--.--.--, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

03.09.2013, Tue

☆ IRSからの手紙 3 ☆

   raiu1.jpg

私のこんなへっぽこブログをいつも読んでくださっているコアラパパ様より、こんな写真がとどきました。

日本の、日曜日の夕方の空だそうですが @_@ こんな空、みたことがない。

怖いほどに青空と黒い雲がくっきりわかれていますよね。。。

埼玉県・千葉県では竜巻の被害もあったそうで、

人にはどうしようもない大きな力を、感じてしまいます。

コアラパパさん、ありがとうございました。


あ、それからなんですが

私は写真のあるブログが個人的に大好きで、昨日はきなこがオーストラリアで撮影した写真を掲載しましたが

本日はコアラパパ様からいただいた、アデレードで撮影された美しい写真をお借りし掲載したく存じます。

Enjoy the pictures!

※コアラパパ様、無断掲載、ほんとにいつもすみません。。。


さてさて、本日はまた昨日の続きです。

おとといから続いているので、そちらからお読みくださいね。

   Glenelg-4.jpg

大昔にハワイで会社を一緒に立ち上げたビジネスパートナーKの連絡を探すため、ネットでの検索を試みた私でしたが

彼女を探すのはそんなに難しいことではありませんでした。

なによりも幸いだったのは

Kがカウアイ島という、誰もがお互いを知っているような小さな島で

アクティブに活躍していた、ということでした。

もしこれが、サンディエゴにすむくんちゃんを探す、とかいうことだったら

人が多い上にくんちゃんはおうちに引きこもってばかりなので

おそらくこの100倍は難しかったかと思います。


彼女の名前をググって最初にでてきたのは、彼女のFBでした。

彼女のwallはブロックもされておらず誰もが閲覧できるようになっていて、

最後のポストが1年前という、完全に放置状態であることは間違いないものでした。

まずはFBを通してと、そこにあったメールアドレスからメッセージを送りました。

ハイ、私のこと覚えてる? あれからもう10年以上がたつけど元気にしてる?

ちょっとどうしてるかな、と思って連絡してみたの。

このメッセージをみたら、連絡ちょうだいね。

いろいろ考えた末、いたって普通のメッセージをまずは送ってみました。

ただ、返事は期待していませんでした。

彼女のFriendsのリストをみると、私が会社から籍を抜く(?)ときに書類を用意してくれたKの兄の名前もあったので

いざとなったら兄経由で彼女にコンタクトを取れるかもしれない。

でも周りの人を巻き込むのはどうしようもない場合の最終手段にとっておくとして、

なんとかしても、Kと連絡を取らなければ、と思いました。


一緒に立ち上げた会社の電話番号はとっくにかけていましたが、おそらくすでにビジネスをたたんでいるのか不通でした。

とあるサイトで携帯電話の番号を$25にて調べられるというものがあり、彼女の名前、年齢がリストにあって電話番号はOne Click Awayでしたが、

これもやはり最後の手段としてとっておくことにしました。


散々PCでいろいろな方向から検索してみたのですが、その結果は変り映えしないものばかり。

と、私はそのころiPhoneを使っていたのですが、PCでの検索結果とiPhoneでのそれとは違うことに気づきました。

おおっと思いながらiPhoneで検索をすすめてみると、

彼女がどこかのオフィスのディレクターとしてミーティングに出席した、そのミーティングの記録がネットにポストしてあって

その記録で彼女の勤務先をみることができました。

記録がポストされた日付はそんなに前ではなかったので、おそらく彼女はまだそこに勤務しているだろう。

早速オフィスの名前を検索し電話してみたら、働いていました、まだ。

しかし、ハワイ時間の16時ぐらいだったため「すでに帰宅した」ということで、本人とは話すことはできませんでした。


なんだか書いていて、どんだけストーカーよ、って思いますが(苦笑)

背に腹は変えられない状況であったことお察しいただいて。

普段はそんなこと、してませんから(苦笑)

   Hyacinth_and_snowflake.jpg

さらに検索結果を見進めていると

なんと、彼女の携帯電話の番号をゲットすることができました。

そのときは私は仕事場のお昼休憩の時間だったのですが、思わず声を上げて立ち上がってしまったほどです。

カウアイ島のローカル紙に彼女の娘の通う小学校のパフォーマンスの記事がでていて

「チケットのお問い合わせはこちら!」みたいな感じで、保護者代表としてKの名前と携帯電話の番号があったのです。

さすが、小さな島のローカル新聞。

先にもかきましたように、カウアイ島という小さなところで、彼女がこうして活躍しているという事実に、心から感謝したのでした。


かくして、彼女と無事、話をすることができました。

私が電話をしたということにそれはそれは驚いて、ほんとに時間があきすぎていたのでお互いどこから話ていいかわからない、という状態でしたが(笑)

