--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

25.11.2010, Thu

☆ Red Rooster ☆

   DSC05945.jpg

あっという間に木曜日になってしまいましたよ~~♪  

毎週木曜日が給料日なんですけれど、なんだか早すぎてすっかり忘れちゃっていました。

今日はパスポートの申請書やその他モロモロを郵送するために郵便局にいきました。

封筒がなくなっちゃってもやだし、確かにあちらが受け取った、っていう証拠みたいのがほしかったので、あちらが受け取ったときにサインするもので送ろうと思ってました。

12月11日のアデレードの1日領事館で受け取るためには3日必着が条件だったので、速達で送ればいいかなーって思ってたんですけれど・・・

USPS(アメリカの郵便局)は国内の速達でも受取人のサインが必要だったけど、こちらの速達は早いだけで受け取りのサインはないのですねー。

Registered Mailにすれば、普通郵便と同じだけの日にちがかかるけれどTrackingも出来るし受け取りのサインも必要、ということで、それにしました。

へ~、やっぱり違うんだなー、国によって。

ちょっと前にもかいたようにこのパスポートの申請、なんかめんどくさいとおもったけれど、郵便局にいって郵便を出すっていうのがきなこに荷物を送るときぐらいしかなかったので、いろいろ知れてよかったです。


郵便局は対して時間がかからなかったけど、なんか夜ご飯を作るのが面倒で、結局同じショッピングセンターの中のRed Roosterにしました♪

Red Roosterはチキンのファーストフード。 KFCはフライドチキンですけれど、こちらはローストしたチキンがメイン。

でもあげたチキンもあるし、あげた魚やエビもあるし、チキンバーガーやロールもあります。

私がすきなのはロール類。 Rippaという、チキンカツのようなものが挟まっているのとRooster Rollという、ジューシーでやわらかいローストチキンが挟まっているものと2種類あります。

これがどちらもうまいのよー☆

今日は夜にRippaを食べ、明日のランチ用にRooster Rollを買ってきました。
   DSC05947.jpg

Rippaはフレンチバゲットのようなパンにあげたチキンが挟まっています。

ソースを3種類からえらべるのですが、私はクラシックハーブマヨが好きです。 

またここのチップスがめちゃくちゃおいしくて 

お腹一杯になっちゃってねむねむ。



パスポートの申請は何事も不備なく、終わるといいんですけれど・・・

あ、そうそう、パスポートの申請書は書き方の見本と一緒に返送されてきましたけれど、見本がまたわけわからなかった(笑 私だけかな、そう思うの。)

コピーも何度使いまわしてるかっつーぐらい、端っこのほうがきれちゃってるようなのだし(苦笑)

ま、それはいいとして。

写真はオーストラリアの郵便局でオーストラリアのパスポート用の写真がとれるんですけれど、それでサイズとかぴったりでした。

申請には1枚しかいらないのですけれど写真8枚もくれました(笑) 14ドルとかだったかな。 時間もかからず超簡単にできました。

2008年(だったっけ? 07かな?)にハワイで結婚したんですけれど、一度めの結婚の時は変えなかったんですが今回は戸籍上の苗字を夫の姓に変更しました。

戸籍の名前の苗字はカタカナだし、パスポートの申請もややっこしいし(ヘボン式とか非ヘボン式とかよくわかんなくなっちゃうし)、やっぱり無理があるなーって思いました。

ハワイには15年いて、その間もアメリカの国籍をとるチャンスはあったし、とろうかなとも思ってたんですが、なんとなく「アメリカじゃないよな・・・」っていう思いがいつもどこかにあって、しっくりとこなかったのでとらないままでした。

でもオーストラリアでは国籍が取れる時期になったらとることに最初から決めていました。

これから将来たくさん旅して回りたいし、そのときにHunnyと同じステータスでありたい、というのも理由ですが、国籍というものが今となってはあまり私にとって意味を持たないものになってきたということが一番の理由かもしれません。

もう日本に戻って住むこともないのに、日本の国籍のままでいるっていうのも、なんか違うように感じるのです。

オーストラリアに骨をうずめる!っていうほどの気持ちでもないのですけれど、でもやっぱりこの先も住んでいくだろう国の国籍でいるのが、私にとっては自然な感じがします。


日本を出たのは決して日本がいやだからでなく、いわば成長して親元を離れるというのと同じような感じ。

親元を離れ独立してもその子供であることは一生変わりなく、また親元にいたころを懐かしく思ったり、恋しく思ったりする。

それと同様に、日本を離れても私は一生日本で生まれ育った日本人であることには変わりなく、日本をなつかしくおもったりする気持ちも変わりません。

だから、国籍を捨ててしまったら・・・という気持ちは私の中にはないのです。


幼いときから漠然ともってきた「将来は外人になる」ということ。

どの国でもかまわない。 どこか違う国に住み、その国の言葉を話し、その国の習慣に従い、その国の食べ物をたべ、その国の衣服をまとい、その国の仕事をし、その国の人として生活をする。


その夢の実現は私の人生の中でどんな意味があるのか今も全然わかりませんけれど、おそらく国籍の取得も、その中のひとつなのだと今は思います。



とりあえず、今回のパスポート、無事に取れることを祈っています(汗)



ではまた☆





COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

こんにちは♪
ご無沙汰してます!久々に遊びに参りました~。

ハズはちょくちょくお邪魔してるようで(笑)、先日も国籍について「くんちゃん、俺と同じこと思ってる」と共感していたので、以来ずーっとこのエントリーが気になっていたのです。個人的には「旅をするときに、Hunnyさんと同じステータスでいたい」というところにキュンとしました♪

それと、国籍に関してもやっぱり同感です。私は一人っ子なので、親に何かあったときの保険のようなつもりで日本国籍を保持してますが、それがなかったら、日本の国籍を捨てたい理由もないけれど、だからといってオーストラリアの国籍をとる必要がない理由もないと思っています。特に私達はここに骨を埋めるつもりでいるので、住む国の国籍を持つのって、くんちゃんの言うようにとても自然なことだよなーと。大事なのは国籍ではないとしみじみ感じる今日この頃です。テレパシー?!ほほほ笑

今年もオーストラリアで素敵なクリスマスをお送りください☆
2010/12/07(火) 18:38:25 | URL | ハズ&ワイフ #Cv2s2L.A [Edit
ハズさん&ワイフさん!
こんにちは~~! お忙しいのにコメントありがとうございますっ! お返事が遅れてしまい本当にもうしわけありません!

そっかー、ハズさんもワイフさんも国籍については同じような考えなのはなんだかうれしいです☆ ってなんか喜ぶことでもないのかもしれないけど(苦笑)でも、なんというか、書きたかったことがわかってもらえるっていうのはいつもながらにうれしいし。。。

国籍を日本からほかの国のものへ変えたとしても、決して「自分」(日本人であったりいろいろ)であるということには変わりはないですものね。 国籍=アイデンティティーではないと思います。 なのでなんとなくそこにこだわったりする必要はないのではなんて思うのです。 そう、おっしゃるように大事なことはそこではない、ということだと私も思います。

ワイフさんのように一人っ子さんだったり、色々な状況があって国籍を変える変えないはあると思いますけれど、いろいろな選択の可能性を持っていることは自由だなと思います。

クリスマスまであと少しですねーー☆ 今年もあっという間だわーという感じ! ハズさんもワイフさんもたのし~クリスマスをお過ごしくださいねー♪
2010/12/10(金) 16:44:48 | URL | くんちゃん #- [Edit

Comment


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。