--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

08.05.2011, Sun

☆ 母の日 ☆

   DSC05689.jpg

今日は母の日ですね☆

実家の母には相変わらずなにも送っていません 

一応メールだけ、送っておきました・・・    ゴメンよー

Hunnyの実家では、金曜日に母の日の集まりをしました。

義妹が金曜日にお母さんをショッピングに連れて行ってくれたので、私達はその金額を割って「みんなからのプレゼント」としました。 

金曜日はHunnyが4時間のオーバータイムがあったため、実家についたのは夜8時。 

土曜日もまたオーバータイムのため早く帰らないといけなかったので、結局私達が実家にいられたのは1時間しかありませんでしたが、みんなそろって賑やかな夜となりました。

義妹の状況が最近ちょっと変わったりしたのでその話をしたかったし、どうしても妹が私の爪をやる!(マニキュアね)というのでほんっとに時間がぎゅっと凝縮された1時間でした。

そんなこんなで写真がとれなかったんですが、今回のお母さんの金曜日のヌードルは豚足入り(←超うま)、それから妹がMurattiでケーキをかってきてくれてあったのでデザートにそれを食べました。

   IMG_0924.jpg

お母さんからこの日もらったジャケット。

母の日に母から私がもらってどうする、って感じですが(苦笑)

この前買ったけどちょっと違う感じがしてて、妹とショッピングにいって代わりになるものをかったので・・・とこれは私にくれました。 

今年買おうと思ってるコートがあるのですがそれとは雰囲気が全然違う感じだし、私個人的には茶色は買わないだろう色なので、違ったものが増えてよかったかも。
   DSC06595.jpg

これももらったものですが、超大好き。 のしいか、です。 

義叔父が先日ベトナムから大量に持ち帰ったものです。

ピリリとしていてフィッシュソースの風味がふんわりとあります。

このピリリが結構きき食べてると鼻水がでるんですが、食べだすとやめられないです。

デザートで食べたMurattiのケーキは好きなんですが、この甘党の私にもリッチで小さい一切れでもお茶を2杯ぐらいのまないと食べられません。

と、ちょうどテーブルの上にのしいかが裂いて出してあって。

なので、ガトーを一口食べてはこのいかを食べ、甘さと辛さで水を飲んで、の繰り返しでした。
   DSC06598.jpg

漬物ももらってきました。

今回はらっきょうも入っています♪ おいしすぎてこれも手が止まりません。


あまり長く入られなかったので、ヌードルをあっためたりするのも食べ終わった後の後片付けも、みーんなお母さんにやってもらっちゃいました・・・

私が爪をやっている間、Hunnyにお皿洗いとか手伝ってきてよ、といったんですが、「いいよ、やんなくって」とかいって、やらないし。

うちでは料理も、お皿洗いも、おトイレ掃除も、掃除機かけも、犬の世話もみーんなやってくれるんですが、実家に帰るとお母さんの手伝いはあまりしません @_@

結局はなにかをしてあげるよりも、してもらうほうが多い、母の日だったのでした。


でも、「お母さん」ていう人は、子供にとってそういうものなのかもしれませんよね。。。

ほかの人に対してとは違う態度をとれる(あるいはついとってしまう)対象の人。

「どうして私に対してはわがままでこんな態度なのかしら?」って、お母さんは思うかもしれません。

それは、「お母さん」が特別だからなのです。



そうそう、去年きなこが夏休みをアデレードで過ごし、ハワイに帰るのに一緒についていったときのこと。

引越しの掃除の手伝いなんかもあったので前の夫の家にとまったんですけれど。

前の夫が夜ご飯用にと私達のためにターキーを買ってきておいてくれていたのですが、彼は夜のシフトの仕事がはいっていたのでローストしてね、と頼まれていたんです。

2004年ぐらいまでその家には私もすんでいたのですが、今ではもう人の家、勝手もちがうしなにがどこにあるのかもわからない。

私達が食べたあとの残りのターキーをどうやってどこにしまっていいものやら(前の夫はエコ的なところがあって、ラップなどを使いません。)

私はある意味「お客さん」状態。

きなこに色々ものの場所やどうやって食べ物を保存してるかとか、きかなければならなかったのです。

すでに大きくなって自分の食べるものも料理したりするきなこに、ちょっと期待してたんですけれど。。。

きなこは座ってテレビをみたまま。

とりあえず私はあたふたしながら勝手の違うオーブンでターキーを焼き、お皿にもってサーブして、食べ終わったらお皿をさげてあらって、ターキーを片付けて。

人様の家でなんか微妙な違和感を感じてたのですが(笑)、その時ふと、思ったのです。


ああ、きなこにとって私はやっぱり「お母さん」なんだ、と。


どの場所にいようとも、「お母さん」はお母さんとして、ご飯の支度もしてくれれば片付けてもくれる。

身の回りのことをあれこれ心配して、世話を焼いてくれる。

「お母さん」とは、そのやってくれることを子供が「当たり前」に思うことができて、それに対して後ろめたさを感じなくてよい存在。

きなこにとって私は、まさにそれなのだ、となんだかあの時つくづく思ってしまいました。

そしてそれが、きなこと離れて暮らしている私にはとても、うれしかった。


子を持って親の気持ちやありがたさが初めてわかる、といいますが

それは苦労とか心配とか感謝とかそういう部分のことだけではなくて

自分が親の立場になってみて親の気持ちを知るというよりは

子供の自分への態度を通して

自分がどう親に接していいのか、どう接しられるのか

そういうのを改めて知るのだ、って思います。


すでに背丈も親より大きくなってしまった自分が

一人前になったと親に安心してもらわなきゃとがんばって

それと同時にすこしずつ故意になくしてきた親への甘えというものを

なくす必要など別にないのだ、と

自分の子供の自分への態度に

気づかされるのだと。


何歳になっても親には時に当然のごとく甘えてもよいのだ、

親とは子が損得なしで唯一そうできる存在であり、親にとってはそうされることが親冥利につきるということなのだ、ということ

きなこを通して思ったのでした。


母の日というのは、母に感謝するだけでなく、母としての自分に喜びを感じられる日でもあるのでした。






ではまた ☆






[EDIT] [TOP]



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。