それでもその後どうしてた、今何してるっていう話が簡単にあって、

でも仕事中に抜け出して電話をしていたのであまり時間がとれずその旨を伝えたうえで用件を切り出しました。

というかCatch up的な話しは頭にはいってこなかった、ということもありましたので、早くちゃちゃっと用件を切り出したかった。

IRSからの手紙が届いたことを話し、滞納になっている金額がいくらかを伝え、その請求が私にきていることを話すと

彼女はとてもバツの悪そうな、滞納という状況に恥じているようなそんな感じでしたが

まず私に迷惑をかけてしまったことに対して謝罪してから

彼女の雇っていたアカウンタントとの間にあった問題を話し始めました。

過去にもアカウンタントが処理すべき税金が払われていなかったということがあったりして、

IRSとの間で支払いのアレンジメントをとったはずなのだ、ということでした。

アカウンタントからはすべては終了した、と聞いていたのに。

その後はIRSからもなんにも連絡はなかったのに。

自分にとっても寝耳に水な話しで、

すぐにアカウンタントに連絡をとって手配をさせる、ということでした。


私にとっては彼女が抱えていたアカウンタントの間での問題ががどうのこうのということはあまり関係なかったけれども

話しをきいていて、なぜアカウンタントに問題があるとわかっていながら

その後もそのアカウンタントにいろいろなことを丸投げできたのだろう?という気持ちがふつふつとわいてきて

その時点で少し、もしかしたらこれはもしかしてしまうかもしれないという気持ちが

ちらっと心をかすめた、というのは事実です。


私が知る限りのKは

とてもオーガナイズされていて、細かいところまで比較的うるさく

ハワイ出身で比較的のんびりとした面もありましたけれど、

長い間をアメリカ本土で過ごしたこともあってか自分の主張をはっきりと通すというわりと強い感じの人でした。

なのでいろんなところで妥協をしないタイプの人だったのでたくさんのことはうまく運んでいましたけれど、

と同時に「ん?」と思うことをするというのも、一緒に行動していた1~2年の間に感じがことも何度かあって

私自身がそれに翻弄されないように自分をしっかり持たなければと思ったことがあったのを思い出し、

電話で彼女の話を聞きながらちょっと気を引き締めたのでした。

   Glenelg-1.jpg

私が一番聞きたかったのはなぜ私の名前がまだ会社に残っているのか、ということでした。

彼女自身もそれについては疑問でした。

なぜなら、彼女は私が思ってた通り、私が書類にサインをしたあとすぐに州のオフィスへ役員の除名と変更を申し出て、

そのあとしばらくしてからたしかに私の名前がのぞかれていることを州のオフィスにもどって確認したのだそうです。

それについて、私は彼女がうそをついているとは思いませんでした。

まず、彼女が誰かを落とし入れるようなそんな人ではないことはもともとわかっていたし

なにより利益を守るためにどんな小さな可能性であっても確実に排除する、という感じが

私がサインした書類の内容からも容易に想像できたからです。


私は彼女に改めて私はその会社とは何の関係もないことを証明するものを一筆書いてもらうこと、

IRSに私は一切の関係がないのだという処理をしてもらうことをお願いして

彼女との話しは終わりました。


彼女との話しがどのように展開するか、ということについて、あまり悪いことはかんがえていませんでしたが、

彼女に最初に電話したとき私は仕事の合間だったし彼女も子供を学校に迎えに言っている最中だったこともあり

ハワイ時間の9時ごろ折り返すと約束したときには果たして彼女が私からの電話を取るだろうか・・・?という不安がなきにしもあらず、でした。

しかしながら、彼女は私が知っていた15年前の彼女から何一つ変っておらず、

実に誠実にいろんなことに答えてくれて、一貫して「あなたはこの件に関して一切の責任はない」という態度を通してくれたことは

たとえそれが当然のことであっても、感謝せずにはいられませんでした。


取り合えずKとは話しができた。

あとはIRSだけ。


Kのアカウンタントが実際にIRSに連絡するかどうかがぶっちゃけた話し疑問だったし、

K自身がIRSとの間でどれだけ動くかも疑問だったし、

私には関係ないとはいっても、彼女がどうやってこの先10万ドルというお金を返していくのかもわからない。


そして、どれだけこれが続くかはわからない。


でもこの時点で私の気持ちは、50%ぐらい軽くなったことは確かです。




ああーーーー。

また長くなっちゃった。。。

次回が最終回ね。

ほんと、ひっぱりすぎですね。。。








ではまた☆







[EDIT] [TOP]



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
2008年9月15年間住んだハワイからアデレードに引越してきました。 家族は夫Hunnyと娘きなこ(ハワイ在住)、ウサギのクロ(ハワイ在住)、そして犬のさくら、ゆずです。  















★ ★ ★





★メールもどうぞ★

くんちゃんと話してみたいけどコメントを残すのはちょっと・・・と思われる方はぜひ、メールくださいね☆

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



(^-^)/



♪ ブログ村 ♪



Copyright © アデレ~ド@はあと♥ All Rights Reserved.
テンプレート作成:きなこ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。