--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

18.06.2013, Tue

☆ 浅草寺 ☆

   sensouji1.jpg
 
私は日本に帰国すると必ず浅草にある浅草寺にお参りに行きます。

お参りは、いつのころからかはわかりませんが、もう小さなころからしています。

母方の祖母が絶対的に浅草寺にお参りする人で、おそらくそこから母、私たちとお参りするようになったのだと思います。

先日帰国した際も絶対にいくと楽しみにしていました。

ハワイから日本に帰っていたときには帰国してすぐ、そして日本を出る前にもう一度、と2度訪れることがほとんどでした。

   sensouji4.jpg

先にもかきましたように小さいころからお参りに行っていますが、雷門から浅草寺まで続く仲見世には、ほとんどいったことがありません 

仲見世はいつでもすごく混んでいて歩くのが大変なぐらい。

せっかちな母はそれがきらいで、いつも裏の道をすごい勢いで歩いていくという感じ。

自動的に父も私たちもそれについていく、って感じになっていました(笑)

きなこが小さいころには彼女に仲見世をみせたかったので、過去に2度ぐらい母にお願いして仲見世を通ってもらったことがあります。

小さかったきなこはたくさんあるお店を見るのが大好きで、キーホルダーや小物入れなど、こまこましたものをよく買っていました。

実は今回、私も7年もいっていなかったということもあり、雷門をくぐって仲見世をとおり、ゆっくりお参りをしたかったのですが・・・

せっかちな母とでは、そうもいきませんでした(笑)

なんだか一瞬にしてお参りが終わってしまった、そんな感じでした 

お参りした日は入梅2日目。

どんよりとして今にも雨が降り出しそうな日でしたし、そして季節柄なのか、外国からの団体や修学旅行生がたっくさんで、ものすごーーーく混んでいましたしね・・・

私と母とではこれらる頻度も違うから、仕方なかったかも。

   sensouji2.jpg

歩きながらビデオを撮っていたので写真がなく、ビデオから静止画をとったのでいい写真がありません 

むかしきなこをつれて日本へ帰ったときの写真はあるのですが・・・ 寒いので出すのめんどくさい(汗)

