--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

08.07.2011, Fri

☆ はなればなれでも、家族 ☆

   TTEKIMMATENJAN.jpg

やっとマルモの最終回、みました~~。

毎回泣いてるんだから、最終回は号泣だろうとおもったので、おちついてみたかったのです(笑)

いや~~、いい最終回だったわ~~~。

ほんわかした気持ちになれました 

ほとんど、泣きながらみてましたけれどね。

スペシャルが今から楽しみだ~~ 

つるつる てかてか 明日も 晴れるかな~~


ところで「最近きなこちゃんのことが書かれませんがどうしていますか」というメッセージを頂戴いたしました。

お気にかけていただき、ありがとうございます(あれ?『お』をつけるのであってる?)

はい、きなこは変わらず大変元気にしております 

ずーっときなこのことを書きたいなーとは思っていたのですが、写真がなくて。

私、写真がないとブログ書く気がしなくなっちゃうのです 

最近とった写真をちょうだいっていってるんですけれどね、なかなかくれませんで。

なのでFacebookから写真を拝借したりしている、母でございます。

つい先日ラップトップから去年きなこがきたときにとった写真がみつかったので、それを使うことにしました。


彼女は5月の終わりからながーい夏休みにはいっております。

結局サマースクールにはいかず、一番仲の良いお友達が「一緒にすんでるのか」というぐらい、しょっちゅう泊まりに来ています(笑)

ビーチにいったり、映画にいったり、パーティーにいったり、最近ギターをかったので家にいるときはその練習をしたり。

きままに暮らしております。

   prom4.jpg

この写真は5月の初め、学校のシニアプロムにいったときの写真です。

彼女はシニア(高校の4年生)ではありませんが、シニアだった友達にたのんでつれていってもらったのこと。

カメラマンに撮ってもらった写真もあるのですが、送ってもらうわけにもいかず、私がハワイにいくまで入手できません。。。

でもウエブキャムでみせてもらったけれど、とーってもかわいく撮れていました。

食事がものすごくおいしかったそうでたくさん食べてしまい、ドレスがきつくなってすごくつらかったといっていました。

ドレスは買ったのですが、マキシ丈なので丈を短く直してもらってほかのときにも着られるようにしたいと思っています。
   Doggeh.jpg

いろいろ連れて行ってくださる方がいて、最近ではいろんなレストランに行きとってもグルメになってる彼女。

私がたべたことのないようなものを食したりしています。

「ママ達がハワイにきたときにいろいろ教えてあげられるようにいろんなのトライしてるんだよ」と、いいますけれど・・・ ねぇ。

なもんで最近は学校がないので時間に余裕がありウエブキャムで話すことも多いですが、話すことといえば食べ物のことばかり 

ハワイに行ったらあれもたべよう、これもたべよう、と、リストばかりが長くなっております。

うーん、たのしみだぁぁぁぁ~~ 

大きくなったからか、以前はきらいで食べなかったようなものも食べているのには驚きです。

牡蠣、茄子、アルフレッドソースのパスタなんて、以前食べられなかったのに。

Hunnyが「じゃあ今はニョクマムも食べられるよ、きっと」というのですが、それはおそらく無理かと・・・(笑)

茄子はトマトソースと食べるの限定だそうですが、でもよかった、よかった。
   MONKEHHH.jpg

以前食べられなかったものが食べられるようになっていたりするのですが、やっぱり基本はかわらないきなこ。

なんといっても「突拍子のなさ」は、ほんっとに以前から変わることがありません。

ある日突然「ねね、話したっけ? わたしね、こうすることにきめたの!」と言い出し、そういったらもう誰にも止められない(笑)

思い立ったが吉日を、地でいくような人。

私自身も今までにほんとにたくさん突拍子もないことをしてきて人を驚かせてきましたけれど、逆の立場にたつとほんと、驚くものですね(笑)

きなこと私はは性格的ににているなーと思うことがたくさんあるのですが、やっぱり2人の違う人間。 まったく同じではないんだなーってつくづく思います。
   kawaii sugoi!

