、そういうものってありませんか?

先週末のそんなメニューは「カツ丼」でございました。

カツ丼って、日本では食べたことがあるかないか、よく覚えてないないのです。

この、醤油のちょっと甘めのタレ(?)もあまりすきではなかったし、卵とじ風なものもあまり・・・だったのも理由かもしれません。

家ではコロッケの残りをカツ丼風ににたのがでたのを覚えていますけれど・・・(←これおいしいよ。)

でも兄がすごくカツ丼が好きだった覚えがあるので、きっと家ででていたのかも。

母が若い時代から今も通っているラーメン屋さんが地元にあるのですが、そこのカツ丼がおいしいと姉にいわれ、一度そこで一口姉のをもらったことがあるのですけれど、日本で食べたカツ丼で覚えているのはそれだけです。

なのでなぜカツ丼というと味とか分厚いポークと、とろとろの衣とかすんごく思い出せるのか、不思議。
   DSC05393.jpg

と書いてて今思い出した!!  短大時代に歯科助手のアルバイトをしていたのですけれど、そこのちかくにあったうどんやさんのカツ丼がすんごくおいしかったんだった!

うどんとカツ丼がセットになったカツ丼コンボっていうのがあって、このカツ丼はしょうゆもきつくなくて甘辛くなくて、だしがすごくきいてて、ほんとにおいしかったんでした。 

バイトがおわったあと控え室で、ほかのバイトの子とよくこれをとってたべてたーー。

なんだ、一杯たべてたな、カツ丼♪

今ごろ思い出したのでそれをイメージして作ったわけではないのですけれど、とにかく急に食べたくなったカツ丼。

作るときはHunnyが食べられるかどうか、それが一番の条件なんですけれど、おそらく大丈夫だろうと思って(根拠なし。)

出汁はヒガシマルのうどんスープのもと。 これほんっとすき。 ハワイにいたときから愛用しております。 茶碗蒸しとかもすごくおいしくできるし♪

チャイナタウンにいったときにかって、あまり頻繁には使わないので冷凍庫にいれてあります(粉物はすべて冷凍庫で保存していた、ハワイにいたころの名残なのです。)

本当は瓶にはいった白だしがすきなんですけれど、高いしこちらではたまにみるかみないかなので・・・ 
   DSC05383.jpg

カツは過去に2度ほどつくったのですが、そのときは足の部分だったかな、脂肪のまったくないピンクの薄い肉をつかってましたが、今回はこの肉をつかってみました。

肉の途中に入っている白い筋みたいのが食べにくくなるかなーと思ったのですが、全然。 

肉をたたいたときにこの部分を切断しておいたのですが、その必要があったのかどうか。 食べるときに大変ということもありませんでした。

適度な厚さがあってよかったし、ジューシーでおいしかったですよ。

今見ておもったんですけれど、5ドル43セントって安いね  次の日のHunnyちゃんのお弁当のふくめて3食分つくったのです。 

カツ丼一杯(?)10ドルで売るかな(ぼったくり)

Hunnyの働く会社は日本の会社なのでまだたくさん日本から送られてきている人がいるから、その人たち用のランチデリバリーでも始めますかね。 5分でお届けできるからホッカホカ。 

・・・ってお家でもっといいもの、食べてますね、きっと(笑)
  DSC05392.jpg
 
一気にやると時間がかかっていらいらしそうだったので、昼すぎに一度、カツをあげておきました。

このまま食べてもすんごくおいしかったので作ったことのないカツ丼にするかどうかちょっと心がゆらぎましたが、時間的に夜ご飯まで遠くそのときにはすっかりさめちゃいますから、チョイスはありませんでした。
   DSC05394.jpg

Cookpadでレシピをみていたら、たまねぎをタレ(?)で煮る前にごま油で炒める、っていうのがあってなんかよさそうなのでそうしてみました。

最終的にごま油ごま油した風味は言われるまでわからない、という感じでしたけれど、やっぱりちょっと違うように思います。 炒めてよかったと思いました。

200ccのだし汁に大匙2の砂糖・・・ 甘くなるのではないかと心配しましたが、そんなことありませんでした。
   DSC05395.jpg

かつ3枚、一気にいきましたよ。 

卵はあまり火を通しすぎないようにと思いつつ、あと少し、あと少しって思っている間にすっかり火がとおってしまいました。
   
   DSC05396a.jpg

上にのせるものもないので、コリアンダーで(苦笑)

結果、醤油が濃くものなく、甘さもきつくなく、ほんっとおいしかったです。

もっとじゅるじゅるで汁がいっぱいでもよかったって思います。

食べた後もたれることもなく、ほんとに美味でした☆



レシピを探すとき、主にCookpadを見ています。 中華料理などをつくるときにはYOUTUBEで中国語のビデオをみて作ることもあります。 中国語は字幕があることが多いので(中国語ですが)、少しわかります。

でもこうしてインターネットでレシピを探して作るっていうのは、オーストラリアにきてからです。

そうする時間があるっていうのもそうなんですけれど、ハワイでは食べたいと思うものの多くは売っていましたし、今よりももっともっと日本のものが近かったので、あまりここまで昔食べていたものを懐かしく思うこともなかった気がします。

ハワイではカツといえばチキンカツでローカルの人たちの間ではポピュラーなものでしたし、チキンカツ丼、親子丼などは日本のお店でなくても買うことができました。

今ね、つくづく思うのですよ。 あれだけ材料もあったんだし、もっと日本で食べてきたようなものを作ればよかったなーって。 

薄~くきった肉もたっくさんあったしさ。 白だしとかいっつも手にはいったし、みょうがとかも売ってました。

でもね、きなこが食べられるものも限られてて、一度インゲンと人参の肉巻きを急に思い出してつくってみたんですけれど、今後はもう食べたくない、といわれたりね。

それに、頭のてっぺんからつま先まで日本のもので固めている人も少なくなかったので、なぜわざわざ日本をでてまで、と思ってたところもあって、日本のものを手にする、食することに正直抵抗があったところもありました。


でも、今はそういうこと、関係ないです。

日本のものであろうと何であろうと、それは一人の「好み」の問題。

なにがおいしいと感じるか、なにをいいと思うか。 

つまるところはそれだけですよね。


ただやっぱり「こっちの肉はおいしくない」「こっちのはろくなものがない」とばかり言う人には、少々ひけてしまいます。

だったら「日本のものはおいしい」「日本のものはなんでもすばらしい」って言えばいいのに。

意味は同じですけれど、言い方ひとつ、思い方ひとつで、印象って変わるものです。

私もきをつけなくちゃ。


ではまた☆ Have a great day 


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://adelaideatheart.blog105.fc2.com/tb.php/395-cee86ca0

左サイドMenu

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  

最新記事

最新記事