--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

27.06.2013, Thu

☆ Divine Timing ☆

   20120726_124909.jpg



わたくしといふ現象は

仮定された有機交流電燈の

ひとつの青い照明です

(あらゆる透明な幽霊の複合体)

風景やみんなといっしょに

せはしくせはしく明滅しながら

いかにもたしかにともりつづける

因果交流電燈の

ひとつの青い照明です

(ひかりはたもち、その電燈は失はれ)


これらは二十二箇月の

過去とかんずる方角から

紙と鑛質インクをつらね

(すべてわたくしと明滅し みんなが同時に感ずるもの)

ここまでたもちつづけられた

かげとひかりのひとくさりづつ

そのとほりの心象スケッチです



私のブログの原点です。

ここにつづるすべては、わたしの「そのとおりの心象スケッチ」です。


肉体は何度も失われても、決して消えることのなくたもたれてきた魂という光が

これまでの間にずっと感じてきて、そしてこれからも感じていくだろうことを

書き留めておきたいと思っています。






時には

目の前に開かれた扉があるのなら

すぐさま通り抜けなければならないことがあります。

その扉がしまってしまう前に。

この先がどうなるのだろう?と足踏みをしたり

もしかしたら間違った扉では?と躊躇したり

そんな時間はちょっとだってない時があるのです。


進みながら考えていかなければいけないことも、あるのです。

それでいいんです。

勇気をもって扉をくぐったら

必ず進む先がみえてくるはずですから。


もし確実な結果がわからいなら扉をくぐることができないと思うなら

今の場所から前へ進むことは決してできないのです。

あるいはもともと

扉をくぐりたいとは、あまり思っていなかったのかもしれません。


扉が閉まってしまってから

「あのときあの扉をくぐっていたらどうなっていたのだろう?」と

考えて生きていきたいですか。

私はいやです。

開かれた扉がそこにあるのなら、

その先には道がないわけがないからです。

私はその先を絶対にみてみたいです。


怖いことなど、おこるはずはない。

なぜかってそれは

そこにその扉が開かれているということ自体が

あなたにはこれからおこることを受け止められる準備ができていますよ、

今なら大丈夫ですよ、という

神様がくれたタイミングだからです。


もし扉の前で迷っているなら、

もう向こう側へいきましょう。

その扉は絶対にまちがっているはずなどないのですから。





ではまた☆





[EDIT] [TOP]



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。