今までに何度かこのブログ上で書いてまいりました、きなこが成長する段階で気をつけていること。

「制限を与えない」ということも、そのひとつです。

子供へのしつけとして、ある種の「制限」というものは大切なのかもしれません。

その「制限」から逆に、子供自身が考えて行動することが身につくことも、ありますし。

こういう「制限」みたいなものから一般常識みたいなものが、育っていきますよね。

だから親として、子供が世間にでて恥ずかしくないよう、こういう形で教えていくのでしょう。


でもね、私、すごく思うんです。

小さいときに生活する上で親が作ったそういう小さな決まりごとや制限みたいなことって、体にすごく染み付いてしまう。

それが大人になってからよいほうに作用することもあれば、悪いほうに作用することもある、と。

たとえば、小さいことでも「あ、なんかこれやってみたい」と思うとしますよね。

でも大人になるにつれ、どんどん「常識」や「理性」が働く。

で、「やってみたいけれど、こういうことがあるし、ああいうこともあるし、やっぱりやめとこ」ってなることも、多い。

先を読む、というのでしょうか。

常識的にかんがえると、こうしてしまうとああなってしまうから、というような。

私、それがほんとにきらいなんです。

そういうのなしに、やりたいことができる。

きなこにはそういうふうに生きてほしいと思ってやまないのです。
   NINJA.jpg

だから、「きなこはまだ小学生なんだからこれこれしてはいけない」とか「きなこは学生なんだからこうあるべきだ」とか「何歳になったらそうさせてあげる」とか、そういうことはよほどのことがない限り、言いません。

私が思うことは、いう。

だけどあとは自分のやりたいように、やればいいじゃない。

それを、思う存分に。

そうしたいときにしか、そうできない。

そう思うきもちは、決して間違ってない。

なにがあっても私は一生きなこの見方。

私はどんなあなたでも、まるごとうけとめていく。

だからなにひとつ、心配しなくてよし。

私の思う「よいこと」をきなこに伝える代わりに、彼女の思う「よいこと」がそのようになるように、私ができることをすべてやりたいと思ってここまできました。

それが「制限」を与えないかわりに、私がしてきたことです。
   41yrold2.png

先にもいいましたように、私も突拍子もないことをするタイプの人間です。

でも私の場合、それは自分の好きなことをするための、ある意味むりやりな自分へのプッシュ。

「なにかをしたい」というときに、イチイチ理由を考えたり、はたまたそれに付帯する可能性を考えたりして「できないな」と思ってしまう自分が、心底きらいでした。

今では流れに身を任せて生きていくことができるようになったし、直感を100%信じて動けるようにもなりました。

でもきなこの年齢より若いころからずいぶんと長い間、本当はいやなことを「そういうものなのだ」と言い聞かせる自分と「それはちがう」という自分の間に挟まれていました。

母親にいわれてきた「こうしなければいけない」「こうあるべきなのだ」「くんちゃんはこういう人だ」ということ、そういった枠や制限を取り払えるようになるまで正直たくさんの時間がかかりました。

いやだと思いつつもそういう見方で物事を決めている自分がとってもきらいでしたし、結局なにがしたいのかを見失うこともたくさんありました。

そうやって、軌道修正するためにたまった自己嫌悪を爆発させて、突拍子もないことをしてきたのです。

そうすることでしか、自分のいきたい方向へ進めなかったときもあったのです。


きなこには直感を信じて、自分のしたいことを自由にしていけるようになってほしい。

いつもそう思ってきました。

計画性なんて、もたなくていい。

理由もいらない。

自分がそのときによいと思ったこと、そうしたいと思ったことを、そのままできる人になってほしい。
   GANGSTAAA.jpg

きなこのほんとうの「思うところ」というのは、私には到底わかりえません。

一般的には「未成年」であっても、もう立派な、己をもつ一人の人間だからです。

なので逆に彼女のことを100%わかっているなどと、思いたくありません。

それはこの上ないおごりだと、思うからです。


ただ、彼女の突拍子のなさをみていると、思うのです。

これは私のそれとは、全然ちがうなーって。

私はとっても生き方が下手だけど、彼女はもっとしなやかに生きてる。

「きなこは、ほんと突拍子もないことしでかすよなー」というと、うれしそうに「うん」という。

「わたし、むかしからそうだったよね。 でもそれが『わたし』だからね」と明るくいえる。


母である私には、それがとてもうれしい。
   SEPIA KAWAII

自分の直感を、自分の判断を信じて生きていく上では、依存心というのは完全に捨てなければならないもの。

きなこは小さいころから独立心の強い人だったので、彼女にとっては難しいことではないのだと思います。


そして精神的な自由は、自分ひとりだけでは手に入れられないということ。

世の中にたった一人でも、どんな自分でも真から受け止めてくれる存在があるということを、知ること。


それがきなこにとって私であったらいいと、心から思っています。





ではまた☆

Have a nice weekend♪





[EDIT] [TOP]



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。