まぁ、今回はゆっくり雰囲気は味わえなかったにしても、いつもすることはすべてしてきたので、よしという感じです。

今度きなこやHunnyと行ったときにはじっくりといろいろなところ、見て回りたいと思います。

浅草寺のあとにもうひとつ、いつもお参りにいく場所があります。

それは三社祭のおみこしが保管されているところのすぐ近くにある、お稲荷さんです。

どういう経緯でお参りにいくようになったのか、未だに母にきいたことはありません。

こういう形で両方をお参りすることがいいことかどうかは私にはわかりませんが、子供のころからそうしているので、私にとっては疑う気持ちはまったくありません。

両方とも、とても大切な場所です。
   20130530_114043.jpg

浅草寺、お稲荷さんをお参りしたあとに仲見世の中で浅草寺に一番近いお店(未だに名前をおぼえていません 汗)で人形焼を買い、お昼をたべにいくのがいつものルート。

この人形焼、私がハワイにすんでたときは母が冷凍してよくもってきてくれました。

いつもは人形焼は家に持って帰ってから食べていましたが、今回は一番小さい4つ入りのものを買い、母と二人ですぐにたべてみたところ。

やっぱり焼きたてなので、周りがちょっとかりっとしたところがあって、しばらく置いてから食べるのとはまた違うおいしさがありました。

お昼はいつも「焼きかつ 桃タロー」で。

ここにもほんとに小さいころから行っています。

母は長い間一人でお参りに行きここでお昼をたべていたのですが、ずいぶんと前に新しい店舗にうつり、新しいところに移ってからは母も1度もきていなかったということ。

おそらく私ときなこと3人で古い店舗でたべたのが最後だろう、とのことで

二人で7年ぶりに焼きかつをたべたのでした。
   20130530_120014.jpg

母は「なんか肉が薄くなった気がする」といっていましたが(笑)、味はかわってなかったな~~~。

ほんとにおいしかった。

きなこも何度もここには訪れていますが、彼女は焼きかつをたべずいつもオムライスを注文していました。

なつかしい。
   20130530_120019.jpg

キャベツの千切りとご飯と豚汁、お漬物がついてきます。

昔はお皿にご飯がのってでてきたのですが、お茶碗にかわっていました。

お漬物は昔はなすやカブ、大根などいろんな種類がたくさんついてたのですが、今はきゅうり3切れか。

でも付け合せのナポリタンみたいなのとか、ポテトとか、ほんと変わってなかった。

   sensouji7.jpg

お昼を食べたあとはいつも松屋によって、お買い物。

いつも梅園のあんみつをかいます。

梅園も「混んでるから」とほとんどお店にいって食べたことがありません。

覚えているのは大昔家族でいって、小学生ぐらいの姉がお雑煮注文してたべていたこと。 それだけ。


松屋ではあんみつとモロゾフのプリンも買うのが常でしたが、

今回はもう翌日がオーストラリアへ戻る日だったので、食べるチャンスがないだろうと思い買いませんでした。

今思うと食べる時間あったよ。。。

これもまた次回のお楽しみにしておこう。


父が生きていたころは車で浅草までいくことが多かったので、よくお参りのあとROXのほうまでいったり、金物やさんなんかをあちこちみていってたな~~。

ほんっとに、ほんっとに、なつかしい思い出。

しみじみ、あれから長い時間がたったんだなと、思います。
  

ひとつだけ浅草寺のことについて、ずっとずっと心の中にあったことがあるので書いてみたいと思いますが、

あんまり楽しい話でもないので、読んでもいいかと思う方だけ、下の「続きを読む」からどうぞ。



ではまた☆


ここに書くのがふさわしいのかはわかりませんが・・・

今まで一度も浅草寺のこと書いたことがなかったので、ちょっと書いてみようかな~って思ったりしています。

信じる信じないは、別として、ね。


私が20歳のころ、父は癌で入院していました。

私と姉は、父に付き添う母にかわり、浅草寺にお参りにきたことがありました。

浅草寺に行ったことのある方はご存知かと思うのですが、お寺の前におおきな、なんて呼ばれるのかわからないのですが、お線香を立てるところがあって

そこでお線香の煙を自分の体に手で仰いでかけることにより、体の心配のあるところや健康を守ってもらえるという、

ちょっと私の解釈は間違っているかもしれませんが、そういうのがあります。

私と姉はそこにいき父のハンカチに煙をすわせ、ハンカチをビニール袋にいれて煙が消えないようにして父の病室に持ち帰り、体の悪い部分にそのハンカチをあてたりしていました。


父の入院中に、私はおみくじをなんどかひきました。

おみくじはお参りするたびに、恒例のようにひいていましたが、

父が入院中は早くよくなるよう、願ってのことでした。

おみくじは確か、4行ぐらいの漢文のようなものが書かれており、その下にそれを約(?)したようなものがかかれているのですが、

あるときのおみくじの内容がこんなものでした。

  池の中に魚がいるが、その池は魚の数には小さすぎるので
  すべての魚はいきてはいかれない。

私はそのおみくじをお寺内に設置されているおみくじを結ぶところに結びました。


その後すぐぐらい、姉とではなく誰かはわすれてしまったのですが再び浅草寺をおとずれました。

同じ事を願ってまたおみくじをひいたところ。

多少の文章は違っていたと記憶しているのですが、内容はまったく同じの「池に魚が多すぎる」というものでした。


結局私が21の5月に父はなくなりましたが、今でもそのおみくじの内容については考えることがあります。


池に十分に大きかったら、父は生きていられたのか。

どうして父だったのか。


おみくじをみてショックだったとか、悲しかったとか、怖くなったとか、そういう記憶はありません。

それが父の寿命であった、ということであるなら、そういうことなのかもしれませんが、

そういう形ではかかれていなかったあのおみくじの内容の意味を、今でも考えることがあります。

きっと一生わからないと思うけど。


浅草寺のおみくじは「凶みくじ」といわれてて、ほかの場所よりも凶が多いんだそうです。

私は若かりしころ、凶のうちの凶、というかんじのものをひいたこがありますが(苦笑)

でも池の魚のおみくじは凶ではありませんでした。

ただそこにそのように書かれている。

それだけのことでした。


人がこの世から去るということは、その人がこの世で学ぶべき事柄を終えたから、といわれます。

人の死というのは残された人に悲しみや寂しさや影もおとしますが

きっと、すべてが悪い意味ではないのだろうと、思ったりもするのです。

仕方ないから死ぬのではない、というか。


誰かの死によって誰かが生きられるのかもしれないし、もしかしたら新しい命が生まれるのかもしれない。

そのおみくじからは、そういうことが感じられたりもするのです。


今はおみくじはひきません。

あるときからきなこにひいてはいけないといわれ、それ以来ひくのをやめました。

おそらくこれからずっと、浅草寺ではおみくじはひかないと思います。

Hunnyにこの話をしたら「オレはひくぜ!」っていうと思いますが(笑)


自分のことが書かれているならいいけど、人にも関係するようなことは、いやですものね。

自分のことよりも家族のことを考えていてくれた父を思うとき、私も人の幸せは願いたいのです。



それだけでした。



ではまたね☆


[EDIT] [TOP]



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。